★hiroの部屋★

★写真 ★★ゴリラを快適に! ★★★MPVを快適に! ★★★★ ★★★★★ ★★★★★★ ★★★★★★★

宮崎の神社 銀鏡神社 西都市銀鏡

銀鏡神社(しろみ神社)
御祭神
 イワナガヒメ=岩長姫命
 オオヤマツミ=大山祇尊
 カネナガシンノウ=懐良親王

 ニニギノミコトが高天原(たかまがはら)から降臨した後、笠沙(かささ)の御前(みさき)というところを歩いていると、コノハナサクヤヒメに出会った。
 コノハナサクヤヒメは美しい娘で、ニニギノミコトは一目で心をひかれてしまった。

宮崎の神社 銀鏡神社 西都市銀鏡
hiroの部屋 宮崎の神社 銀鏡神社 西都市銀鏡

 ニニギが「貴方はだれの娘か」とたずねると、コノハナは「オオヤマツミノカミの娘で、名はカムアタツヒメ、またの名をコノハナサクヤヒメ。私の姉はイワナガヒメ」と答えた。
 ニニギは「あなたと結婚したいが、どうか」と言うと、娘は「わが父オオヤマツミにお聞きください」と答えた。

宮崎の神社 銀鏡神社 西都市銀鏡
hiroの部屋 宮崎の神社 銀鏡神社 西都市銀鏡

 そこでニニギは、オオヤマツミのところに行き、お願いした。オオヤマツミは大変喜び、多くの贈り物とともに、コノハナとその姉・イワナガを一緒に差し上げた。
 ところが、イワナガはあまり美人ではなかったので、丁重に送り返されてしまった。そのときオオヤマツミはこう口に出して言った。

宮崎の神社 銀鏡神社 西都市銀
hiroの部屋 宮崎の神社 銀鏡神社 西都市銀鏡

 「自分が2人の娘を差し上げたのは、イワナガを召されると、生まれて来る御子の命は、岩のごとく永遠のものとなる。コノハナを召されれば、生まれて来る御子の命は、花が咲きやがて散るように、限りあるものとなる。」と言われた。
 イワナガは送り返されたことを悲しんだ。父オオヤマツミからもらった鏡に自分の姿を写しては、美人に生まれなかったことを嘆いていた。あるとき、自分の顔が龍のように見えた。イワナガは怒って「もう鏡も見たくない」と、鏡を乾(北西)の方へ投げた。

宮崎の神社 銀鏡神社 西都市銀
hiroの部屋 宮崎の神社 銀鏡神社 西都市銀鏡

 鏡は遠くへ飛んで行き、東米良の龍房山の頂上にある大木にかかった。鏡は日夜光り輝き、西方の村里を明るく照らしたので、この村を白見村と言うようになった。その後、村人は鏡を村に下ろし、ご神体として祭ったという。それが銀の鏡であったので、銀鏡と書いて「しろみ」と呼ぶようになった。
 これが銀鏡の地名由来である。銀鏡神社は、イワナガとオオヤマツミを祭神としており、ご神体には古代の白銅鏡が祭られている。

市指定文化財 銀鏡神社元宮

宮崎の神社 銀鏡神社 西都市銀
hiroの部屋 宮崎の神社 銀鏡神社 西都市銀鏡

新しく拝殿が建てられています。
以前来たときは、拝殿の基礎部分しかなく、本殿だけでした。

宮崎の神社 銀鏡神社 西都市銀
hiroの部屋 宮崎の神社 銀鏡神社 西都市銀鏡

銀鏡神社:場所

プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2017/08/13(日) 15:43:59|
  2.  ┣ 宮崎の神社・神話|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

1100万本のひまわり 第8回 きゃべつ畑のひまわり祭り 2017 高鍋町

平成26年 農林水産祭 むらづくり部門 内閣総理大臣賞受賞
 口蹄疫の悲劇をきっかけに1万人が来場する祭りへ
 平成22年4月に口蹄疫が発生するまでは、町の支援を受けた堆肥の供給体制が整備されており、地区内の畜産農家から供給される堆肥を使用していたが、堆肥の供給がなくなったことを受け、緑肥として使用でき、地区の景観の向上にも寄与すると考えられたひまわりを、同年8月に38haの畑 に500万本植栽しました。

1100万本のひまわり 第8回 きゃべつ畑のひまわり祭り 2017 高鍋町
hiroの部屋 1100万本のひまわり 第8回 きゃべつ畑のひまわり祭り 2017 高鍋町

 元々、あくまでも農業生産を維持するために、堆肥に替わって緑肥として、また、景観の向上に対しても、ひまわりを見て地区内の住民が元気になればとの思いから植栽したものであり、特に外部に対して宣伝やPRを したものではありませんでしたが、一面に咲くひまわりの景観が口コミによって評判を呼び、初年度から見物に来る人が訪れるようになりました。(推定約3千 人)

1100万本のひまわり 第8回 きゃべつ畑のひまわり祭り 2017 高鍋町
hiroの部屋 1100万本のひまわり 第8回 きゃべつ畑のひまわり祭り 2017 高鍋町

 翌23年にも、堆肥の供給は再開されず、ひまわりの施肥によるキャベツの成育も順調であったため、さらに48haに640万本の植栽を行ったところ、 その見物人は約4千人とさらに評判を呼び、より多くの人にひまわりを見てもらって元気になってほしいと考え、平成24年からは「きゃべつ畑のひまわり祭り」と銘打ち、協議会主催のもと、高鍋町・児湯農業協同組合・高鍋町観光協会・高鍋商工会議所・高鍋地場産業振興会・建設業協会高鍋支部等が協力する体制で、町内の農商工が一体となって祭りの運営に取り 組んでいます。

1100万本のひまわり 第8回 きゃべつ畑のひまわり祭り 2017 高鍋町
hiroの部屋 1100万本のひまわり 第8回 きゃべつ畑のひまわり祭り 2017 高鍋町

 平成24年には小規模だったイベントへの出店も、平成25年は、地場産業振興会を通じて約20の店舗に出店してもらい、高鍋町の特産物の販売も行 われるようになりました。
 その他にも、子どもたちに人気の「ひまわり迷路」を作成したり、足場を組んで高台を設置して多くの来場者にその壮大な眺めを楽しんでもら っています。

1100万本のひまわり 第8回 きゃべつ畑のひまわり祭り 2017 高鍋町
hiroの部屋 1100万本のひまわり 第8回 きゃべつ畑のひまわり祭り 2017 高鍋町

 38ha、約500万本からスタートしたひまわりの植栽は、平成26年には80ha、1,100万本と日本大規模を誇るまでに成長し、祭りの参加者は平成24年の5,600人が平成25年には1万人、祭り当日以外の見物客を含めると3万人を数えています。

1100万本のひまわり 第8回 きゃべつ畑のひまわり祭り 2017 高鍋町
hiroの部屋 1100万本のひまわり 第8回 きゃべつ畑のひまわり祭り 2017 高鍋町

 新聞、テレビ等のマスコミにも度々取り上げられ、口蹄疫の発生をきっかけとした、農業生産を維持するための活動が、町を代表する夏のイベン トとなっています。

hiroの部屋 1100万本のひまわり 第8回 きゃべつ畑のひまわり祭り 2017 高鍋町


プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2017/08/12(土) 15:50:33|
  2.  ┣ ヒマワリ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

肥薩線 蒸気機関車「SL人吉」58654号(ハチロク8620形)人吉へ走る 万江川橋りょう

「天月川橋りょう」の撮影後、県道304号線、県道15号線を走り人吉方面へ。
いつもなら、那良口駅で撮影するのですが、国道219号線から見える「万江川橋りょう」を撮影です。

ここは、踏切の警報機の音が聞こえてくるので、「SL人吉」がやって来るのが分かります。

12時4分、「SL人吉」がやって来ました。

肥薩線 蒸気機関車「SL人吉」58654号(ハチロク8620形)人吉へ走る 万江川橋りょう
hiroの部屋 肥薩線 蒸気機関車「SL人吉」58654号(ハチロク8620形)人吉へ走る 万江川橋りょう


国鉄8620形蒸気機関車
8620形は、日本国有鉄道(国鉄)前身である鉄道院が製造した、日本で初めて本格的に量産された国産旅客列車牽引用テンダー式蒸気機関車。「ハチロク」と愛称され、国鉄蒸気機関車の末期まで全国で使用された。

58654
 1988年(昭和63年)に静態保存から復活してJR九州に所属しており、肥薩線を運行する「SL人吉」に運用される。この機関車は1922年(大正11年)日立製作所製で、九州地方で300万km余りを走った後、1975年(昭和50年)に廃車され、肥薩線矢岳駅前の人吉市SL展示館に展示されていた。1988年(昭和63年)に小倉工場で修復された。ボイラーは新日鐵で新製し、動輪は住友金属で新たに製作するなど、大がかりな修復となり、同年8月28日から豊肥本線の「SLあそBOY」、肥薩線の「SL人吉号」として、アメリカ風に改装された客車と共に運行開始された。
 再登場当時はほぼ原型であったが、1993年(平成5年)頃に客車のイメージにあわせて水戸岡鋭治の監修下に濃緑色に塗装され、カウキャッチャーが取り付けられたこともあった。沿線の山林で列車通過後に火災が起きてからは回転火の粉止めを装備し、体裁を整えるためダイヤモンドスタック型の煙突カバーが常用されるようになった。また、ATSもATS-SK形に換装された。
 しかし、元々古い車両だったために老朽化が進んでおり、台枠の歪みにより機体のバランスが崩れたために車軸などに負担がかかり車軸焼けなどを起こすようになっていた。当初は修復不可能と判断され、2005年8月28日をもって列車の運転が休止された。それに伴い機関車も一旦静態保存されることとなったが、JR九州としては動態保存の可能性を模索し、除籍を行わなかった。その後の調査により奇跡的にも日立製作所に製造時の図面が残されていると判明したことや、九州新幹線の延伸開業などもあり観光資源として有効活用できるとの判断から、台枠を日本車両で新製、ボイラをサッパボイラで修繕するなど約4億円の費用(客車等の修復も含む)をかけ2007年2月21日よりJR九州小倉工場にて修復を実施し、2009年4月25日より熊本駅 - 人吉駅間で運行が開始された。列車名は運転休止前に同区間を運行していた際の名称から「号」を省いた「SL人吉」とされた。



プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2017/08/11(金) 12:04:16|
  2.  ┣ SL人吉|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

肥薩線 蒸気機関車「SL人吉」58654号(ハチロク8620形)人吉へ走る 天月川橋りょう

「SL人吉」の海路駅側の撮影終了後、人吉方面へ走ります。
いつもなら白石駅から出発する「SL人吉」を撮影するのですが、今日は白石駅をスルーして「天月川橋りょう」で「SL人吉」を待ちます。
脚立を持ち出し撮影の準備をしていると、「もっと見えるところで撮影しなさい。」と地元の方に声を掛けられ、その方の私有地から撮影させていただきました。
ありがとうございました。

近くに踏切がないので警報機の音は聞こえません。
耳を澄まして「SL人吉」のやって来るのを待ちます。
11時28分「SL人吉」がやって来ました。

肥薩線 蒸気機関車「SL人吉」58654号(ハチロク8620形)人吉へ走る 天月川橋りょう
hiroの部屋 肥薩線 蒸気機関車「SL人吉」58654号(ハチロク8620形)人吉へ走る 天月川橋りょう


国鉄8620形蒸気機関車
8620形は、日本国有鉄道(国鉄)前身である鉄道院が製造した、日本で初めて本格的に量産された国産旅客列車牽引用テンダー式蒸気機関車。「ハチロク」と愛称され、国鉄蒸気機関車の末期まで全国で使用された。

58654
 1988年(昭和63年)に静態保存から復活してJR九州に所属しており、肥薩線を運行する「SL人吉」に運用される。この機関車は1922年(大正11年)日立製作所製で、九州地方で300万km余りを走った後、1975年(昭和50年)に廃車され、肥薩線矢岳駅前の人吉市SL展示館に展示されていた。1988年(昭和63年)に小倉工場で修復された。ボイラーは新日鐵で新製し、動輪は住友金属で新たに製作するなど、大がかりな修復となり、同年8月28日から豊肥本線の「SLあそBOY」、肥薩線の「SL人吉号」として、アメリカ風に改装された客車と共に運行開始された。
 再登場当時はほぼ原型であったが、1993年(平成5年)頃に客車のイメージにあわせて水戸岡鋭治の監修下に濃緑色に塗装され、カウキャッチャーが取り付けられたこともあった。沿線の山林で列車通過後に火災が起きてからは回転火の粉止めを装備し、体裁を整えるためダイヤモンドスタック型の煙突カバーが常用されるようになった。また、ATSもATS-SK形に換装された。
 しかし、元々古い車両だったために老朽化が進んでおり、台枠の歪みにより機体のバランスが崩れたために車軸などに負担がかかり車軸焼けなどを起こすようになっていた。当初は修復不可能と判断され、2005年8月28日をもって列車の運転が休止された。それに伴い機関車も一旦静態保存されることとなったが、JR九州としては動態保存の可能性を模索し、除籍を行わなかった。その後の調査により奇跡的にも日立製作所に製造時の図面が残されていると判明したことや、九州新幹線の延伸開業などもあり観光資源として有効活用できるとの判断から、台枠を日本車両で新製、ボイラをサッパボイラで修繕するなど約4億円の費用(客車等の修復も含む)をかけ2007年2月21日よりJR九州小倉工場にて修復を実施し、2009年4月25日より熊本駅 - 人吉駅間で運行が開始された。列車名は運転休止前に同区間を運行していた際の名称から「号」を省いた「SL人吉」とされた。



プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2017/08/11(金) 11:28:36|
  2.  ┣ SL人吉|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

肥薩線 蒸気機関車「SL人吉」58654号(ハチロク8620形)人吉へ走る 海路駅

坂本駅で「SL人吉」を見送り、人吉方面へ219号線を走ります。
球磨川第一橋りょう辺りで、「SL人吉」に追いつくことが出来ます。

海路駅先の撮影ポイントで待つことに。
遠くにカメラマンが一人だけ・・・

11時12分「SL人吉」がカーブを曲がってきました。

肥薩線 蒸気機関車「SL人吉」58654号(ハチロク8620形)人吉へ走る 海路駅
hiroの部屋 肥薩線 蒸気機関車「SL人吉」58654号(ハチロク8620形)人吉へ走る 海路駅


肥薩線 蒸気機関車「SL人吉」58654号(ハチロク8620形)人吉へ走る 海路駅
hiroの部屋 肥薩線 蒸気機関車「SL人吉」58654号(ハチロク8620形)人吉へ走る 海路駅


肥薩線 蒸気機関車「SL人吉」58654号(ハチロク8620形)人吉へ走る 海路駅
hiroの部屋 肥薩線 蒸気機関車「SL人吉」58654号(ハチロク8620形)人吉へ走る 海路駅

この場所は、1分以上「SL人吉」が走っているのを見ることが出来ます。
流し撮り(練習)をするには良い場所だと思います。

国鉄8620形蒸気機関車
8620形は、日本国有鉄道(国鉄)前身である鉄道院が製造した、日本で初めて本格的に量産された国産旅客列車牽引用テンダー式蒸気機関車。「ハチロク」と愛称され、国鉄蒸気機関車の末期まで全国で使用された。

58654
 1988年(昭和63年)に静態保存から復活してJR九州に所属しており、肥薩線を運行する「SL人吉」に運用される。この機関車は1922年(大正11年)日立製作所製で、九州地方で300万km余りを走った後、1975年(昭和50年)に廃車され、肥薩線矢岳駅前の人吉市SL展示館に展示されていた。1988年(昭和63年)に小倉工場で修復された。ボイラーは新日鐵で新製し、動輪は住友金属で新たに製作するなど、大がかりな修復となり、同年8月28日から豊肥本線の「SLあそBOY」、肥薩線の「SL人吉号」として、アメリカ風に改装された客車と共に運行開始された。
 再登場当時はほぼ原型であったが、1993年(平成5年)頃に客車のイメージにあわせて水戸岡鋭治の監修下に濃緑色に塗装され、カウキャッチャーが取り付けられたこともあった。沿線の山林で列車通過後に火災が起きてからは回転火の粉止めを装備し、体裁を整えるためダイヤモンドスタック型の煙突カバーが常用されるようになった。また、ATSもATS-SK形に換装された。
 しかし、元々古い車両だったために老朽化が進んでおり、台枠の歪みにより機体のバランスが崩れたために車軸などに負担がかかり車軸焼けなどを起こすようになっていた。当初は修復不可能と判断され、2005年8月28日をもって列車の運転が休止された。それに伴い機関車も一旦静態保存されることとなったが、JR九州としては動態保存の可能性を模索し、除籍を行わなかった。その後の調査により奇跡的にも日立製作所に製造時の図面が残されていると判明したことや、九州新幹線の延伸開業などもあり観光資源として有効活用できるとの判断から、台枠を日本車両で新製、ボイラをサッパボイラで修繕するなど約4億円の費用(客車等の修復も含む)をかけ2007年2月21日よりJR九州小倉工場にて修復を実施し、2009年4月25日より熊本駅 - 人吉駅間で運行が開始された。列車名は運転休止前に同区間を運行していた際の名称から「号」を省いた「SL人吉」とされた。



プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2017/08/11(金) 11:12:40|
  2.  ┣ SL人吉|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

肥薩線 蒸気機関車「SL人吉」58654号(ハチロク8620形)人吉へ走る 坂本駅

「SL人吉」は、夏休み期間中の水曜日を除く殆どの日を運行しています。
今日は、坂本駅から撮影のスタートです。

肥薩線 蒸気機関車「SL人吉」58654号(ハチロク8620形)人吉へ走る 坂本駅
hiroの部屋 肥薩線 蒸気機関車「SL人吉」58654号(ハチロク8620形)人吉へ走る 坂本駅

10時51分出発ですが、2分遅れて出発です。

肥薩線 蒸気機関車「SL人吉」58654号(ハチロク8620形)人吉へ走る 坂本駅
hiroの部屋 肥薩線 蒸気機関車「SL人吉」58654号(ハチロク8620形)人吉へ走る 坂本駅

子供たちが笑顔で手を振っています。
こちらも手を振って見送りです。

肥薩線 蒸気機関車「SL人吉」58654号(ハチロク8620形)人吉へ走る 坂本駅
hiroの部屋 肥薩線 蒸気機関車「SL人吉」58654号(ハチロク8620形)人吉へ走る 坂本駅


国鉄8620形蒸気機関車
8620形は、日本国有鉄道(国鉄)前身である鉄道院が製造した、日本で初めて本格的に量産された国産旅客列車牽引用テンダー式蒸気機関車。「ハチロク」と愛称され、国鉄蒸気機関車の末期まで全国で使用された。

58654
 1988年(昭和63年)に静態保存から復活してJR九州に所属しており、肥薩線を運行する「SL人吉」に運用される。この機関車は1922年(大正11年)日立製作所製で、九州地方で300万km余りを走った後、1975年(昭和50年)に廃車され、肥薩線矢岳駅前の人吉市SL展示館に展示されていた。1988年(昭和63年)に小倉工場で修復された。ボイラーは新日鐵で新製し、動輪は住友金属で新たに製作するなど、大がかりな修復となり、同年8月28日から豊肥本線の「SLあそBOY」、肥薩線の「SL人吉号」として、アメリカ風に改装された客車と共に運行開始された。
 再登場当時はほぼ原型であったが、1993年(平成5年)頃に客車のイメージにあわせて水戸岡鋭治の監修下に濃緑色に塗装され、カウキャッチャーが取り付けられたこともあった。沿線の山林で列車通過後に火災が起きてからは回転火の粉止めを装備し、体裁を整えるためダイヤモンドスタック型の煙突カバーが常用されるようになった。また、ATSもATS-SK形に換装された。
 しかし、元々古い車両だったために老朽化が進んでおり、台枠の歪みにより機体のバランスが崩れたために車軸などに負担がかかり車軸焼けなどを起こすようになっていた。当初は修復不可能と判断され、2005年8月28日をもって列車の運転が休止された。それに伴い機関車も一旦静態保存されることとなったが、JR九州としては動態保存の可能性を模索し、除籍を行わなかった。その後の調査により奇跡的にも日立製作所に製造時の図面が残されていると判明したことや、九州新幹線の延伸開業などもあり観光資源として有効活用できるとの判断から、台枠を日本車両で新製、ボイラをサッパボイラで修繕するなど約4億円の費用(客車等の修復も含む)をかけ2007年2月21日よりJR九州小倉工場にて修復を実施し、2009年4月25日より熊本駅 - 人吉駅間で運行が開始された。列車名は運転休止前に同区間を運行していた際の名称から「号」を省いた「SL人吉」とされた。



プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2017/08/11(金) 10:53:30|
  2.  ┣ SL人吉|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

肥薩線 蒸気機関車「SL人吉」58654号(ハチロク8620形)八代へ走る 球磨川第一橋りょう

久々に、「球磨川第一橋りょう」にやって来ました。
カメラマンが4~5名来ています。

15時48分「SL人吉」がやって来ました。

肥薩線 蒸気機関車「SL人吉」58654号(ハチロク8620形)八代へ走る 球磨川第一橋りょう
hiroの部屋 肥薩線 蒸気機関車「SL人吉」58654号(ハチロク8620形)八代へ走る 球磨川第一橋りょう


肥薩線 蒸気機関車「SL人吉」58654号(ハチロク8620形)八代へ走る 球磨川第一橋りょう
hiroの部屋 肥薩線 蒸気機関車「SL人吉」58654号(ハチロク8620形)八代へ走る 球磨川第一橋りょう

蒸気が見えません・・・

国鉄8620形蒸気機関車
8620形は、日本国有鉄道(国鉄)前身である鉄道院が製造した、日本で初めて本格的に量産された国産旅客列車牽引用テンダー式蒸気機関車。「ハチロク」と愛称され、国鉄蒸気機関車の末期まで全国で使用された。

58654
 1988年(昭和63年)に静態保存から復活してJR九州に所属しており、肥薩線を運行する「SL人吉」に運用される。この機関車は1922年(大正11年)日立製作所製で、九州地方で300万km余りを走った後、1975年(昭和50年)に廃車され、肥薩線矢岳駅前の人吉市SL展示館に展示されていた。1988年(昭和63年)に小倉工場で修復された。ボイラーは新日鐵で新製し、動輪は住友金属で新たに製作するなど、大がかりな修復となり、同年8月28日から豊肥本線の「SLあそBOY」、肥薩線の「SL人吉号」として、アメリカ風に改装された客車と共に運行開始された。
 再登場当時はほぼ原型であったが、1993年(平成5年)頃に客車のイメージにあわせて水戸岡鋭治の監修下に濃緑色に塗装され、カウキャッチャーが取り付けられたこともあった。沿線の山林で列車通過後に火災が起きてからは回転火の粉止めを装備し、体裁を整えるためダイヤモンドスタック型の煙突カバーが常用されるようになった。また、ATSもATS-SK形に換装された。
 しかし、元々古い車両だったために老朽化が進んでおり、台枠の歪みにより機体のバランスが崩れたために車軸などに負担がかかり車軸焼けなどを起こすようになっていた。当初は修復不可能と判断され、2005年8月28日をもって列車の運転が休止された。それに伴い機関車も一旦静態保存されることとなったが、JR九州としては動態保存の可能性を模索し、除籍を行わなかった。その後の調査により奇跡的にも日立製作所に製造時の図面が残されていると判明したことや、九州新幹線の延伸開業などもあり観光資源として有効活用できるとの判断から、台枠を日本車両で新製、ボイラをサッパボイラで修繕するなど約4億円の費用(客車等の修復も含む)をかけ2007年2月21日よりJR九州小倉工場にて修復を実施し、2009年4月25日より熊本駅 - 人吉駅間で運行が開始された。列車名は運転休止前に同区間を運行していた際の名称から「号」を省いた「SL人吉」とされた。



プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2017/07/23(日) 15:48:58|
  2.  ┣ SL人吉|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

肥薩線 蒸気機関車「SL人吉」58654号(ハチロク8620形)転車台 人吉駅

人吉駅の北側に、転車台があります。

 鉄道用の転車台は、主に片側にしか運転台がない車両や、逆機では性能が限られている機関車を載せて回転させて、車両の向きを進行方向に向けるために用いられます。
 一般に蒸気機関車の方向転換に用いるものとして知られており、蒸気機関車の全盛期には各地の機関区や拠点駅・起終点駅に必ず設けられていましたが、蒸気機関車が廃止され、方向転換の必要がない電気機関車やディーゼル機関車などが増加するにつれ不要となり撤去され、あまり見られなくなってきました。

肥薩線 蒸気機関車「SL人吉」58654号(ハチロク8620形)転車台 人吉駅
hiroの部屋 肥薩線 蒸気機関車「SL人吉」58654号(ハチロク8620形)転車台 人吉駅

転車台は、レールとそれを支えて回転する部分(主桁)と、回転させるための土台となる地面を掘った窪み(転車台坑、ピット)からなっています。

肥薩線 蒸気機関車「SL人吉」58654号(ハチロク8620形)転車台 人吉駅
hiroの部屋 肥薩線 蒸気機関車「SL人吉」58654号(ハチロク8620形)転車台 人吉駅

「SL人吉」が転車台に乗りました。

肥薩線 蒸気機関車「SL人吉」58654号(ハチロク8620形)転車台 人吉駅
hiroの部屋 肥薩線 蒸気機関車「SL人吉」58654号(ハチロク8620形)転車台 人吉駅

「SL人吉」が方向を変え始めました。
ぐるっと180度回って止まるのかと思ったら、あらら360度一回転した後、180度回転して止まりました。
360度回転のサービスでした。

肥薩線 蒸気機関車「SL人吉」58654号(ハチロク8620形)転車台 人吉駅
hiroの部屋 肥薩線 蒸気機関車「SL人吉」58654号(ハチロク8620形)転車台 人吉駅

人吉駅転車台
Hitoyoshi Turntable
建造/不詳・構造設置は1911年(明治44年)頃、回転部は昭和40年頃の改修か
蒸気機関車は運転台が車両後方にしかなく、基本的に先頭方向に走行する。そこで終点駅では、一旦けん引車両を切り離して方向転換をする必要がある。重い機関車を回転させるために.造られたこの施設は転車台(ターンテーブル)と呼ばれ、橋と同じ構造の台状に起案者を載せ、電動モーターによって回転する。橋状の台は円の中心部で支えられ、両端は円形に敷かれたレールで支持されている。運転台が車両の前後にある気動車や電車では転車台も不要となり、最近では転車台もすっかり珍しいものとなった。人吉駅転車台は、SL人吉の運行には欠かせない大切な施設である。



プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪




  1. 2017/07/23(日) 13:50:00|
  2.  ┣ JR駅 鉄道記念館 弁当|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

JR九州 近代化産業遺産 人吉機関車庫 人吉駅

人吉駅構内にある人吉機関車庫です。

JR九州 近代化産業遺産 人吉機関車庫 人吉駅
JR九州 近代化産業遺産 人吉機関車庫 人吉駅


JR九州 近代化産業遺産 人吉機関車庫 人吉駅
JR九州 近代化産業遺産 人吉機関車庫 人吉駅


JR九州 近代化産業遺産 人吉機関車庫 人吉駅
hiroの部屋 JR九州 近代化産業遺産 人吉機関車庫 人吉駅

人吉機関車庫お披露目式の時の写真です。

JR九州 近代化産業遺産 人吉機関車庫 人吉駅
hiroの部屋 JR九州 近代化産業遺産 人吉機関車庫お披露目式 人吉駅

以前の人吉機関車庫です。
石造機関庫に、屋根付きの建物が建てられていました。

JR九州 近代化産業遺産 人吉機関車庫 人吉駅
hiroの部屋 肥薩線 蒸気機関車「SL人吉」人吉機関区石造機関庫


人吉駅石造車庫
Hitoyoshi Engine Shed
建造/1911年(明治44年)
選定等/登録文化財・近代化産業遺産・九州遺産 近現代遺産編101・Bランク近代土木遺産
肥薩線を行き交う列車たちを整備するための車庫。国内唯一の石造鉄道車庫とされ、現役である。球磨地方には地元産の石材を活かし、肥後の石工技術を駆使した石造建造物や石像がたくさん残されてる。石造車庫はそれらの中で最も大きく、最も古い建物とされている。
【建物の特徴】
・妻壁に開けられた3つのアーチが建物のシンボル。
・柱形(はしらがた)と連続する窓が建物に威厳を与えている。
・火山性の石「凝灰岩」が建物を頑丈にし、重厚感を与えている。
・頑強な石造りの壁に軽い屋根をのせた西洋建築の手法である。
・SLの時代を思わせる煙抜きの「こし屋根」が頂部に見える。
・建物の輪郭や窓の上下に「蛇腹」と呼ばれる段飾りがある。




プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2017/07/23(日) 13:08:39|
  2.  ┣ JR駅 鉄道記念館 弁当|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

肥薩線 蒸気機関車「SL人吉」58654号(ハチロク8620形)人吉へ走る 那良口駅

那良口駅手前の一勝地駅に10分停車し、11時48分発車なので、余裕を持って那良口駅に着く事が出来ます。
カメラマン誰もいません。

踏切から、那良口駅ホームにかけてのS字の線路が好きですね。

肥薩線 蒸気機関車「SL人吉」58654号(ハチロク8620形)人吉へ走る 那良口駅
hiroの部屋 肥薩線 蒸気機関車「SL人吉」58654号(ハチロク8620形)人吉へ走る 那良口駅


国鉄8620形蒸気機関車
8620形は、日本国有鉄道(国鉄)前身である鉄道院が製造した、日本で初めて本格的に量産された国産旅客列車牽引用テンダー式蒸気機関車。「ハチロク」と愛称され、国鉄蒸気機関車の末期まで全国で使用された。

58654
 1988年(昭和63年)に静態保存から復活してJR九州に所属しており、肥薩線を運行する「SL人吉」に運用される。この機関車は1922年(大正11年)日立製作所製で、九州地方で300万km余りを走った後、1975年(昭和50年)に廃車され、肥薩線矢岳駅前の人吉市SL展示館に展示されていた。1988年(昭和63年)に小倉工場で修復された。ボイラーは新日鐵で新製し、動輪は住友金属で新たに製作するなど、大がかりな修復となり、同年8月28日から豊肥本線の「SLあそBOY」、肥薩線の「SL人吉号」として、アメリカ風に改装された客車と共に運行開始された。
 再登場当時はほぼ原型であったが、1993年(平成5年)頃に客車のイメージにあわせて水戸岡鋭治の監修下に濃緑色に塗装され、カウキャッチャーが取り付けられたこともあった。沿線の山林で列車通過後に火災が起きてからは回転火の粉止めを装備し、体裁を整えるためダイヤモンドスタック型の煙突カバーが常用されるようになった。また、ATSもATS-SK形に換装された。
 しかし、元々古い車両だったために老朽化が進んでおり、台枠の歪みにより機体のバランスが崩れたために車軸などに負担がかかり車軸焼けなどを起こすようになっていた。当初は修復不可能と判断され、2005年8月28日をもって列車の運転が休止された。それに伴い機関車も一旦静態保存されることとなったが、JR九州としては動態保存の可能性を模索し、除籍を行わなかった。その後の調査により奇跡的にも日立製作所に製造時の図面が残されていると判明したことや、九州新幹線の延伸開業などもあり観光資源として有効活用できるとの判断から、台枠を日本車両で新製、ボイラをサッパボイラで修繕するなど約4億円の費用(客車等の修復も含む)をかけ2007年2月21日よりJR九州小倉工場にて修復を実施し、2009年4月25日より熊本駅 - 人吉駅間で運行が開始された。列車名は運転休止前に同区間を運行していた際の名称から「号」を省いた「SL人吉」とされた。



プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2017/07/23(日) 11:52:46|
  2.  ┣ SL人吉|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

| ホーム | 次のページ