★hiroの部屋★

★写真 ★★ゴリラを快適に! ★★★MPVを快適に! ★★★★ ★★★★★ ★★★★★★ ★★★★★★★

紫のパンジーをMIRAGE LENSで

紫のパンジーをTAMRON SP AF90mmF2.8 Di MACRO+MIRAGE LENSで撮影してみました。

hiroの部屋 クリックすると大きく見れます。

パンジーは好きな花ですね。

hiroの部屋 クリックすると大きく見れます。

パンジーは生駒高原が綺麗ですね。
見頃は4月下旬~5月下旬ですね。
春の生駒高原が楽しみですね。


パンジー(学名:Viola X wittrockiana、シノニム:Viola tricolor hortensis)はスミレ科スミレ属の園芸植物の1種。
スミレもしくはサンシキスミレ(V. tricolor)から分化したものと考えられ、サンシキスミレの亜種Viola tricolor hortensisとされることがある。
しかし、園芸上用いられる変種は交雑と交配が進んだものであり、学名をViola X wittrockianaとしてあらわしている。
「パンジー」という名前は、このパンジーの他にもこれに似ている野生のスミレ属の花を指すときにも使われている。
また、ハエドクソウ科ミゾホオズキ属のパンジーモンキーフラワーのように、全く関係のない植物も花の形や花弁の模様が似ているためパンジーと呼ばれることもある。
小型のパンジーをビオラということもあるが。学名の「ビオラ」(ヴィオラ)はスミレ属のことである。
寒冷地では春に、暖かい地方では冬から開花が始まる。
パンジーはしばしばアリッサム(Lobularia maritima)と混植される。
これはこの組み合わせが色彩的に魅力的である共に、同時に開花するためである。
パンジーはエディブル・フラワーとして食用にしたり、媒染剤で処理した織物を染めるために使われていたこともある。
パンジーは、わずかに重なった2枚の上側の花弁、2枚の脇の花弁、下側3枚の花弁が結合するヒゲ、およびわずかな切れ込みを持つ1枚の下側の花弁からなる。
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



プチット押していただけると嬉しいです


ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

  1. 2009/01/10(土) 21:10:03|
  2.  ┣ パンジー|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

真冬のフラワーショー お休み! 宮崎県宮崎市青島

12月20日から県立青島亜熱帯植物園において「真冬のフラワーショー」がはじまったので、雨の中青島へやって来ました。
駐車場に車を停め(500円)、青島への参道へ。
雨だというのに、大勢の観光客が来ています。

青島亜熱帯植物園玄関門扉が閉まっています。
「29日30日31日休園」の案内板が!
調べて来なかったのがいけないのですが、お客さんが多い時期に休園とは・・・

仕方ないので、正門の前の花を写しましょう。

TAMRON SP AF90mmF2.8 Di MACRO
1/50 F2.8 WB曇 ISO800
hiroの部屋 真冬のフラワーショー

お客さんの多い年末に、何故休園するのでしょう?
県外からのお客さん来ていたので、ちょっと残念ですね。
財団法人宮崎県公園協会のビジョンには、「『花と緑にあふれる美しい景観』を創出することで本県の観光・リゾートの振興に寄与する。」とありますが・・・

入園案内       
●料金:入園無料(亜熱帯植物園大温室のみ有料)
●開園時間:午前8時30分~午後5時
●休園日:年末(12月29日~31日)
駐車場
駐車場はございません。周辺の施設駐車場または有料駐車場 (1日500円~) をご利用ください。
日祝日は大変混み合います。公共の交通機関をご利用ください。

熱帯植物観賞大温室       
●料金:大人200円、高校生以下、障害者(介助要員1名含む)無料
●無料開放日・・みどりの日(5月4日)、こどもの日(5月5日)、都市緑化月間(10月)
●開館時間 午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

公園のご案内
・所在地 :宮崎市青島2丁目12-1
・開 設 :昭和40年4月、昭和41年6月開園
・規 模 :総面積30,796㎡
  国の特別天然記念物に指定される「青島」は太陽と黒潮の恵みを受け、約4,300本のビロウの群落や、260種あまりの亜熱帯性植物が繁茂してます。   しかし昭和30年頃、盗採や火災が頻繁に発生したため、植物の保護対策として島内の自由な探勝が禁止されました。
  このため、学術研究、自然教育の場として目的を達成できなくなり、その対策の一環として、「青島」の西対岸に亜熱帯植物園が設置されました。
  開園当初は、亜熱帯植物の種子や苗木を導入し、宮崎の気候風土に根付かせる試験、研究を行い、沿道修景の役割を担うと共に、宮崎県の南国イメージを作り出しています。
  外苑には青島に自生するビロウ、フェニックス、女王ヤシ、ナツメヤシなど10種類にも及ぶヤシ科の植物を植栽し、亜熱帯花木類はブーゲンビリア、ハイビスカス、ジャカランダ、アメリカデイゴ、パラボラチョ、ピンクイッペ、バウヒニアや思想樹を植栽し、正門にはアコウ並木などがあります。
  熱帯果樹はマカダミアナッツ、グァバ、フェイジョア、ピタンガ等の実を鑑賞することができます。 また、大温室内にはトックリヤシ、大王ヤシなどのヤシ類や、マンゴー、パパイヤ、ピンポンノキ等の果樹類が植栽されておりトロピカルな雰囲気を味わうことができます。園内の花壇には四季を通してさまざまな花が咲いています。



パンジー(学名:Viola X wittrockiana、シノニム:Viola tricolor hortensis)はスミレ科スミレ属の園芸植物の1種。
スミレもしくはサンシキスミレ(V. tricolor)から分化したものと考えられ、サンシキスミレの亜種Viola tricolor hortensisとされることがある。
しかし、園芸上用いられる変種は交雑と交配が進んだものであり、学名をViola X wittrockianaとしてあらわしている。
「パンジー」という名前は、このパンジーの他にもこれに似ている野生のスミレ属の花を指すときにも使われている。
また、ハエドクソウ科ミゾホオズキ属のパンジーモンキーフラワーのように、全く関係のない植物も花の形や花弁の模様が似ているためパンジーと呼ばれることもある。
小型のパンジーをビオラということもあるが。学名の「ビオラ」(ヴィオラ)はスミレ属のことである。
寒冷地では春に、暖かい地方では冬から開花が始まる。
パンジーはしばしばアリッサム(Lobularia maritima)と混植される。
これはこの組み合わせが色彩的に魅力的である共に、同時に開花するためである。
パンジーはエディブル・フラワーとして食用にしたり、媒染剤で処理した織物を染めるために使われていたこともある。
パンジーは、わずかに重なった2枚の上側の花弁、2枚の脇の花弁、下側3枚の花弁が結合するヒゲ、およびわずかな切れ込みを持つ1枚の下側の花弁からなる。
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』




プチット押していただけると嬉しいです


ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

  1. 2008/12/29(月) 19:31:05|
  2.  ┣ パンジー|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

| ホーム |