★hiroの部屋★

★写真 ★★ゴリラを快適に! ★★★MPVを快適に! ★★★★ ★★★★★ ★★★★★★ ★★★★★★★

御諏訪池のハス・スイレン 宮崎市蓮ケ池

御諏訪池にハスが咲いているかな?と思いやって来ました。
駐車場横の池にハスが少し咲いています。
御諏訪池へ行ってみると、少しですがまだ咲いていました。

御諏訪池のハス・スイレン 宮崎市蓮ケ池
hiroの部屋 御諏訪池のハス・スイレン 宮崎市蓮ケ池

スイレンが少しですが咲いていました。

御諏訪池のハス・スイレン 宮崎市蓮ケ池
hiroの部屋 御諏訪池のハス・スイレン 宮崎市蓮ケ池


プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2014/08/24(日) 13:45:56|
  2.  ┣ スイレン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

御池(みそぎ池)の睡蓮 宮崎市阿波岐原町

黄泉の国から脱出することの出来たイザナギが、筑紫の日向(ひむか)の橘の小門(おど)の阿波岐原に来て禊祓えをされた。

御池(みそぎ池)の睡蓮 宮崎市阿波岐原町
hiroの部屋 御池(みそぎ池)の睡蓮 宮崎市阿波岐原町

水底で灌ぐ時、ソコツワタツミ、ソコツツオの神が化成した。
水の上に出て灌ぐ時、ウハツワタツミ、ウワツツオの神が化成した。

御池(みそぎ池)の睡蓮 宮崎市阿波岐原町
hiroの部屋 御池(みそぎ池)の睡蓮 宮崎市阿波岐原町


プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2014/08/24(日) 13:16:30|
  2.  ┣ スイレン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

睡蓮(すいれん) 出水市高尾野町下水流

出水市観光協会の「出水市観光マップ」に記載してある「蓮池」にやって来ました。

3台停められる駐車場も整備されています。

睡蓮(すいれん) 出水市高尾野町下水流
hiroの部屋 睡蓮(すいれん) 出水市高尾野町下水流

出水市観光マップ」には、「蓮池」と記載してあるのですが、案内板には「スイレン1617株」とあります。場所を間違ったのか、蓮の時期は終わってしまったのか・・・

で、睡蓮(すいれん)の撮影です。

睡蓮(すいれん) 出水市高尾野町下水流
hiroの部屋 睡蓮(すいれん) 出水市高尾野町下水流


睡蓮(すいれん) 出水市高尾野町下水流
hiroの部屋 睡蓮(すいれん) 出水市高尾野町下水流


睡蓮(すいれん) 出水市高尾野町下水流
hiroの部屋 睡蓮(すいれん) 出水市高尾野町下水流

白の睡蓮もあるんですね。

睡蓮(すいれん) 出水市高尾野町下水流
hiroの部屋 睡蓮(すいれん) 出水市高尾野町下水流

よく見ると、イトトンボがいます。
で、イトトンボの撮影を。


プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2012/07/22(日) 14:01:22|
  2.  ┣ スイレン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

花 波岐原森林公園(市民の森)スイレン・はなしょうぶ

2009/5/2 久しぶりに宮崎市阿波岐原森林公園(市民の森)の御池(みそぎ池)へやって来ました。
スイレンが咲いているかな~
思ったほど咲いていませんね。
綺麗なのは、まだまだ先のようですね。

hiroの部屋 波岐原森林公園(市民の森)御池(みそぎ池)のスイレン

お天気が続いているからでしょうか、スイレンの葉っぱが結構汚れています。
雨上がりに来た方が良いような・・・

hiroの部屋 波岐原森林公園(市民の森)御池(みそぎ池)のスイレン

散歩をしている人。
写真を撮っている家族連れ。
横になって読書している人。

花菖蒲(はなしょうぶ)が咲くには、まだ早いと思ったのですが、波岐原森林公園(市民の森)内の花菖蒲園に行って見る事に。
数本の花菖蒲(はなしょうぶ)が咲いているだけです。

hiroの部屋 波岐原森林公園(市民の森)花菖蒲(はなしょうぶ)

岩の上で、亀が日向ぼっこをしています。
良く見ると、手足を広げています。

hiroの部屋 波岐原森林公園(市民の森)

思いっきり、首と手足を伸ばしています。
日向ぼっこ気持ち良さそうですね。


2009/4/27 御池(みそぎ池)波岐原森林公園



プチット押していただけると嬉しいです


ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ


世界の始まり
世界の最初に高天原で、別天津神・神世七代という神々が生まれた。
これらの神々の最後に生まれてきたのが、イザナギ・イザナミである。

イザナギとイザナミ
イザナギ・イザナミは、葦原中国に降り、結婚して、大八洲と呼ばれる日本列島を形成する島々を次々と生み出していった。さらに、様々な神々を生み出していったが、火の神カグツチを出産した際に、イザナミは火傷で死んでしまい出雲と伯耆の堺の比婆の山(現;島根県安来市)に埋葬された。イザナギはカグツチを殺し、イザナミをさがしに黄泉の国へと赴く。しかし、黄泉の国のイザナミは既に変わり果てた姿になっていた。これにおののいたイザナギは逃げた。イザナギは、黄泉のケガレを嫌って、禊をした。この時も、様々な神々が生まれた。左目を洗った時に生まれた神がアマテラス(日の神、高天原を支配)・右目を洗った時にツクヨミ(月の神、夜を支配)・鼻を洗った時にスサノオ(海原を支配)が成り、この三柱の神は三貴子と呼ばれ、イザナギによって世界の支配を命じられた。


アマテラスとスサノオ
スサノオは、イザナミのいる根の国へ行きたいと泣き叫び、天地に甚大な被害を与えた。そして、アマテラスの治める高天原へと登っていく。アマテラスは、スサノオが高天原を奪いに来たのかと勘違いし、弓矢を携えて、スサノオを迎えた。スサノオは、アマテラスの疑いを解くために、各の身につけている物などで子(神)を産みその性別によりスサノオは身の潔白を証明した。これによりアマテラスはスサノオを許したが、スサノオが高天原で乱暴を働いたため、アマテラスは、天岩戸に隠れた。日の神であるアマテラスが隠れてしまったために、太陽が出なくなってしまい、神々は困った。そこで、計略でアマテラスを天岩戸から出した。スサノオは、下界に追放された。

出雲神話
スサノオは、出雲の国に降り立った。そして、害獣であるヤマタノオロチ(八俣遠呂智)を切り殺し、国津神の娘と結婚する。スサノオの子孫である大国主は、スサノオの娘と結婚し、スクナビコナと葦原中国の国づくりを始めた。出雲風土記では意宇郡母里郷(現;島根県安来市)の地名制定説話にヤマタノオロチ退治がでるが、スサノオではなく大穴持(大国主)神となっているところに相違がある。


葦原中津国平定
アマテラスら高天原にいた神々(天津神)は、葦原中国を統治するべきなのは、天津神、とりわけアマテラスの子孫だとした。そのため、何人かの神を出雲に使わした。大国主の子である事代主・タケミナカタが天津神に降ると、大国主も大国主の為の宮殿建設と引き換えに、天津神に国を譲ることを約束する。この宮殿は後の出雲大社である。
アマテラスの孫であるニニギが、葦原中国平定を受けて、日向に降臨した。ニニギは、コノハナノサクヤビメと結婚した。

山幸彦と海幸彦
ニニギの子である海幸彦・山幸彦は、山幸彦が海幸彦の釣り針をなくしたことでけんかになった。山幸彦は、海神の宮殿に赴き、釣り針を見つけ、釣り針を返した。山幸彦は海神の娘と結婚し、ウガヤフキアエズという子をなした。ウガヤフキアエズの子が、カムヤマトイワレヒコ(又はカンヤマトイワレヒコ。後の神武天皇)である。

神武天皇
カムヤマトイワレヒコは、兄たちと図って、ヤマトを支配しようともくろむ。ヤマトの先住者たちは果敢に抵抗し、カムヤマトイワレヒコも苦戦するが、結局天孫のカムヤマトイワレヒコの敵ではなかった。カムヤマトイワレヒコは、畝傍橿原宮の山麓で、即位する。これが、初代天皇である神武天皇である。
神武天皇の死後、神武天皇が日向にいた時の子であるタギシミミが反乱を起こす。カムヌナカワミミがそれを破り、皇位を継ぐ。

欠史八代
カムヌナカワミミは、綏靖天皇となるが、綏靖天皇以下の8代の天皇の事跡は伝わっていない。


  1. 2009/05/02(土) 18:22:33|
  2.  ┣ スイレン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

花 御池(みそぎ池)波岐原森林公園

今日も、仕事に行きましたが2時過ぎに切り上げ、床屋さんへ
頭、すっきりになりました

ガソリン少なくなってきたのでへ。
@120円です。ここのスタンドは、まあまあ安いほうですね。当然セルフですが。
4月上旬は@118円でしたので、今の価格は妥当ですかね。
来月は、@160円になるのでしょうか
(160円-120円)×60l=2400円 高くなるなあ~

少しだけ、時間が出来たので、波岐原森林公園(宮崎市)へ行って見ました。
御池(みそぎ池)にスイレンを見にやって来たのですが、まだまだ早かったですね。

hiroの部屋 御池(みそぎ池)波岐原森林公園


ツツジもまだ残っていました。

hiroの部屋 御池(みそぎ池)波岐原森林公園


スイレンの数が少なくちょっと寂しいですね。

hiroの部屋 御池(みそぎ池)波岐原森林公園


ゴルフ場にも見えますね。
打ち込んだら、玉は捜せませんね。

hiroの部屋 御池(みそぎ池)波岐原森林公園


休憩所もあり、静かな時間をすごせます。

hiroの部屋 御池(みそぎ池)波岐原森林公園


近くには、イザナキノミコト、イザナミノミコトを祭る江田神社があります。

御池には、また日を改めて来る事にしましょう。

hiroの部屋 御池(みそぎ池)波岐原森林公園


スイレンが見れなかったので、海岸に出てみました。

海岸が浸食されて、堤防に波が打ち付けています。

hiroの部屋 一ツ葉海岸(宮崎市)


ハマヒルガオですが、風が強くて・・・

hiroの部屋 一ツ葉海岸(宮崎市)


GWも仕事です。
ゆっくり息抜きをしたいですね。



プチット押していただけると嬉しいです

ブログランキング・にほんブログ村へ


ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


bnr06.gif


MPVを快適に! ゴリラを快適に!♪



世界の始まり
世界の最初に高天原で、別天津神・神世七代という神々が生まれた。
これらの神々の最後に生まれてきたのが、イザナギ・イザナミである。

イザナギとイザナミ
イザナギ・イザナミは、葦原中国に降り、結婚して、大八洲と呼ばれる日本列島を形成する島々を次々と生み出していった。さらに、様々な神々を生み出していったが、火の神カグツチを出産した際に、イザナミは火傷で死んでしまい出雲と伯耆の堺の比婆の山(現;島根県安来市)に埋葬された。イザナギはカグツチを殺し、イザナミをさがしに黄泉の国へと赴く。しかし、黄泉の国のイザナミは既に変わり果てた姿になっていた。これにおののいたイザナギは逃げた。イザナギは、黄泉のケガレを嫌って、禊をした。この時も、様々な神々が生まれた。左目を洗った時に生まれた神がアマテラス(日の神、高天原を支配)・右目を洗った時にツクヨミ(月の神、夜を支配)・鼻を洗った時にスサノオ(海原を支配)が成り、この三柱の神は三貴子と呼ばれ、イザナギによって世界の支配を命じられた。


アマテラスとスサノオ
スサノオは、イザナミのいる根の国へ行きたいと泣き叫び、天地に甚大な被害を与えた。そして、アマテラスの治める高天原へと登っていく。アマテラスは、スサノオが高天原を奪いに来たのかと勘違いし、弓矢を携えて、スサノオを迎えた。スサノオは、アマテラスの疑いを解くために、各の身につけている物などで子(神)を産みその性別によりスサノオは身の潔白を証明した。これによりアマテラスはスサノオを許したが、スサノオが高天原で乱暴を働いたため、アマテラスは、天岩戸に隠れた。日の神であるアマテラスが隠れてしまったために、太陽が出なくなってしまい、神々は困った。そこで、計略でアマテラスを天岩戸から出した。スサノオは、下界に追放された。

出雲神話
スサノオは、出雲の国に降り立った。そして、害獣であるヤマタノオロチ(八俣遠呂智)を切り殺し、国津神の娘と結婚する。スサノオの子孫である大国主は、スサノオの娘と結婚し、スクナビコナと葦原中国の国づくりを始めた。出雲風土記では意宇郡母里郷(現;島根県安来市)の地名制定説話にヤマタノオロチ退治がでるが、スサノオではなく大穴持(大国主)神となっているところに相違がある。


葦原中津国平定
アマテラスら高天原にいた神々(天津神)は、葦原中国を統治するべきなのは、天津神、とりわけアマテラスの子孫だとした。そのため、何人かの神を出雲に使わした。大国主の子である事代主・タケミナカタが天津神に降ると、大国主も大国主の為の宮殿建設と引き換えに、天津神に国を譲ることを約束する。この宮殿は後の出雲大社である。
アマテラスの孫であるニニギが、葦原中国平定を受けて、日向に降臨した。ニニギは、コノハナノサクヤビメと結婚した。

山幸彦と海幸彦
ニニギの子である海幸彦・山幸彦は、山幸彦が海幸彦の釣り針をなくしたことでけんかになった。山幸彦は、海神の宮殿に赴き、釣り針を見つけ、釣り針を返した。山幸彦は海神の娘と結婚し、ウガヤフキアエズという子をなした。ウガヤフキアエズの子が、カムヤマトイワレヒコ(又はカンヤマトイワレヒコ。後の神武天皇)である。

神武天皇
カムヤマトイワレヒコは、兄たちと図って、ヤマトを支配しようともくろむ。ヤマトの先住者たちは果敢に抵抗し、カムヤマトイワレヒコも苦戦するが、結局天孫のカムヤマトイワレヒコの敵ではなかった。カムヤマトイワレヒコは、畝傍橿原宮の山麓で、即位する。これが、初代天皇である神武天皇である。
神武天皇の死後、神武天皇が日向にいた時の子であるタギシミミが反乱を起こす。カムヌナカワミミがそれを破り、皇位を継ぐ。

欠史八代
カムヌナカワミミは、綏靖天皇となるが、綏靖天皇以下の8代の天皇の事跡は伝わっていない。


  1. 2008/04/27(日) 20:52:28|
  2.  ┣ スイレン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

| ホーム |