FC2ブログ

★hiroの部屋★

★写真 ★★車を快適に! ★★★バイクを快適に! ★★★★ ★★★★★ ★★★★★★ ★★★★★★★

国指定史跡 祇園原古墳群 宮崎県新富町

 一ツ瀬川左岸にある新田原台地(海抜約70m)に円墳、前方後円墳、方墳など大小あわせて207基が確認されています。
 1944年(昭和19年)11月13日に国の史跡に指定されました。

国指定史跡 祇園原古墳群 宮崎県新富町
hiroの部屋 国指定史跡 祇園原古墳群 宮崎県新富町

 「新田原古墳群」という名称は、国による史跡指定時に新田村(現在の新富町)にあった古墳を行政単位で指定措置した結果ですが2010年(平成22年)現在は、古墳の分布状況や築造時期から4つの古墳群に大別すべきと考えられていて、東から塚原古墳群、石船古墳群、山之坊古墳群、祇園原古墳群と呼ばれています。

国指定史跡 祇園原古墳群 宮崎県新富町
hiroの部屋 国指定史跡 祇園原古墳群 宮崎県新富町

 祇園原古墳群は、円墳138基、前方後円墳14基、方墳1基、墳形不明1基の合計154基が確認されています。
 石船古墳群の一部(第42~45号墳)は、1941年(昭和16年)の陸軍飛行場(現在の航空自衛隊新田原基地)建設に伴い、大師山公園に移転(縮尺を5分の1にして改葬)しました。

国指定史跡 祇園原古墳群 宮崎県新富町
hiroの部屋 国指定史跡 祇園原古墳群 宮崎県新富町

 1824年(文政7年)8月、天領右松村(現在の西都市)の「佐土原領入田村境界同意書」付図の中に入田村(旧新田村、現在の新富町)と右松村の境界に「セタヲ塚」を確認していて、前方後円墳の前方部分が西都市、後円部が新富町として、当時の境界が現在にも継承されています。

国指定史跡 祇園原古墳群 宮崎県新富町
hiroの部屋 国指定史跡 祇園原古墳群 宮崎県新富町

新田原古墳群は新富町が管理し、新富町教育委員会によって発掘調査が行われています。


プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2020/03/28(土) 11:43:10|
  2.  ┣ 古墳|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

国指定史跡 松本塚古墳 宮崎県西都市

県指定史跡 松本古墳群
 西都市街地の南西約2.6㎞に位置する古墳群で、清水原台地の南側に広がる平野東部に分布しています。
 松本古墳群は、国指定史跡松本塚古墳の周辺に形成された円墳群で、一部は陪冢(ばいちょう)と考えられています。周囲は三納川流域に開かれた水田地帯で、国指定の松本塚古墳を含めて7基の古墳が現存しています。
 陪冢:大型の古墳に近接する小規模の古墳で、その大型古墳に関連して営まれたとされるもの。
 松本塚古墳に樹立された円筒・朝顔形埴輪と制作技法の一致する同時期の埴輪が2号・5号・6号墳から出土していることから、これらの古墳群と松本塚古墳の関係が認められます。
 埴輪の中には、衣笠形埴輪の一部と考えられる破片も出土していて、器材埴輪も含まれていたと考えられます。
 以前は旧三納村に所在している文化財として、三納村古墳という名称で昭和10年に県史跡に指定されていましたが、実際の古墳のグループを評価し、所在地の地名を付して、平成27年に名称を松本古墳群と改めました。

国指定史跡 松本塚古墳
 指定年月日:昭和19年3月7日  所在地:西都市大字三納字松本
 松本塚古墳は、三納川北側の沖積地に所在しています。周囲は田園地帯で障壁がなく、優美な墳丘全体を眺めることができ、地元では「船塚」と呼ばれ親しまれており、この地方では鵜葺草葺不合(ウガヤフキアエズ)尊陵として言い伝えられています。
 鵜葺草葺不合命は、「ニニギノミコト」と「コノハナサクヤヒメ」の子・「ヒコホホデミノミコト」(山幸彦)の子供で神武天皇の父親になります。
 昭和19年(1944年)に国史跡に指定されました。
 西都市内では4番目の大きさで、墳長:約104m・後円部径:約47.5m・墳丘高:約7.6mで、周溝を含めた全長は約149mで、周囲に陪塚(ばいちょう)と考えられる同時期の円墳を伴い、小グループを形成しています。

国指定史跡 松本塚古墳 宮崎県西都市
hiroの部屋 国指定史跡 松本塚古墳 宮崎県西都市

 また、墳丘の規格が大阪羽曳野市に所在する軽里大塚古墳(かるさとおおつかこふん・5世紀後半)と相似形である可能性が指摘されています。
 昭和61年(1986年)〜62年(1987)年に行われた発掘調査で、墳丘周囲に廻る周溝や周提、前方部の側面に造出しという突出部が検出され、円筒埴輪・朝顔形円筒埴輪が出土しています。
 その際、周辺の三納古墳群24・25号墳も調査され、葺石(ふきいし)や周溝が確認でき、現在は削平されているが、本来の古墳の規模が復元できます。
 出土遺物は埴輪や須恵器破片があります。埴輪は円筒埴輪が中心ですが、24号墳からは蓋(きぬがさ)の一部と考えられる形象埴輪も出土しています。

国指定史跡 松本塚古墳 宮崎県西都市
hiroの部屋 国指定史跡 松本塚古墳 宮崎県西都市

 松本塚古墳出土埴輪やこれら周辺の古墳出土遺物の時期から、5世紀後半〜末に築造されたものと推定できます。
 5世紀中葉〜後半は、4世紀〜5世紀前半に全盛を誇った西都原古墳群で首長墓である前方後円墳の築造が停滞し、他の古墳群に大型の前方後円墳が築造されるという特徴があり、5世紀後半〜末、一ツ瀬川流域最大規模の墳丘をもつ松本塚古墳はその代表例です。
 同時期の前方後円墳は西都原古墳群も含めて周辺には存在せず、首長墓の変遷を考える上では重要な古墳です。
 また、西都原古墳群・新田原古墳群・茶臼原古墳群が、地域最大規模の前方後円墳を台地上に築造するのに対して、三納古墳群や松本塚古墳が沖積地に築造されているのは特徴的です。
 宮崎平野部において、古墳時代前期・中期・後期といった時間軸の中で、古墳群の築造動向を比較する際、非常に重要な資料として位置づけられています。


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪
  1. 2020/03/08(日) 20:35:26|
  2.  ┣ 古墳|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

日本の棚田百選 東後畑棚田 山口県長門市

 ネットで夕陽に映える東後畑棚田の写真を見て、どんな所か行ってみたいと思っていました。

 山口県長門市の油谷地区は棚田が多く、本州最西北端の向津具半島を中心に約600haもの大棚田地域が広がっていて、西日本では最大級の規模だそうです。
 中でも東後畑棚田(ひがしうしろばたたなだ)は、1999年に農林水産省が発表した「日本の棚田百選」では、当時全国117市町村、134地区の棚田とならんで油谷の東後畑地区にある棚田が選ばれました。

日本の棚田百選 東後畑棚田 山口県長門市
hiroの部屋 日本の棚田百選 東後畑棚田 山口県長門市

 この地域には川らしい川がなく、水の確保が困難な地域でした。
 これに対応するため多くの溜池が造られてきて、ここ後畑でも1728年(享保13年)に30カ所、1842年(天保13年)に59カ所もの溜池があったと記録されています。
 そして東後畑棚田については、ため池百選にも選ばれている「深田ため池」を主水源として守られています。

日本の棚田百選 東後畑棚田 山口県長門市
hiroの部屋 日本の棚田百選 東後畑棚田 山口県長門市

 棚田は通常山間部にあることが多いのですが、この地区は半島部分の丘陵地が海岸近くまで迫っているため、眼下に日本海が広がり、日中はコバルトブルーの海と緑の水田が美しく、陽が暮れると夕陽が棚田に映り込み金色に輝くそうです。
 夕日が沈む日本海に、イカ釣り漁船の漁火が無数に輝く光景は美しく、イカ釣りシーズンである5月下旬になると、この景色を撮影しようと、毎年多くの写真家が集まるそうです。

日本の棚田百選 東後畑棚田 山口県長門市
hiroの部屋 日本の棚田百選 東後畑棚田 山口県長門市

 駐車場が数ヵ所あり、1番のビューポイントには東屋(あずまや)、トイレ、身障者用駐車場が整備されており、東屋側に4~5台ほど駐車出来るスペースがあります。

 雨が強くなってきました。
 冷たい風も吹いてきました。
 撤収します。

 5月下旬が良いのか・・・
 ちょっと遠いなあ~


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2020/02/28(金) 16:32:11|
  2.  ┣ ■日本の棚田百選他|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

阿蘇ジオパーク 裏見の滝「鍋ヶ滝」 熊本県阿蘇郡小国町

小国町にある「鍋ヶ滝」へやって来ました。
この滝のいちばんの特徴は滝を裏側から眺めることができることです。
そのため、別名「裏見の滝」と呼ばれます。

駐車場が整備され、滝への道も階段で行けるよう整備されています。

阿蘇ジオパーク 裏見の滝「鍋ヶ滝」 熊本県阿蘇郡小国町
hiroの部屋 阿蘇ジオパーク 裏見の滝「鍋ヶ滝」 熊本県阿蘇郡小国町

水のカーテンが綺麗です。
マイナスイオンたっぷりです。

阿蘇ジオパーク 裏見の滝「鍋ヶ滝」 熊本県阿蘇郡小国町
hiroの部屋 阿蘇ジオパーク 裏見の滝「鍋ヶ滝」 熊本県阿蘇郡小国町

別世界ですね。

阿蘇ジオパーク 裏見の滝「鍋ヶ滝」 熊本県阿蘇郡小国町
hiroの部屋 阿蘇ジオパーク 裏見の滝「鍋ヶ滝」 熊本県阿蘇郡小国町


阿蘇ジオパーク 裏見の滝「鍋ヶ滝」 熊本県阿蘇郡小国町
hiroの部屋 阿蘇ジオパーク 裏見の滝「鍋ヶ滝」 熊本県阿蘇郡小国町

帰りの階段を登る元気を残しておきましょう。
カメラ機材が重かった・・・


プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2019/10/05(土) 16:00:31|
  2.  ┣ 滝|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

日本の棚田百選 土谷棚田(どやたなだ)の夕陽 長崎県松浦市

 昨年の連休は、 佐賀県玄海町の浜野浦の棚田を見に行きましたが、今年は長崎県松浦市の土谷棚田(どやたなだ)にやって来ました。
 今年の連休は10日間ですが、天気予報では晴れが少なく、連休初めと後半にしか晴れ予報がありません。後半も必ず晴れるとは限らないので今日やって来ました。

 土谷棚田(どやたなだ)があるのは、佐賀県伊万里市から長さ225mの福島大橋を渡り、伊万里湾の玄海国定公園に浮かぶ東西6km、南北7.3kmに及ぶ島に位置する長崎県松浦市福島町土谷免です。
 長崎県に属していますが、島の東側の対岸は佐賀県伊万里市です。島の入口に「つばきの島」とあり、島の周囲の海上には「いろは島」と呼ばれる大小48個の島々が浮かび、美しい景観を形成しています。

 土谷棚田展望台には、既に沢山の三脚が並んでします。
 明るいうちに1枚撮影です。

日本の棚田百選 土谷棚田(どやたなだ) 長崎県松浦市
hiroの部屋 日本の棚田百選 土谷棚田(どやたなだ) 長崎県松浦市

 
 時間があるので、島を一周してみました。トイレは展望台から北へ400mほど行ったところにあります。
 島の西側では、綺麗な棚田を沢山見る事が出来ます。
 島の北端には、初崎展望公園があります。見晴らしが良く鷹島肥前大橋が見えます。
 県道103号線は急に道幅が狭くなる所もあります。
 コンビニは無かったと思います。島に入ってすぐにある、JF新松浦福島支所 とれたて福の島(海の駅)でトイレを済ました方が良いようです。

 土谷棚田展望台に戻ると、カメラマンが撮影の準備をしています。
 展望台に隙間なく並んでいて、展望台の下にも並んでいます。50名程いますね。
 撮影開始です。

日本の棚田百選 土谷棚田(どやたなだ)の夕陽 長崎県松浦市
hiroの部屋 日本の棚田百選 土谷棚田(どやたなだ)の夕陽 長崎県松浦市

 水平線に雲が多く、太陽が隠れてしまいました。

日本の棚田百選 土谷棚田(どやたなだ)の夕陽 長崎県松浦市
hiroの部屋 日本の棚田百選 土谷棚田(どやたなだ)の夕陽 長崎県松浦市

 最後まで待ったのですが、沈む夕陽を見る事が出来ませんでした。

土谷棚田(どやたなだ)
 土谷棚田(どやたなだ)は、長崎県松浦市福島町土谷免の玄海灘に向かって広がる約10haの斜面を、明治から昭和初期にかけて開墾し、自然の傾斜に高さ5mもの石垣を組み合わせた棚田です。約400枚もの棚田が美しい曲線を描きながら海岸まで伸び、景観と調和し美しい日本の原風景を形成しています。
 夕日が水面を照らすことで有名な土谷棚田は、一瞬の瞬間を捉えるため、全国各地から多くの写真家が撮影に訪れます。
 春は田植え、夏は稲穂が黄金色になり、秋は夕焼け、冬には一面の雪景色が見られることもあります。
 平成11年(1999年)には日本の棚田百選に、平成24年(2012年)には土谷棚田の火祭りが日本夜景遺産(ライトアップ夜景遺産)に認定されています。



プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2019/04/27(土) 19:00:54|
  2.  ┣ ■日本の棚田百選他|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎県の田の神さぁ 西上江の田の神さぁ えびの市

「田の神さぁ」とは・・・
 田の神は、冬は山の神となり、春は里におりて田の神となって田を守り、豊作をもたらすと信じられています。
 「田の神」信仰は、全国的な民俗行事として古来から農村に浸透していますが、「田の神」を石に刻み(田の神石像)豊作を祈願する風習は、18世紀初めに始まる薩摩藩独特の文化です。
 霧島の噴火や天災などが原因で、農家にとって大変厳しい時代でしたが、江戸時代からの赤字経済を立て直すため、薩摩藩では少しでも収穫を増やそうと、稲作を奨励する政策を行っていました。このような中、農民達が霧島の噴火がおさまり豊作に恵まれるようにとの願いを込めて造ったのが田の神像の始まりといわれています。
 田の神のことを、「田の神さあ(タノカンサア)」と呼んでいます。えびの市内には約150体の田の神が残されています。

「西上江の田の神さぁ」の詳細
 建立年:不明
 型分類:農民型
 形態:立位
 像高:56cm
 像幅:23cm
 持ち物:大きなシキを被り、長袖和服で両手が見えません。
 彩色:顔は白色。目と眉毛は黒色。唇・襟・帯は赤色。

瓦葺の立派な祠ですね。

宮崎県の田の神さぁ 西上江の田の神さぁ えびの市
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 西上江の田の神さぁ えびの市


宮崎県の田の神さぁ 西上江の田の神さぁ えびの市
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 西上江の田の神さぁ えびの市

ふくよかな田の神さぁですね。

宮崎県の田の神さぁ 西上江の田の神さぁ えびの市
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 西上江の田の神さぁ えびの市


宮崎県の田の神さぁ 西上江の田の神さぁ えびの市
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 西上江の田の神さぁ えびの市

広い田んぼを見守っています。

宮崎県の田の神さぁ 西上江の田の神さぁ えびの市
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 西上江の田の神さぁ えびの市


Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ


プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2018/11/09(金) 07:00:06|
  2.  ┣ 田の神様(たのかんさあ)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎県の田の神さぁ 千代反田の田の神さぁ えびの市

「田の神さぁ」とは・・・
 田の神は、冬は山の神となり、春は里におりて田の神となって田を守り、豊作をもたらすと信じられています。
 「田の神」信仰は、全国的な民俗行事として古来から農村に浸透していますが、「田の神」を石に刻み(田の神石像)豊作を祈願する風習は、18世紀初めに始まる薩摩藩独特の文化です。
 霧島の噴火や天災などが原因で、農家にとって大変厳しい時代でしたが、江戸時代からの赤字経済を立て直すため、薩摩藩では少しでも収穫を増やそうと、稲作を奨励する政策を行っていました。このような中、農民達が霧島の噴火がおさまり豊作に恵まれるようにとの願いを込めて造ったのが田の神像の始まりといわれています。
 田の神のことを、「田の神さあ(タノカンサア)」と呼んでいます。えびの市内には約150体の田の神が残されています。

新しい祠ですね。
ここにも焼酎「名月」がお供えされています。

宮崎県の田の神さぁ 千代反田の田の神さぁ えびの市
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 千代反田の田の神さぁ えびの市


宮崎県の田の神さぁ 千代反田の田の神さぁ えびの市
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 千代反田の田の神さぁ えびの市


宮崎県の田の神さぁ 千代反田の田の神さぁ えびの市
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 千代反田の田の神さぁ えびの市


宮崎県の田の神さぁ 千代反田の田の神さぁ えびの市
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 千代反田の田の神さぁ えびの市


Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ


プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2018/11/08(木) 07:00:41|
  2.  ┣ 田の神様(たのかんさあ)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎県の田の神さぁ 平馬場の田の神さぁ えびの市

「田の神さぁ」とは・・・
 田の神は、冬は山の神となり、春は里におりて田の神となって田を守り、豊作をもたらすと信じられています。
 「田の神」信仰は、全国的な民俗行事として古来から農村に浸透していますが、「田の神」を石に刻み(田の神石像)豊作を祈願する風習は、18世紀初めに始まる薩摩藩独特の文化です。
 霧島の噴火や天災などが原因で、農家にとって大変厳しい時代でしたが、江戸時代からの赤字経済を立て直すため、薩摩藩では少しでも収穫を増やそうと、稲作を奨励する政策を行っていました。このような中、農民達が霧島の噴火がおさまり豊作に恵まれるようにとの願いを込めて造ったのが田の神像の始まりといわれています。
 田の神のことを、「田の神さあ(タノカンサア)」と呼んでいます。えびの市内には約150体の田の神が残されています。

水路を綺麗な水が流れています。

宮崎県の田の神さぁ 平馬場の田の神さぁ えびの市
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 平馬場の田の神さぁ えびの市


宮崎県の田の神さぁ 平馬場の田の神さぁ えびの市
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 平馬場の田の神さぁ えびの市

ここにも焼酎「名月」がお供えされています。

宮崎県の田の神さぁ 平馬場の田の神さぁ えびの市
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 平馬場の田の神さぁ えびの市


宮崎県の田の神さぁ 平馬場の田の神さぁ えびの市
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 平馬場の田の神さぁ えびの市


Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ


プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2018/11/07(水) 07:12:14|
  2.  ┣ 田の神様(たのかんさあ)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎県の田の神さぁ 上島内の田の神さぁ えびの市

「田の神さぁ」とは・・・
 田の神は、冬は山の神となり、春は里におりて田の神となって田を守り、豊作をもたらすと信じられています。
 「田の神」信仰は、全国的な民俗行事として古来から農村に浸透していますが、「田の神」を石に刻み(田の神石像)豊作を祈願する風習は、18世紀初めに始まる薩摩藩独特の文化です。
 霧島の噴火や天災などが原因で、農家にとって大変厳しい時代でしたが、江戸時代からの赤字経済を立て直すため、薩摩藩では少しでも収穫を増やそうと、稲作を奨励する政策を行っていました。このような中、農民達が霧島の噴火がおさまり豊作に恵まれるようにとの願いを込めて造ったのが田の神像の始まりといわれています。
 田の神のことを、「田の神さあ(タノカンサア)」と呼んでいます。えびの市内には約150体の田の神が残されています。

「上島内の田の神さぁ」の詳細
 建立年:明治20年(1887年)
 型分類:農民型
 形態:立位
 像高:67cm
 像幅:33cm
 持ち物:シキを被り胸開き、長袖和服と袴姿で右手にメシゲ、左手にキネを持つ。
 彩色:顔・手・足は白色。シキと衣類は赤色。

宮崎県の田の神さぁ 上島内の田の神さぁ えびの市
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 上島内の田の神さぁ えびの市


宮崎県の田の神さぁ 上島内の田の神さぁ えびの市
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 上島内の田の神さぁ えびの市


宮崎県の田の神さぁ 上島内の田の神さぁ えびの市
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 上島内の田の神さぁ えびの市

道路沿いにあります。
道路が広くなっています。

宮崎県の田の神さぁ 上島内の田の神さぁ えびの市
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 上島内の田の神さぁ えびの市


Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ


プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2018/11/06(火) 06:54:02|
  2.  ┣ 田の神様(たのかんさあ)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎県の田の神さぁ 上浦の田の神さぁ えびの市

「田の神さぁ」とは・・・
 田の神は、冬は山の神となり、春は里におりて田の神となって田を守り、豊作をもたらすと信じられています。
 「田の神」信仰は、全国的な民俗行事として古来から農村に浸透していますが、「田の神」を石に刻み(田の神石像)豊作を祈願する風習は、18世紀初めに始まる薩摩藩独特の文化です。
 霧島の噴火や天災などが原因で、農家にとって大変厳しい時代でしたが、江戸時代からの赤字経済を立て直すため、薩摩藩では少しでも収穫を増やそうと、稲作を奨励する政策を行っていました。このような中、農民達が霧島の噴火がおさまり豊作に恵まれるようにとの願いを込めて造ったのが田の神像の始まりといわれています。
 田の神のことを、「田の神さあ(タノカンサア)」と呼んでいます。えびの市内には約150体の田の神が残されています。

「上浦のの田の神さぁ」の詳細
 建立年:不明
 型分類:農民型
 形態:立位
 像高:32cm
 像幅:18cm
 持ち物:シキを被り、長袖和服と袴で両手にメシゲを持ち踊っています。
 彩色:顔・手・足は白色。シキと袴は赤色。

宮崎県の田の神さぁ 上浦の田の神さぁ えびの市
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 上浦の田の神さぁ えびの市


宮崎県の田の神さぁ 上浦の田の神さぁ えびの市
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 上浦の田の神さぁ えびの市


宮崎県の田の神さぁ 上浦の田の神さぁ えびの市
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 上浦の田の神さぁ えびの市

九州自動車道が見えます。

宮崎県の田の神さぁ 上浦の田の神さぁ えびの市
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 上浦の田の神さぁ えびの市


Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ


プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2018/11/05(月) 07:17:21|
  2.  ┣ 田の神様(たのかんさあ)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

| ホーム | 次のページ