★hiroの部屋★

★写真 ★★ゴリラを快適に! ★★★MPVを快適に! ★★★★ ★★★★★ ★★★★★★ ★★★★★★★

美々津重要伝統的建造物群保存地区 宮崎県日向市美々津

神武東征御船出の地として広く知られている美々津の町です。

国選定の重要伝統的建造物群保存地区です。

重要伝統的建造物群保存地区
 昭和50年の文化財保護法の改正によって伝統的建造物群の制度が発足し、城下町、宿場町、門前町など全国各地に残る歴史的な集落、町並みの保存が図られるようになりました。市町村は、都市計画または条例により伝統的建造物群保存地区を定め、国はその中から価値の高いものを重要伝統的建造物群保存地区として選定し、市町村の保存事業への財政的援助や技術的指導を行っています。

美々津重要伝統的建造物群保存地区 宮崎県日向市美々津
hiroの部屋 美々津重要伝統的建造物群保存地区 宮崎県日向市美々津

美々津重要伝統的建造物群保存地区 宮崎県日向市美々津
hiroの部屋 美々津重要伝統的建造物群保存地区 宮崎県日向市美々津

裏からでは、読みにくいですね・・・
で、

hiroの部屋 美々津重要伝統的建造物群保存地区 宮崎県日向市美々津

誰もいません。
熱いお茶が飲みたいですね。

美々津重要伝統的建造物群保存地区 宮崎県日向市美々津
hiroの部屋 美々津重要伝統的建造物群保存地区 宮崎県日向市美々津

手押しポンプがあります。

美々津重要伝統的建造物群保存地区 宮崎県日向市美々津
hiroの部屋 美々津重要伝統的建造物群保存地区 宮崎県日向市美々津

美々津重要伝統的建造物群保存地区 宮崎県日向市美々津
hiroの部屋 美々津重要伝統的建造物群保存地区 宮崎県日向市美々津

美々津灯台です。
島には、自然の水族館(潮溜まり)があり、色々な生物を見る事が出来ます。

美々津重要伝統的建造物群保存地区 宮崎県日向市美々津
hiroの部屋 美々津重要伝統的建造物群保存地区 宮崎県日向市美々津

国選定 日向市美々津重要伝統的建造物群保存地区
所在地 日向市美々津町字上町、中町、下町、上別府の一部
選定年月日 昭和61年12月8日
面積 7.2ヘクタール
 美々津は、古い歴史を持つ港町で、中世には 集落が営まれていたと考えられており、江戸時代に入ると高鍋藩の商業港として重要視され、藩主 秋月氏もこの港を参勤交代に利用していた。
 保存地区に選定された上町、中町、下町は耳川河口に築かれた港の隣接地に当たり、江戸時代から明治時代の平入、妻入建物が数多く残されている。
 また港から南に延びる3本の主道路や、それらに直交するツキヌケ(防火地)は江戸時代に設けられたものと伝えられており、旧い敷地割や石畳などとともに美々津の歴史的景観を構成する重要な要素になっている。
 町の遺跡からは近畿、瀬戸内様式の弥生土器が見つかっています。
 このことから、美々津が古い時代からその地域と交流があったことが分かります。
 美々津が港町として成立するのは江戸時代初期の元禄の頃(1688-1703年)からで、当時は高鍋藩(藩主秋月氏、3万石の外様)に属し支配を受けていました(城付地に属していました)。  
 江戸、明治時代の白壁土蔵が残っています。
 関西との交流を廻船問屋の舟(千石船(帆船))で行っていました。
 彼等は備後屋、明石屋、播磨屋、泉屋などの瀬戸内や近畿の地名を屋号としていました。
 耳川の上流で生産された木材や木炭などを大阪方面に出荷し、帰路には関西地方の特産物や美術工芸品を持ち帰り、地域文化を支えていました。
 「美々津千軒」と言われ明治から大正時代に最盛期を迎えました。
 大正12年国鉄日豊本線開通で回船業は衰退しました。
 現在では静かな港町になっています。
 古い町並みで町興しに成功しています。

重要伝統的建造物群保存地区
九州・沖縄では、
 朝倉市秋月伝統的建造物群保存地区(福岡県)
 うきは市筑後吉井伝統的建造物群保存地区(福岡県)
 八女市八女福島伝統的建造物群保存地区(福岡県)
 有田町有田内山伝統的建造物群保存地区(佐賀県)
 長崎市東山手伝統的建造物群保存地区(長崎県)
 長崎市南山手伝統的建造物群保存地区(長崎県)
 日南市飫肥伝統的建造物群保存地区(宮崎県)
 日向市美々津伝統的建造物群保存地区(宮崎県)
 椎葉村十根川伝統的建造物群保存地区(宮崎県)
 出水市出水麓伝統的建造物群保存地区(鹿児島県)
 薩摩川内市入来麓伝統的建造物群保存地区(鹿児島県)
 知覧町知覧伝統的建造物群保存地区(鹿児島県)
 渡名喜村渡名喜島伝統的建造物群保存地区(沖縄県)
 竹富町竹富島伝統的建造物群保存地区(沖縄県)
 が選定されています。


プチット押していただけると嬉しいです


ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ

hiroの部屋インデックスバーナー
「hiroの部屋」のインデックスです。探し物はこちらが良いかも。


  1. 2010/10/10(日) 10:14:43|
  2.  ┣ 日向市|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

日本海軍発祥の地 立磐神社 宮崎県日向市美々津 

国道10号線の耳川大橋南側を海側へ下り、左に曲がると「日本海軍発祥の地」碑が見えて来ます。
港に車を停め、神武天皇御親率の東征水軍御進発の聖地美々津を歩いてみます。

日本海軍発祥の地 宮崎県日向市美々津
hiroの部屋 日本海軍発祥の地 宮崎県日向市みみつ

日本海軍は、天皇が統治された海軍で有りました。
このことから国が、神武天皇親率の水軍が、初めて編成され、進発した美々津の地を「日本海軍発祥之地」と定め、紀元二千六百年記念事業の一環として建立されました。
碑文の文字は、時の内閣総理大臣海軍大将米内光政閣下の揮毫により、碑面に刻記されたものであります。
この碑は、大東亜戦争の終戦直後進駐米軍によって碑文が破壊されましたが、昭和44年に至り地元有志の強い要望により、防衛庁(海上自衛隊)などの協力を得て、現在の通り復元されたのであります。"

日本海軍発祥の地碑の側に立磐神社(たていわ神社)があります。

立磐神社 宮崎県日向市美々津
hiroの部屋 立磐神社 宮崎県日向市みみつ

日向市の保存樹(指定年月日:昭和50年8月25日)「くす」です。
根元に鳥居が見えます。

立磐神社 宮崎県日向市美々津
hiroの部屋 立磐神社 宮崎県日向市みみつ

立磐神社の裏から、JR美々津鉄橋が見えます。

美々津鉄橋 宮崎県日向市美々津
hiroの部屋 美々津鉄橋 宮崎県日向市美々津


プチット押していただけると嬉しいです


ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ

hiroの部屋インデックスバーナー
「hiroの部屋」のインデックスです。探し物はこちらが良いかも。


  1. 2010/10/10(日) 09:49:25|
  2.  ┣ 日向市|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

米の山展望台 夕焼けと虹 宮崎県日向市

今日は、阿蘇立野のスイッチバック南阿蘇鉄道白川第一橋梁高千穂町河内の田原のイチョウ天領うどん旭ヶ丘店日本最古の験潮場の細島験潮場を回り、日向岬の米の山展望台にやって来ました。

ここも、久々に上って来ました。
ちょっと雲が多いですね。
夕焼けになるでしょうか。

白い仏舎利塔が見えます。

日向岬 米の山展望台 宮崎県日向市
hiroの部屋 日向岬 米の山展望台 宮崎県日向市

雲が激しく動いています。

日向岬 米の山展望台 宮崎県日向市
hiroの部屋 日向岬 米の山展望台 宮崎県日向市

日本の渚百選のお倉ケ浜が見えます。
のお倉ケ浜沖の、小さな岩場が、釣りポイントの「トドロバエ」です。

日向岬 米の山展望台 宮崎県日向市
hiroの部屋 日向岬 米の山展望台 宮崎県日向市

右下の川は、塩見川です。

日向岬 米の山展望台 宮崎県日向市
hiroの部屋 日向岬 米の山展望台 宮崎県日向市

小雨が降っています。
雲が出ていて、夕焼けは見れそうにないですね。

夕焼けになっている雲はないかな~って、ぐるりと空を見ると、虹が出ています。
最初は、虹の輪が途切れていたのですが、時間が経つにつれ綺麗な輪になって来ました。

日向岬 米の山展望台 夕焼けと虹 宮崎県日向市
hiroの部屋 日向岬 米の山展望台 夕焼けと虹 宮崎県日向市

北の方が夕焼けになって来ました。
夕焼けと虹を一緒に見るのは初めてです。

日向岬 米の山展望台 夕焼けと虹 宮崎県日向市
hiroの部屋 日向岬 米の山展望台 夕焼けと虹 宮崎県日向市

雨が降っていて、良かったのかな~



プチット押していただけると嬉しいです


ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ

hiroの部屋インデックスバーナー
「hiroの部屋」のインデックスです。探し物はこちらが良いかも。


  1. 2010/10/09(土) 17:52:15|
  2.  ┣ 日向市|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

日本最古の験潮場 細島験潮場 宮崎県日向市細島

旭ヶ丘店(延岡市)の天領うどんを食べた後、日向市へと向かいます。
久々の日向市です。
日向市細島の港へやって来ました。

港の入口に、何か古い建物があります。
細島験潮場 国土地理院 の表示があります。

1892年(明治25年)に設置され、日本最古の験潮場だそうです。

日本最古の験潮場 細島験潮場 宮崎県日向市細島
hiroの部屋 日本最古の験潮場 細島験潮場 宮崎県日向市細島

切妻屋根の矢切直下の星のマークは、細島験潮場開設当時の設置者である旧日本陸軍の徽章だそうです。

曇り空です。
今日は夕焼け見る事が出来るでしょうか?

細島港 宮崎県日向市細島
hiroの部屋 細島港 宮崎県日向市細島

細島験潮場の側のテトラポットに猫がいると思ったら、足元にもいました。

「何者だ~ にゃ~にか食べ物持ってるにょか?」

細島港の猫 宮崎県日向市細島
hiroの部屋 細島港の猫 宮崎県日向市細島

日本最古の験潮場が細島にあるとは知りませんでした。


プチット押していただけると嬉しいです


ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ

hiroの部屋インデックスバーナー
「hiroの部屋」のインデックスです。探し物はこちらが良いかも。


  1. 2010/10/09(土) 16:37:47|
  2.  ┣ 日向市|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

細島みなと資料館 宮崎県日向市細島

風かおる 高鍋館に 人をまつ

宮崎県日向市細島にある、細島みなと資料館です。

hiroの部屋 クリックすると大きく見れます。

遠く古代から
天然の良港として知られる細島。
細島みなと資料館は
移りゆく港の風情と
時の流れを
静に眺めている。

入場料は210円 学生100円(高校生以下)ですが、係りの方が付きっ切りで説明をしてくれます。

hiroの部屋 クリックすると大きく見れます。

 細島は古い歴史をもつ港町です。宮崎県沖の日向灘は国内屈指の難所で、細島は赤江、油津と並ぶ日向国の代表的な港として知られていました。
 特に江戸時代は天領の港であったことから南九州の諸大名が参勤交代利用し、また瀬戸内や大阪方面との交易でも栄えました。
 日向市臍島みなと資料館の敷地は高鍋藩秋月氏が参勤交代の際に利用した本陣(御仮屋)の後です。
 この秋月氏の本陣は御商人を勤めた三輪氏の町屋の一画に構えられていたようですが、後に三輪氏は旅館を経営するようになり、「高鍋屋旅館」と命名しています。
 資料館は、この旅館を修理復元した全国的にも貴重な木造三階建ての建物で「高鍋屋旅館及び付属屋」として、「高鍋藩御仮屋」とともに市指定文化財となっています。

hiroの部屋 クリックすると大きく見れます。

下に写っている棚が斜めに造られていますが、これは部屋を広く見せる為にこの様に造ってあるそうです。

hiroの部屋 クリックすると大きく見れます。

hiroの部屋 クリックすると大きく見れます。

本館北側の市指定史跡「高鍋藩御仮屋跡」に立つ管理棟に資料展示室があります。

西南戦争の際、官軍の大隊長として指揮を取った迫田鉄五郎に関する展示資料

hiroの部屋 クリックすると大きく見れます。

迫田鉄五郎は坂本龍馬とも交流があった様で、坂本龍馬から迫田鉄五郎に送られたピストルが展示してあります。

hiroの部屋 クリックすると大きく見れます。

 高島屋旅館の本館は木造三階建で大正10年(1921年)の建築です。客室は6部屋あり、昭和57年まで営業していたそうです。

住所 日向市細島803-1
TEL  0982-55-0329
アクセス JR日豊本線日向市駅からすぐの都町から宮崎交通バス東細島行きで13分、妙国寺入口下車すぐ
営業時間 9:00~16:30 休業日 月曜
料金 大人210円、高校生以下100円 駐車場 あり



プチット押していただけると嬉しいです


ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ

  1. 2009/02/21(土) 21:54:09|
  2.  ┣ 日向市|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

妙国寺庭園 宮崎県日向市細島

日向市細島にある、妙国寺です。
随分前に来た記憶はあるのですが、どんな風景だったのか全く覚えていません。

民家が立ち並ぶ、細い階段を登って行くと妙国寺です。

大きなイチョウの樹が立っています。
足元を見ると、銀杏の実が沢山落ちています。
色付いた、イチョウの樹が見たいですね。

hiroの部屋 クリックすると大きく見れます。

妙国寺は、日蓮宗の名刹で、薩摩阿闍梨日叡上人が康永年間(1342~1345)に開山したと伝えられている。

hiroの部屋 クリックすると大きく見れます。

国指定文化財 妙国寺庭園
指定区分:  名勝
指定年月日:昭和8年4月13日
所在地:   日向市大字細島373番地
面積:     2,804平方メートル
所有者:   與福山 妙国寺
管理者:   日向市

hiroの部屋 クリックすると大きく見れます。

 庭園は、本堂の南に造られており、背後に聳える米ノ山の自然林を借景し、池や中島、石組み、それに3ヶ所の築山と植栽を配して中島には簡素な木橋も架けられている。
 寺伝によれば、本堂南側の回廊から鑑賞するのが最良と言われている。
 また築山は、三界をあらわし、中島が彼岸を示すとも伝えられていることから、観賞と同時に、門徒や檀家衆の教化に利用された可能性もあり、寺院庭園の好例としても注目される。
 なお造園時期については、諸説があり、開山当時とする説や本堂の建築時に併設されたと見る向きもありますが、造園手法には中世以来の伝統が受け継がれている。



プチット押していただけると嬉しいです


ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ

  1. 2009/02/21(土) 21:43:51|
  2.  ┣ 日向市|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

| ホーム |