★hiroの部屋★

★写真 ★★ゴリラを快適に! ★★★MPVを快適に! ★★★★ ★★★★★ ★★★★★★ ★★★★★★★

宮崎の仏像 萬福寺の阿弥陀如来・観音菩薩・勢至菩薩 宮崎県国富町

宮崎県東諸県郡国富町にある「萬福寺」にやって来ました。

 萬福寺は、伝教大師最澄が開いた天台宗比叡山延暦寺に属し、延暦22年(803年)に開かれた名刹です。
 寛喜4年(1232年)の墨書銘のある国指定重要文化財である木造阿弥陀如来、観音菩薩及び勢至菩薩を安置しています。

宮崎の仏像 萬福寺の阿弥陀如来・観音菩薩・勢至菩薩 宮崎県国富町
hiroの部屋 宮崎の仏像 萬福寺の阿弥陀如来・観音菩薩・勢至菩薩 宮崎県国富町

 萬福時の本尊である阿弥陀如来は、寛喜4年(1232年)、僧澄円の勧進(仏像建立寄付の募集)僧聖賢の彫刻によって作成されたもので、一本のカヤの木から彫り出された木肌の美しい木造です。
 指先の見事な曲線、豊かな容姿は、鎌倉時代の作風をよく伝えています。

宮崎の仏像 萬福寺の阿弥陀如来
hiroの部屋 宮崎の仏像 萬福寺の阿弥陀如来

勢至菩薩

一本のカヤの木を彫って作られています。

宮崎の仏像 萬福寺の勢至菩薩
hiroの部屋 宮崎の仏像 萬福寺の勢至菩薩

観音菩薩

しなやかな動きのある体系に美しい木像です。

宮崎の仏像 萬福寺の観音菩薩
hiroの部屋 宮崎の仏像 萬福寺の観音菩薩

 萬福寺は天台宗総本山延暦寺の直接の末寺とされ、本庄の歴史の古さを語る寺院となっている。
 萬福寺の山号を犬熊山(けんゆうざん)と言います。
 萬福寺には享保3年(1718年)に彫刻された木版「日向国諸県郡南本庄犬熊山縁起」が保存されており、土地の伝説を記しています。

宮崎の仏像 萬福寺の阿弥陀如来・観音菩薩・勢至菩薩 宮崎県国富町
hiroの部屋 宮崎の仏像 萬福寺の阿弥陀如来・観音菩薩・勢至菩薩 宮崎県国富町


 昔、ヒコホホデミノミコト(別名・ホオリノミコト=山幸)が狩りでこの地まで来た。険しい山坂を獲物を追いかけてきたので、休息して昼食を取ろうと思って腰をおろした。
 ところが、疲れが出てついうとうとし、うたた寝をしてしまった。すると、ミコトが連れていた犬が急に激しくほえ始めた。ミコトの後の木の上から、熊が襲いかかろうとして身構えていのです。お供の犬がしきりに吠えたが、ミコトには犬が吠えたてる意味がお分かりにならなかった。ミコトがいくらなだめても、犬は危険を知らせようとして、なお狂ったように吠えたてた。ミコトは遂に怒って、手にした弓矢で、犬を射殺してしまった。
 この時、後ろにいた熊が襲いかかろうとしたが、ミコトは急いで二の矢をつがえ、熊を射ち、危うく難を逃れることができた。
 ミコトはこのときになって、犬が狂ったようにほえ立てたのは、背後に迫った熊のことを知らせようとしたのであったことに気付いた。自分に危険を知らせようとしたのに、かえって自分に殺されてしまった犬のことを思うと、ミコトはいたたまれなくなってしまった。
 そして手に持っていた弓を3つに折り捨て、犬と熊の遺がいと一緒にこの地に弔ったので、ここを犬熊山と呼ぶようになった。

 8世紀のころ、諸国をまわって仏教を広め、人々に菩薩と呼ばれた行基がここを訪れた。そのとき、犬熊山の由来を聞き、阿弥陀如来像を刻んで本尊とし、お堂に安置したのが後に万福寺になったともいう。
 後に9世紀の初め、唐に渡る途中の伝教大師(最澄)が、宇佐八幡宮の分神が日向にあることを知ってこの地を訪ねて来た時、その故事を知って哀れに思い、三弓堂(みつゆみどう)を建てて三尊仏(県指定文化財:木造薬師如来像・木造聖観音像)を刻んで安置し霊を慰められたという。


プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2016/02/28(日) 13:13:01|
  2.  ┣ 仏像|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

日向国分寺跡 木喰五智館(もくじきごちかん)五智如来像 宮崎県西都市三宅

宮崎県西都市にある、「木喰五智館(もくじきごちかん)」へやって来ました。

hiroの部屋 木喰五智館(もくじきごちかん)

案内板があります。

 この館は木喰上人彫像の「五智如来像」を安置保存するために、平成8年(1996年)3月に新築されたものです。 建築にあたっては、敷地が日向国分寺内であるため、場所や景観に配慮したつくりとしました。
 「五智如来像」の安置・保存に関して今日までの経過をたどってみますと、寛政年間(1789~1801年)に木喰上人によって再興された「館」(五智堂」は、明治(1868~1912年)初年まで存続しましたが、当時、全国を風靡した、「廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)」の波はこの地にも及び、寺域はまったくの廃墟となった・・・と口伝されています。 
 しかし、「五智如来像」のみは幸いにも一民家に移され難を逃、その後明治20年(1887年)頃、地元の人達によって廃墟跡地に、瓦葺き入母屋造りの「館」が建設され、「五智如来像」は再びその「館」に安置されることになりました。 
 その館も時の経過とともに、台風などの自然災害で損傷する度に修復が重ねられて来ましたが、結果的には昭和22年(1947年)3月、再び地元の人たちによって再建され、平成7年(1995年)7月まで維持されてきましたが、老朽化が進んだため、この度の建設となったものです。
 平成8年3月   西都市教育委員会


hiroの部屋 木喰五智館(もくじきごちかん)五智如来像

「五智如来座像」
日向国分寺再興のため、三宅村に滞在した木喰上人は、楠の大木を用材として五智如来像を刻みました。 
この5体の如来座像は、中央に本尊の大日如来、向かってその右側に阿弥陀如来、釈迦如来、一方左側には、薬師如来、宝生如来と並んでいます。 
宝生如来座像の背面には「クハン世イ四(寛政四)子ノ八月十五日、作、木喰」の刻印が残されています。


宝生如来坐像
hiroの部屋 木喰五智館(もくじきごちかん)五智如来像

             薬師如来坐像

hiroの部屋 木喰五智館(もくじきごちかん)五智如来像



                          大日如来坐像

hiroの部屋 木喰五智館(もくじきごちかん)五智如来像



阿弥陀如来坐像
hiroの部屋 木喰五智館(もくじきごちかん)五智如来像

             釈迦如来坐像

hiroの部屋 木喰五智館(もくじきごちかん)五智如来像



hiroの部屋 木喰五智館(もくじきごちかん)五智如来像

木喰上人
 木喰上人は、享保3年(1718)に甲斐国(山梨県)西八代郡丸畑村に生まれました。 
 21歳の時相模国(神奈川県)大山不動尊へ参詣し、そこで真言宗の高僧から教えを受け仏門に入りました。 
 44歳の時に、常陸国(茨城県)羅漢寺の住職木食観海上人から「木喰戒」を受け修行に励みましたが、安永2年(1773)55歳の時 日本廻国の大願を発し、大山山麓の田中村を出発し、遊行僧として全国行脚の途につきました。 
 それから92歳までの間、一千体彫仏を発願、日本廻国途中の天明8年(1788)4月、四国から豊後を経て三宅村の「日向国分寺」に到達しました。 
 上人は地元住民に求められて国分寺住職になり、寛政9年(1797)4月までの9年間、三宅村に滞在しました。 その間、国分寺が火災にあったためその再建に取り組み、木喰彫像中最大作と言われる「五智如来座像」5体を完成させました。
 なおこのほか西都市内には、妻恵比須宮のご神体となっている恵比須像など数点の彫像が残されています。
 平成8年3月  西都市教育委員会



木喰上人彫像の「五智如来像」が、こんなに近くで見る事が出来ます。
迫力のある彫刻ですが、とても落ち着きますね。

日向国分寺跡・木喰五智館
西都市大字三宅・国分
入館料 無料
入館時間 8時30分~17時



プチット押していただけると嬉しいです


ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ

  1. 2009/09/01(火) 23:51:46|
  2.  ┣ 仏像|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

| ホーム |