★hiroの部屋★

★写真 ★★ゴリラを快適に! ★★★MPVを快適に! ★★★★ ★★★★★ ★★★★★★ ★★★★★★★

国宝 中道山円光寺 明王院 広島県福山市

 芦田川下流西岸にある明王院は、中道山円光寺(ちゅうどうさんえんこうじ)と号す寺院です。
 中世、現在の寺域には理智山常福寺(りちざんじょうふくじ)があり、近在の本庄(ほんじょう)に明王院円光寺がありました。

国宝 中道山円光寺 明王院 広島県福山市
hiroの部屋 国宝 中道山円光寺 明王院 広島県福山市

 明王院は、水野氏福山入封後、同氏の祈願所となり、水野勝貞(かつさだ)は常福寺を廃号とし明王院を名のらせました。
 常福寺は、大同2年(807年)弘法大師の開基と伝えられています。

国宝 中道山円光寺 明王院 広島県福山市
hiroの部屋 国宝 中道山円光寺 明王院 広島県福山市

 現在の本堂は、元応(げんおう)3年(1321年)に紀貞経(きのさだつね)、沙門(しゃもん)頼秀の本願により再建されたもので、和様(わよう)を基調とし、細部に禅宗様(ぜんしゅうよう)と大仏様(だいぶつよう)を交えた折衷様(せっちゅうよう)の建物ですが、その基礎の下方に掘立穴(ほったてあな)の遺構が発見されており、前身建物の存在が明らかになっています。

国宝 中道山円光寺 明王院 広島県福山市
hiroの部屋 国宝 中道山円光寺 明王院 広島県福山市

 五重塔は、貞和(じょうわ)4年(1348年)頼秀の勧進(かんじん)によって建てられ整えられた和様の建築です。
 両建物とも建築史上貴重なもので国宝に指定されています。
 当時常福寺の隆盛を背景に造立されたものと思われます。

国宝 中道山円光寺 明王院 広島県福山市
hiroの部屋 国宝 中道山円光寺 明王院 広島県福山市

 さらに明徳2年(1391年)9月28日の西大(さいだい)寺末寺帳に「草出(くさいず) 常福寺」などとみえ、草戸千軒町との関係をうかがわせています。

国宝 中道山円光寺 明王院 広島県福山市
hiroの部屋 国宝 中道山円光寺 明王院 広島県福山市

 近世の明王院は末寺48ヵ寺を擁し、本堂、五重塔、大門(だいもん)、鐘楼(しょうろう)、書院、庫裏(くり)など多数の建物を整えています。 

プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2017/06/04(日) 09:20:11|
  2.  ┣ 広島|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

備後福山城 広島県福山市

備後福山城
 城跡は国の史跡に指定されている。
 久松城(ひさまつじょう)、葦陽城(いようじょう)とも呼ばれる。
 日本における近世城郭円熟期の代表的な遺構であり、2006年2月13日、日本100名城に選定された。

備後福山城 広島県福山市
hiroの部屋 備後福山城 広島県福山市

 福山城は1615年(慶長20年)の一国一城令発布後の元和8年(1622年)に竣工した城である。
 大規模な新規築城による近世城郭では最後の例となった。
 備後福山藩の藩庁かつ藩主の居城であった。
 形式は輪郭式の平山城で、2重の堀や瀬戸内海へ抜ける運河を持ち五重の天守と7基の三重櫓を有していた。

 道路が曲がっているのは、お城を攻めにくくするためだそうです。

備後福山城 広島県福山市
hiroの部屋 備後福山城 広島県福山市

 1873年(明治6年)の廃城令によって、大蔵省の所管となり、建物の払い下げ、取り壊しが実施されていたが、翌1874年(明治7年)に所在自治体の福山町などの請願によって、本丸の天守(付櫓を含む)・筋鉄御門・伏見櫓・御湯殿・鐘櫓の5棟の建築物が残されることとなった。
 その内鐘櫓を除く4棟について、国法保存法の国宝に指定された。

備後福山城 広島県福山市
hiroの部屋 備後福山城 広島県福山市

 天守以外のこれらの現存建築は、福山城の築城時に伏見城から移築されたものであったが、昭和20年(1945年)の福山大空襲によって、伏見櫓、筋鉄御門(ともに、国の重要文化財)を残して焼失している。

備後福山城 広島県福山市
hiroの部屋 備後福山城 広島県福山市

 現在の天守(付櫓含む)、月見櫓、御湯殿は1966年(昭和41年)に鉄筋コンクリート構造で復興されたのものである。
 再建された天守内部は福山市立福山城博物館として利用され、天守最上階の回縁からは市街を360度見渡せ、晴れた日には瀬戸内海を望むこともできる。

備後福山城 広島県福山市
hiroの部屋 備後福山城 広島県福山市

 三の丸南側はJR福山駅が東西に貫き、新幹線や福塩線のホームからは、天守や伏見櫓が聳立する本丸跡を間近に望むことができる。


プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2017/06/04(日) 09:10:16|
  2.  ┣ 広島|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

世界遺産 原爆ドーム 広島県産業奨励館

 原爆ドームの名で知られる広島平和記念碑は、日本の広島市に投下された原子爆弾の惨禍を今に伝える記念碑(被爆建造物)です。

世界遺産 原爆ドーム 広島県産業奨励館
hiroの部屋 世界遺産 原爆ドーム 広島県産業奨励館

 元は広島県物産陳列館として開館し、原爆投下当時は広島県産業奨励館と呼ばれていました。

世界遺産 原爆ドーム 広島県産業奨励館
hiroの部屋 世界遺産 原爆ドーム 広島県産業奨励館

 ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されており、「二度と同じような悲劇が起こらないように」との戒めや願いをこめて、特に負の世界遺産[1]と呼ばれています。

世界遺産 原爆ドーム 広島県産業奨励館
hiroの部屋 世界遺産 原爆ドーム 広島県産業奨励館

原爆死没者慰霊碑
 慰霊碑の石碑前面には、「安らかに眠って下さい 過ちは 繰返しませぬから」と刻まれています。

原爆死没者慰霊碑
hiroの部屋 原爆死没者慰霊碑

嵐の中の母子像
 右手で乳飲み子を抱え、左手で幼児を背負おうとしながら、前かがみ姿勢で生き抜こうとする母の姿を表しています。

嵐の中の母子像 平和記念公園内
hiroの部屋 嵐の中の母子像 平和記念公園内


プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2014/09/14(日) 19:41:58|
  2.  ┣ 広島|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

重要文化財 厳島神社五重塔 広島県宮島町

厳島神社の側の小高い丘の上に、厳島神社五重塔があります。

 室町時代の応永14年(1407年)創建と伝えられる。千畳閣のとなりに建つ、和様と唐様が調和した美しい建築手法の五重塔です。
 露盤(ろばん)下品軒覆の鉄板鋳銘から戦国時代の天文2年(1533年)に改修されたことがわかります。
 五層の角を反り上げた檜皮葺きの屋根です。
 高さ27.6m

露盤
 方形屋根の頂部をおさえる方形の台。
 宝珠・伏鉢などを受け、相輪の基盤となる。古くは相輪全体を呼んだ。

重要文化財 厳島神社五重塔 広島県宮島町
hiroの部屋 重要文化財 厳島神社五重塔 広島県宮島町

 九輪を鋳造した、廿日市鋳物師(いもじ)山田壱岐守の名もあげられています。
 初重の柱は上部を金襴巻(きんらんまき)とした朱漆塗で、それぞれ彩色の寄附者の名が記されています。

重要文化財 厳島神社五重塔 広島県宮島町
hiroの部屋 重要文化財 厳島神社五重塔 広島県宮島町

 内陣の天井は雲竜,来迎壁は表に蓮池、裏に白衣観音、周囲の壁板は瀟湘(しょうそう)八景を添景とした真言八祖の壁画です。

重要文化財 厳島神社五重塔 広島県宮島町
hiroの部屋 重要文化財 厳島神社五重塔 広島県宮島町


プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2014/09/14(日) 12:30:04|
  2.  ┣ 広島|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

重要文化財 嚴島神社末社豊国神社本殿(千畳閣)広島県宮島町

重要文化財 嚴島神社末社 豊国神社 (ほうこくじんじゃ)本殿(千畳閣)
 桁行:41m
 梁間:22m
 単層本瓦葺入母屋
 木造の大経堂

重要文化財 嚴島神社末社豊国神社本殿(千畳閣)広島県宮島町
hiroの部屋 重要文化財 嚴島神社末社豊国神社本殿(千畳閣)広島県宮島町

 豊臣秀吉公が、千部経の転読供養をおこなうために、天正15年(1587年)発願し、安国寺恵瓊(あんこくじえけい)に建立を命じましたが、豊臣秀吉公の死により天井の板張りや正面入口などが未完成で、むき出しの梁などを見ることが出来ます。
 千畳閣(せんじょうかく)は通称です。

重要文化財 嚴島神社末社豊国神社本殿(千畳閣)広島県宮島町
hiroの部屋 重要文化財 嚴島神社末社豊国神社本殿(千畳閣)広島県宮島町

 明治時代に、秀吉公と加藤清正公が祀られ、豊国神社(ほうこくじんじゃ)となっています。
 入母屋造りの大伽藍で857畳の畳を敷くことができ、軒瓦には金箔が押してあることから完成していれば、さぞや豪華な桃山文化を取り入れた大経堂になっていたと思われます。

重要文化財 嚴島神社末社豊国神社本殿(千畳閣)広島県宮島町
hiroの部屋 重要文化財 嚴島神社末社豊国神社本殿(千畳閣)広島県宮島町

 また堂内には、大鳥居が明治8年に建替えられた時に使った尺定規があります。

重要文化財 嚴島神社末社豊国神社本殿(千畳閣)広島県宮島町
hiroの部屋 重要文化財 嚴島神社末社豊国神社本殿(千畳閣)広島県宮島町

 本尊の釈迦如来(しゃかにょらい)・阿難尊者(あなんそんじゃ)・迦葉尊者(かしょうそんじゃ)は、明治維新の神仏分離令のときに大願寺に移されています。

大願寺(だいがんじ)
 広島県廿日市市宮島町にある高野山真言宗の寺院です。
 山号は亀居山。院号は放光院。本尊は薬師如来。
 本堂には神仏分離令によって厳島神社から遷された弁才天像(秘仏で開帳は毎年6月17日)などを安置しています。
 千畳閣の本尊だった木造釈迦如来(しゃかにょらい)坐像(重要文化財)、脇侍の阿難尊者(あなんそんじゃ)像(重要文化財)、迦葉尊者(かしょうそんじゃ)像(重要文化財)、五重塔の本尊だった釈迦如来坐像・脇侍の文殊菩薩と普賢菩薩の三尊像、多宝塔の本尊だった薬師如来像、などを安置しています。
 
重要文化財 嚴島神社末社豊国神社本殿(千畳閣)広島県宮島町
hiroの部屋 重要文化財 嚴島神社末社豊国神社本殿(千畳閣)広島県宮島町

 隣に建つ五重塔と共に、国の重要文化財に指定されています。

プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2014/09/14(日) 10:32:54|
  2.  ┣ 広島|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

世界文化遺産 1400年の歴史 厳島神社 広島県宮島町

厳島神社
祭神
 市杵島姫命 (いちきしまひめのみこと)
 田心姫命 (たごりひめのみこと)
 湍津姫命 (たぎつひめのみこと)

朝早く起き、潮が引いている厳島神社の大鳥居へ
月が出ています。

世界文化遺産 1400年の歴史 厳島神社 広島県宮島町
世界文化遺産 1400年の歴史 厳島神社 広島県宮島町

大鳥居の側まで来れて良かった。

世界文化遺産 1400年の歴史 厳島神社 広島県宮島町
hiroの部屋 世界文化遺産 1400年の歴史 厳島神社 広島県宮島町

拝観料300円
本殿へ入ります。

世界文化遺産 1400年の歴史 厳島神社 広島県宮島町
hiroの部屋 世界文化遺産 1400年の歴史 厳島神社 広島県宮島町

朝の早い時間なので、ほとんど参拝客がいません。

世界文化遺産 1400年の歴史 厳島神社 広島県宮島町
hiroの部屋 世界文化遺産 1400年の歴史 厳島神社 広島県宮島町

清々しい気持ちになりますね。

世界文化遺産 1400年の歴史 厳島神社 広島県宮島町
hiroの部屋 世界文化遺産 1400年の歴史 厳島神社 広島県宮島町

こちらは、潮が満ちている時の写真になります。
今朝は、あの大鳥居の側に居たんだなあ~

世界文化遺産 1400年の歴史 厳島神社 広島県宮島町
hiroの部屋 世界文化遺産 1400年の歴史 厳島神社 広島県宮島町


世界文化遺産 1400年の歴史 厳島神社 広島県宮島町
hiroの部屋 世界文化遺産 1400年の歴史 厳島神社 広島県宮島町

潮が満ちている時は、舟で大鳥居の観光になります。

世界文化遺産 1400年の歴史 厳島神社 広島県宮島町
hiroの部屋 世界文化遺産 1400年の歴史 厳島神社 広島県宮島町

祭神(宗像三女神)
スサノオの剣から生まれた五男三女神(うち、三女神を宗像三女神という)
○市杵島姫命 (いちきしまひめのみこと)
 「古事記」
  市寸島比売命
 「日本書紀」
  市杵嶋姫命

○田心姫命 (たごりひめのみこと)
 「古事記」
  多紀理毘売命
 「日本書紀」
  田心姫(たごりひめ)
  田霧姫
 「別名」
  奥津島比売命(おきつしまひめ)

○湍津姫命 (たぎつひめのみこと)
 「古事記』
  多岐都比売命
 「日本書紀」
  湍津姫


プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2014/09/14(日) 06:23:24|
  2.  ┣ 広島|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

宮島の主峰 弥山(みせん)  広島県宮島町

広島県の厳島神社で有名な、宮島へやって来ました。
宮島の主峰、弥山(みせん)を登る事に。
宮島ロープウエーの乗り、山頂を目指します。
6人乗りのロープウエーに乗り出発です。
途中で、大きなゴンドラに乗り換えます。

宮島ロープウエー 広島県宮島町
hiroの部屋 宮島ロープウエー 広島県宮島町

宮島ロープウエー
 昭和34年(1959年)に、誰でも弥山登山が楽しめるよう建設されたロープウエーです。
 駅までは少人数乗りゴンドラで所要時間約10分です。
 中間駅の榧谷駅から展望台のある獅子岩駅までは、大きなゴンドラの交走式で所要時間は約5分。
 獅子岩駅から山頂へは歩いて約30分の道のりです。
 榧谷駅は宮島の景観を壊さないようにゴンドラや鉄塔等の施設が海上から見えない工夫がなされています。
 <料金>往復1800円(小人900円) 片道1000円(小人500円)

獅子岩駅から徒歩です。

宮島ロープウエー 広島県宮島町
hiroの部屋 宮島ロープウエー 広島県宮島町

結構きつい上り坂です。
頂上側まで登って来ました。
もう足が痛くなってきています。

宮島の主峰 弥山(みせん)  広島県宮島町
hiroの部屋 宮島ロープウエー 広島県宮島町

弥山頂上へ到着です。
山頂には2013年に建て替えられた展望台「宮島弥山展望休憩所」があります。
眺め最高ですね。

宮島の主峰 弥山(みせん)  広島県宮島町
hiroの部屋 宮島の主峰 弥山(みせん)  広島県宮島町

厳島神社の鳥居が見えます。

宮島の主峰 弥山(みせん)  広島県宮島町
hiroの部屋 宮島の主峰 弥山(みせん)  広島県宮島町


プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2014/09/13(土) 15:37:23|
  2.  ┣ 広島|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

| ホーム |