★hiroの部屋★

★写真 ★★ゴリラを快適に! ★★★MPVを快適に! ★★★★ ★★★★★ ★★★★★★ ★★★★★★★

縄文人のあしあと 黒川洞穴遺跡 日置市吹上町永吉

日置市吹上町の山へ入った所に、坊野地区があります。
黒川洞穴、黒川神社がここにあります。
鹿児島交通「黒川洞穴前」バス停が入口になります。

縄文人のあしあと 黒川洞穴遺跡 日置市吹上町永吉
hiroの部屋 縄文人のあしあと 黒川洞穴遺跡 日置市吹上町永吉

小川を渡り、杉林を歩いて行きます。
小鳥のさえずりが聞こえます。

縄文人のあしあと 黒川洞穴遺跡 日置市吹上町永吉
hiroの部屋 縄文人のあしあと 黒川洞穴遺跡 日置市吹上町永吉

神社入口の左右に、享保9年(1724年)に建てられた二基の石製仁王像があります。

縄文人のあしあと 黒川洞穴遺跡 日置市吹上町永吉
hiroの部屋 縄文人のあしあと 黒川洞穴遺跡 日置市吹上町永吉

坊野地区民にとって、「黒川洞穴」は、何物にもかえがたい宝です。
黒川洞穴には、7千年前の縄文時代前期から2千年前の弥生時代まで、数千年の間、人が住んでいました。
土器や石器だけでなく、骨や貝殻などの遺物を含む地層が、良好に存在する貴重な遺跡です。

縄文人のあしあと 黒川洞穴遺跡 日置市吹上町永吉
hiroの部屋 縄文人のあしあと 黒川洞穴遺跡 日置市吹上町永吉

洞穴は、東西に並んで二カ所あります。

東側の洞穴は、入口の幅11m、高さ4.35m、奥行き8.4mです。
穴は東西に向いて、内部は土塊の崩落がなく平坦です。

西側の洞穴は、入口の幅13.3m、高さ約6m、奥行きは、岩塊崩落のため、極める事は出来ないが相当に深く、入口は南向きで、東北を向いています。

縄文人のあしあと 黒川洞穴遺跡 日置市吹上町永吉
hiroの部屋 縄文人のあしあと 黒川洞穴遺跡 日置市吹上町永吉

「黒川洞穴」の側に、しおりが置いてあるのですが、とても詳しく記載されています。
ここも、パワースポットですね。


プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪

  1. 2013/07/15(月) 11:43:14|
  2.  ┣ 鹿児島の史跡|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

鹿児島県上野原縄文の森 霧島市国分

加治木港で、海上自衛隊の護衛艦「せんだい」を見たあと、ここまで来たのだから観る所ないかと地図を見ていると、「鹿児島県上野原縄文の森」がありました。
行った事ないので、「鹿児島県上野原縄文の森」へ。
駐車場には、雨が降っているからでしょうか、数台の車しか停まっていません。
縄文の森展示場を観た後、復元集落を観に行きました。

鹿児島県上野原縄文の森 霧島市国分
hiroの部屋 鹿児島県上野原縄文の森 霧島市国分

復元集落
竪穴住居
国指定史跡では、52基の竪穴住居が見つかっています。
この竪穴住居は、建築史の専門家宮本長二郎先生の指導のもとに想定復元したもので、地表に掘った穴のまわりに垂直に立てた柱を円形に配置し、柱の上端を中央で収束したドーム型をしています。
建物の材料は解明されていませんが、柱にはクヌギを使い、屋根はカヤで葺いています。

鹿児島県上野原縄文の森 霧島市国分
hiroの部屋 鹿児島県上野原縄文の森 霧島市国分

内部に堆積していた土層の分析で52基発見された住居跡の内、同時に存在していたと考えられている10棟の竪穴住居が復元されています。

鹿児島県上野原縄文の森 霧島市国分
hiroの部屋 鹿児島県上野原縄文の森 霧島市国分

「上野原遺跡」
縄文(早)時代
主な遺構
 集石146基,土坑約263基,竪穴住居跡52基,連穴土坑16基,道跡
主な遺物
 前平式,吉田式,石坂式,撚糸文,押型文,桑ノ丸タイプ,平栫式,塞ノ神式,石皿,磨石,石鏃,磨製石斧,異形石器,環状石斧,小型局部磨製石斧

鹿児島県上野原縄文の森 霧島市国分
hiroの部屋 鹿児島県上野原縄文の森 霧島市国分

「上野原遺跡」
縄文(晩)時代
主な遺構
 堀立柱建物跡2基,土坑28基,ドングリピット11基,竪穴住居跡2基
主な遺物
 黒川式,石皿,磨石,石鏃,打製石斧,磨製石斧,石錐

竪穴住居の中には、当時の生活を表現した住居があります。

鹿児島県上野原縄文の森 霧島市国分
hiroの部屋 鹿児島県上野原縄文の森 霧島市国分

遺跡保存館
発見された集落跡の一部を発見当時のままの姿で保存、展示しています。
住居跡の中にある十字の土手は土層観察のためのものです。

鹿児島県上野原縄文の森 霧島市国分
hiroの部屋 鹿児島県上野原縄文の森 霧島市国分

地層観測館
地下にもぐりこんで、上野原台地の生きた地層を観測出来ます。
1層:発掘後の盛り土層
2層:桜島から噴出した火山灰層(約4,200年前)
3層:アカホヤの上に形成された腐食土層
4層:鬼界カルデラから噴出した火山灰や軽石層=アカホヤ(約6,300年前)火山灰は関東地方でも見つかっています。
5層:重要文化財(耳飾り、土偶、土器等)が出土した層
7層:集落跡(竪穴住居跡、連穴土坑、土器等)が発見された層
8層:桜島から噴出した軽石の層=桜島薩摩テラフ(11,500年前)
12層:桜島から噴出した軽石(約16,000年前)
14層:入戸火砕流堆積物(シラス)(姶良カルデラから噴出した火砕流の堆積物 24,000年前)火山灰は、遠く東北でも見つかっています。

鹿児島県上野原縄文の森 霧島市国分
hiroの部屋 鹿児島県上野原縄文の森 霧兄島市国分

すぐ側に「鹿児島県立埋蔵文化センター」があるのですが、土・日・祝日は閉まっています・・・

鹿児島県上野原縄文の森
〒899-4318
霧島市国分上野原縄文の森1番1号
TEL:0995-48-5701 
FAX:0995-48-5704

鹿児島県立埋蔵文化財センター
〒899-4318
霧島市国分上野原縄文の森2番1号
TEL:0995-48-5811
FAX:0995-48-5821


プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2013/06/23(日) 15:07:05|
  2.  ┣ 鹿児島の史跡|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

県指定文化財 大願寺跡墓石群 鹿児島県薩摩郡さつま町

紫尾山神興寺僧侶の墓石塔群から、大願寺跡墓石群へ。
大願寺跡墓石群入口を探して、行ったり来たり・・・

大願寺跡墓石群の案内板がありました。
場所が分からないので、坂を歩いていくと、細い道の奥に白い案内板が見えます。
ここかな?
ありました。大願寺跡墓石群です。

大願寺跡墓石群 鹿児島県薩摩郡さつま町
hiroの部屋 大願寺跡墓石群 鹿児島県薩摩郡さつま町

 大願寺は白鳳時代(奈良前期650年代)の創立といわれる古寺である。
 祁答院(けどういん)記に、郡山本願寺の古棟札によると、大願寺は康安元年(1361年)創建。

大願寺跡墓石群 鹿児島県薩摩郡さつま町
hiroの部屋 大願寺跡墓石群 鹿児島県薩摩郡さつま町

 祁答院6代出羽守公重が施主となって、貞治3年(1364年)に草創したとあり、足利義満の許可を得て、貞治5年(1366年)に黄龍山大願寺の寺格認定を受けたとある。
 鶴田再撰方糺帳に、本尊は二尺二寸一分(67cm)の薬師木座像(銘なし)があったとされ、祁答院氏の菩堤寺であったが、滅亡後、盛衰している。

大願寺跡墓石群 鹿児島県薩摩郡さつま町
hiroの部屋 大願寺跡墓石群 鹿児島県薩摩郡さつま町

 祁答院氏歴代
「七代重繁(1315年没)
 八代久重(1432年没)
 九代徳重(1464年没)
 十一代重貴(没年不詳)
 十二代重武(1538没)及び
 最後の十三代良重(1566年没)渋谷・華雲院。桓武平氏秩父党の一派である渋谷氏の一族。蒲生範清と結び西大隈を支配した。1554年島津貴久方・肝付兼演・兼盛の「加治木城攻撃」に参加する。1554年入来院重嗣とともに島津貴久と敵対し「岩剣の合戦」に敗北する。攻防で種子島(火縄銃)を使用した。1555~1558年に帖佐・山田を攻略され失う。1570年降服。永禄9年(1566年)の正月に、妻の島津義虎の娘に暗殺される。」の墓塔や
 八代久重の父延重(大村大応寺開基)、
 その次男で初代藺牟田重基の子重宣、
 鶴田竹林寺開山塋中玖(えいちゅうきゅう)及び
 寺地を選定した郡山の百姓(禅仲禅門・康暦2年(1380年没)のほか、
 住職や僧侶の墓塔33墓ほどや堂の礎石が現存している。


渋谷氏(しぶやし)は、日本の氏族。
桓武平氏秩父氏の一族から分派し、日本全国へと広まった。
鎌倉時代中期以降に薩摩に移住した一族(薩摩渋谷氏)。
宝治二年(1248年)渋谷光重の次男実重が東郷、三男重保が祁答院、四男重茂が鶴田、五男定心が入来院、六男重貞が高城の地頭職に任ぜられ、それぞれ地名をとって名字とした。
なお、彼らは最初から東郷氏や入来院氏、祁答院氏を称したわけでなく、現在の姓に改姓した年は不明。


プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2012/07/28(土) 16:48:00|
  2.  ┣ 鹿児島の史跡|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

紫尾山神興寺僧侶の墓石塔群 鹿児島県薩摩郡さつま町

紫尾温泉神の湯の近くに、紫尾山神興寺僧侶の墓石塔群があります。

町指定史跡
 紫尾山祁答院神興寺歴代住職たちの墓石です。

紫尾山神興寺僧侶の墓石塔群 鹿児島県薩摩郡さつま町
hiroの部屋 紫尾山神興寺僧侶の墓石塔群 鹿児島県薩摩郡さつま町

 再興の快善権大僧都(元禄2年、1689年)の墓石は上段にあります。
 墓石は上段に十数基、下段に三十余基、北側に十余基総数約六十基が現存しています。

紫尾山神興寺僧侶の墓石塔群 鹿児島県薩摩郡さつま町
hiroの部屋 紫尾山神興寺僧侶の墓石塔群 鹿児島県薩摩郡さつま町

 最も古いのは応永22年(1415年)の芸全僧正のもので、一番大きなものは当寺中興の憲春大僧都(天正18年、1590年)のものです。

紫尾山神興寺僧侶の墓石塔群 鹿児島県薩摩郡さつま町
hiroの部屋 紫尾山神興寺僧侶の墓石塔群 鹿児島県薩摩郡さつま町

こちらは、北側の墓石塔群です。

紫尾山神興寺僧侶の墓石塔群 鹿児島県薩摩郡さつま町
hiroの部屋 紫尾山神興寺僧侶の墓石塔群 鹿児島県薩摩郡さつま町

ここだけではなく、道路沿いに墓石がありました。


プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2012/07/28(土) 16:22:15|
  2.  ┣ 鹿児島の史跡|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

さつま町指定文化財 権太郎石

鶴田ダム沿いのフラワーロードに「さつま町指定文化財 権太郎石」があります。

さつま町指定文化財 権太郎石
hiroの部屋 さつま町指定文化財 権太郎石

さつま町指定文化財 権太郎石(ごんたろういし)
 この石は、江戸時代の天保13(1842)年に実施された川内川の川浚え工事のときの記念の石で、石の表面に当時工事に従事した小野村(現鹿児島市内)の石工福山権太郎の名が刻まれていることから「権太郎石」と呼ばれ、川底にあったが引き揚げられ保存することとなった。

さつま町指定文化財 権太郎石
hiroの部屋 さつま町指定文化財 権太郎石

 江戸時代、上流の菱刈・大口地方の年貢米は下流の宮之城にある倉まで馬で運んでいたが、大変な苦労であった。
 そのため、藩は、曽木の滝下から宮之城までの川浚え工事を行い船で運べるようになった。


プチット押していただけると嬉しいです


ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ

hiroの部屋インデックスバーナー
「hiroの部屋」のインデックスです。探し物はこちらが良いかも。


  1. 2011/06/26(日) 21:20:09|
  2.  ┣ 鹿児島の史跡|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

| ホーム |