★hiroの部屋★

★写真 ★★ゴリラを快適に! ★★★MPVを快適に! ★★★★ ★★★★★ ★★★★★★ ★★★★★★★

数万年の眠りから覚めた地底の神秘 小半鍾乳洞 佐伯市本匠

小半(おながら)鍾乳洞は、明治32年(1899年)に発見されました。
大正11年(1922年)に、国の天然記念物に指定されました。
洞内の温度は一年中15度前後を保っていて、夏は涼しく、冬は暖かく感じます。
全長はおよそ700m。観光用に整備されているのは入り口からおよそ330mです。

数万年の眠りから覚めた地底の神秘 小半鍾乳洞 佐伯市本匠
hiroの部屋 数万年の眠りから覚めた地底の神秘 小半鍾乳洞 佐伯市本匠

入洞料は、
大人 610円、中学生 410円、小人 300円
ヘルメットと懐中電灯を渡されました。

数万年の眠りから覚めた地底の神秘 小半鍾乳洞 佐伯市本匠
hiroの部屋 数万年の眠りから覚めた地底の神秘 小半鍾乳洞 佐伯市本匠

ヘルメットは必要です。
高さの低い穴を通り抜ける時に、何度も岩にヘルメットが当りました。

数万年の眠りから覚めた地底の神秘 小半鍾乳洞 佐伯市本匠
hiroの部屋 数万年の眠りから覚めた地底の神秘 小半鍾乳洞 佐伯市本匠

涼しいのかな~って思っていたら、結構腰を曲げて進むので、汗が・・・

数万年の眠りから覚めた地底の神秘 小半鍾乳洞 佐伯市本匠
hiroの部屋 数万年の眠りから覚めた地底の神秘 小半鍾乳洞 佐伯市本匠

330mって、結構ありますね。

数万年の眠りから覚めた地底の神秘 小半鍾乳洞 佐伯市本匠
hiroの部屋 数万年の眠りから覚めた地底の神秘 小半鍾乳洞 佐伯市本匠

一番奥にたどり着くまで、一人も会いませんでした。
観光客少ないのかな~

数万年の眠りから覚めた地底の神秘 小半鍾乳洞 佐伯市本匠
hiroの部屋 数万年の眠りから覚めた地底の神秘 小半鍾乳洞 佐伯市本匠


数万年の眠りから覚めた地底の神秘 小半鍾乳洞 佐伯市本匠
hiroの部屋 数万年の眠りから覚めた地底の神秘 小半鍾乳洞 佐伯市本匠


数万年の眠りから覚めた地底の神秘 小半鍾乳洞 佐伯市本匠
hiroの部屋 数万年の眠りから覚めた地底の神秘 小半鍾乳洞 佐伯市本匠

入って、出るまで、一人も会いませんでした・・・


プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2015/05/10(日) 14:07:00|
  2.  ┣ 大分観光|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

日本の道100選 佐伯の歴史と文学の道 大分県佐伯市

城下町佐伯を散策です。
大手門跡(佐伯市大手前)から毛利家の菩提寺である養賢寺までの、山際通りを含むおよそ700mは、昭和61年(1986年)に建設省(現在の国土交通 省)により「日本の道100選」に選定されました。

日本の道100選 佐伯の歴史と文学の道 大分県佐伯市
hiroの部屋 佐伯の歴史と文学の道 大分県佐伯市

櫓門
城山を背景に、どっしりと構えた櫓門(やぐらもん)。
三の丸御殿の正門として寛永14年(1638)に創建された櫓門は、江戸時代の城郭建築を色濃く残す、歴史的建造物です。

日本の道100選 佐伯の歴史と文学の道 大分県佐伯市
hiroの部屋 日本の道100選 佐伯の歴史と文学の道 大分県佐伯市

土屋家

日本の道100選 佐伯の歴史と文学の道 大分県佐伯市
hiroの部屋 日本の道100選 佐伯の歴史と文学の道 大分県佐伯市

安井
国木田独歩の作品にも描かれている「安井(あんせい)」は、八代藩主の毛利高標に仕えていた藩医・今泉元甫(げんぽ)が、飲み水に困っていた庶民のために、私財を投じて掘った井戸の一つです。

日本の道100選 佐伯の歴史と文学の道 大分県佐伯市
hiroの部屋 日本の道100選 佐伯の歴史と文学の道 大分県佐伯市

城下町佐伯 国木田独歩館
明治の文豪、国木田独歩が明治26年、英語の教師としてやって来、城山の下の坂本家に下宿して、わずか1年たらずの間に、城山をはじめ佐伯の山野を歩き回り、後に佐伯を舞台にした「春の鳥」「鹿狩」「源をち」などの作品を残しました。

日本の道100選 佐伯の歴史と文学の道 大分県佐伯市
hiroの部屋 日本の道100選 佐伯の歴史と文学の道 大分県佐伯市

東九州自動車道を走り、宮崎から佐伯へやって来ました。
距離は約150kmですが、この間に休憩が出来る場所は、38km地点の川南PA、103km地点の道の駅「北川はゆま」、129km地点の「かまえインターパーク」しかありません。
延岡南から佐伯までは無料なので、トイレタイムは高速を下りればOKです。ナビでコンビニ探して・・・
川南PAから道の駅「北川はまゆ」までの65kmの間には休憩出来る所がないので、注意が必要です。事故で渋滞になったら大変です。

PAは20kmおきに造るって思っていたのですが・・・


プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2015/05/10(日) 12:48:03|
  2.  ┣ 大分観光|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

江戸時代の町割りが残るまち 天領日田豆田町 大分市日田市

江戸時代の町割りが残るまち大分市日田市豆田町(まめだまち)
慶長6年(1601年)小川光氏が丸山城を築城の際、城下町として建設された「豆田町」は、江戸時代初期から天領(徳川幕府の直轄地)となり、九州の経済、文化の中心として栄えました。
碁盤目状の町並みには旧家や資料館が建ち並び、近世後期の町人・商人町の面影を色濃く残す貴重な地区です。
そのため、平成16年に重要伝統的建設物群保存地区に選定されました。

江戸時代の町割りが残るまち 天領日田豆田町 大分市日田市
hiroの部屋 江戸時代の町割りが残るまち 天領日田豆田町 大分市日田市


江戸時代の町割りが残るまち 天領日田豆田町 大分市日田市
hiroの部屋 江戸時代の町割りが残るまち 天領日田豆田町 大分市日田市

赤司日田羊羹本舗(あかしひたようかんほんぽ)
昔ながらの製法で丁寧に作られる赤司の「日田羊羹」一枚物は、日が経つと表面が白く糖化するのが特徴です。

江戸時代の町割りが残るまち 天領日田豆田町 大分市日田市
hiroの部屋 江戸時代の町割りが残るまち 天領日田豆田町 大分市日田市

日田醤油
お店の中には、「天領ひな御殿」があり、江戸時代(享保、天保)の雛人形など3000体以上が公開されています。

江戸時代の町割りが残るまち 天領日田豆田町 大分市日田市
hiroの部屋 江戸時代の町割りが残るまち 天領日田豆田町 大分市日田市

日本丸館(にほんがんかん)
安政2年開業の薬屋で「日本丸」という万能薬を明治20年から昭和40年まで製造。
木造4層3階建ての館内には、薬や家財道具が展示されています。
春はおひなさま、秋には金婚式の再現を大広間に飾ります。

江戸時代の町割りが残るまち 天領日田豆田町 大分市日田市
hiroの部屋 江戸時代の町割りが残るまち 天領日田豆田町 大分市日田市


江戸時代の町割りが残るまち 天領日田豆田町 大分市日田市
hiroの部屋 江戸時代の町割りが残るまち 天領日田豆田町 大分市日田市

今日は何も考えず、日田にやって来ましたが、面白そうな町です。
福岡市から高速で1時間程度なので、また来てみようかな~

2011/1/23 ブログアクセス390,000件を超えました。
ご覧頂きありがとうございますm(_ _)m



プチット押していただけると嬉しいです


ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ

hiroの部屋インデックスバーナー
「hiroの部屋」のインデックスです。探し物はこちらが良いかも。


  1. 2011/01/23(日) 13:52:58|
  2.  ┣ 大分観光|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

| ホーム |