★hiroの部屋★

★写真 ★★車を快適に! ★★★バイクを快適に! ★★★★ ★★★★★ ★★★★★★ ★★★★★★★

航空自衛隊新田原基地 JASDF Mitsubishi F-15DJ Eagle 02-8073

 F-15は、アメリカ合衆国のマクダネル・ダグラス社(現ボーイング社)の開発した制空戦闘機です。
 制式機の受領は1972年(正式編成は1976年)、愛称はイーグル(ワシ)(Eagle)。
 三菱重工業を主契約社とし、単座型のF-15J165機と複座型F-15DJ48機の計213機が製造されました。
 これは開発国アメリカに次ぐ保有数となっており、アメリカ国外での使用機総数356機の約6割を占めています。
 2013年3月末時点で201機を運用しており、90%以上の高稼働率を維持しています。
 一機当たりの調達価格は約120億円。
 F-15は、航空自衛隊の主力戦闘機として、現在、全国8個の飛行隊と、その他飛行教導隊などに、約200機が配備されています。
 昭和47年に初飛行した、米空軍の本格的な制空戦闘機です。
 それから、すでに30年以上経過した機体ですが、基本設計の優秀さとレーダーをはじめとした電子機器、搭載装備の近代化が進められ、現在でも能力的に最も均衡のとれた、信頼性のおけるトップクラスの実力を持つ戦闘機といえます。



航空自衛隊新田原基地 JASDF Mitsubishi F-15DJ Eagle 02-8073
hiroの部屋 航空自衛隊新田原基地 JASDF Mitsubishi F-15DJ Eagle 02-8073


航空自衛隊新田原基地 JASDF Mitsubishi F-15DJ Eagle 02-8073
hiroの部屋 航空自衛隊新田原基地 JASDF Mitsubishi F-15DJ Eagle 02-8073


航空自衛隊新田原基地 JASDF Mitsubishi F-15DJ Eagle 02-8073
hiroの部屋 航空自衛隊新田原基地 JASDF Mitsubishi F-15DJ Eagle 02-8073


プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2017/12/02(土) 11:00:27|
  2.  ┣ 航空自衛隊|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

航空自衛隊新田原基地 JASDF Raytheon U-125A (Hawker 800) 82-3009

Raytheon U-125A(Hawker 800)
 航空自衛隊が運用している救難捜索機である。
 それまでのMU-2Sに代わって、1994年(平成6年)から全国の航空救難団救難隊への配備が進んでいる。


航空自衛隊新田原基地 JASDF Raytheon U-125A (Hawker 800) 82-3009
hiroの部屋 航空自衛隊新田原基地 JASDF Raytheon U-125A (Hawker 800) 82-3009


プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2017/12/02(土) 10:59:26|
  2.  ┣ 航空自衛隊|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

航空自衛隊新田原基地 JASDF 第5航空団 第305飛行隊 Mitsubishi F-15J Eagle 22-8811

 F-15は、アメリカ合衆国のマクダネル・ダグラス社(現ボーイング社)の開発した制空戦闘機です。
 制式機の受領は1972年(正式編成は1976年)、愛称はイーグル(ワシ)(Eagle)。
 三菱重工業を主契約社とし、単座型のF-15J165機と複座型F-15DJ48機の計213機が製造されました。
 これは開発国アメリカに次ぐ保有数となっており、アメリカ国外での使用機総数356機の約6割を占めています。
 2013年3月末時点で201機を運用しており、90%以上の高稼働率を維持しています。
 一機当たりの調達価格は約120億円。
 F-15は、航空自衛隊の主力戦闘機として、現在、全国8個の飛行隊と、その他飛行教導隊などに、約200機が配備されています。
 昭和47年に初飛行した、米空軍の本格的な制空戦闘機です。
 それから、すでに30年以上経過した機体ですが、基本設計の優秀さとレーダーをはじめとした電子機器、搭載装備の近代化が進められ、現在でも能力的に最も均衡のとれた、信頼性のおけるトップクラスの実力を持つ戦闘機といえます。



航空自衛隊新田原基地 JASDF 第5航空団 第305飛行隊 Mitsubishi F-15J Eagle 22-8811
hiroの部屋 航空自衛隊新田原基地 JASDF 第5航空団 第305飛行隊 Mitsubishi F-15J Eagle 22-8811


航空自衛隊新田原基地 JASDF 第5航空団 第305飛行隊 Mitsubishi F-15J Eagle 22-8811
hiroの部屋 航空自衛隊新田原基地 JASDF 第5航空団 第305飛行隊 Mitsubishi F-15J Eagle 22-8811


航空自衛隊新田原基地 JASDF 第5航空団 第305飛行隊 Mitsubishi F-15J Eagle 22-8811
hiroの部屋 航空自衛隊新田原基地 JASDF 第5航空団 第305飛行隊 Mitsubishi F-15J Eagle 22-8811


プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2017/12/02(土) 10:58:26|
  2.  ┣ 航空自衛隊|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

航空自衛隊新田原基地 JASDF Mitsubishi UH-60J 18-4592

 救難ヘリコプターUH-60Jは、米国の救難専用ヘリコプターHH-60Aの航空自衛隊向け改造機です。
 赤外線暗視装置、気象レーダーや精密な慣性航法装置を搭載しているほか、航続距離が長いので救難可能区域も広く、ほぼ防空識別圏内をカバー、遭難者を生存可能時間内に救助できる区域が広がるなどの特徴を持っています。
 昭和63年度に3機の調達が開始され、最終的には40機取得の予定です。
 なお、このうちの5機は空中受油機能が付加され、機体右前方下部にプローブ・アンド・ドローグ式の空中受油装置(プローブ)と、操縦席内に燃料制御パネルが取付けられています。



航空自衛隊新田原基地 JASDF Mitsubishi UH-60J 18-4592
hiroの部屋 航空自衛隊新田原基地 JASDF Mitsubishi UH-60J 18-4592



プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2017/12/02(土) 10:56:20|
  2.  ┣ 航空自衛隊|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

航空自衛隊新田原基地 JASDF Mitsubishi F-15DJ Eagle 02-8072

 F-15は、アメリカ合衆国のマクダネル・ダグラス社(現ボーイング社)の開発した制空戦闘機です。
 制式機の受領は1972年(正式編成は1976年)、愛称はイーグル(ワシ)(Eagle)。
 三菱重工業を主契約社とし、単座型のF-15J165機と複座型F-15DJ48機の計213機が製造されました。
 これは開発国アメリカに次ぐ保有数となっており、アメリカ国外での使用機総数356機の約6割を占めています。
 2013年3月末時点で201機を運用しており、90%以上の高稼働率を維持しています。
 一機当たりの調達価格は約120億円。
 F-15は、航空自衛隊の主力戦闘機として、現在、全国8個の飛行隊と、その他飛行教導隊などに、約200機が配備されています。
 昭和47年に初飛行した、米空軍の本格的な制空戦闘機です。
 それから、すでに30年以上経過した機体ですが、基本設計の優秀さとレーダーをはじめとした電子機器、搭載装備の近代化が進められ、現在でも能力的に最も均衡のとれた、信頼性のおけるトップクラスの実力を持つ戦闘機といえます。



航空自衛隊新田原基地 JASDF Mitsubishi F-15DJ Eagle 02-8072
hiroの部屋 航空自衛隊新田原基地 JASDF Mitsubishi F-15DJ Eagle 02-8072


航空自衛隊新田原基地 JASDF Mitsubishi F-15DJ Eagle 02-8072
hiroの部屋 航空自衛隊新田原基地 JASDF Mitsubishi F-15DJ Eagle 02-8072


プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2017/12/02(土) 10:08:06|
  2.  ┣ 航空自衛隊|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

航空自衛隊新田原基地 JASDF 飛行教育航空隊 第23飛行隊Mitsubishi F-15DJ Eagle 32-8084

 F-15は、アメリカ合衆国のマクダネル・ダグラス社(現ボーイング社)の開発した制空戦闘機です。
 制式機の受領は1972年(正式編成は1976年)、愛称はイーグル(ワシ)(Eagle)。
 三菱重工業を主契約社とし、単座型のF-15J165機と複座型F-15DJ48機の計213機が製造されました。
 これは開発国アメリカに次ぐ保有数となっており、アメリカ国外での使用機総数356機の約6割を占めています。
 2013年3月末時点で201機を運用しており、90%以上の高稼働率を維持しています。
 一機当たりの調達価格は約120億円。
 F-15は、航空自衛隊の主力戦闘機として、現在、全国8個の飛行隊と、その他飛行教導隊などに、約200機が配備されています。
 昭和47年に初飛行した、米空軍の本格的な制空戦闘機です。
 それから、すでに30年以上経過した機体ですが、基本設計の優秀さとレーダーをはじめとした電子機器、搭載装備の近代化が進められ、現在でも能力的に最も均衡のとれた、信頼性のおけるトップクラスの実力を持つ戦闘機といえます。


航空自衛隊新田原基地 JASDF 飛行教育航空隊 第23飛行隊Mitsubishi F-15DJ Eagle 32-8084
航空自衛隊hiroの部屋 新田原基地 JASDF 飛行教育航空隊 第23飛行隊Mitsubishi F-15DJ Eagle 32-8084


プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2017/12/02(土) 10:00:49|
  2.  ┣ 航空自衛隊|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

航空自衛隊新田原基地 JASDF 第5航空団 第305飛行隊 Mitsubishi F-15J Eagle 82-8898

 F-15は、アメリカ合衆国のマクダネル・ダグラス社(現ボーイング社)の開発した制空戦闘機です。
 制式機の受領は1972年(正式編成は1976年)、愛称はイーグル(ワシ)(Eagle)。
 三菱重工業を主契約社とし、単座型のF-15J165機と複座型F-15DJ48機の計213機が製造されました。
 これは開発国アメリカに次ぐ保有数となっており、アメリカ国外での使用機総数356機の約6割を占めています。
 2013年3月末時点で201機を運用しており、90%以上の高稼働率を維持しています。
 一機当たりの調達価格は約120億円。
 F-15は、航空自衛隊の主力戦闘機として、現在、全国8個の飛行隊と、その他飛行教導隊などに、約200機が配備されています。
 昭和47年に初飛行した、米空軍の本格的な制空戦闘機です。
 それから、すでに30年以上経過した機体ですが、基本設計の優秀さとレーダーをはじめとした電子機器、搭載装備の近代化が進められ、現在でも能力的に最も均衡のとれた、信頼性のおけるトップクラスの実力を持つ戦闘機といえます。



航空自衛隊新田原基地 JASDF 第5航空団 第305飛行隊 Mitsubishi F-15J Eagle 82-8898
hiroの部屋 航空自衛隊新田原基地 JASDF 第5航空団 第305飛行隊 Mitsubishi F-15J Eagle 82-8898


プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2017/12/02(土) 09:54:28|
  2.  ┣ 航空自衛隊|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

航空自衛隊新田原基地 JASDF 偵察航空隊 第501飛行隊 McDonnell Douglas RF-4E Phantom II 57-6913

 第501飛行隊は、航空自衛隊の偵察航空隊の部隊で、百里基地を拠点とし、偵察機にRF-4EとRF-4EJ、連絡機にT-4を運用しています。


航空自衛隊新田原基地 JASDF 偵察航空隊 第501飛行隊 McDonnell Douglas RF-4E Phantom II 57-6913
hiroの部屋 航空自衛隊新田原基地 JASDF 偵察航空隊 第501飛行隊 McDonnell Douglas RF-4E Phantom II 57-6913


航空自衛隊新田原基地 JASDF 偵察航空隊 第501飛行隊 McDonnell Douglas RF-4E Phantom II 57-6913
hiroの部屋 航空自衛隊新田原基地 JASDF 偵察航空隊 第501飛行隊 McDonnell Douglas RF-4E Phantom II 57-6913


航空自衛隊新田原基地 JASDF 偵察航空隊 第501飛行隊 McDonnell Douglas RF-4E Phantom II 57-6913
hiroの部屋 航空自衛隊新田原基地 JASDF 偵察航空隊 第501飛行隊 McDonnell Douglas RF-4E Phantom II 57-6913


航空自衛隊新田原基地 JASDF 偵察航空隊 第501飛行隊 McDonnell Douglas RF-4E Phantom II 57-6913
hiroの部屋 航空自衛隊新田原基地 JASDF 偵察航空隊 第501飛行隊 McDonnell Douglas RF-4E Phantom II 57-6913


プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2017/12/02(土) 09:12:10|
  2.  ┣ 航空自衛隊|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

航空自衛隊新田原基地 JASDF 偵察航空隊 第501飛行隊 Mitsubishi RF-4EJ Phantom II 77-6397

第501飛行隊は、航空自衛隊の偵察航空隊の部隊で、百里基地を拠点とし、偵察機にRF-4EとRF-4EJ、連絡機にT-4を運用しています。

航空自衛隊新田原基地 JASDF 偵察航空隊 第501飛行隊 Mitsubishi RF-4EJ Phantom II 77-6397
hiroの部屋 航空自衛隊新田原基地 JASDF 偵察航空隊 第501飛行隊 Mitsubishi RF-4EJ Phantom II 77-6397


航空自衛隊新田原基地 JASDF 偵察航空隊 第501飛行隊 Mitsubishi RF-4EJ Phantom II 77-6397
hiroの部屋 航空自衛隊新田原基地 JASDF 偵察航空隊 第501飛行隊 Mitsubishi RF-4EJ Phantom II 77-6397


航空自衛隊新田原基地 JASDF 偵察航空隊 第501飛行隊 Mitsubishi RF-4EJ Phantom II 77-6397
hiroの部屋 航空自衛隊新田原基地 JASDF 偵察航空隊 第501飛行隊 Mitsubishi RF-4EJ Phantom II 77-6397


航空自衛隊新田原基地 JASDF 偵察航空隊 第501飛行隊 Mitsubishi RF-4EJ Phantom II 77-6397
hiroの部屋 航空自衛隊新田原基地 JASDF 偵察航空隊 第501飛行隊 Mitsubishi RF-4EJ Phantom II 77-6397


プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2017/12/02(土) 09:11:04|
  2.  ┣ 航空自衛隊|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

航空自衛隊新田原基地 JASDF Mitsubishi F-15J Eagle 52-8851

 F-15は、アメリカ合衆国のマクダネル・ダグラス社(現ボーイング社)の開発した制空戦闘機です。
 制式機の受領は1972年(正式編成は1976年)、愛称はイーグル(ワシ)(Eagle)。
 三菱重工業を主契約社とし、単座型のF-15J165機と複座型F-15DJ48機の計213機が製造されました。
 これは開発国アメリカに次ぐ保有数となっており、アメリカ国外での使用機総数356機の約6割を占めています。
 2013年3月末時点で201機を運用しており、90%以上の高稼働率を維持しています。
 一機当たりの調達価格は約120億円。
 F-15は、航空自衛隊の主力戦闘機として、現在、全国8個の飛行隊と、その他飛行教導隊などに、約200機が配備されています。
 昭和47年に初飛行した、米空軍の本格的な制空戦闘機です。
 それから、すでに30年以上経過した機体ですが、基本設計の優秀さとレーダーをはじめとした電子機器、搭載装備の近代化が進められ、現在でも能力的に最も均衡のとれた、信頼性のおけるトップクラスの実力を持つ戦闘機といえます。



航空自衛隊新田原基地 JASDF Mitsubishi F-15J Eagle 52-8851
hiroの部屋 航空自衛隊新田原基地 JASDF Mitsubishi F-15J Eagle 52-8851



プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2017/12/02(土) 09:08:13|
  2.  ┣ 航空自衛隊|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

| ホーム | 次のページ