★hiroの部屋★

★写真 ★★ゴリラを快適に! ★★★MPVを快適に! ★★★★ ★★★★★ ★★★★★★ ★★★★★★★

航空自衛隊新田原基地 Mitsubishi T-2 超音速高等練習機 69-5127

航空自衛隊新田原基地に展示されている「Mitsubishi T-2 超音速高等練習機 69-5127」です。

T-2
航空自衛隊の高等練習機です。三菱重工業が製造していました。

航空自衛隊新田原基地 Mitsubishi T-2 超音速高等練習機 69-5127
hiroの部屋 航空自衛隊新田原基地 Mitsubishi T-2 超音速高等練習機 69-5127

初飛行は1971年(昭和46)7月20日で、日本が初めて開発した超音速航空機です。

航空自衛隊新田原基地 Mitsubishi T-2 超音速高等練習機 69-5127
hiroの部屋 航空自衛隊新田原基地 Mitsubishi T-2 超音速高等練習機 69-5127

2006年(平成18)3月2日に岐阜基地・飛行開発実験団のT-2特別仕様機(59-5107)が引退し、初飛行から35年の歴史に幕を閉じました。

航空自衛隊新田原基地 Mitsubishi T-2 超音速高等練習機 69-5127
hiroの部屋 航空自衛隊新田原基地 Mitsubishi T-2 超音速高等練習機 69-5127

「ティーツー」と呼ばれ愛称はありませんでした。

航空自衛隊新田原基地 Mitsubishi T-2 超音速高等練習機 69-5127
hiroの部屋 航空自衛隊新田原基地 Mitsubishi T-2 超音速高等練習機 69-5127


プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2016/12/16(金) 13:22:27|
  2.  ┣ 航空自衛隊|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

航空自衛隊新田原基地 Mitsubishi MU-2S 63-3228

航空自衛隊新田原基地に展示されている「Mitsubishi MU-2S 63-3228」です。

MU-2S
 航空自衛隊では、三菱がMU-2Dを自衛隊仕様にしたMU-2Eを、1967年(昭和42年)にMU-2S救難捜索機(遭難機の乗員を捜索する任務)として採用し、1987年(昭和62年)までに29機を導入、全国の救難隊に1-2機ずつを配備しました。

航空自衛隊新田原基地 Mitsubishi MU-2S 63-3228
hiroの部屋 航空自衛隊新田原基地 Mitsubishi MU-2S 63-3228

 機体は与圧キャビンの廃止、航法・通信装備の強化、救命具・マーカーのラック設置、投下用スライドドアの増設、77ガロン入り燃料タンクの増設、胴体両側面には水滴型の大型観測窓を設置するなど、多岐の改造点がありますが、外見の特徴は機首に搭載されたドップラー・レーダーで、レドームにより通常より50cmほど長くなっています。

航空自衛隊新田原基地 Mitsubishi MU-2S 63-3228
hiroの部屋 航空自衛隊新田原基地 Mitsubishi MU-2S 63-3228

 老朽化のため、1995年(平成7年)からU-125Aに順次交代し、2008年(平成20)10月22日に退役しました。


プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2016/12/15(木) 13:15:00|
  2.  ┣ 航空自衛隊|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

航空自衛隊新田原基地 Kawasaki KV-107IIA-5 04-4852

航空自衛隊新田原基地に展示されている「Kawasaki KV-107IIA-5 04-4852」です。

航空自衛隊新田原基地 Kawasaki KV-107IIA-5 04-4852
hiroの部屋 航空自衛隊新田原基地 Kawasaki KV-107IIA-5 04-4852

 各自衛隊の中では、最も「バートル」を長らく運用したユーザーである航空自衛隊は、S-62J、救難隊のH-19C救難ヘリコプターの後継として1967年(昭和42年)からKV-107II-5を17機導入し、18号機からはエンジン強化型のKV-107IIA-5に切り替えられ、1990年(平成2年)までに計52機が納入されました。

航空自衛隊新田原基地 Kawasaki KV-107IIA-5 04-4852
hiroの部屋 航空自衛隊新田原基地 Kawasaki KV-107IIA-5 04-4852

 1991年(平成3年)からUH-60Jの導入が始まったことから減数に転じ、2009年(平成21年)11月3日、入間基地の航空祭でラストフライトを行なった844号機(浜松救難隊)を最後に退役しました。

航空自衛隊新田原基地 Kawasaki KV-107IIA-5 04-4852
hiroの部屋 航空自衛隊新田原基地 Kawasaki KV-107IIA-5 04-4852


プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2016/12/14(水) 13:01:10|
  2.  ┣ 航空自衛隊|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

航空自衛隊新田原基地 Mitsubishi F-104J Starfighter (栄光)36-8535

航空自衛隊新田原基地に展示されている「Mitsubishi F-104J Starfighter (栄光)36-8535」です。

F-104
 ロッキード社が開発した超音速ジェット戦闘機。愛称はスターファイター (Starfighter)

航空自衛隊新田原基地 Mitsubishi F-104J Starfighter (栄光)36-8535
hiroの部屋 航空自衛隊新田原基地 Mitsubishi F-104J Starfighter (栄光)36-8535

 航空自衛隊は、G型を基に日本での要撃任務用途にあわせて火器管制装置などを改良したF-104J、および複座の練習機F-104DJを採用しました。

航空自衛隊新田原基地 Mitsubishi F-104J Starfighter (栄光)36-8535
hiroの部屋 航空自衛隊新田原基地 Mitsubishi F-104J Starfighter (栄光)36-8535

 日本にとっては、独自で機体選考を実施した最初のジェット戦闘機ともなりました。
 航空自衛隊では栄光という愛称を持っていました。

航空自衛隊新田原基地 Mitsubishi F-104J Starfighter (栄光)36-8535
hiroの部屋 航空自衛隊新田原基地 Mitsubishi F-104J Starfighter (栄光)36-8535

 三菱重工業がライセンス生産を担当し、細い胴体に極端に小さな主翼という形状から、航空自衛隊の現場では「三菱鉛筆」の愛称もありました。
 F-15Jの配備に伴い、1986年に全機が退役しました。


プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2016/12/13(火) 12:54:00|
  2.  ┣ 航空自衛隊|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

航空自衛隊新田原基地 North American F-86D-45 (月光)04-8187

航空自衛隊新田原基地に展示されている「North American F-86D-45 (月光)04-8187」です。

F-86D
 航空自衛隊が初めて得た全天候戦闘機であるF-86Dは1958年(昭和33年)から供与が始まり、同年8月1日に第101飛行隊を編成後、1962年までに第102、第103、第105飛行隊の計4個飛行隊が編成、計122機(内24機は部品取用)が配備されました。

航空自衛隊新田原基地 North American F-86D-45 (月光)04-8187
hiroの部屋 航空自衛隊新田原基地 North American F-86D-45 (月光)04-8187

 配備された122機のほとんどが、F-102への機材変更で不要になった在日米軍の中古機体を供与されたものでした。なお、自衛隊内での愛称はF-86Fと異なり「月光」です。

航空自衛隊新田原基地 North American F-86D-45 (月光)04-8187
hiroの部屋 航空自衛隊新田原基地 North American F-86D-45 (月光)04-8187

 電子機器に使用された真空管は湿度の高い日本で故障を繰り返し、航空自衛隊へのF-104配備や部品の枯渇による稼働率低下もあって、F-86Dを配備していた部隊は徐々に姿を消していきました。
 最後まで残った第103飛行隊も1968年(昭和43年)10月に解散し、F-86Dの運用は10年程度の短い期間に留まることとなりました。
 ただ、本機の運用実績から、全天候戦闘機運用のノウハウを得る事ができたため、航空自衛隊にとっては極めて意義が高かったと言えます。


プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2016/12/12(月) 12:46:54|
  2.  ┣ 航空自衛隊|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

航空自衛隊新田原基地 Kawasaki T-33A Shooting Star (若鷹)91-5410

航空自衛隊新田原基地に展示されている「Kawasaki T-33A Shooting Star (若鷹)91-5410」です。

T-33
 アメリカ空軍初の実用ジェット戦闘機P-80から発展した、初の複座ジェット練習機です。
 愛称は原型のP-80同様シューティングスター(Shooting Star:流星の意)ですが、Tバード(T-Bird)の愛称も広く用いられました。
 航空自衛隊では1954年(昭和29年)の創立当初からF-86Fと共にアメリカから68機の供与を受け、翌1955年(昭和30年)からは川崎航空機によって210機がライセンス生産され、計278機が本来目的の乗員育成のみならず、訓練支援、連絡業務、デスクワークパイロットの規定飛行時間維持の為の年次飛行などに広く用いられました。
 なお日本では米での愛称「シューティングスター」、日本での公式愛称「若鷹」よりもその型番に由来する「サンサン」の名で広く呼ばれました。

航空自衛隊新田原基地 Kawasaki T-33A Shooting Star (若鷹)91-5410
hiroの部屋 航空自衛隊新田原基地 Kawasaki T-33A Shooting Star (若鷹)91-5410

 老朽化した1980年代後半から順次退役が始まり、後継機の川崎T-4への置き換えが進められていき、2002年までに退役させる予定でした。
 しかし、1999年(平成11年)11月22日、入間基地の航空総隊所属の1機が墜落し、乗員2名が殉職、墜落時の送電線の切断により約80万世帯が停電するという事故が発生し(T-33A入間川墜落事故)、残存していた8機全機に対し飛行停止処分が課され、地上に留置されたまま翌年2000年(平成12年)6月に除籍されました。
 なお、航空自衛隊が保有した全278機のうち、59機が事故による喪失で除籍されています。

2016/12/11 ブログアクセス1,090,000件を超えました。
ご覧いただきありがとうございますm(__)m


プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2016/12/11(日) 12:46:45|
  2.  ┣ 航空自衛隊|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

航空自衛隊新田原基地 North American F-86F Sabre(旭光)92-7916

航空自衛隊新田原基地に展示されている「North American F-86F Sabre(旭光)92-7916」です。

F-86F
 エンジンをJ47-GE-27(推力 26.3kN)に強化した型です。
 F-86シリーズにおいて、最も多くが製造された型で、2,239機を製造された。
 -F-1、-F-2、-F-10、-F-15、-F-20、-F-25、-F-26、-F-30、-F-35、-F-40といったサブタイプがあり、-F-2型のみ試験的に機銃がM39 20mm機関砲4門に変更されている。
 -F-25型の製造途中から、主翼の前縁を6インチ、翼端を3インチ延長し、前縁スラットを廃止する代わりに境界層板を取り付けた「6-3翼」が導入され、最高速度と運動性が向上した。
 -F-30型からは主翼下ハードポイントが従来の2箇所から4箇所に増設された。
 アメリカ空軍で運用されたのは核爆弾の運用能力を得た-F-35型までで、純粋な海外供与用となった-F-40型では低速時の操縦性改善のため前縁スラットが復活し、翼端がさらに12インチ延長された。
 アメリカ空軍の「6-3翼」装備機も後に-F-40型相当の主翼に改修されている。

航空自衛隊新田原基地 North American F-86F Sabre(旭光)92-7916
hiroの部屋 航空自衛隊新田原基地 North American F-86F Sabre(旭光)92-7916

 日本においては、航空自衛隊の主力戦闘機としてF-86Fを435機、全天候型戦闘機としてF-86Dを122機配備した。
 F-86Fのうち18機は偵察機RF-86Fに改造された。空自での正式な愛称は旭光(きょっこう)。
 ブルーインパルスの初代機体でもあり、1964年東京オリンピックにて大空に五輪旗を描いたことでも有名で、長く活躍したことから「ハチロク」と呼ばれて親しまれた。

航空自衛隊新田原基地 North American F-86F Sabre(旭光)92-7916
hiroの部屋 航空自衛隊新田原基地 North American F-86F Sabre(旭光)92-7916

 1962年(昭和37年)から後継の主力戦闘機F-104Jが配備後は、F-86F飛行隊の解散が始まり、支援戦闘機として、要撃戦闘機としてのF-104Jの補完と、能力不足ながらロケット弾や爆弾を用いた対艦攻撃の任務についた。
 しかし、国産のF-1の配備が始まり、1977年(昭和52年)10月1日に第3飛行隊が、1980年(昭和55年)2月29日に第8飛行隊が、11月13日に第6飛行隊がF-1に機種転換をしたことにより、実戦部隊からは退いた。
 旧F-86F部隊のうち、支援戦闘機部隊となった第3・第6・第8飛行隊以外はすべて解隊された。
 最後までF-86Fを運用していた入間基地の総隊司令部飛行隊では、1982年(昭和57年)3月15日に引退セレモニーを実施し、全機退役した。


プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2016/12/10(土) 12:29:49|
  2.  ┣ 航空自衛隊|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

航空自衛隊新田原基地 JASDF YS-11 52-1152

 YS-11は、T-1ジェット練習機とともに、日本の航空技術陣の手で生まれた戦後初の国産中型輸送機です。
 第三次防衛計画末までにP型(人員輸送)4機、PC型(貨物・人員混載)1機、FC型(飛行点検機)1機、C型(貨物専用)7機の計13機を取得しました。
 なお、C型は物資の空中投下はできますが空挺降下はできません。
 また、航空自衛隊では、この13機で装備を打ち切っています。

YS-11P
 YS-11-100の航空自衛隊の人員輸送機。Pは旅客を意味する英語のPassengerの頭文字です。
 全国の航空自衛隊基地を定期・不定期で結んでいます。
 主翼内インテグラルタンクとバグタンクによって燃料搭載量を7,270Lとし、航続距離を延長しました。
 キャビンとコックピットは全日空機と同様です。
 客席は最前列だけを後ろ向きにしてボックスとし、座席ピッチは91cmで43席とゆったりしています。
 また、客室は軽貨物輸送パレットか患者輸送寝台に転換可能です。4機採用し、変遷を経て現在は3機です。
VIP仕様機
 YS-11Pの1151号機と1152号機は要人や幹部の移送のため、VIP仕様として導入されました。
 後方にラウンジとして左右内向きの3人がけソファーを設け、右前方の荷物室に航法士席とキャビン窓を増設、男子専用トイレも追加しました。
 1151号は後に飛行点検機に改造され、1153号機がVIP仕様に改造されました。
 また、キャビンが近代的に改修され、前方がVIP席としてテーブルを挟んで4人掛けのシートが左右1組ずつ、中ほどに横向きソファのラウンジ、後方が客室(28席)となりました。

航空自衛隊新田原基地 JASDF YS-11 52-1152
hiroの部屋 JASDF YS-11 52-1152


プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2015/12/05(土) 16:30:24|
  2.  ┣ 航空自衛隊|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

航空自衛隊新田原基地 JASDF Mitsubishi F-15DJ Eagle 92-8098

 F-15は、アメリカ合衆国のマクダネル・ダグラス社(現ボーイング社)の開発した制空戦闘機です。
 制式機の受領は1972年(正式編成は1976年)、愛称はイーグル(ワシ)(Eagle)。
 三菱重工業を主契約社とし、単座型のF-15J165機と複座型F-15DJ48機の計213機が製造されました。
 これは開発国アメリカに次ぐ保有数となっており、アメリカ国外での使用機総数356機の約6割を占めています。
 2013年3月末時点で201機を運用しており、90%以上の高稼働率を維持しています。
 一機当たりの調達価格は約120億円。
 F-15は、航空自衛隊の主力戦闘機として、現在、全国8個の飛行隊と、その他飛行教導隊などに、約200機が配備されています。
 昭和47年に初飛行した、米空軍の本格的な制空戦闘機です。
 それから、すでに30年以上経過した機体ですが、基本設計の優秀さとレーダーをはじめとした電子機器、搭載装備の近代化が進められ、現在でも能力的に最も均衡のとれた、信頼性のおけるトップクラスの実力を持つ戦闘機といえます。

航空自衛隊新田原基地 JASDF Mitsubishi F-15DJ Eagle 92-8098
hiroの部屋 JASDF Mitsubishi F-15DJ Eagle 92-8098

hiroの部屋 2013新田原航空祭前日予行 飛行教導隊 F15 宮崎県新富町
THE AIR BASE 3 ファイターパイロットの聖地~飛行教導隊・新田原基地


プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2015/12/05(土) 16:00:38|
  2.  ┣ 航空自衛隊|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

航空自衛隊新田原基地 JASDF Mitsubishi F-15DJ Eagle 72-8090

 F-15は、アメリカ合衆国のマクダネル・ダグラス社(現ボーイング社)の開発した制空戦闘機です。
 制式機の受領は1972年(正式編成は1976年)、愛称はイーグル(ワシ)(Eagle)。
 三菱重工業を主契約社とし、単座型のF-15J165機と複座型F-15DJ48機の計213機が製造されました。
 これは開発国アメリカに次ぐ保有数となっており、アメリカ国外での使用機総数356機の約6割を占めています。
 2013年3月末時点で201機を運用しており、90%以上の高稼働率を維持しています。
 一機当たりの調達価格は約120億円。
 F-15は、航空自衛隊の主力戦闘機として、現在、全国8個の飛行隊と、その他飛行教導隊などに、約200機が配備されています。
 昭和47年に初飛行した、米空軍の本格的な制空戦闘機です。
 それから、すでに30年以上経過した機体ですが、基本設計の優秀さとレーダーをはじめとした電子機器、搭載装備の近代化が進められ、現在でも能力的に最も均衡のとれた、信頼性のおけるトップクラスの実力を持つ戦闘機といえます。

航空自衛隊新田原基地 JASDF Mitsubishi F-15DJ Eagle 72-8090
hiroの部屋 JASDF Mitsubishi F-15DJ Eagle 72-8090


航空自衛隊新田原基地 JASDF Mitsubishi F-15DJ Eagle 72-8090
hiroの部屋 JASDF Mitsubishi F-15DJ Eagle 72-8090

hiroの部屋 2013新田原航空祭前日予行 飛行教導隊 F15 宮崎県新富町
THE AIR BASE 3 ファイターパイロットの聖地~飛行教導隊・新田原基地


プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2015/12/05(土) 15:30:36|
  2.  ┣ 航空自衛隊|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

| ホーム | 次のページ