FC2ブログ

★hiroの部屋★

★写真 ★★車を快適に! ★★★バイクを快適に! ★★★★ ★★★★★ ★★★★★★ ★★★★★★★

航空自衛隊新田原基地 JASDF 第6航空団小松基地 第306飛行隊 Mitsubishi F-15J/DJ Eagle

第306飛行隊 JASDF 306th Tactical Fighter Squadron
 航空自衛隊第6航空団隷下の戦闘機部隊です。小松基地に所属し、戦闘機にF-15J/DJ、連絡機にT-4を運用しています。
 1997年(平成9年)3月18日にF-4EJ改からF-15J/DJ戦闘機へ機種更新が完了し、航空自衛隊8番目のF-15飛行隊となりました。
 第306飛行隊は、F-15戦闘機の中でも近代改修された最新の機体を運用する部隊です。
 全国から選りすぐりのパイロットを集めて戦技研究を行う戦技教育課程(ファイターウェポン)を有しており、日本における「トップガン」の部隊です。
 隊のマークである「ゴールデンイーグル」は石川県の県鳥である「犬鷲」をモチーフにしています。

航空自衛隊新田原基地 JASDF 第6航空団小松基地 第306飛行隊 Mitsubishi F-15J Eagle 22-8930
hiroの部屋 航空自衛隊新田原基地 JASDF 第6航空団小松基地 第306飛行隊 Mitsubishi F-15J Eagle 22-8930


航空自衛隊新田原基地 JASDF 第6航空団小松基地 第306飛行隊 Mitsubishi F-15J Eagle 32-8087
hiroの部屋 航空自衛隊新田原基地 JASDF 第6航空団小松基地 第306飛行隊 Mitsubishi F-15J Eagle 32-8087


航空自衛隊新田原基地 JASDF 第6航空団小松基地 第306飛行隊 Mitsubishi F-15J Eagle 32-8087
hiroの部屋 航空自衛隊新田原基地 JASDF 第6航空団小松基地 第306飛行隊 Mitsubishi F-15J Eagle 32-8087


航空自衛隊新田原基地 JASDF 第6航空団小松基地 第306飛行隊 Mitsubishi F-15J Eagle 32-8087
hiroの部屋 航空自衛隊新田原基地 JASDF 第6航空団小松基地 第306飛行隊 Mitsubishi F-15J Eagle 32-8087


航空自衛隊新田原基地 JASDF 第6航空団小松基地 第306飛行隊 Mitsubishi F-15DJ Eagle 92-8069
hiroの部屋 航空自衛隊新田原基地 JASDF 第6航空団小松基地 第306飛行隊 Mitsubishi F-15DJ Eagle 92-8069


航空自衛隊新田原基地 JASDF 第6航空団小松基地 第306飛行隊 Mitsubishi F-15J Eagle 92-8907
hiroの部屋 航空自衛隊新田原基地 JASDF 第6航空団小松基地 第306飛行隊 Mitsubishi F-15J Eagle 92-8907


航空自衛隊新田原基地 JASDF 第6航空団小松基地 第306飛行隊 Mitsubishi F-15J Eagle 92-8907
hiroの部屋 航空自衛隊新田原基地 JASDF 第6航空団小松基地 第306飛行隊 Mitsubishi F-15J Eagle 92-8907


 F-15は、アメリカ合衆国のマクダネル・ダグラス社(現ボーイング社)の開発した制空戦闘機です。
 制式機の受領は1972年(正式編成は1976年)、愛称はイーグル(ワシ)(Eagle)。
 三菱重工業を主契約社とし、単座型のF-15J165機(機体番号801~965)と複座型F-15DJ48機(機体番号051~098)の計213機が製造されました。
 これは開発国アメリカに次ぐ保有数となっており、アメリカ国外での使用機総数356機の約6割を占めています。
 2013年3月末時点で201機を運用しており、90%以上の高稼働率を維持しています。
 一機当たりの調達価格は約120億円。
 F-15は、航空自衛隊の主力戦闘機として、現在、全国8個の飛行隊と、その他飛行教導隊などに、約200機が配備されています。
 昭和47年に初飛行した、米空軍の本格的な制空戦闘機です。
 それから、すでに30年以上経過した機体ですが、基本設計の優秀さとレーダーをはじめとした電子機器、搭載装備の近代化が進められ、現在でも能力的に最も均衡のとれた、信頼性のおけるトップクラスの実力を持つ戦闘機といえます。



プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2020/03/10(火) 16:00:23|
  2.  ┣ 航空自衛隊|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

航空自衛隊新田原基地 JASDF 飛行教育航空隊第23飛行隊 Mitsubishi F-15DJ Eagle 02-8073

第23飛行隊 JASDF 23rd Fighter Training Squadron
 航空自衛隊航空教育集団飛行教育航空隊隷下の飛行訓練部隊です。
 2000年(平成12年)に新田原基地で新編され、F-15J/DJ戦闘機による飛行教育(戦闘機操縦課程)を行い戦闘機操縦者の育成に励んでいます。
 第23飛行隊は教育専門の飛行隊として編成されたため、対領空侵犯措置任務は除外されています。
 第23飛行隊の部隊マークは、都井岬に生息する国の天然記念物に指定されている野生馬に部隊の23をあしらった図柄です。


航空自衛隊新田原基地 JASDF 飛行教育航空隊第23飛行隊 Mitsubishi F-15DJ Eagle 02-8073
hiroの部屋 航空自衛隊新田原基地 JASDF 飛行教育航空隊第23飛行隊 Mitsubishi F-15DJ Eagle 02-8073


航空自衛隊新田原基地 JASDF 飛行教育航空隊第23飛行隊 Mitsubishi F-15DJ Eagle 02-8073
hiroの部屋 航空自衛隊新田原基地 JASDF 飛行教育航空隊第23飛行隊 Mitsubishi F-15DJ Eagle 02-8073


航空自衛隊新田原基地 JASDF 飛行教育航空隊第23飛行隊 Mitsubishi F-15DJ Eagle 02-8073
hiroの部屋 航空自衛隊新田原基地 JASDF 飛行教育航空隊第23飛行隊 Mitsubishi F-15DJ Eagle 02-8073


航空自衛隊新田原基地 JASDF 飛行教育航空隊第23飛行隊 Mitsubishi F-15DJ Eagle 02-8073
hiroの部屋 航空自衛隊新田原基地 JASDF 飛行教育航空隊第23飛行隊 Mitsubishi F-15DJ Eagle 02-8073


航空自衛隊新田原基地 JASDF 飛行教育航空隊第23飛行隊 Mitsubishi F-15DJ Eagle 02-8073
hiroの部屋 航空自衛隊新田原基地 JASDF 飛行教育航空隊第23飛行隊 Mitsubishi F-15DJ Eagle 02-8073


航空自衛隊新田原基地 JASDF 飛行教育航空隊第23飛行隊 Mitsubishi F-15DJ Eagle 02-8073
hiroの部屋 航空自衛隊新田原基地 JASDF 飛行教育航空隊第23飛行隊 Mitsubishi F-15DJ Eagle 02-8073


航空自衛隊新田原基地 JASDF 飛行教育航空隊第23飛行隊 Mitsubishi F-15DJ Eagle 02-8073
hiroの部屋 航空自衛隊新田原基地 JASDF 飛行教育航空隊第23飛行隊 Mitsubishi F-15DJ Eagle 02-8073


 F-15は、アメリカ合衆国のマクダネル・ダグラス社(現ボーイング社)の開発した制空戦闘機です。
 制式機の受領は1972年(正式編成は1976年)、愛称はイーグル(ワシ)(Eagle)。
 三菱重工業を主契約社とし、単座型のF-15J165機(機体番号801~965)と複座型F-15DJ48機(機体番号051~098)の計213機が製造されました。
 これは開発国アメリカに次ぐ保有数となっており、アメリカ国外での使用機総数356機の約6割を占めています。
 2013年3月末時点で201機を運用しており、90%以上の高稼働率を維持しています。
 一機当たりの調達価格は約120億円。
 F-15は、航空自衛隊の主力戦闘機として、現在、全国8個の飛行隊と、その他飛行教導隊などに、約200機が配備されています。
 昭和47年に初飛行した、米空軍の本格的な制空戦闘機です。
 それから、すでに30年以上経過した機体ですが、基本設計の優秀さとレーダーをはじめとした電子機器、搭載装備の近代化が進められ、現在でも能力的に最も均衡のとれた、信頼性のおけるトップクラスの実力を持つ戦闘機といえます。



プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2020/03/09(月) 15:48:13|
  2.  ┣ 航空自衛隊|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

航空自衛隊新田原基地 JASDF 飛行教育航空隊第23飛行隊 Mitsubishi F-15J Eagle 32-8826

第23飛行隊 JASDF 23rd Fighter Training Squadron
 航空自衛隊航空教育集団飛行教育航空隊隷下の飛行訓練部隊です。
 2000年(平成12年)に新田原基地で新編され、F-15J/DJ戦闘機による飛行教育(戦闘機操縦課程)を行い戦闘機操縦者の育成に励んでいます。
 第23飛行隊は教育専門の飛行隊として編成されたため、対領空侵犯措置任務は除外されています。
 第23飛行隊の部隊マークは、都井岬に生息する国の天然記念物に指定されている野生馬に部隊の23をあしらった図柄です。


航空自衛隊新田原基地 JASDF 飛行教育航空隊第23飛行隊 Mitsubishi F-15J Eagle 32-8826
hiroの部屋 航空自衛隊新田原基地 JASDF 飛行教育航空隊第23飛行隊 Mitsubishi F-15J Eagle 32-8826


航空自衛隊新田原基地 JASDF 飛行教育航空隊第23飛行隊 Mitsubishi F-15J Eagle 32-8826
hiroの部屋 航空自衛隊新田原基地 JASDF 飛行教育航空隊第23飛行隊 Mitsubishi F-15J Eagle 32-8826


航空自衛隊新田原基地 JASDF 飛行教育航空隊第23飛行隊 Mitsubishi F-15J Eagle 32-8826
hiroの部屋 航空自衛隊新田原基地 JASDF 飛行教育航空隊第23飛行隊 Mitsubishi F-15J Eagle 32-8826


 F-15は、アメリカ合衆国のマクダネル・ダグラス社(現ボーイング社)の開発した制空戦闘機です。
 制式機の受領は1972年(正式編成は1976年)、愛称はイーグル(ワシ)(Eagle)。
 三菱重工業を主契約社とし、単座型のF-15J165機(機体番号801~965)と複座型F-15DJ48機(機体番号051~098)の計213機が製造されました。
 これは開発国アメリカに次ぐ保有数となっており、アメリカ国外での使用機総数356機の約6割を占めています。
 2013年3月末時点で201機を運用しており、90%以上の高稼働率を維持しています。
 一機当たりの調達価格は約120億円。
 F-15は、航空自衛隊の主力戦闘機として、現在、全国8個の飛行隊と、その他飛行教導隊などに、約200機が配備されています。
 昭和47年に初飛行した、米空軍の本格的な制空戦闘機です。
 それから、すでに30年以上経過した機体ですが、基本設計の優秀さとレーダーをはじめとした電子機器、搭載装備の近代化が進められ、現在でも能力的に最も均衡のとれた、信頼性のおけるトップクラスの実力を持つ戦闘機といえます。



プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2020/03/08(日) 15:46:01|
  2.  ┣ 航空自衛隊|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

航空自衛隊新田原基地 JASDF 飛行教育航空隊第23飛行隊 Mitsubishi F-15J Eagle 62-8870

第23飛行隊 JASDF 23rd Fighter Training Squadron
 航空自衛隊航空教育集団飛行教育航空隊隷下の飛行訓練部隊です。
 2000年(平成12年)に新田原基地で新編され、F-15J/DJ戦闘機による飛行教育(戦闘機操縦課程)を行い戦闘機操縦者の育成に励んでいます。
 第23飛行隊は教育専門の飛行隊として編成されたため、対領空侵犯措置任務は除外されています。
 第23飛行隊の部隊マークは、都井岬に生息する国の天然記念物に指定されている野生馬に部隊の23をあしらった図柄です。


航空自衛隊新田原基地 JASDF 飛行教育航空隊第23飛行隊 Mitsubishi F-15J Eagle 62-8870
hiroの部屋 航空自衛隊新田原基地 JASDF 飛行教育航空隊第23飛行隊 Mitsubishi F-15J Eagle 62-8870


航空自衛隊新田原基地 JASDF 飛行教育航空隊第23飛行隊 Mitsubishi F-15J Eagle 62-8870
hiroの部屋 航空自衛隊新田原基地 JASDF 飛行教育航空隊第23飛行隊 Mitsubishi F-15J Eagle 62-8870


航空自衛隊新田原基地 JASDF 飛行教育航空隊第23飛行隊 Mitsubishi F-15J Eagle 62-8870
hiroの部屋 航空自衛隊新田原基地 JASDF 飛行教育航空隊第23飛行隊 Mitsubishi F-15J Eagle 62-8870


航空自衛隊新田原基地 JASDF 飛行教育航空隊第23飛行隊 Mitsubishi F-15J Eagle 62-8870
hiroの部屋 航空自衛隊新田原基地 JASDF 飛行教育航空隊第23飛行隊 Mitsubishi F-15J Eagle 62-8870


 F-15は、アメリカ合衆国のマクダネル・ダグラス社(現ボーイング社)の開発した制空戦闘機です。
 制式機の受領は1972年(正式編成は1976年)、愛称はイーグル(ワシ)(Eagle)。
 三菱重工業を主契約社とし、単座型のF-15J165機(機体番号801~965)と複座型F-15DJ48機(機体番号051~098)の計213機が製造されました。
 これは開発国アメリカに次ぐ保有数となっており、アメリカ国外での使用機総数356機の約6割を占めています。
 2013年3月末時点で201機を運用しており、90%以上の高稼働率を維持しています。
 一機当たりの調達価格は約120億円。
 F-15は、航空自衛隊の主力戦闘機として、現在、全国8個の飛行隊と、その他飛行教導隊などに、約200機が配備されています。
 昭和47年に初飛行した、米空軍の本格的な制空戦闘機です。
 それから、すでに30年以上経過した機体ですが、基本設計の優秀さとレーダーをはじめとした電子機器、搭載装備の近代化が進められ、現在でも能力的に最も均衡のとれた、信頼性のおけるトップクラスの実力を持つ戦闘機といえます。



プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2020/03/07(土) 15:46:32|
  2.  ┣ 航空自衛隊|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

航空自衛隊新田原基地 JASDF 飛行教育航空隊第23飛行隊 Mitsubishi F-15DJ Eagle 92-8068

第23飛行隊 JASDF 23rd Fighter Training Squadron
 航空自衛隊航空教育集団飛行教育航空隊隷下の飛行訓練部隊です。
 2000年(平成12年)に新田原基地で新編され、F-15J/DJ戦闘機による飛行教育(戦闘機操縦課程)を行い戦闘機操縦者の育成に励んでいます。
 第23飛行隊は教育専門の飛行隊として編成されたため、対領空侵犯措置任務は除外されています。
 第23飛行隊の部隊マークは、都井岬に生息する国の天然記念物に指定されている野生馬に部隊の23をあしらった図柄です。

航空自衛隊新田原基地 JASDF 飛行教育航空隊第23飛行隊 Mitsubishi F-15DJ Eagle 92-8068
hiroの部屋 航空自衛隊新田原基地 JASDF 飛行教育航空隊第23飛行隊 Mitsubishi F-15DJ Eagle 92-8068


航空自衛隊新田原基地 JASDF 飛行教育航空隊第23飛行隊 Mitsubishi F-15DJ Eagle 92-8068
hiroの部屋 航空自衛隊新田原基地 JASDF 飛行教育航空隊第23飛行隊 Mitsubishi F-15DJ Eagle 92-8068


航空自衛隊新田原基地 JASDF 飛行教育航空隊第23飛行隊 Mitsubishi F-15DJ Eagle 92-8068
hiroの部屋 航空自衛隊新田原基地 JASDF 飛行教育航空隊第23飛行隊 Mitsubishi F-15DJ Eagle 92-8068

以前撮影したMitsubishi F-15DJ Eagle 92-8068
この迷彩色の機体は、飛行教導群ですね。

Mitsubishi F-15DJ Eagle 92-8068
hiroの部屋 Japan Air Self-Defense Force Mitsubishi F-15DJ Eagle 92-8068


 F-15は、アメリカ合衆国のマクダネル・ダグラス社(現ボーイング社)の開発した制空戦闘機です。
 制式機の受領は1972年(正式編成は1976年)、愛称はイーグル(ワシ)(Eagle)。
 三菱重工業を主契約社とし、単座型のF-15J165機(機体番号801~965)と複座型F-15DJ48機(機体番号051~098)の計213機が製造されました。
 これは開発国アメリカに次ぐ保有数となっており、アメリカ国外での使用機総数356機の約6割を占めています。
 2013年3月末時点で201機を運用しており、90%以上の高稼働率を維持しています。
 一機当たりの調達価格は約120億円。
 F-15は、航空自衛隊の主力戦闘機として、現在、全国8個の飛行隊と、その他飛行教導隊などに、約200機が配備されています。
 昭和47年に初飛行した、米空軍の本格的な制空戦闘機です。
 それから、すでに30年以上経過した機体ですが、基本設計の優秀さとレーダーをはじめとした電子機器、搭載装備の近代化が進められ、現在でも能力的に最も均衡のとれた、信頼性のおけるトップクラスの実力を持つ戦闘機といえます。



プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2020/03/06(金) 15:45:50|
  2.  ┣ 航空自衛隊|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

航空自衛隊新田原基地 JASDF 飛行教育航空隊第23飛行隊 McDonnell Douglas F-15DJ Eagle 32-8060 & Mitsubishi F-15J Eagle 42-8835

第23飛行隊 JASDF 23rd Fighter Training Squadron
 航空自衛隊航空教育集団飛行教育航空隊隷下の飛行訓練部隊です。
 2000年(平成12年)に新田原基地で新編され、F-15J/DJ戦闘機による飛行教育(戦闘機操縦課程)を行い戦闘機操縦者の育成に励んでいます。
 第23飛行隊は教育専門の飛行隊として編成されたため、対領空侵犯措置任務は除外されています。
 第23飛行隊の部隊マークは、都井岬に生息する国の天然記念物に指定されている野生馬に部隊の23をあしらった図柄です。

お互いを見ていますね。

航空自衛隊新田原基地 JASDF 飛行教育航空隊第23飛行隊 McDonnell Douglas F-15DJ Eagle 32-8060 & Mitsubishi F-15J Eagle 42-8835
hiroの部屋 航空自衛隊新田原基地 JASDF 飛行教育航空隊第23飛行隊 McDonnell Douglas F-15DJ Eagle 32-8060 & Mitsubishi F-15J Eagle 42-8835


航空自衛隊新田原基地 JASDF 飛行教育航空隊第23飛行隊 McDonnell Douglas F-15DJ Eagle 32-8060 & Mitsubishi F-15J Eagle 42-8835
hiroの部屋 航空自衛隊新田原基地 JASDF 飛行教育航空隊第23飛行隊 McDonnell Douglas F-15DJ Eagle 32-8060 & Mitsubishi F-15J Eagle 42-8835


航空自衛隊新田原基地 JASDF 飛行教育航空隊第23飛行隊 McDonnell Douglas F-15DJ Eagle 32-8060 & Mitsubishi F-15J Eagle 42-8835
hiroの部屋 航空自衛隊新田原基地 JASDF 飛行教育航空隊第23飛行隊 McDonnell Douglas F-15DJ Eagle 32-8060 & Mitsubishi F-15J Eagle 42-8835


航空自衛隊新田原基地 JASDF 飛行教育航空隊第23飛行隊 McDonnell Douglas F-15DJ Eagle 32-8060 & Mitsubishi F-15J Eagle 42-8835
hiroの部屋 航空自衛隊新田原基地 JASDF 飛行教育航空隊第23飛行隊 McDonnell Douglas F-15DJ Eagle 32-8060 & Mitsubishi F-15J Eagle 42-8835


 F-15は、アメリカ合衆国のマクダネル・ダグラス社(現ボーイング社)の開発した制空戦闘機です。
 制式機の受領は1972年(正式編成は1976年)、愛称はイーグル(ワシ)(Eagle)。
 三菱重工業を主契約社とし、単座型のF-15J165機(機体番号801~965)と複座型F-15DJ48機(機体番号051~098)の計213機が製造されました。
 これは開発国アメリカに次ぐ保有数となっており、アメリカ国外での使用機総数356機の約6割を占めています。
 2013年3月末時点で201機を運用しており、90%以上の高稼働率を維持しています。
 一機当たりの調達価格は約120億円。
 F-15は、航空自衛隊の主力戦闘機として、現在、全国8個の飛行隊と、その他飛行教導隊などに、約200機が配備されています。
 昭和47年に初飛行した、米空軍の本格的な制空戦闘機です。
 それから、すでに30年以上経過した機体ですが、基本設計の優秀さとレーダーをはじめとした電子機器、搭載装備の近代化が進められ、現在でも能力的に最も均衡のとれた、信頼性のおけるトップクラスの実力を持つ戦闘機といえます。



プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪






  1. 2020/03/05(木) 15:40:16|
  2.  ┣ 航空自衛隊|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

航空自衛隊新田原基地 JASDF 飛行教育航空隊第23飛行隊 Mitsubishi F-15J Eagle 52-8845

第23飛行隊 JASDF 23rd Fighter Training Squadron
 航空自衛隊航空教育集団飛行教育航空隊隷下の飛行訓練部隊です。
 2000年(平成12年)に新田原基地で新編され、F-15J/DJ戦闘機による飛行教育(戦闘機操縦課程)を行い戦闘機操縦者の育成に励んでいます。
 第23飛行隊は教育専門の飛行隊として編成されたため、対領空侵犯措置任務は除外されています。
 第23飛行隊の部隊マークは、都井岬に生息する国の天然記念物に指定されている野生馬に部隊の23をあしらった図柄です。

航空自衛隊新田原基地 JASDF 飛行教育航空隊第23飛行隊 Mitsubishi F-15J Eagle 52-8845
hiroの部屋 航空自衛隊新田原基地 JASDF 飛行教育航空隊第23飛行隊 Mitsubishi F-15J Eagle 52-8845


航空自衛隊新田原基地 JASDF 飛行教育航空隊第23飛行隊 Mitsubishi F-15J Eagle 52-8845
hiroの部屋 航空自衛隊新田原基地 JASDF 飛行教育航空隊第23飛行隊 Mitsubishi F-15J Eagle 52-8845


 F-15は、アメリカ合衆国のマクダネル・ダグラス社(現ボーイング社)の開発した制空戦闘機です。
 制式機の受領は1972年(正式編成は1976年)、愛称はイーグル(ワシ)(Eagle)。
 三菱重工業を主契約社とし、単座型のF-15J165機(機体番号801~965)と複座型F-15DJ48機(機体番号051~098)の計213機が製造されました。
 これは開発国アメリカに次ぐ保有数となっており、アメリカ国外での使用機総数356機の約6割を占めています。
 2013年3月末時点で201機を運用しており、90%以上の高稼働率を維持しています。
 一機当たりの調達価格は約120億円。
 F-15は、航空自衛隊の主力戦闘機として、現在、全国8個の飛行隊と、その他飛行教導隊などに、約200機が配備されています。
 昭和47年に初飛行した、米空軍の本格的な制空戦闘機です。
 それから、すでに30年以上経過した機体ですが、基本設計の優秀さとレーダーをはじめとした電子機器、搭載装備の近代化が進められ、現在でも能力的に最も均衡のとれた、信頼性のおけるトップクラスの実力を持つ戦闘機といえます。



プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2020/03/04(水) 15:39:04|
  2.  ┣ 航空自衛隊|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

航空自衛隊新田原基地 JASDF 飛行教育航空隊第23飛行隊 Mitsubishi F-15DJ Eagle 02-8072

第23飛行隊 JASDF 23rd Fighter Training Squadron
 航空自衛隊航空教育集団飛行教育航空隊隷下の飛行訓練部隊です。
 2000年(平成12年)に新田原基地で新編され、F-15J/DJ戦闘機による飛行教育(戦闘機操縦課程)を行い戦闘機操縦者の育成に励んでいます。
 第23飛行隊は教育専門の飛行隊として編成されたため、対領空侵犯措置任務は除外されています。
 第23飛行隊の部隊マークは、都井岬に生息する国の天然記念物に指定されている野生馬に部隊の23をあしらった図柄です。

航空自衛隊新田原基地 JASDF 飛行教育航空隊第23飛行隊 Mitsubishi F-15DJ Eagle 02-8072
hiroの部屋 航空自衛隊新田原基地 JASDF 飛行教育航空隊第23飛行隊 Mitsubishi F-15DJ Eagle 02-8072


航空自衛隊新田原基地 JASDF 飛行教育航空隊第23飛行隊 Mitsubishi F-15DJ Eagle 02-8072
hiroの部屋 航空自衛隊新田原基地 JASDF 飛行教育航空隊第23飛行隊 Mitsubishi F-15DJ Eagle 02-8072


航空自衛隊新田原基地 JASDF 飛行教育航空隊第23飛行隊 Mitsubishi F-15DJ Eagle 02-8072
hiroの部屋 航空自衛隊新田原基地 JASDF 飛行教育航空隊第23飛行隊 Mitsubishi F-15DJ Eagle 02-8072


航空自衛隊新田原基地 JASDF 飛行教育航空隊第23飛行隊 Mitsubishi F-15DJ Eagle 02-8072
hiroの部屋 航空自衛隊新田原基地 JASDF 飛行教育航空隊第23飛行隊 Mitsubishi F-15DJ Eagle 02-8072

以前撮影したMitsubishi F-15DJ Eagle 02-8072です。

Mitsubishi F-15DJ Eagle 02-8072
hiroの部屋 航空自衛隊新田原基地 JASDF Mitsubishi F-15DJ Eagle 02-8072

コブラのマークです。
飛行教導群に配置されていたんですね。

Mitsubishi F-15DJ Eagle 02-8072
hiroの部屋 2013新田原航空祭前日予行 飛行教導隊 F15 宮崎県新富町


 F-15は、アメリカ合衆国のマクダネル・ダグラス社(現ボーイング社)の開発した制空戦闘機です。
 制式機の受領は1972年(正式編成は1976年)、愛称はイーグル(ワシ)(Eagle)。
 三菱重工業を主契約社とし、単座型のF-15J165機(機体番号801~965)と複座型F-15DJ48機(機体番号051~098)の計213機が製造されました。
 これは開発国アメリカに次ぐ保有数となっており、アメリカ国外での使用機総数356機の約6割を占めています。
 2013年3月末時点で201機を運用しており、90%以上の高稼働率を維持しています。
 一機当たりの調達価格は約120億円。
 F-15は、航空自衛隊の主力戦闘機として、現在、全国8個の飛行隊と、その他飛行教導隊などに、約200機が配備されています。
 昭和47年に初飛行した、米空軍の本格的な制空戦闘機です。
 それから、すでに30年以上経過した機体ですが、基本設計の優秀さとレーダーをはじめとした電子機器、搭載装備の近代化が進められ、現在でも能力的に最も均衡のとれた、信頼性のおけるトップクラスの実力を持つ戦闘機といえます。



プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2020/03/03(火) 15:38:26|
  2.  ┣ 航空自衛隊|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

航空自衛隊新田原基地 JASDF 飛行教育航空隊第23飛行隊 Mitsubishi F-15J Eagle 62-8865

第23飛行隊 JASDF 23rd Fighter Training Squadron
 航空自衛隊航空教育集団飛行教育航空隊隷下の飛行訓練部隊です。
 2000年(平成12年)に新田原基地で新編され、F-15J/DJ戦闘機による飛行教育(戦闘機操縦課程)を行い戦闘機操縦者の育成に励んでいます。
 第23飛行隊は教育専門の飛行隊として編成されたため、対領空侵犯措置任務は除外されています。
 第23飛行隊の部隊マークは、都井岬に生息する国の天然記念物に指定されている野生馬に部隊の23をあしらった図柄です。

航空自衛隊新田原基地 JASDF 飛行教育航空隊第23飛行隊 Mitsubishi F-15J Eagle 62-8865
hiroの部屋 航空自衛隊新田原基地 JASDF 飛行教育航空隊第23飛行隊 Mitsubishi F-15J Eagle 62-8865


航空自衛隊新田原基地 JASDF 飛行教育航空隊第23飛行隊 Mitsubishi F-15J Eagle 62-8865
hiroの部屋 航空自衛隊新田原基地 JASDF 飛行教育航空隊第23飛行隊 Mitsubishi F-15J Eagle 62-8865


 F-15は、アメリカ合衆国のマクダネル・ダグラス社(現ボーイング社)の開発した制空戦闘機です。
 制式機の受領は1972年(正式編成は1976年)、愛称はイーグル(ワシ)(Eagle)。
 三菱重工業を主契約社とし、単座型のF-15J165機(機体番号801~965)と複座型F-15DJ48機(機体番号051~098)の計213機が製造されました。
 これは開発国アメリカに次ぐ保有数となっており、アメリカ国外での使用機総数356機の約6割を占めています。
 2013年3月末時点で201機を運用しており、90%以上の高稼働率を維持しています。
 一機当たりの調達価格は約120億円。
 F-15は、航空自衛隊の主力戦闘機として、現在、全国8個の飛行隊と、その他飛行教導隊などに、約200機が配備されています。
 昭和47年に初飛行した、米空軍の本格的な制空戦闘機です。
 それから、すでに30年以上経過した機体ですが、基本設計の優秀さとレーダーをはじめとした電子機器、搭載装備の近代化が進められ、現在でも能力的に最も均衡のとれた、信頼性のおけるトップクラスの実力を持つ戦闘機といえます。



プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2020/03/02(月) 15:38:42|
  2.  ┣ 航空自衛隊|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

新田原エアフェスタ2019 地上展示 航空自衛隊 第5航空団飛行教育航空隊 第23飛行隊 Kawasaki T-4 red dolphin 06-5786

 T-4は、日本の航空自衛隊で使用している中等練習機で、プロペラ機による初等訓練を終えたパイロットがつづいて訓練する中等練習のために製作された亜音速ジェット機です。
 エンジンを含めた日本の純国産ジェット練習機はT-1Bについで2機種目です。

新田原エアフェスタ2019 地上展示 航空自衛隊 第5航空団飛行教育航空隊 第23飛行隊 Kawasaki T-4 red dolphin 06-5786
hiroの部屋 新田原エアフェスタ2019 地上展示 航空自衛隊 第5航空団飛行教育航空隊 第23飛行隊 Kawasaki T-4 red dolphin 06-5786

 第23飛行隊(JASDF 23rd Fighter Training Squadron)は、航空自衛隊航空教育集団飛行教育航空隊隷下の飛行訓練部隊です。
 2000年(平成12年)に新田原基地で新編され、F-15J/DJによる戦闘機操縦(F-15)課程の教育を行っています。

新田原エアフェスタ2019 地上展示 航空自衛隊 第5航空団飛行教育航空隊 第23飛行隊 Kawasaki T-4 red dolphin 06-5786
hiroの部屋 新田原エアフェスタ2019 地上展示 航空自衛隊 第5航空団飛行教育航空隊 第23飛行隊 Kawasaki T-4 red dolphin 06-5786


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2019/12/15(日) 08:18:38|
  2.  ┣ 航空自衛隊|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

| ホーム | 次のページ