FC2ブログ

★hiroの部屋★

★写真 ★★車を快適に! ★★★バイクを快適に! ★★★★ ★★★★★ ★★★★★★ ★★★★★★★

新田原エアフェスタ2018 地上展示 航空救難団 Raytheon U-125A(Hawker 800) 82-3008

新田原エアフェスタ2018の地上展示です。

 航空自衛隊が運用している救難捜索機です。
 戦闘捜索救難を想定していて、視認性が低い青色塗装が施されているのが特徴です。
 航空救難活動に当たっては、UH-60Jヘリコプターとユニットを形成して行動します。

新田原エアフェスタ2018 地上展示 航空救難団 Raytheon U-125A(Hawker 800) 82-3008
hiroの部屋 新田原エアフェスタ2018 地上展示 航空救難団 Raytheon U-125A(Hawker 800) 82-3008


新田原エアフェスタ2018 地上展示 航空救難団 Raytheon U-125A(Hawker 800) 82-3008
hiroの部屋 新田原エアフェスタ2018 地上展示 航空救難団 Raytheon U-125A(Hawker 800) 82-3008

 航空救難団(英称:Air Rescue Wing)は、航空総隊に隷属する航空自衛隊の捜索救難(航空救難)の中核を担う組織で、隷下に10個の救難隊と4個のヘリコプター空輸隊が、全国の主要な航空自衛隊の基地などに配置されています。
 航空救難団司令部(飛行群本部)は埼玉県狭山市の入間基地に所在し、航空救難団司令は空将補をもって充てられています。部隊のモットーはThat others may live.(他を生かすために)


プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2018/12/02(日) 11:15:48|
  2.  ┣ 航空自衛隊|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

新田原エアフェスタ2018 地上展示 第41教育飛行隊 Raytheon T-400 41-5054

新田原エアフェスタ2018の地上展示です。

  T-400は、輸送機・救難機などの乗員を教育する次期多発機乗員訓練機(TC-X)として、ビーチジェット400AをT-400として採用、1994年(平成6年)から13機を導入しました。
 全機が美保基地の第3輸送航空隊第41教育飛行隊に配備されています。
 基本的な仕様はT-1と同じですが、内部配置が異なるほか、慣性航法装置とスラストリバーサーの追加などの変更点があります。
 なお、T-400の機体定期修理(IRAN:Inspection and Repair As Necessary)はベース機の元となったMU-300を開発した三菱重工業が担当しています。

新田原エアフェスタ2018 地上展示 第41教育飛行隊 Raytheon T-400 41-5054
hiroの部屋 新田原エアフェスタ2018 地上展示 第41教育飛行隊 Raytheon T-400 41-5054

 第41教育飛行隊(JASDF 41st Flight Training Squadron)は、航空自衛隊航空支援集団第3輸送航空隊隷下の飛行訓練部隊です。
 1995年(平成7年)に美保基地で新編され、T-400による輸送機及び救難機操縦者の基本操縦課程の教育を行っています。


プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2018/12/02(日) 11:10:41|
  2.  ┣ 航空自衛隊|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

新田原エアフェスタ2018 地上展示 航空救難部隊 Mitsubishi UH-60J 08-4571

新田原エアフェスタ2018の地上展示です。

 UH-60Jは、アメリカ合衆国のシコルスキー・エアクラフトが開発したUH-60 ブラックホークを日本が救難目的に独自改良した救難ヘリコプターです。三菱重工業がライセンス生産を行っています。

新田原エアフェスタ2018 地上展示 航空救難部隊 Mitsubishi UH-60J 08-4571
hiroの部屋 新田原エアフェスタ2018 地上展示 航空救難部隊 Mitsubishi UH-60J 08-4571

 新田原救難隊(英称:Nyutabaru Air Rescue Squadron)は、航空自衛隊航空総隊航空救難団隷下の航空救難部隊です。
 宮崎県新田原基地に所在し、捜索救難機にU-125A、救難ヘリコプターにUH-60Jを運用する。


プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2018/12/02(日) 11:00:21|
  2.  ┣ 航空自衛隊|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

新田原エアフェスタ2018 地上展示 第305飛行隊 Mitsubishi F-15J Eagle 22-8812

新田原エアフェスタ2018の地上展示です。

 1981年に導入された米マクドネル・ダグラス(現:ボーイング)製要撃戦闘機(FI)で、DJ型は複座型です。
 最初の2機が輸入、3〜10号機が三菱重工業でのノックダウン生産、以後の機体はライセンス生産です。
 1984年度以前に発注された機体はPre-MSIP機、1985年度以降に発注された機体はJ-MSIP機に大別され、現在J-MSIP機に該当する機体に対してレーダー換装等の近代化改修が行われています。

新田原エアフェスタ2018 地上展示 第305飛行隊 Mitsubishi F-15J Eagle 22-8812
hiroの部屋 新田原エアフェスタ2018 地上展示 第305飛行隊 Mitsubishi F-15J Eagle 22-8812


新田原エアフェスタ2018 地上展示 第305飛行隊 Mitsubishi F-15J Eagle 22-8812
hiroの部屋 新田原エアフェスタ2018 地上展示 第305飛行隊 Mitsubishi F-15J Eagle 22-8812

 第305飛行隊(JASDF 305th Tactical Fighter Squadron)は、航空自衛隊第5航空団隷下の戦闘機部隊です。
 戦闘機にF-15J/DJ、連絡機にT-4を運用しています。
 部隊マークである「梅花」は、百里基地が所在する茨城県にある偕楽園にちなんでデザインされたと言われています。
 新田原基地に移駐後は、所在する宮崎県新富町の天然記念物「座論梅(湯之宮座論梅)」にちなむとされています。


プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2018/12/02(日) 10:55:59|
  2.  ┣ 航空自衛隊|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

新田原エアフェスタ2018 地上展示 第305飛行隊 Mitsubishi F-15DJ Eagle 82-8065

新田原エアフェスタ2018の地上展示です。

 1981年に導入された米マクドネル・ダグラス(現:ボーイング)製要撃戦闘機(FI)で、DJ型は複座型です。
 最初の2機が輸入、3〜10号機が三菱重工業でのノックダウン生産、以後の機体はライセンス生産です。
 1984年度以前に発注された機体はPre-MSIP機、1985年度以降に発注された機体はJ-MSIP機に大別され、現在J-MSIP機に該当する機体に対してレーダー換装等の近代化改修が行われています。

新田原エアフェスタ2018 地上展示 第305飛行隊 Mitsubishi F-15DJ Eagle 82-8065
hiroの部屋 新田原エアフェスタ2018 地上展示 第305飛行隊 Mitsubishi F-15DJ Eagle 82-8065


新田原エアフェスタ2018 地上展示 第305飛行隊 Mitsubishi F-15DJ Eagle 82-8065
hiroの部屋 新田原エアフェスタ2018 地上展示 第305飛行隊 Mitsubishi F-15DJ Eagle 82-8065

 高鍋町、木城町のマスコットキャラクターが描かれています。

 第305飛行隊(JASDF 305th Tactical Fighter Squadron)は、航空自衛隊第5航空団隷下の戦闘機部隊です。
 戦闘機にF-15J/DJ、連絡機にT-4を運用しています。
 部隊マークである「梅花」は、百里基地が所在する茨城県にある偕楽園にちなんでデザインされたと言われています。
 新田原基地に移駐後は、所在する宮崎県新富町の天然記念物「座論梅(湯之宮座論梅)」にちなむとされています。


プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2018/12/02(日) 10:50:44|
  2.  ┣ 航空自衛隊|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

新田原エアフェスタ2018 地上展示 第23飛行隊 Mitsubishi F-15DJ Eagle 02-8073

新田原エアフェスタ2018の地上展示です。

 1981年に導入された米マクドネル・ダグラス(現:ボーイング)製要撃戦闘機(FI)で、DJ型は複座型です。
 最初の2機が輸入、3〜10号機が三菱重工業でのノックダウン生産、以後の機体はライセンス生産です。
 1984年度以前に発注された機体はPre-MSIP機、1985年度以降に発注された機体はJ-MSIP機に大別され、現在J-MSIP機に該当する機体に対してレーダー換装等の近代化改修が行われています。

新田原エアフェスタ2018 地上展示 第23飛行隊 Mitsubishi F-15DJ Eagle 02-8073
hiroの部屋 新田原エアフェスタ2018 地上展示 第23飛行隊 Mitsubishi F-15DJ Eagle 02-8073


新田原エアフェスタ2018 地上展示 第23飛行隊 Mitsubishi F-15DJ Eagle 02-8073
hiroの部屋 新田原エアフェスタ2018 地上展示 第23飛行隊 Mitsubishi F-15DJ Eagle 02-8073

 第23飛行隊(JASDF 23rd Fighter Training Squadron)は、航空自衛隊航空教育集団飛行教育航空隊隷下の飛行訓練部隊です。
 2000年(平成12年)に新田原基地で新編され、F-15J/DJによる戦闘機操縦(F-15)課程の教育を行っています。


プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2018/12/02(日) 10:45:15|
  2.  ┣ 航空自衛隊|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

新田原エアフェスタ2018 地上展示 第301飛行隊 Mitsubishi F-4EJ Phantom II 57-8353

新田原エアフェスタ2018の地上展示です。

 1971年に導入された米マクドネル・ダグラス製要撃戦闘機です。
 最初の2機が輸入、3〜13号機が三菱重工業でのノックダウン生産、以後の機体がライセンス生産です。
 内15機がRF-4EJ、90機がF-4EJ改に改修されました。
 残存する未改修機全機が岐阜基地で試験用に運用されています。2021年頃に全機退役予定です。

新田原エアフェスタ2018 地上展示 第301飛行隊 Mitsubishi F-4EJ Phantom II 57-8353
hiroの部屋 新田原エアフェスタ2018 地上展示 第301飛行隊 Mitsubishi F-4EJ Phantom II 57-8353


新田原エアフェスタ2018 地上展示 第301飛行隊 Mitsubishi F-4EJ Phantom II 57-8353
hiroの部屋 新田原エアフェスタ2018 地上展示 第301飛行隊 Mitsubishi F-4EJ Phantom II 57-8353

 第301飛行隊(301st Tactical Fighter Squadron)は、航空自衛隊中部航空方面隊第7航空団隷下の戦闘機部隊です。
 百里基地に所属し、航空自衛隊では数少ないF-4EJ改戦闘機を運用し、連絡機にはT-4を運用しています。
 同基地に所属する第302飛行隊とともに、首都圏防空の中核を担う戦闘飛行隊であす。
 部隊マークはマフラーをした「カエル」で、百里基地付近にある筑波山名物のガマの油売りに由来するガマガエルをモチーフにしていて、「無事に帰る」との意味もこめています。マフラーの星の数は、第7航空団を示す「7」であり、第5航空団時代は星の数は「5」になっていました。

 第301飛行隊の新田原時代の星の数「5」のワッペンを購入しました。


プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2018/12/02(日) 10:40:31|
  2.  ┣ 航空自衛隊|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

新田原エアフェスタ2018 地上展示 第8航空団 Mitsubishi F-2A VIPER ZERO 13-8508

新田原エアフェスタ2018の地上展示です。

 2000年に導入された支援戦闘機(FS)で、米ジェネラル・ダイナミクス(現:ロッキード・マーティン)製F-16戦闘機をベースに日米共同で開発が行われました。
 B型は複座型です。現在はAAM-4BやJDAM等の兵装搭載やレーダー換装といった能力向上改修が進められています。

新田原エアフェスタ2018 地上展示 第8航空団 Mitsubishi F-2A VIPER ZERO 13-8508
hiroの部屋 新田原エアフェスタ2018 地上展示 Mitsubishi F-2A VIPER ZERO 13-8508


新田原エアフェスタ2018 地上展示 第8航空団 Mitsubishi F-2A VIPER ZERO 13-8508
hiroの部屋 新田原エアフェスタ2018 地上展示 Mitsubishi F-2A VIPER ZERO 13-8508

 第8飛行隊(JASDF 8th Tactical Fighter Squadron)は、航空自衛隊第8航空団隷下の戦闘機部隊です。
 築城基地に所属し、戦闘機にF-2、連絡機にT-4を運用しています。
 部隊マークはクロヒョウで、かつて同飛行隊で使用されたコールサイン「パンサー」にちなむとされています。


プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2018/12/02(日) 10:35:21|
  2.  ┣ 航空自衛隊|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

新田原エアフェスタ2018 地上展示 McDonnell Douglas RF-4E Phantom II 47-6901

新田原エアフェスタ2018の地上展示です。

 1971年に導入された米マクドネル・ダグラス製要撃戦闘機です。
 最初の2機が輸入、3〜13号機が三菱重工業でのノックダウン生産、以後の機体がライセンス生産です。
 内15機がRF-4EJ、90機がF-4EJ改に改修されました。
 残存する未改修機全機が岐阜基地で試験用に運用されています。2021年頃に全機退役予定です。

新田原エアフェスタ2018 地上展示 McDonnell Douglas RF-4E Phantom II 47-6901
hiroの部屋 新田原エアフェスタ2018 地上展示 McDonnell Douglas RF-4E Phantom II 47-6901

 第501飛行隊(JASDF 501st Tactical Reconnaissance Squadron)は、航空自衛隊偵察航空隊の部隊です。
 百里基地を拠点とし、偵察機にRF-4EとRF-4EJ、連絡機にT-4を運用しています。
 部隊マークはウッドペッカー(キツツキ)です。川中島の戦いの啄木鳥戦法に由来しています。


プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2018/12/02(日) 10:30:01|
  2.  ┣ 航空自衛隊|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

新田原エアフェスタ2018 地上展示 西部航空方面隊 第305飛行隊 Kawasaki T-4 dolphin 96-5774

新田原エアフェスタ2018の地上展示です。

 T-4は、日本の航空自衛隊で使用している中等練習機で、プロペラ機による初等訓練を終えたパイロットがつづいて訓練する中等練習のために製作された亜音速ジェット機です。
 エンジンを含めた日本の純国産ジェット練習機はT-1Bについで2機種目です。

新田原エアフェスタ2018 地上展示 西部航空方面隊 第305飛行隊 Kawasaki T-4 dolphin 96-5774
hiroの部屋 新田原エアフェスタ2018 地上展示 西部航空方面隊 第305飛行隊 Kawasaki T-4 dolphin 96-5774


新田原エアフェスタ2018 地上展示 西部航空方面隊 第305飛行隊 Kawasaki T-4 dolphin 96-5774
hiroの部屋 新田原エアフェスタ2018 地上展示 西部航空方面隊 第305飛行隊 Kawasaki T-4 dolphin 96-5774

 第305飛行隊(JASDF 305th Tactical Fighter Squadron)は、航空自衛隊第5航空団隷下の戦闘機部隊です。
 戦闘機にF-15J/DJ、連絡機にT-4を運用しています。
 部隊マークである「梅花」は、百里基地が所在する茨城県にある偕楽園にちなんでデザインされたと言われています。
 新田原基地に移駐後は、所在する宮崎県新富町の天然記念物「座論梅(湯之宮座論梅)」にちなむとされています。


プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2018/12/02(日) 10:25:28|
  2.  ┣ 航空自衛隊|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

| ホーム | 次のページ