FC2ブログ

★hiroの部屋★

★写真 ★★車を快適に! ★★★バイクを快適に! ★★★★ ★★★★★ ★★★★★★ ★★★★★★★

新田原エアフェスタ2019 地上展示 海上自衛隊 飛行艇 ShinMaywa US-2 9904

海上自衛隊 飛行艇 ShinMaywa US-2
 「飛行艇」とは、飛行機と船の両方の特徴を持ち、陸上だけでなく海面にも着水できる飛行機のことです。新明和工業が製造するUS-2型救難飛行艇は、海難事故の救助活動を目的に、防衛省海上自衛隊によって運用されています。
 波高3メートルもの荒海に着水することが可能です。過酷な状況での人命救助に運用されています。

新田原エアフェスタ2019 地上展示 海上自衛隊 飛行艇 ShinMaywa US-2 9904
hiroの部屋 新田原エアフェスタ2019 地上展示 海上自衛隊 飛行艇 ShinMaywa US-2 9904

•乗員:11名
•全長:33.25m
•全幅:33.15m
•全高:10.06m
•最大離着陸重量:47.7t
•最大離着水重量:43.0t
•エンジン:ロールスロイス AE2100J ターボプロップ×4
•出力:4,591shp×4

新田原エアフェスタ2019 地上展示 海上自衛隊 飛行艇 ShinMaywa US-2 9904
hiroの部屋 新田原エアフェスタ2019 地上展示 海上自衛隊 飛行艇 ShinMaywa US-2 9904

•境界層制御:LHTEC CTS800を使用[54]
•最大速度:315kt=M0.47(約580km/h)
•巡航速度:260kt=M0.38(約470km/h)
•航続距離:4,700km(約2,500海里)
•巡航高度:20,000ft(約6,100m)以上
•実用上昇限度:30,000ft(約9,150m)以上(未公表)
•離水滑走距離:280m(43t時)
•着水滑走距離:310m(43t時)


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2019/12/15(日) 08:09:44|
  2.  ┣ 海上自衛隊|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

新田原エアフェスタ2019 地上展示 海上自衛隊 哨戒機 Mitsubishi SH-60K 8432

海上自衛隊 哨戒機 Mitsubishi SH-60K
 SH-60K哨戒ヘリコプター(艦載型)は,ヘリコプター搭載護衛艦に搭載し,艦艇と一体となって各種の任務を遂行するため,2000年代の艦載哨戒ヘリコプターとしてSH-60Jをベースとして三菱重工業と防衛庁で独自に改造開発された機体です。
 主要任務は,対潜戦,対水上戦,警戒・監視,輸送及び救難,通信中継などです。
着艦誘導支援装置を装備しています。

新田原エアフェスタ2019 地上展示 海上自衛隊 哨戒機 Mitsubishi SH-60K 8432
hiroの部屋 新田原エアフェスタ2019 地上展示 海上自衛隊 哨戒機 Mitsubishi SH-60K 8432


新田原エアフェスタ2019 地上展示 海上自衛隊 哨戒機 Mitsubishi SH-60K 8432
hiroの部屋 新田原エアフェスタ2019 地上展示 海上自衛隊 哨戒機 Mitsubishi SH-60K 8432

•乗員: 3・4名、最大12名
•全長: 19.8m(ローター回転時)
•全幅: 3.3m(ローター折りたたみ時)・16.4m(ローター回転時)
•全高: 5.4m
•主回転翼直径: 16.4m
•テールローター直径: 3.4m
•全備重量:10,650kg
•最大設計重量:10,900kg
•発動機: GE/IHI T700-IHI-401C2 ×2
•出力: 2,145HP(離昇)×2
•超過禁止速度: 139ノット=M0.21(SH-60Jは148ノット)
•航続距離:800km
•実用上昇限度:4,000m
•武装: 固定なし、74式機関銃、Mk46短魚雷、97式短魚雷、12式短魚雷、AGM-114M ヘルファイア、対潜爆弾


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2019/12/15(日) 08:08:20|
  2.  ┣ 海上自衛隊|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

新田原エアフェスタ2019 地上展示 海上自衛隊 哨戒機 Kawasaki P-1 5519

海上自衛隊 哨戒機 Kawasaki P-1
 P-1は、防衛省技術研究本部と川崎重工業が、機体、エンジン、任務システムの全てを新規開発した純国産機で、2013年3月より海上自衛隊が保有・運用する固定翼哨戒機です。
 我が国の広大な周辺海域の長時間の哨戒任務を遂行するために、現用機(P-3C)を上回る速度、航続距離、搭載量が最新技術の適用により実現されています。

新田原エアフェスタ2019 地上展示 海上自衛隊 哨戒機 Kawasaki P-1 5519
hiroの部屋 新田原エアフェスタ2019 地上展示 海上自衛隊 哨戒機 Kawasaki P-1 5519

諸元
 乗員: 11名
 全長: 38.0m (124ft8in)
 全高: 12.1m (39ft4in)
 翼幅: 35.4m(114ft8in)
 最大離陸重量: 79,700kg (176,000lb)
 動力: IHI F7-IHI-10 ターボファンエンジン、 (13,500lb) 6120kg × 4
性能
 最大速度: 996km/h=M0.81 (538ノット)
 巡航速度: 833km/h=M0.68 (450ノット)
 航続距離: 8,000km (4,320nmi)
 実用上昇限度: 13,520m (44,200ft)
武装
 空対艦ミサイル、短魚雷、対潜爆弾など9,000kg(20,000lb)以上


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2019/12/15(日) 08:07:14|
  2.  ┣ 海上自衛隊|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

海上自衛隊 Japan Maritime Self Defense Force 護衛艦隊第1海上補給隊 ましゅう(補給艦) JS Masyu AOE-425

海上自衛隊 Japan Maritime Self Defense Force 護衛艦隊第1海上補給隊 ましゅう(補給艦) JS Masyu AOE-425

 北九州港のマスコットキャラクター「スナQ(スナキュー)」がお迎えしてくれました。
 スナメリの「スナ」と、北九州の「キュー」を掛け合せた名前だそうです。

 ましゅう型補給艦の1番艦で、艦名は摩周湖に由来しています。

海上自衛隊 Japan Maritime Self Defense Force 護衛艦隊第1海上補給隊 ましゅう(補給艦) JS Masyu AOE-425
hiroの部屋 海上自衛隊 Japan Maritime Self Defense Force 護衛艦隊第1海上補給隊 ましゅう(補給艦) JS Masyu AOE-425

 「ましゅう」は、中期防衛力整備計画に基づく平成12年度計画13,500トン補給艦4015号艦として、三井造船玉野事業所で2002年1月21日に起工され、2003年2月5日に進水し、2004年3月15日に就役して、護衛艦隊に直轄艦として編入され舞鶴に配備されました。

海上自衛隊 Japan Maritime Self Defense Force 護衛艦隊第1海上補給隊 ましゅう(補給艦) JS Masyu AOE-425
hiroの部屋 海上自衛隊 Japan Maritime Self Defense Force 護衛艦隊第1海上補給隊 ましゅう(補給艦) JS Masyu AOE-425

水中処分隊の潜水服です。

海上自衛隊 Japan Maritime Self Defense Force 護衛艦隊第1海上補給隊 ましゅう(補給艦) JS Masyu AOE-425
hiroの部屋 海上自衛隊 Japan Maritime Self Defense Force 護衛艦隊第1海上補給隊 ましゅう(補給艦) JS Masyu AOE-425

2015年にいずも型ヘリコプター搭載護衛艦が就役するまでは、護衛艦「ひゅうが」型に次ぐ最大の自衛艦でした。

基準排水量:
 護衛艦「いずも」型 DDH "IZUMO" Class 19,950t
 護衛艦「ひゅうが」型 DDH "HYUGA" Class 13,950t

海上自衛隊 Japan Maritime Self Defense Force 護衛艦隊第1海上補給隊 ましゅう(補給艦) JS Masyu AOE-425
hiroの部屋 海上自衛隊 Japan Maritime Self Defense Force 護衛艦隊第1海上補給隊 ましゅう(補給艦) JS Masyu AOE-425

窓がちょっとあるだけで、「ぬりかべ」ですね。

海上自衛隊 Japan Maritime Self Defense Force 護衛艦隊第1海上補給隊 ましゅう(補給艦) JS Masyu AOE-425
hiroの部屋 海上自衛隊 Japan Maritime Self Defense Force 護衛艦隊第1海上補給隊 ましゅう(補給艦) JS Masyu AOE-425

消火設備がいたる所にあります。

海上自衛隊 Japan Maritime Self Defense Force 護衛艦隊第1海上補給隊 ましゅう(補給艦) JS Masyu AOE-425
hiroの部屋 海上自衛隊 Japan Maritime Self Defense Force 護衛艦隊第1海上補給隊 ましゅう(補給艦) JS Masyu AOE-425

 ヘリコプター × 1機搭載可能です。
 平時は搭載機無いそうです。

海上自衛隊 Japan Maritime Self Defense Force 護衛艦隊第1海上補給隊 ましゅう(補給艦) JS Masyu AOE-425
hiroの部屋 海上自衛隊 Japan Maritime Self Defense Force 護衛艦隊第1海上補給隊 ましゅう(補給艦) JS Masyu AOE-425

 「ましゅう」は、自衛艦として最も高度な医療能力を備えていることで知られています。
 これは護衛艦隊の洋上後方支援を担当するという任務に対応したものですが、阪神・淡路大震災規模の大規模災害派遣においても十分に活用できるものとなっています。このことから、災害時などには病院船としての運用が考慮されています。
 2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震による東日本大震災に対し、災害派遣されました。

海上自衛隊 Japan Maritime Self Defense Force 護衛艦隊第1海上補給隊 ましゅう(補給艦) JS Masyu AOE-425
hiroの部屋 海上自衛隊 Japan Maritime Self Defense Force 護衛艦隊第1海上補給隊 ましゅう(補給艦) JS Masyu AOE-425

 医療区画は、手術室、集中治療室、X線撮影室、歯科治療室など充実した医療設備を備え、46床の入院設備を有しています。
 重傷者用の第1病室(8床)、軽傷者用の第2病室(30床)、女性用または隔離室としても使える第3病室(7床)に区分されており、収容人数を確保するため、第2病室は二段ベッドを採用しています。

海上自衛隊 Japan Maritime Self Defense Force 護衛艦隊第1海上補給隊 ましゅう(補給艦) JS Masyu AOE-425
hiroの部屋 海上自衛隊 Japan Maritime Self Defense Force 護衛艦隊第1海上補給隊 ましゅう(補給艦) JS Masyu AOE-425


海上自衛隊 Japan Maritime Self Defense Force 護衛艦隊第1海上補給隊 ましゅう(補給艦) JS Masyu AOE-425
hiroの部屋 海上自衛隊 Japan Maritime Self Defense Force 護衛艦隊第1海上補給隊 ましゅう(補給艦) JS Masyu AOE-425


海上自衛隊 Japan Maritime Self Defense Force 護衛艦隊第1海上補給隊 ましゅう(補給艦) JS Masyu AOE-425
hiroの部屋 海上自衛隊 Japan Maritime Self Defense Force 護衛艦隊第1海上補給隊 ましゅう(補給艦) JS Masyu AOE-425


海上自衛隊 Japan Maritime Self Defense Force 護衛艦隊第1海上補給隊 ましゅう(補給艦) JS Masyu AOE-425
hiroの部屋 海上自衛隊 Japan Maritime Self Defense Force 護衛艦隊第1海上補給隊 ましゅう(補給艦) JS Masyu AOE-425


基準排水量:13,500トン
満載排水量:25,000トン
全長:221.0m
最大幅:27.0m
主機:川崎SM1Cガスタービン × 2基
出力:40,000PS
速力:最大 24ノット
乗員:145名
搭載機:ヘリコプター × 1機搭載可能 ※平時搭載機なし


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2019/11/17(日) 11:05:01|
  2.  ┣ 海上自衛隊|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

海上自衛隊 Japan Maritime Self Defense Force 輸送艦くにさき JS KUNISAKI LST-4003 宮崎港西地区ふ頭11岸壁

今日行われた「宮崎港まつり」会場で、海上自衛隊輸送艦「くにさき」の一般公開が行われました。

「くにさき」は、中期防衛力整備計画に基づく平成11年度計画8,900トン型輸送艦4113号艦として、日立造船舞鶴工場(ユニバーサル造船株式会社舞鶴事務所)で2000年(平成12年)9月7日に起工され、2001年(平成13年)12月13日に進水、2003年(平成15年)2月26日に就役し、自衛艦隊第1輸送隊に編入され呉に配備されました。

艦種:輸送艦
級名:おおすみ型
建造費:480億円
母港:呉
所属:掃海隊群第1輸送隊

基準排水量:8,900トン
満載排水量:13,000トン
全長:178.0m
最大幅:25.8m
深さ:17.0m
吃水:6.0m
機関:三井造船16V42M-Aディーゼル × 2基
出力:26,400PS
推進器:スクリュープロペラ × 2軸
速力:最大速 22ノット
乗員:137名(ほか揚陸要員330名)
兵装:高性能20mm機関砲(CIWS) × 2基
レーダー
 OPS-14C 対空
 OPS-28D 対水上
 OPS-20 航海用
電子戦:Mk.137 デコイ発射機 × 4基

海上自衛隊 Japan Maritime Self Defense Force 輸送艦くにさき JS KUNISAKI LST-4003 宮崎港西地区ふ頭11岸壁
hiroの部屋 海上自衛隊 Japan Maritime Self Defense Force 輸送艦くにさき JS KUNISAKI LST-4003 宮崎港西地区ふ頭11岸壁

手荷物検査を受けて乗船です。

輸送用エアクッション艇(LCAC)です。

輸送用エアクッション艇(LCAC)
 基準排水量:100t
 主要寸法 :長さ 26.8m、幅 13.3m
 主機械   :ガスタービン4基×2軸
 馬力    :16,000PS
 速力    :40kt
 乗員    :5名
 積載能力 :約50t

海上自衛隊 Japan Maritime Self Defense Force 輸送艦くにさき JS KUNISAKI LST-4003 宮崎港西地区ふ頭11岸壁
hiroの部屋 海上自衛隊 Japan Maritime Self Defense Force 輸送艦くにさき JS KUNISAKI LST-4003 宮崎港西地区ふ頭11岸壁


海上自衛隊 Japan Maritime Self Defense Force 輸送艦くにさき JS KUNISAKI LST-4003 宮崎港西地区ふ頭11岸壁
hiroの部屋 海上自衛隊 Japan Maritime Self Defense Force 輸送艦くにさき JS KUNISAKI LST-4003 宮崎港西地区ふ頭11岸壁

エレベーターで飛行甲板へ上ります。

海上自衛隊 Japan Maritime Self Defense Force 輸送艦くにさき JS KUNISAKI LST-4003 宮崎港西地区ふ頭11岸壁
hiroの部屋 海上自衛隊 Japan Maritime Self Defense Force 輸送艦くにさき JS KUNISAKI LST-4003 宮崎港西地区ふ頭11岸壁

色々なレーダーが装備されています。

海上自衛隊 Japan Maritime Self Defense Force 輸送艦くにさき JS KUNISAKI LST-4003 宮崎港西地区ふ頭11岸壁
hiroの部屋 海上自衛隊 Japan Maritime Self Defense Force 輸送艦くにさき JS KUNISAKI LST-4003 宮崎港西地区ふ頭11岸壁

広い飛行甲板ですね。

海上自衛隊 Japan Maritime Self Defense Force 輸送艦くにさき JS KUNISAKI LST-4003 宮崎港西地区ふ頭11岸壁
hiroの部屋 海上自衛隊 Japan Maritime Self Defense Force 輸送艦くにさき JS KUNISAKI LST-4003 宮崎港西地区ふ頭11岸壁

「PEACE」と書かれた赤いTシャツ良いなあ~

海上自衛隊 Japan Maritime Self Defense Force 輸送艦くにさき JS KUNISAKI LST-4003 宮崎港西地区ふ頭11岸壁
hiroの部屋 海上自衛隊 Japan Maritime Self Defense Force 輸送艦くにさき JS KUNISAKI LST-4003 宮崎港西地区ふ頭11岸壁

輸送用エアクッション艇(LCAC)の出入口大きいですね。

海上自衛隊 Japan Maritime Self Defense Force 輸送艦くにさき JS KUNISAKI LST-4003 宮崎港西地区ふ頭11岸壁
hiroの部屋 海上自衛隊 Japan Maritime Self Defense Force 輸送艦くにさき JS KUNISAKI LST-4003 宮崎港西地区ふ頭11岸壁


海上自衛隊 Japan Maritime Self Defense Force 輸送艦くにさき JS KUNISAKI LST-4003 宮崎港西地区ふ頭11岸壁
hiroの部屋 海上自衛隊 Japan Maritime Self Defense Force 輸送艦くにさき JS KUNISAKI LST-4003 宮崎港西地区ふ頭11岸壁


プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2019/05/05(日) 12:43:55|
  2.  ┣ 海上自衛隊|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

新田原エアフェスタ2018 地上展示 海上自衛隊 Mitsubishi SH-60K 8422

新田原エアフェスタ2018の地上展示です。

 SH-60K哨戒ヘリコプタ(艦載型)は,ヘリコプター搭載護衛艦に搭載し,艦艇と一体となって各種の任務を遂行するため,2000年代の艦載哨戒ヘリコプタとしてSH-60Jをベースとして改造開発された機体です。

新田原エアフェスタ2018 地上展示 海上自衛隊 Mitsubishi SH-60K 8422
hiroの部屋 新田原エアフェスタ2018 地上展示 海上自衛隊 Mitsubishi SH-60K 8422


新田原エアフェスタ2018 地上展示 海上自衛隊 Mitsubishi SH-60K 8422
hiroの部屋 新田原エアフェスタ2018 地上展示 海上自衛隊 Mitsubishi SH-60K 8422


プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2018/12/02(日) 09:30:10|
  2.  ┣ 海上自衛隊|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

特攻碑公園 鹿児島県出水市

 鹿児島県出水市平和町に「特攻碑公園」があります。
 慰霊碑は当時の戦闘指揮所地下壕の上に、南の空を望むように立っています。
 正面の碑銘には、「雲こそわが墓標 落暉よ碑銘を飾れ」とあります。
 これは阿川弘之の小説「雲の墓標」から取ったもので、「南の海に散る身には、雲こそが墓じるしだ。夕日よ、心あるならこの雲を紅に彩ってくれ」という、出撃を前にした特別攻撃隊員の心境を詠んだものです。

特攻碑公園 鹿児島県出水市
特攻碑公園 鹿児島県出水市

海軍出水航空基地の歴史
 海軍出水航空基地は、第三次海軍軍備拡張計画によって昭和12年に畑、山林、宅地など約百ヘクタールの土地の買収が始められ、昭和16年12月8日に太平洋戦争が始まると高尾野方面にも拡張され、基地の面積は、3百ヘクタールにも及びました。

特攻碑公園 鹿児島県出水市
特攻碑公園 鹿児島県出水市

 昭和16年8月中旬に本格的な戦争準備が開始されると、第二航空戦隊の艦上攻撃機隊が真珠湾攻撃の準備のために訓練を行いました。この部隊は空母「蒼龍」・「飛龍」に収容され、昭和16年12月8日の真珠湾攻撃に参加しました。

特攻碑公園 鹿児島県出水市
特攻碑公園 鹿児島県出水市

 その後は、練習航空隊として昭和18年4月1日に出水海軍航空隊が開隊発足しました。
 昭和19年2月1日には、人吉航空隊出水分遣隊が飛行機の整備教育を行うために高尾野町下水流に置かれ、同年8月15日に第二出水海軍航空隊として独立開隊しました。また、10月には戦局の悪化に伴い出水で763航空隊(銀河部隊)が開隊しました。

特攻碑公園 鹿児島県出水市
特攻碑公園 鹿児島県出水市

 昭和20年3月には実戦部隊と共存していた訓練中の甲飛13期練習生は、光州に移動したため、出水基地は、戦闘部隊の基地として利用されるようになりました。

特攻碑公園 鹿児島県出水市
特攻碑公園 鹿児島県出水市

 昭和20年2月に日本海軍は第五航空艦隊を編成し、出水には762航空隊の攻撃405・406飛行隊が配置され、昭和20年3月18日以降特別攻撃が始まり、散華された特攻隊員は200余名と言われています。

特攻碑公園 鹿児島県出水市
特攻碑公園 鹿児島県出水市

 出水基地への空襲が始まったのは昭和20年3月18日、大川内地区の上空から侵入したグラマンによって飛行場施設や兵舎に甚大な被害を受けました。
 4月17・18日には大型爆撃機による攻撃で格納庫・滑走路などに致命的な損害を受け、付近の民家も被爆し、多数の死者を出しました。
 同月21・22日には油脂爆弾・時限爆弾の攻撃により、基地は壊滅的な被害を受け、その後も空襲は続きましたが、8月1日の出水アルコール工場の爆撃を最後にアメリカ軍の空襲は終わりました。

特攻碑公園 鹿児島県出水市
特攻碑公園 鹿児島県出水市

 一帯は「平和町」と命名され、飛行場跡は出水自動車教習所や出水ゴルフクラブ、第二航空隊跡は出水市立下水流小学校に転用されています。
 掩体壕2基と特攻隊慰霊碑、地下壕のほかには面影はほとんど残っていません。
 滑走路は現在道路になっていますが、長い直線道路で滑走路だったことが分かります。

 2017年5月1日に、出水小学校前にとても立派な出水麓歴史館がオープンしましたが、知覧特攻平和会館とまでは考えませんが、貴重な地下壕も残っており、散華された特攻隊員、歴史を忘れないためにも、特攻碑公園も整備をしていただきたいなあと思いました。

Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ


特攻碑公園側に「特攻神社」があります。
昭和18年4月1日に開隊された出水海軍航空隊の守り神として建立されたそうです。
戦争の終結により航空隊は解散し、神社も放置されていましたが、宅地造成により神社の台座が発見され「特攻神社」が建立されたそうです。

特攻神社 鹿児島県出水市
特攻神社 鹿児島県出水市

特攻隊員像/南方のかなた

特攻神社 鹿児島県出水市
特攻神社 鹿児島県出水市

旧出水第二海軍航空隊正門門柱

特攻神社 鹿児島県出水市
特攻神社 鹿児島県出水市

特攻隊員像/南方のかなた

特攻神社 鹿児島県出水市
特攻神社 鹿児島県出水市

「特攻神社」のご祭神は、関行男命、金指勲命、全国特別攻撃地散華之命達です。

関 行男(せき ゆきお/つらお)
 レイテ沖海戦において、初の神風特別攻撃隊の一隊である「敷島隊」の隊長として特攻。享年23歳。
金指 勲(かなざし いさお)
 昭和20年3月19日、出水飛行場(出水海軍航空隊基地)から出撃(菊水部隊銀河隊隊長)、足摺岬南方海上で空母フランクリンを爆撃して損傷を与えるも戦死。享年24歳。

  1. 2018/11/24(土) 14:30:46|
  2.  ┣ 海上自衛隊|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

海上自衛隊 試験艦「あすか」ASE6102 宮崎県日南市油津港

宮崎県日南市油津港に、海上自衛隊 試験艦「あすか」ASE6102が入港しました。

海上自衛隊 試験艦「あすか」ASE6102 宮崎県日南市油津港
hiroの部屋 海上自衛隊 試験艦「あすか」ASE6102 宮崎県日南市油津港

 あすか(ASE-6102)は、海上自衛隊の試験艦です。
基準排水量:4,250t
全長:151.0m
幅:17.3m
深さ:10.0m
喫水:5.0m
エンジン:ガスタービン2基・エレクトリック1基(COGLAG)2軸 出力:43,000馬力(HSP)
  ※電機推進試験終了のため現在はガスタービンのみで行動
速力:約27kt(約50km/h)
船型:遮浪甲板型
乗員:約70名(他に試験員100名)

海上自衛隊 試験艦「あすか」ASE6102 宮崎県日南市油津港
hiroの部屋 海上自衛隊 試験艦「あすか」ASE6102 宮崎県日南市油津港

 海上自衛隊としては15年ぶりの試験専用艦で、省力化やステルス化を目的とした艦載兵器実験艦です。

海上自衛隊 試験艦「あすか」ASE6102 宮崎県日南市油津港
hiroの部屋 海上自衛隊 試験艦「あすか」ASE6102 宮崎県日南市油津港

 なお艦名は試験艦の命名基準である名所・旧跡の文明・ 文化に関する地名という点から、日本の古代大和朝廷が栄えた地、「飛鳥」(奈良県明日香村)に因んで命名されました。

海上自衛隊 試験艦「あすか」ASE6102 宮崎県日南市油津港
hiroの部屋 海上自衛隊 試験艦「あすか」ASE6102 宮崎県日南市油津港

FCS-3(00式射撃指揮装置3型)
 日本の防衛省技術研究本部が開発した艦載武器システム。
 射撃指揮装置(FCS)や艦載対空レーダーを統合した対空戦闘システムであり、同系統のシステムとして他にOPS-50A、OPY-1がある。

海上自衛隊 試験艦「あすか」ASE6102 宮崎県日南市油津港
hiroの部屋 海上自衛隊 試験艦「あすか」ASE6102 宮崎県日南市油津港


海上自衛隊 試験艦「あすか」ASE6102 宮崎県日南市油津港
hiroの部屋 海上自衛隊 試験艦「あすか」ASE6102 宮崎県日南市油津港

上甲板(第1甲板)後部はヘリコプター甲板とされている。
上甲板(第1甲板)後部と器材格納庫

海上自衛隊 試験艦「あすか」ASE6102 宮崎県日南市油津港
hiroの部屋 海上自衛隊 試験艦「あすか」ASE6102 宮崎県日南市油津港


海上自衛隊 試験艦「あすか」ASE6102 宮崎県日南市油津港
hiroの部屋 海上自衛隊 試験艦「あすか」ASE6102 宮崎県日南市油津港


海上自衛隊 試験艦「あすか」ASE6102 宮崎県日南市油津港
hiroの部屋 海上自衛隊 試験艦「あすか」ASE6102 宮崎県日南市油津港


プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2016/02/21(日) 13:26:39|
  2.  ┣ 海上自衛隊|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

那覇空港 海上自衛隊 Kawasaki P-3C 5077・5052

P-3C 哨戒機
 P-2Jの後継機として昭和53年~平成9年までの間、98機を製造しました。
 製造期間中または製造終了後も搭載電子機器等の近代化を逐次実施し、現在も哨戒任務の第一線で活躍中です。
 また、この製造技術を元にEP-3 5機、UP-3C 1機、UP-3D 3機の開発・製造を行いました。
 また、P-3C 5機をOP-3Cに改造しました。

那覇空港 海上自衛隊 Kawasaki P-3C 5077・5052
hiroの部屋 那覇空港 海上自衛隊 Kawasaki P-3C 5077・5052

第5航空群司令部 [Fleet Air wing 5]
第5航空隊 [Air Patrol Squadron 5]
第5整備補給隊 [Maintenance and Supply Squadron 5]
那覇航空基地隊 [Air Station NAHA]


プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2015/11/22(日) 16:00:20|
  2.  ┣ 海上自衛隊|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

海上自衛隊 ミサイル鑑「しらたか」PG829 宮崎県串間市福島港

JAPAN MARITIME AELF-DEFENSE FORCE
PATROL GUIDED MISSILE BOAT

串間市の福島港へ、海上自衛隊のミサイル鑑「しらたか」PG829は入港し一般公開を行っています。
11時30分で午前の一般公開が終わり、午後は13時からの公開です。
お昼は何を食べましょう。
寿し虎も良いけど、マルチョンラーメンへ。
もやしラーメン(700円)を頂きました。

で、再度福島港へ。
見学者、少ないですね。

海上自衛隊 ミサイル鑑「しらたか」PG829 宮崎県串間市福島港
hiroの部屋 海上自衛隊 ミサイル鑑「しらたか」PG829 宮崎県串間市福島港

射撃指揮装置(FCS-2-31)
 白い丸いレーダー
 艦砲と個艦防空ミサイル(短SAM)の射撃指揮に用いられており、いずれも海上自衛隊の護衛艦に搭載されている。

赤外線暗視装置(OAX-2)
 射撃指揮装置(FCS-2-31)の手前

62口径76mm速射砲
 有効射程: 16,000m(通常弾), 20,000m(SAPOMER), 40,000m(Vulcano), 5,000m(DART)
 最大射程: 18,400m(通常弾)
 大射高: 11,500m(通常弾)
 発射速度: コンパクト砲:85発/分(100発/分まで向上可能)
        SR砲:120発/分

海上自衛隊 ミサイル鑑「しらたか」PG829 宮崎県串間市福島港
hiroの部屋 海上自衛隊 ミサイル鑑「しらたか」PG829 宮崎県串間市福島港

対艦ミサイル(SSM-1B) 90式艦対艦誘導弾
 ミサイル直径:35.0cm
 ミサイル全長:5.0m
 ミサイル重量:約660kg
 弾頭:260kg HE
 射程:推定150-200km
 推進方式:固体燃料ロケットモーター(ブースター)+ターボジェットエンジン(巡航用)
 誘導方式:慣性航法装置(中途)アクティブ・レーダー誘導(終末)
 飛翔速度:1,150km/h

海上自衛隊 ミサイル鑑「しらたか」PG829 宮崎県串間市福島
hiroの部屋 海上自衛隊 ミサイル鑑「しらたか」PG829 宮崎県串間市福島港

電波探知装置(NOLR-9B)
 一番上の丸いタンク型
 ミサイル艇に搭載され、艦対艦ミサイルの照準に使用できる小型の電波探知装置として開発された。

対水上レーダー(OPS-18-3)
 広帯域の自動同調機能を備えており、同時に10目標までを表示することができる。

衛星通信装置
 丸い白いドーム

海上自衛隊 ミサイル鑑「しらたか」PG829 宮崎県串間市福島
hiroの部屋 海上自衛隊 ミサイル鑑「しらたか」PG829 宮崎県串間市福島

複合型作業艇(RIB) 硬式ゴムボート
 船底を繊維強化プラスチックなど硬質の素材としており、船体はディープV型など滑走船型を採用している。

海上自衛隊 ミサイル鑑「しらたか」PG829 宮崎県串間市福島
hiroの部屋 海上自衛隊 ミサイル鑑「しらたか」PG829 宮崎県串間市福島

ウォータージェット
 高速で逃げ回る船舶を追尾できるよう、強力なガスタービンエンジンを3基も搭載(「1号」型は1基)しており、海上自衛隊初のウォータージェット推進により最高44ノット(約80km/h)もの速力を発揮できる。
 これはこれまで海上自衛隊保有の艦艇で最高のスピードである。

海上自衛隊 ミサイル鑑「しらたか」PG829 宮崎県串間市福島
hiroの部屋 海上自衛隊 ミサイル鑑「しらたか」PG829 宮崎県串間市福島

 今まで乗った海上自衛隊の艦の中で、一番小さいですね。
 最高速80km/hとは早いですね。
 ただ、このミサイル艦は良く揺れます。
 港には波が無いのですが、揺れるのです。

JMSDF 海上自衛隊ホームページ イベント情報

プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2015/02/21(土) 13:25:28|
  2.  ┣ 海上自衛隊|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

| ホーム | 次のページ