FC2ブログ

★hiroの部屋★

★写真 ★★車を快適に! ★★★バイクを快適に! ★★★★ ★★★★★ ★★★★★★ ★★★★★★★

九州で3番目に大きな古墳「生目3号墳」 生目古墳群

久々のお休みですが、お天気です。
生目古墳群史跡公園(いきめこふんぐんしせきこうえん)にやって来ました。

生目古墳群は宮崎県宮崎市の跡江(あとえ)地区にある大古墳群で、今から1700~1400年前に栄えた豪族たちの墓地です。市街地が見下ろせる丘の上にあり、現在51基の古墳が国の史跡に指定されています。今でも発掘が続けられ、新たな発見が期待されています。
と、古墳の側の小さなポストの様な箱の中に入っていたパンフレットに書いてありました

駐車場にある案内板です。
hiroの部屋 生目古墳群


生目古墳群史跡公園内には、8基の前方後円墳と25基の円墳があります。中央の芝生広場を囲むように古墳は所在し、多くは広葉樹林に覆われています。今年の秋には、造られた当時の姿に復元された5号墳が、公開されますので、当時と現在の古墳の姿を楽しんでいただけます。さらに、発掘調査や復元するための工事をおこなう古墳もありますので、さまざまな表情の古墳をご覧いただけます。また、自然も多く残る公園ですので、ウサギ、野鳥や昆虫、野草や木の実の観察など、自然学習の場としてもご利用ください。

生目21号墳です。
発掘調査が行われている様です。

hiroの部屋 生目古墳群


個性ナンバー1! 生目5号墳
長さ57m、高さ4.4mの前方後円墳です。この古墳の上には埴輪(はにわ)が並んでいました。ハニワと聞くと人や馬、家など何かの形をまねたハニワ(形象(けいしょう)ハニワ)を思い浮かべるでしょう。しかし生目古墳群では形象ハニワは見つかっていません。生目のハニワは筒のような形の円筒(えんとう)ハニワがほとんどです。全国的に、円筒ハニワは同じような形をしていますが、生目5号墳のハニワは全国でも例のない、独特な形をしています。生目古墳群の豪族は個性的な人だったのでしょう。

生目5号墳です。
沢山の石が積んであります。
今年の秋の公開が楽しみですね。
hiroの部屋 生目古墳群


案内板を見ると、3号墳が大きいですね。
長さ143m、高さ12,7mの生目古墳群中最大の前方後円墳で、九州でも3番目に大きな古墳です(1番目、2番目は宮崎県西都原(さいとばる)古墳群の女狭穂塚(めさほづか)古墳、男狭穂塚(おさほづか)古墳)。しかし自分の足で登って、その大きさを体験できる古墳としては、九州ナンバー1の大きさになります(西都原の女狭穂塚・男狭穂塚古墳は立入禁止)。生目古墳群には他にも100mをこえる前方後円墳が2基もあります。
hiroの部屋 生目古墳群


生目最古?生目1号墳
長さ136m、高さ17mの前方後円墳です。古墳の形が近畿地方最古の古墳と同じ形だという説があるので、今から1700年以上前につくられたと言われています。そうなると宮崎県で最初の100mをこえる前方後円墳ということになります。まだ詳しい調査がされていないのでナゾの多い古墳なのです。
hiroの部屋 生目古墳群


地下式横穴墓(ちかしきよこあなぼ)は、古墳時代における南九州独特のお墓で、生目古墳群では30基近く見つかっています。生目古墳群では前方後円墳の中に地下式横穴墓がつくられており、これは全国でも初めての発見でした。
生目古墳群の豪族は近畿地方から広がった前方後円墳と南九州だけに見られる地下式横穴墓を組み合わせることによって、自分なりの個性を表したかったかもしれません。

宮崎市教育委員会文化財課
宮崎市橘通東1丁目14番20号
電話0985-21-1836
FAX0985-21-1840



プチット押していただけると嬉しいです

ブログランキング・にほんブログ村へ


ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


bnr06.gif


MPVを快適に! ゴリラを快適に!


  1. 2008/07/12(土) 21:55:37|
  2.  ┣ 古墳|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

こんなところに古墳が 都城市志和池村古墳

都城市山田町のポピーを見ての帰り、ナビを見ると古墳の地名が・・・
なになに、志和池村古墳
ちょっと寄り道してみましょう。
って、案内板も無く、ナビでやっと分かる古墳でした。

hiroの部屋 都城市志和池村古墳


沢山の古墳があるようです。

hiroの部屋 都城市志和池村古墳


古墳の上に、竹の子が・・・

hiroの部屋 都城市志和池村古墳


竹の子は、男と女があり、黄色の女の竹の子の方がやわくて美味しいそうです。
昔から、史跡に指定されていたのですね。

県指定史跡 志和池村古墳  指定年月日 昭和9年4月17日
 宮崎県南西部に位置する都城盆地には、高城牧ノ原(まきのはる)古墳(高城町)、高崎塚原(つかばる)古墳(高崎町)と志和池古墳(都城市)が点在します。これらの古墳群は、前方後円墳や円墳などから構成されています。
 志和池村古墳は、沖積地(現水田面)と大淀川を東望できる台地(標高約150m)の東端に位置し、前方後円墳1基、円墳11基、地下式横穴墓1基が、下水流町、上水流町、野々美谷町に点在します。下水流町築池では地下式横穴墓(築池地下式横穴墓)の群集域と分布域が重なっています。1号墳は、前方後円墳として指定を受けていますが、前方部が消滅しています。5号墳は、近年の調査で直径30mほどの円墳で、周溝内に竪坑をもつ2基の地下式横穴墓が寄生していました。
 古墳の築造時期は、地下式横穴墓も含めて5~6世紀代と思われます。
なお、築池では、弥生時代には住居跡が存在しておりましたが、古墳築造期には、約500m北に集落(妙見原遺跡)が移動しています。
都城市教育委員会




プチット押していただけると嬉しいです

ブログランキング・にほんブログ村へ


ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


bnr06.gif


MPVを快適に! ゴリラを快適に!

  1. 2008/05/06(火) 19:09:39|
  2.  ┣ 古墳|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

前のページ | ホーム |