★hiroの部屋★

★写真 ★★ゴリラを快適に! ★★★MPVを快適に! ★★★★ ★★★★★ ★★★★★★ ★★★★★★★

都城市山之口町 島津寒天工場跡

都城市山之口町の「島津寒天工場跡」へやって来ました。

hiroの部屋 島津寒天工場跡


島津寒天工場跡
所在地 山之口町大字山之口1640番地
■窯径=130cm 高さ=180cm
幕末(文化文政)の頃、島津藩の財政は非常に困窮していました。時の家老、調所笑衛門広郷(ずしょしょうざえもんひろさと)は指宿の豪商、浜崎太平次(はまさきたへいじ)と計り財政再建策としてこの地に寒天製造工場を設けました。最盛期は、三世太平次が支配人に任じられた安政元年(1854年)から明治4年(1871年)ごろまでであったと思われます。この地を選んだのは寒天製造に適した自然条件を兼ね備えていた事、幕府役人の目から逃れるためでもあったと思われます。
原料のテングサは、甑島(こしきじま)を中心に薩摩西海岸から運ばれ、製品は馬で福山港に運び、さらに大阪、長崎に運ばれて中国(清)、ロシア等に密輸されたようです。
また、監督者や技術者等は鹿児島から派遣され、西目地方(指宿・伊集院・伊作など)からの出稼ぎ者約80名、地元採用者約50名を合わせた従業員数は約120~130名程であったといわれます。
現在、9基の釜跡を見ることができます。

山之口町教育委員会
山之口町ふるさとの伝統文化掘り起こし事業
宮崎県「神話・伝説の道」周遊環境整備事業



hiroの部屋 島津寒天工場跡



hiroの部屋 島津寒天工場跡


ロシアまで密輸していたんですね




プチット押していただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ


ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


bnr06.gif


MPVを快適に! ゴリラを快適に!

  1. 2007/12/08(土) 18:30:59|
  2.  ┣ 都城市|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

| ホーム |