★hiroの部屋★

★写真 ★★ゴリラを快適に! ★★★MPVを快適に! ★★★★ ★★★★★ ★★★★★★ ★★★★★★★

雪のえびの高原 宮崎県えびの市

雪が見たくて、えびの高原へ
南郷町で、特急「海幸山幸」を撮影後、えびの高原へ向けて走ります。
都城市を抜けて、県道31号線→480号線→104号線→1号線には雪が残っていて、チェーン規制の標識が出ていましたが、えびの高原到着です。

雪のえびの高原 宮崎県えびの市
hiroの部屋 雪のえびの高原 宮崎県えびの市


雪のえびの高原 宮崎県えびの市
hiroの部屋 雪のえびの高原 宮崎県えびの市


雪のえびの高原 宮崎県えびの市
hiroの部屋 雪のえびの高原 宮崎県えびの市

帰りは、小林市の方へ下りて行ったのですが、こちら側は山陰になっているため、雪が解けないでアイスバーンになっている所もあり、小林方面からえびこ高原へ上るのは、ノーマルタイヤではちょっと無理かもしれません。特に夕方になると・・・

私は、一応チェーン積んでいます。
数年前の福岡の雪です。

hiroの部屋 田川市雪降っています タイヤチェーンを装着

霧島山(えびの高原(硫黄山)周辺)における立入規制等の解除及び設定について
 平成29年1月13日午後2時に霧島山(えびの高原(硫黄山)周辺)において、噴火警報が解除され、噴火警戒レベル2(火口周辺規制)から噴火警戒レベル1(活火山であることに留意)へ引き下げられたことから、硫黄山から概ね1kmの立入規制等を解除するとともに、火山ガスにより危険が想定される区域を立入禁止(県道1号の一部は歩行者通行禁止)とすることとしましたので、お知らせします。(宮崎県)


雪のえびの高原 宮崎県えびの市
hiroの部屋 雪のえびの高原 宮崎県えびの市


プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2017/01/21(土) 14:57:46|
  2.  ┣ えびの市|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

平木場橋 薩摩川内市入来町浦之名

薩摩川内市入来町浦之名、空港道路(42号線)市立朝陽小学校側に、平木場橋があります。

平木場橋への入口に、面白い事が書いてあります。
「気がついたら、叱ってください。うちの子も」
いいなあ~

平木場橋 薩摩川内市入来町浦之名
hiroの部屋 平木場橋 薩摩川内市入来町浦之名

石橋かなと思ったのですが、違っていました。
でも、立派な橋脚です。

平木場橋 薩摩川内市入来町浦之名
hiroの部屋 平木場橋 薩摩川内市入来町浦之名

プチ紅葉

平木場橋 薩摩川内市入来町浦之名
hiroの部屋 平木場橋 薩摩川内市入来町浦之名

空港道路(42号線)から撮影です。
横を車がスピード出して走りぬけています。
怖い・・・

平木場橋 薩摩川内市入来町浦之名
hiroの部屋 平木場橋 薩摩川内市入来町浦之名

夏は橋の下で、泳げそうですね。

場所はこちら↓
Google.png


プチット押していただけると嬉しいです


ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ

hiroの部屋インデックスバーナー
「hiroの部屋」のインデックスです。探し物はこちらが良いかも。


  1. 2011/11/20(日) 21:00:50|
  2.  ┣ えびの市|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

石橋 登録有形文化財「新大橋(しんたいばし)」 薩摩川内市入来町

薩摩川内市‎入来町浦之名‎、空港道路(42号線)沿いに登録有形文化財「新大橋(しんたいばし)」があります。
42号線を走る度に気になっていました。

この案内板の側に、駐車スペースがあります。

登録有形文化財「新大橋(しんたいばし)」 薩摩川内市入来町
hiroの部屋 登録有形文化財「新大橋(しんたいばし)」 薩摩川内市入来町

橋の側に、登録有形文化財「新大橋(しんたいばし)」の説明がありました。

登録有形文化財 第46-0016号
この建造物は貴重な国民的財産です

登録有形文化財「新大橋(しんたいばし)」 薩摩川内市入来町
hiroの部屋 登録有形文化財「新大橋(しんたいばし)」 薩摩川内市入来

登録有形文化財「新大橋(しんたいばし)」
「この橋は、後川内川に架けられており、県道蒲生線(現在の川内 加治木線)の開通に伴い寄付金を集めて、当時の工費250円にて架橋されました。
 昭和34年(1959)3月には、自動車等の普及による橋の拡幅工事が行なわれました。
 また、近くにある記念碑は、正面に由緒が記され、両側面と裏面に建設資金の寄付者名が記されています。」
指定日 平成16年(2004)11月8日

登録有形文化財「新大橋(しんたいばし)」 薩摩川内市入来町
hiroの部屋 登録有形文化財「新大橋(しんたいばし)」 薩摩川内市入来

所在地:鹿児島県薩摩川内市入来町浦之名
橋長:24.4m
幅員:3m
支間:10.9m(2連)
形式:石アーチ橋(壁石 布積)

登録有形文化財「新大橋(しんたいばし)」 薩摩川内市入来町
hiroの部屋 登録有形文化財「新大橋(しんたいばし)」 薩摩川内市入来

完成年:1909年(明治42年)
設計者:石神覚二(石工名)
施工者:石神覚二(石工名)

今日は、お天気良くありませんでした。
藺牟田池に行ったのですが、全く紅葉していませんでした。
夕方には雨が降って来るし・・・
明日は、お天気良さそうですが、最高気温15℃の予報です。
ちょっと寒そうですね。


場所はこちら↓
Google.png


プチット押していただけると嬉しいです


ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ

hiroの部屋インデックスバーナー
「hiroの部屋」のインデックスです。探し物はこちらが良いかも。


  1. 2011/11/19(土) 18:20:26|
  2.  ┣ えびの市|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

石橋 日置市指定文化財 浜田橋 鹿児島県日置市吹上町

国道270号線永吉川に架かる、「浜田橋」です。

石橋 日置市指定文化財 浜田橋 鹿児島県日置市吹上町
hiroの部屋 石橋 日置市指定文化財 浜田橋 鹿児島県日置市吹上町

 この橋は、初め「永吉橋」と呼ばれ、2連の石橋でした。
 鹿児島県下巻(明治17年<1884>編)によれば、」永吉橋、村の西、永吉川の下流に架す。石造り長さ拾五間、広さ九尺、伊佐街道に属す。」とあり、明治17年以前に架けられていたことがわかります。

石橋 日置市指定文化財 浜田橋 鹿児島県日置市吹上町
hiroの部屋 石橋 日置市指定文化財 浜田橋 鹿児島県日置市吹上町

 大正2年(1913)、水害で流出し、現在の長さ44.8m、幅4.1m、高さ6.5mの3連橋に改修され、「浜田橋」と呼ばれるようになりました。
 石工は小山田、加世田、永吉の人で、地元の人達が協力し合い、浜田石を切り出して造ったと伝えられています。
 現在、県内で使用されている石橋としては一番長いよいわれ、大正2年(1913)に開通した南薩鉄道(昭和59年廃線)とともに、薩摩半島の大動脈として役割を果たしてきた美しい石橋です。

石橋 日置市指定文化財 浜田橋 鹿児島県日置市吹上町
hiroの部屋 石橋 日置市指定文化財 浜田橋 鹿児島県日置市吹上町

浜田橋の下手に、南薩鉄道永吉川橋梁跡があります。

南薩線永吉川橋梁跡 鹿児島県日置市吹上町
hiroの部屋 南薩線永吉川橋梁跡 鹿児島県日置市吹上町

石橋は、力強くて美しいですね。
大雨で流出していまう石橋の話しを聞きます。
大事にしたいですね。


場所はここです↓
石橋 日置市指定文化財 浜田橋 鹿児島県日置市吹上町


プチット押していただけると嬉しいです


ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ

hiroの部屋インデックスバーナー
「hiroの部屋」のインデックスです。探し物はこちらが良いかも。


  1. 2011/09/03(土) 19:40:41|
  2.  ┣ えびの市|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

石橋 求名橋(ぐみょうばし) 鹿児島県さつま町

402号線を走り、267号線に突き当たる求名の前川に架かる橋を渡っていると、右手に石橋が見えます。
カメラを持って車を降りると、地元のおばあちゃんが。
話しを伺うと、「昔は、荷馬車も渡っていました。」と

石橋 求名橋(ぐみょうばし) 鹿児島県さつま町
hiroの部屋 石橋 求名橋(ぐみょうばし) 鹿児島県さつま町

明治37年に架けられた石橋だそうです。
今は、車両が通行出来ない様になっています。

石橋 求名橋(ぐみょうばし) 鹿児島県さつま町
hiroの部屋 石橋 求名橋(ぐみょうばし) 鹿児島県さつま町

鹿児島は、石橋が多いですね。

撮影場所はここです↓
hiroの部屋 石橋 求名橋(ぐみょうばし) 鹿児島県さつま町


プチット押していただけると嬉しいです


ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ

hiroの部屋インデックスバーナー
「hiroの部屋」のインデックスです。探し物はこちらが良いかも。


  1. 2011/08/07(日) 22:00:09|
  2.  ┣ えびの市|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

えびの市 めがね橋・狗留孫峡・毘沙門の滝 知らない所まだまだ沢山あります

えびの市にあるコカコーラ工場に、ひまわりが咲いているとの情報で、221号線を走っていると、「狗留孫(クルソン)峡」への案内板が・・・
で、右折すると、「めがね橋」の案内板が・・・

「めがね橋」へやって来ました。
恥ずかしながら、全く知りませんでした。
http://www.mapion.co.jp/c/f?uc=1&grp=all&nl=32/02/42.715&el=130/54/03.251&scl=70000&bid=Mlink

草が、生い茂っています。

hiroの部屋 めがね橋


国登録有形文化財(平成10年9月25日登録)

hiroの部屋 めがね橋


めがね橋
この橋は、熊本営林局が、川内川最上流の太平官行から吉都線飯野駅まで、木材搬出用に建設したものです。昭和二年に着工し、五十センチ角の切石が力強く組み合わされ高さ二十メートル、長さ六十メートル、全巾四メートル、利用巾二・五メートルで翌三年に完成しました。当時は軌道が延々三十数キロメートル敷かれ直径二メートルにも及ぶ大木がトロッコで運ばれていましたが、自動車の普及により昭和三十七年に廃止され、現在はえびの市の市道となっています。
三つのアーチからなるこの橋は、太鼓橋とも呼ばれ、古代ローマよりの技術導入による構造物ともいわれています。やぐらを組んで、それに基づいて一個一個の石を積み重ね、アーチのまん中に親石という五角の石を組込んで締めてあるという事です。
建築請負者は鹿児島県日置郡串木野の肥田佐兵衛氏で切石はこの有島川の上流から木馬で運び出され、のべ数千人の人達が汗を流してつくりあげたということです。
平成二年三月
えびの市むらおこし実行委員会


hiroの部屋 めがね橋


狗留孫(クルソン)峡へ向かいます。
高い橋が見えます。私のナビには表示されません。
橋の上から
この川上が、狗留孫峡になります。

hiroの部屋 狗留孫峡


こちらは、川下
緑が鮮やかです。

hiroの部屋 狗留孫峡


いよいよ狗留孫峡です。
http://www.mapion.co.jp/c/f?uc=1&grp=all&nl=32/04/16.081&el=130/55/17.101&scl=70000&bid=Mlink

hiroの部屋 狗留孫峡


河原から、バーベキューの煙が昇っています。良いのかな?
子供達が、川で泳いでいます。

hiroの部屋 狗留孫峡


沢が、沢山あります。
秋の紅葉は、綺麗でしょうね。

hiroの部屋 狗留孫峡


あら、熊本県に入ります。
http://www.mapion.co.jp/c/f?uc=1&grp=all&nl=32/06/45.556&el=130/56/09.034&scl=25000&bid=Mlink

hiroの部屋 狗留孫峡


普通自動車だと、キャンプ場までかな?
四駆なら、楽しい林道ですね。
林道ですので、舗装してありません。
道幅も狭いので、対向車が来たら、バックしなくてはなりません。

hiroの部屋 狗留孫峡


狗留孫神社の入口にやって来ました。
案内図を良く見ると・・・とても歩いては行けそうにないので、河原まで行ってみました。
http://www.mapion.co.jp/c/f?uc=1&grp=all&nl=32/07/19.687&el=130/55/05.743&scl=70000&bid=Mlink

hiroの部屋 狗留孫峡


川風が、心地良いですね。

hiroの部屋 狗留孫峡


水が、澄んでいますね。
メダカが泳いでいるのが見えます。

hiroの部屋 狗留孫峡


でこぼこ林道を下りてきました。
車は、真っ白です。

狗留孫峡(くるそんきょう)は、宮崎県えびの市を流れる川内川上流部にある約10キロの峡谷。
その源流は熊本県の白髪岳にある。基盤岩の四万十層を侵食し、断崖は100m以上、岩峰や巨石が所々に見られ、溶結凝灰岩が分布する。原生林で覆われ、ヤマメやオオサンショウウオが生息する。キャンプ場の施設もあり、バイクでツーリングする姿も見られる。谷の奥には栄西が熊野三社権現に勧請して建立した、日本で2番目に古い禅寺「端山(はやま)寺」跡もある。地元では親しみを込めて「オクロソン(オクルソン)」とも呼ぶ。「クルソン峡」と表示することが多い。

狗留孫仏誕生窟
過去七仏の一人「拘留孫」が生まれたとされる場所。1,300年前から修行者の姿があったと伝えられる。

石卒塔婆(狗留孫岩)
 ここに八大龍王の中の2龍王、健磐(たていわ)と沙伽羅(しゃがら)いた。健磐龍王が拘留孫仏に願って、22メートルほどの高さの石卒塔婆を山中に建てた。大変喜んだ沙伽羅龍王は観音菩薩にお願いして、15メートルほどの高さの石卒塔婆を建てた。拘留孫仏が立てた石卒塔婆には大般若経が書かれ、この岩を拘留孫仏の化身としてあがめた。観音菩薩が建てた方は観音石とも呼ばれ法華経が書かれている。


毘沙門の滝
http://www.mapion.co.jp/c/f?uc=1&grp=all&nl=32/03/28.766&el=130/53/50.373&scl=70000&bid=Mlink

hiroの部屋 毘沙門の滝


毘沙門の滝の由来
この鉄山川は、川内川の支流で源は約七キロメートル上流の熊本県境に発する。永野原と柊野原の間を流れる渓谷で、清流は時によって七色に変化するといわれる。滝の上は約一キロメートルにおよぶ自然林の中に遊歩道が整備され、巨岩奇岩が重なり合い、夫婦岩や毘沙門の石もあり、ミニ高千穂峡とも言われている。毘沙門の滝は、延宝年代(1760頃)に毘沙門寺があり、毘沙門様が住んでおられたことに由来する。毘沙門様は四天王の一人、須弥山の第四層にいて北方を守る。
日本では、福徳を授ける七福神(大黒天・恵比寿・弁財天・福禄寿・寿老人・布袋和尚)の一人。
下大河平区
平成二年三月
えびの市むらおこし実行委員会


えびの市にあるコカコーラ工場のひまわりです。
http://www.mapion.co.jp/c/f?uc=1&grp=all&nl=32/03/15.597&el=130/47/56.284&scl=70000&bid=Mlink

hiroの部屋 コカコーラ工場ひまわり


コスモスの花も見えます。
もう、秋?

hiroの部屋 コカコーラ工場ひまわり




ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


ブログランキング・にほんブログ村へ
こちらのバナーも、クリックを宜しくお願いしますm(_ _)m

bnr06.gif


MPVを快適に! ゴリラを快適に!

  1. 2007/08/17(金) 23:23:56|
  2.  ┣ えびの市|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

| ホーム |