FC2ブログ

★hiroの部屋★

★写真 ★★車を快適に! ★★★バイクを快適に! ★★★★ ★★★★★ ★★★★★★ ★★★★★★★

鹿児島県上野原縄文の森 霧島市国分

加治木港で、海上自衛隊の護衛艦「せんだい」を見たあと、ここまで来たのだから観る所ないかと地図を見ていると、「鹿児島県上野原縄文の森」がありました。
行った事ないので、「鹿児島県上野原縄文の森」へ。
駐車場には、雨が降っているからでしょうか、数台の車しか停まっていません。
縄文の森展示場を観た後、復元集落を観に行きました。

鹿児島県上野原縄文の森 霧島市国分
hiroの部屋 鹿児島県上野原縄文の森 霧島市国分

復元集落
竪穴住居
国指定史跡では、52基の竪穴住居が見つかっています。
この竪穴住居は、建築史の専門家宮本長二郎先生の指導のもとに想定復元したもので、地表に掘った穴のまわりに垂直に立てた柱を円形に配置し、柱の上端を中央で収束したドーム型をしています。
建物の材料は解明されていませんが、柱にはクヌギを使い、屋根はカヤで葺いています。

鹿児島県上野原縄文の森 霧島市国分
hiroの部屋 鹿児島県上野原縄文の森 霧島市国分

内部に堆積していた土層の分析で52基発見された住居跡の内、同時に存在していたと考えられている10棟の竪穴住居が復元されています。

鹿児島県上野原縄文の森 霧島市国分
hiroの部屋 鹿児島県上野原縄文の森 霧島市国分

「上野原遺跡」
縄文(早)時代
主な遺構
 集石146基,土坑約263基,竪穴住居跡52基,連穴土坑16基,道跡
主な遺物
 前平式,吉田式,石坂式,撚糸文,押型文,桑ノ丸タイプ,平栫式,塞ノ神式,石皿,磨石,石鏃,磨製石斧,異形石器,環状石斧,小型局部磨製石斧

鹿児島県上野原縄文の森 霧島市国分
hiroの部屋 鹿児島県上野原縄文の森 霧島市国分

「上野原遺跡」
縄文(晩)時代
主な遺構
 堀立柱建物跡2基,土坑28基,ドングリピット11基,竪穴住居跡2基
主な遺物
 黒川式,石皿,磨石,石鏃,打製石斧,磨製石斧,石錐

竪穴住居の中には、当時の生活を表現した住居があります。

鹿児島県上野原縄文の森 霧島市国分
hiroの部屋 鹿児島県上野原縄文の森 霧島市国分

遺跡保存館
発見された集落跡の一部を発見当時のままの姿で保存、展示しています。
住居跡の中にある十字の土手は土層観察のためのものです。

鹿児島県上野原縄文の森 霧島市国分
hiroの部屋 鹿児島県上野原縄文の森 霧島市国分

地層観測館
地下にもぐりこんで、上野原台地の生きた地層を観測出来ます。
1層:発掘後の盛り土層
2層:桜島から噴出した火山灰層(約4,200年前)
3層:アカホヤの上に形成された腐食土層
4層:鬼界カルデラから噴出した火山灰や軽石層=アカホヤ(約6,300年前)火山灰は関東地方でも見つかっています。
5層:重要文化財(耳飾り、土偶、土器等)が出土した層
7層:集落跡(竪穴住居跡、連穴土坑、土器等)が発見された層
8層:桜島から噴出した軽石の層=桜島薩摩テラフ(11,500年前)
12層:桜島から噴出した軽石(約16,000年前)
14層:入戸火砕流堆積物(シラス)(姶良カルデラから噴出した火砕流の堆積物 24,000年前)火山灰は、遠く東北でも見つかっています。

鹿児島県上野原縄文の森 霧島市国分
hiroの部屋 鹿児島県上野原縄文の森 霧兄島市国分

すぐ側に「鹿児島県立埋蔵文化センター」があるのですが、土・日・祝日は閉まっています・・・

鹿児島県上野原縄文の森
〒899-4318
霧島市国分上野原縄文の森1番1号
TEL:0995-48-5701 
FAX:0995-48-5704

鹿児島県立埋蔵文化財センター
〒899-4318
霧島市国分上野原縄文の森2番1号
TEL:0995-48-5811
FAX:0995-48-5821


プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2013/06/23(日) 15:07:05|
  2.  ┣ 鹿児島の史跡|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

海上自衛隊 護衛艦「せんだい」 加治木港

「海上自衛隊護衛艦入港!護衛艦「せんだい」一般公開」のイベントを知り、鹿児島県加治木港へやって来ました。
13時から一般公開です。

海上自衛隊 護衛艦「せんだい」 加治木港
hiroの部屋 海上自衛隊 護衛艦「せんだい」 加治木港

せんだい(JS Sendai, DE-232)は、海上自衛隊の護衛艦で、あぶくま型DE護衛艦の4番艦として建造された対潜戦、対水上戦及び対空戦の各種能力を備えた護衛艦(護衛艦隊第12護衛隊(呉基地))です。
艦名は鹿児島県の川内川に由来し、この名を受け継いだ日本の艦艇としては、旧海軍の川内型軽巡洋艦「川内」に続き2代目にあたります。

海上自衛隊 護衛艦「せんだい」 加治木港
hiroの部屋 海上自衛隊 護衛艦「せんだい」 加治木港

艦載用対潜ミサイル「アスロック」 Anti-Submarine Rocket
アスロックの弾体は短魚雷の後方に飛翔用ロケットを取り付けた構造で、発射後、約マッハ1の速度で目標方向へ放物線状に飛翔します。目標の手前空中でロケットモーター部分が切り離され、短魚雷に接続されたパラシュートで減速落下しつつ海面に着水、パラシュートはその衝撃で切り離されます。その後、短魚雷は目標を自動追尾し攻撃します。射程距離は約4,000~12,000ヤード。射撃管制は水中攻撃指揮装置 (UBFCS) によって行われます。
1 ヤード=0.9144 m

海上自衛隊 護衛艦「せんだい」 加治木港
hiroの部屋 海上自衛隊 護衛艦「せんだい」 加治木港

Mk32 3連短魚雷発射管 Torpedo Tubes

海上自衛隊 護衛艦「せんだい」 加治木港
hiroの部屋 海上自衛隊 護衛艦「せんだい」 加治木港

艦艇用近接防御火器システム「ファランクス」 高性能20ミリ機関砲 Closed in Weapons System

海上自衛隊 護衛艦「せんだい」 加治木港
hiroの部屋 海上自衛隊 護衛艦「せんだい」 加治木港

雨で、桜島が霞んで見えます。

海上自衛隊 護衛艦「せんだい」 加治木港
hiroの部屋 海上自衛隊 護衛艦「せんだい」 加治木港

ターボジェットエンジンを動力とする対鑑攻撃用ミサイル「ハープーン」
 弾頭:272.2 kg
 射程:124 km以上

海上自衛隊 護衛艦「せんだい」 加治木港
hiroの部屋 海上自衛隊 護衛艦「せんだい」 加治木港

海上自衛隊 護衛艦「せんだい」 加治木港
hiroの部屋 海上自衛隊 護衛艦「せんだい」 加治木港

Mk36 SRBOC

海上自衛隊 護衛艦「せんだい」 加治木港
hiroの部屋 海上自衛隊 護衛艦「せんだい」 加治木港


海上自衛隊 護衛艦「せんだい」 加治木港
hiroの部屋 海上自衛隊 護衛艦「せんだい」 加治木港

護衛艦「とね」では、艦内の「機関制御監視記録装置」等を見学出来ましたが、今日は艦内見学はブリッジのみでした。


プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2013/06/23(日) 13:42:50|
  2.  ┣ 海上自衛隊|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

| ホーム |