★hiroの部屋★

★写真 ★★ゴリラを快適に! ★★★MPVを快適に! ★★★★ ★★★★★ ★★★★★★ ★★★★★★★

ムシロ瀬 鹿児島県徳之島与名間

美しい夕日が見られる景勝地として知られるムシロ瀬です。

ムシロ瀬 鹿児島県徳之島与名間
hiroの部屋 ムシロ瀬 鹿児島県徳之島与名間

平坦でなめらかな岩盤が、むしろを敷き詰めたように広がっているためこの名がついたそうです。
隆起サンゴ礁でできた地形が多い奄美諸島には珍しく、ここは花崗岩でできた地形です。

ムシロ瀬 鹿児島県徳之島与名間
hiroの部屋 ムシロ瀬 鹿児島県徳之島与名間

北風がまともに吹きつけるので、冬場は特に豪快なしぶきが上がります。
外海に面しているため、釣り好きにとっては回遊魚の釣り場としても定着しているそうです。
この岩、亀に似ていますね。

ムシロ瀬 鹿児島県徳之島与名間
hiroの部屋 ムシロ瀬 鹿児島県徳之島与名間

こちらは、白いアザミが多いですね。
紫色は、少ししか見ませんでした。

ムシロ瀬 鹿児島県徳之島与名間
hiroの部屋 ムシロ瀬 鹿児島県徳之島与名間


プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2016/04/23(土) 10:19:07|
  2.  ┣ 鹿児島観光|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ソテツトンネル 鹿児島県徳之島金見

徳之島の北東端の金見崎にあるソテツの群生です。

ソテツトンネル 鹿児島県徳之島金見
hiroの部屋 ソテツトンネル 鹿児島県徳之島金見

畑の境界線の目印として昔、島の人たちが植えたソテツが、約200mにわたり自然のトンネルを作っています。

ソテツトンネル 鹿児島県徳之島金見
hiroの部屋 ソテツトンネル 鹿児島県徳之島金見

今や樹齢400年といわれる古木群が、名前どおり昼なお暗いトンネルを形成しています。

ソテツトンネル 鹿児島県徳之島金見
hiroの部屋 ソテツトンネル 鹿児島県徳之島金見

トンネルを抜けた先には金見崎展望台があります。
金見崎展望台は雄大な東シナ海と太平洋を望む絶景の地です。

ソテツトンネル 鹿児島県徳之島金見
hiroの部屋 ソテツトンネル 鹿児島県徳之島金見


プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2016/04/23(土) 09:37:50|
  2.  ┣ 鹿児島観光|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

戦艦大和慰霊塔 鹿児島県徳之島犬田布岬

鹿児島県徳之島犬田布岬に「戦艦大和慰霊塔」があります。
新しく展望台が出来ていました。

戦艦大和慰霊塔 鹿児島県徳之島犬田布岬
hiroの部屋 戦艦大和慰霊塔 鹿児島県徳之島犬田布岬

犬田布岬は徳之島の南西部に位置し、東シナ海に向かって三角状に突き出ている岬です。

戦艦大和慰霊塔 鹿児島県徳之島犬田布岬
hiroの部屋 戦艦大和慰霊塔 鹿児島県徳之島犬田布岬

琉球石灰岩の海食崖が雄々しい景観をみせ、北を望めば妊婦が寝ている姿に似た寝姿山が見えます。

歩道が整備され、歩きやすくなっています。

戦艦大和慰霊塔 鹿児島県徳之島犬田布岬
hiroの部屋 戦艦大和慰霊塔 鹿児島県徳之島犬田布岬

高麗芝のスロープ地帯には、昭和20年(1945年)4月に撃沈された戦艦大和を旗艦とする特攻艦隊戦没将士の慰霊塔が建立されています。

戦艦大和慰霊塔 鹿児島県徳之島犬田布岬
hiroの部屋 戦艦大和慰霊塔 鹿児島県徳之島犬田布岬


プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2016/04/22(金) 11:14:16|
  2.  ┣ 鹿児島観光|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎の花 宮崎神宮の大白藤(オオシラフジ) 宮崎市

名称 宮崎神宮のオオシラフジ

指定年月日 昭和26年6月9日

本樹は中国原産のオオシラフジで、同種ではわが国で最も大きい樹木である。
根周り2.95mで幹が二つに分かれている。
西の枝は径1.6m、
東南の枝は径1.41mあり長く伸びている。

宮崎の花 宮崎神宮の大白藤(オオシラフジ) 宮崎市
hiroの部屋 宮崎の花 宮崎神宮の大白藤(オオシラフジ) 宮崎市

樹冠は西南方面に約12.23mに達し、東方面にはあまり伸びず約6.35mである。
四月中旬頃、真白で大きな花を咲かせ皆の目を楽しませてくれている。

宮崎の花 宮崎神宮の大白藤(オオシラフジ) 宮崎市
hiroの部屋 宮崎の花 宮崎神宮の大白藤(オオシラフジ) 宮崎市

「オオシラフジ」は 正式学名ではなく、フジの一品種で白く大きな花をつけることからその名がついている。
 宮崎市教育委員会

宮崎の花 宮崎神宮の藤の花 宮崎市
hiroの部屋 宮崎の花 宮崎神宮の藤の花 宮崎市

藤の花の見頃は、これからのようです。

フジ (藤) は、マメ科のつる性の落葉木本であるフジ属の総称であり、またその中の1種の種名でもある。4-5月に淡紫色または白色の花を房状に垂れ下げて咲かせる。

フジ属は、日本、北アメリカ、東アジアに自生し、日本固有種としてはフジ(ノダフジ)とヤマフジの2種がある。このほか、中国でシナフジ、欧米でアメリカフジなども栽培されている。

異名に「さのかたのはな」、「むらさきぐさ」、「まつみぐさ」、「ふたきぐさ」、「まつなぐさ」などがある。

園芸植物としては、日本では藤棚に仕立てられることが多い。白い品種もある。つる性であるため、樹木の上部を覆って光合成を妨げるほか、幹を変形させ木材の商品価値を損ねる。このため、植林地など手入れの行き届いた人工林では、フジのツルは刈り取られる。これは、逆にいえば、手入れのされていない山林で多く見られるということである。近年、日本の山林でフジの花が咲いている風景が増えてきた要因としては、木材の価格が下落したことによる管理放棄や、藤蔓を使った細工(籠など)を作れる人が減少したことが挙げられる。

フジ(ノダフジ)
一般的にフジといわれるのがこれである。山野に普通。木に巻きついて登り、樹冠に広がる。かなり太くなるツル性の木本である。花序は長くしだれて20-80cmに達する。蔓の巻き方は右巻き(上から見ると右回り)。花は紫。本州・四国・九州の温帯から暖帯に分布する。ノダフジ(野田藤)の名は、この品種の発祥の地とされる大阪市福島区野田にちなんでいる。

ヤマフジ
他の木に巻きついて大きく成長する。花は淡紫。花序はフジに比較して短く、蔓は上から見ると左回り。本州西部・四国・九州(暖帯)の山地に自生する。鑑賞用に栽培することもある。

一才藤(いっさいふぢ)
園芸上の名称。樹高50cmくらいの、鉢植えや盆栽にして愉しむための一才物のフジ。花枝はしだれるが、支柱などは不要。



プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2016/04/17(日) 23:35:24|
  2.  ┣ 藤|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎の花 高取山公園のミツバツツジ 宮崎県西都原

雨の中、西都原の高取山公園のミツバツツジを見にやって来ました。
赤、白、紫のツツジが鮮やかです。

宮崎の花 高取山公園のミツバツツジ 宮崎県西都原
hiroの部屋 宮崎の花 高取山公園のミツバツツジ 宮崎県西都原

ヤマツツジかな?

宮崎の花 高取山公園のツツジ 宮崎県西都原
hiroの部屋 宮崎の花 高取山公園のツツジ 宮崎県西都原

雨が降っているので、宮崎県立西都原考古博物館3階から高取山公園のミツバツツジを見て見ましょう。

宮崎の花 高取山公園のミツバツツジ 宮崎県西都原
hiroの部屋 宮崎の花 高取山公園のミツバツツジ 宮崎県西都原

お天気が良かったら最高だったのですが・・・

宮崎の花 高取山公園のミツバツツジ 宮崎県西都原
hiroの部屋 宮崎の花 高取山公園のミツバツツジ 宮崎県西都原

2016/4/13 ブログアクセス1,060,000件を超えました。
ご覧いただきありがとうございますm(__)m



プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2016/04/10(日) 13:35:09|
  2.  ┣ ツツジ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎の花 雨の中の桜と菜の花 宮崎県西都原古墳群

宮崎の桜もそろそろ終わりです。
市内に咲いている桜は、葉桜になってきています。
雨が降っていますが、西都原公園の桜と菜の花を見に行くことに。
いつも駐車場にはなかなか入れないのですが、雨が降っているので見に来る人が少なく、すぐに車を停める事が出来ました。

広場を、いつもは子供たちが走り回っているのですが、今日は子供たちの姿がありません。

宮崎の花 雨の中の桜と菜の花 宮崎県西都原古墳群
hiroの部屋 宮崎の花 雨の中の桜と菜の花 宮崎県西都原古墳群

「男狭穂塚(おさほづか)」「女狭穂塚(めさほづか)」の案内があります。
男狭穂塚(おさほづか)
 帆立貝形古墳では日本最大の古墳です。
 宮内庁により「男狭穂塚陵墓参考地」(被葬候補者:瓊瓊杵尊(ニニギノミコト))として陵墓参考地に治定されています。
女狭穂塚(めさほづか)
 前方後円墳です。
 宮内庁により「女狭穂塚陵墓参考地」(被葬候補者:木花開耶姫(コノハナサクヤヒメ))として陵墓参考地に治定されています。
 九州地方では最大規模の古墳で、5世紀前半中頃の築造と推定されています。

宮崎の花 雨の中の桜と菜の花 宮崎県西都原古墳群
hiroの部屋 宮崎の花 雨の中の桜と菜の花 宮崎県西都原古墳群

桜は散り始めていました。

宮崎の花 雨の中の桜と菜の花 宮崎県西都原古墳群
hiroの部屋 宮崎の花 雨の中の桜と菜の花 宮崎県西都原古墳群

青空の元の、サクラが見たかったですね。

宮崎の花 雨の中の桜と菜の花 宮崎県西都原古墳群
hiroの部屋 宮崎の花 雨の中の桜と菜の花 宮崎県西都原古墳群


プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2016/04/10(日) 13:08:09|
  2.  ┣ 桜|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

肥薩線 蒸気機関車「SL人吉」58654号(ハチロク8620形)人吉へ走る 栗林第1踏切 2016/4/9

肥薩線、栗林第1踏切です。
ここも山肌が白いコンクリートになっています。

肥薩線 蒸気機関車「SL人吉」58654号(ハチロク8620形)人吉へ走る 栗林第1踏切
hiroの部屋 肥薩線 蒸気機関車「SL人吉」58654号(ハチロク8620形)人吉へ走る 栗林第1踏切

昨年の9月に撮影した写真を見ると、この時には白いコンクリートになっていますね。

肥薩線 蒸気機関車「SL人吉」58654号(ハチロク8620形)人吉へ走る 栗林第1踏切
hiroの部屋 肥薩線 蒸気機関車「SL人吉」58654号(ハチロク8620形)人吉へ走る 栗林第1踏切

国鉄8620形蒸気機関車
8620形は、日本国有鉄道(国鉄)前身である鉄道院が製造した、日本で初めて本格的に量産された国産旅客列車牽引用テンダー式蒸気機関車。「ハチロク」と愛称され、国鉄蒸気機関車の末期まで全国で使用された。

58654
 1988年(昭和63年)に静態保存から復活してJR九州に所属しており、肥薩線を運行する「SL人吉」に運用される。この機関車は1922年(大正11年)日立製作所製で、九州地方で300万km余りを走った後、1975年(昭和50年)に廃車され、肥薩線矢岳駅前の人吉市SL展示館に展示されていた。1988年(昭和63年)に小倉工場で修復された。ボイラーは新日鐵で新製し、動輪は住友金属で新たに製作するなど、大がかりな修復となり、同年8月28日から豊肥本線の「SLあそBOY」、肥薩線の「SL人吉号」として、アメリカ風に改装された客車と共に運行開始された。
 再登場当時はほぼ原型であったが、1993年(平成5年)頃に客車のイメージにあわせて水戸岡鋭治の監修下に濃緑色に塗装され、カウキャッチャーが取り付けられたこともあった。沿線の山林で列車通過後に火災が起きてからは回転火の粉止めを装備し、体裁を整えるためダイヤモンドスタック型の煙突カバーが常用されるようになった。また、ATSもATS-SK形に換装された。
 しかし、元々古い車両だったために老朽化が進んでおり、台枠の歪みにより機体のバランスが崩れたために車軸などに負担がかかり車軸焼けなどを起こすようになっていた。当初は修復不可能と判断され、2005年8月28日をもって列車の運転が休止された。それに伴い機関車も一旦静態保存されることとなったが、JR九州としては動態保存の可能性を模索し、除籍を行わなかった。その後の調査により奇跡的にも日立製作所に製造時の図面が残されていると判明したことや、九州新幹線の延伸開業などもあり観光資源として有効活用できるとの判断から、台枠を日本車両で新製、ボイラをサッパボイラで修繕するなど約4億円の費用(客車等の修復も含む)をかけ2007年2月21日よりJR九州小倉工場にて修復を実施し、2009年4月25日より熊本駅 - 人吉駅間で運行が開始された。列車名は運転休止前に同区間を運行していた際の名称から「号」を省いた「SL人吉」とされた。



プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2016/04/09(土) 12:05:00|
  2.  ┣ SL人吉|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

肥薩線 蒸気機関車「SL人吉」58654号(ハチロク8620形)人吉へ走る 那良口駅 2016/4/9

那良口駅の菜の花が綺麗だったのを思い出し、那良口駅へやって来たのですが、あまり咲いていません。

肥薩線 蒸気機関車「SL人吉」58654号(ハチロク8620形)人吉へ走る 那良口駅
hiroの部屋 肥薩線 蒸気機関車「SL人吉」58654号(ハチロク8620形)人吉へ走る 那良口駅

サクラも見れず、菜の花も・・・
菜の花の見頃は、もう少し後なのでしょうか。

4年前の写真です。

肥薩線 蒸気機関車「SL人吉」58654号(ハチロク8620形)人吉へ走る 那良口駅
hiroの部屋 肥薩線 蒸気機関車「SL人吉」58654号(ハチロク8620形)人吉へ走る 那良口駅 2012/4/15

国鉄8620形蒸気機関車
8620形は、日本国有鉄道(国鉄)前身である鉄道院が製造した、日本で初めて本格的に量産された国産旅客列車牽引用テンダー式蒸気機関車。「ハチロク」と愛称され、国鉄蒸気機関車の末期まで全国で使用された。

58654
 1988年(昭和63年)に静態保存から復活してJR九州に所属しており、肥薩線を運行する「SL人吉」に運用される。この機関車は1922年(大正11年)日立製作所製で、九州地方で300万km余りを走った後、1975年(昭和50年)に廃車され、肥薩線矢岳駅前の人吉市SL展示館に展示されていた。1988年(昭和63年)に小倉工場で修復された。ボイラーは新日鐵で新製し、動輪は住友金属で新たに製作するなど、大がかりな修復となり、同年8月28日から豊肥本線の「SLあそBOY」、肥薩線の「SL人吉号」として、アメリカ風に改装された客車と共に運行開始された。
 再登場当時はほぼ原型であったが、1993年(平成5年)頃に客車のイメージにあわせて水戸岡鋭治の監修下に濃緑色に塗装され、カウキャッチャーが取り付けられたこともあった。沿線の山林で列車通過後に火災が起きてからは回転火の粉止めを装備し、体裁を整えるためダイヤモンドスタック型の煙突カバーが常用されるようになった。また、ATSもATS-SK形に換装された。
 しかし、元々古い車両だったために老朽化が進んでおり、台枠の歪みにより機体のバランスが崩れたために車軸などに負担がかかり車軸焼けなどを起こすようになっていた。当初は修復不可能と判断され、2005年8月28日をもって列車の運転が休止された。それに伴い機関車も一旦静態保存されることとなったが、JR九州としては動態保存の可能性を模索し、除籍を行わなかった。その後の調査により奇跡的にも日立製作所に製造時の図面が残されていると判明したことや、九州新幹線の延伸開業などもあり観光資源として有効活用できるとの判断から、台枠を日本車両で新製、ボイラをサッパボイラで修繕するなど約4億円の費用(客車等の修復も含む)をかけ2007年2月21日よりJR九州小倉工場にて修復を実施し、2009年4月25日より熊本駅 - 人吉駅間で運行が開始された。列車名は運転休止前に同区間を運行していた際の名称から「号」を省いた「SL人吉」とされた。



プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2016/04/09(土) 11:52:00|
  2.  ┣ SL人吉|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

肥薩線 蒸気機関車「SL人吉」58654号(ハチロク8620形)人吉へ走る 八重尾山第二トンネル 2016/4/9

肥薩線、八重尾山第二トンネルです。
様子が変わっています。
山肌が、白いセメント壁になっています・・・
煙が白いセメントの被ってしまって・・・

肥薩線 蒸気機関車「SL人吉」58654号(ハチロク8620形)人吉へ走る 八重尾山第二トンネル
hiroの部屋 肥薩線 蒸気機関車「SL人吉」58654号(ハチロク8620形)人吉へ走る 八重尾山第二トンネル

4年前の写真です。

肥薩線 蒸気機関車「SL人吉」58654号(ハチロク8620形)人吉へ走る 八重尾山第二トンネル
hiroの部屋 肥薩線 蒸気機関車「SL人吉」58654号(ハチロク8620形)人吉へ走る 20111127

国鉄8620形蒸気機関車
8620形は、日本国有鉄道(国鉄)前身である鉄道院が製造した、日本で初めて本格的に量産された国産旅客列車牽引用テンダー式蒸気機関車。「ハチロク」と愛称され、国鉄蒸気機関車の末期まで全国で使用された。

58654
 1988年(昭和63年)に静態保存から復活してJR九州に所属しており、肥薩線を運行する「SL人吉」に運用される。この機関車は1922年(大正11年)日立製作所製で、九州地方で300万km余りを走った後、1975年(昭和50年)に廃車され、肥薩線矢岳駅前の人吉市SL展示館に展示されていた。1988年(昭和63年)に小倉工場で修復された。ボイラーは新日鐵で新製し、動輪は住友金属で新たに製作するなど、大がかりな修復となり、同年8月28日から豊肥本線の「SLあそBOY」、肥薩線の「SL人吉号」として、アメリカ風に改装された客車と共に運行開始された。
 再登場当時はほぼ原型であったが、1993年(平成5年)頃に客車のイメージにあわせて水戸岡鋭治の監修下に濃緑色に塗装され、カウキャッチャーが取り付けられたこともあった。沿線の山林で列車通過後に火災が起きてからは回転火の粉止めを装備し、体裁を整えるためダイヤモンドスタック型の煙突カバーが常用されるようになった。また、ATSもATS-SK形に換装された。
 しかし、元々古い車両だったために老朽化が進んでおり、台枠の歪みにより機体のバランスが崩れたために車軸などに負担がかかり車軸焼けなどを起こすようになっていた。当初は修復不可能と判断され、2005年8月28日をもって列車の運転が休止された。それに伴い機関車も一旦静態保存されることとなったが、JR九州としては動態保存の可能性を模索し、除籍を行わなかった。その後の調査により奇跡的にも日立製作所に製造時の図面が残されていると判明したことや、九州新幹線の延伸開業などもあり観光資源として有効活用できるとの判断から、台枠を日本車両で新製、ボイラをサッパボイラで修繕するなど約4億円の費用(客車等の修復も含む)をかけ2007年2月21日よりJR九州小倉工場にて修復を実施し、2009年4月25日より熊本駅 - 人吉駅間で運行が開始された。列車名は運転休止前に同区間を運行していた際の名称から「号」を省いた「SL人吉」とされた。



プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2016/04/09(土) 11:32:00|
  2.  ┣ SL人吉|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

肥薩線 蒸気機関車「SL人吉」58654号(ハチロク8620形)人吉へ走る 球磨川第一橋りょう 2016/4/9

宮崎では、ようやく桜が見頃になってきました。
SL人吉と桜、撮影したいですね。
宮崎自動車道、九州自動車道を走り、八代へ。
八代から、肥薩線に沿って人吉方面へ走ります。
サクラは、とっくに終わっていました・・・

気を取り直して、久々に「球磨川第一橋りょう」へ
サクラは咲いていないけど、花を手前に入れて撮影です。

肥薩線 蒸気機関車「SL人吉」58654号(ハチロク8620形)人吉へ走る 球磨川第一橋りょう
hiroの部屋 肥薩線 蒸気機関車「SL人吉」58654号(ハチロク8620形)人吉へ走る 球磨川第一橋りょう

国鉄8620形蒸気機関車
 8620形は、日本国有鉄道(国鉄)前身である鉄道院が製造した、日本で初めて本格的に量産された国産旅客列車牽引用テンダー式蒸気機関車。「ハチロク」と愛称され、国鉄蒸気機関車の末期まで全国で使用された。

58654 
 1988年(昭和63年)に静態保存から復活してJR九州に所属しており、肥薩線を運行する「SL人吉」に運用される。この機関車は1922年(大正11年)日立製作所製で、九州地方で300万km余りを走った後、1975年(昭和50年)に廃車され、肥薩線矢岳駅前の人吉市SL展示館に展示されていた。1988年(昭和63年)に小倉工場で修復された。ボイラーは新日鐵で新製し、動輪は住友金属で新たに製作するなど、大がかりな修復となり、同年8月28日から豊肥本線の「SLあそBOY」、肥薩線の「SL人吉号」として、アメリカ風に改装された客車と共に運行開始された。
 再登場当時はほぼ原型であったが、1993年(平成5年)頃に客車のイメージにあわせて水戸岡鋭治の監修下に濃緑色に塗装され、カウキャッチャーが取り付けられたこともあった。沿線の山林で列車通過後に火災が起きてからは回転火の粉止めを装備し、体裁を整えるためダイヤモンドスタック型の煙突カバーが常用されるようになった。また、ATSもATS-SK形に換装された。
 しかし、元々古い車両だったために老朽化が進んでおり、台枠の歪みにより機体のバランスが崩れたために車軸などに負担がかかり車軸焼けなどを起こすようになっていた。当初は修復不可能と判断され、2005年8月28日をもって列車の運転が休止された。それに伴い機関車も一旦静態保存されることとなったが、JR九州としては動態保存の可能性を模索し、除籍を行わなかった。その後の調査により奇跡的にも日立製作所に製造時の図面が残されていると判明したことや、九州新幹線の延伸開業などもあり観光資源として有効活用できるとの判断から、台枠を日本車両で新製、ボイラをサッパボイラで修繕するなど約4億円の費用(客車等の修復も含む)をかけ2007年2月21日よりJR九州小倉工場にて修復を実施し、2009年4月25日より熊本駅 - 人吉駅間で運行が開始された。列車名は運転休止前に同区間を運行していた際の名称から「号」を省いた「SL人吉」とされた。



プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2016/04/09(土) 11:01:00|
  2.  ┣ SL人吉|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎神宮 神事 流鏑馬(やぶさめ) 宮崎市

今日の天気予報は雨だったので、出かけられないなあ~と思っていたのですが、雨やんでいます。
2時から、宮崎神宮で神事流鏑馬があります。行ってみることに。

宮崎神宮西神苑の駐車場は満車で車を停める事が出来ません。
宮崎県総合博物館の駐車場も満車です。
東神苑の駐車場にようやく停める事が出来ました。

神事流鏑馬は、始めて見ます。
大勢の方が来ています。
カメラマンが多いですね。
脚立は必要ですね。(持って来ていません。)
レンズの選択誤りました・・・400mmを持ってくるべきでした・・・。
車の所に引き返す時間もないので・・・このままTAMRON AF ASPHERICAL LD DiⅡ 18-250mm F3.5-6.3 MACROで撮影です。

宮崎神宮 神事 流鏑馬(やぶさめ) 宮崎市
hiroの部屋 宮崎神宮 神事 流鏑馬(やぶさめ) 宮崎市

脚立がないので、撮影出来る場所が限られてきます。

神事流鏑馬は鎌倉武士の装束に身を固めた騎馬武者たちが、馬を疾駆して大弓で的を射る古神事です。

宮崎神宮 神事 流鏑馬(やぶさめ) 宮崎市
hiroの部屋 宮崎神宮 神事 流鏑馬(やぶさめ) 宮崎市


宮崎神宮 神事 流鏑馬(やぶさめ) 宮崎市
hiroの部屋 宮崎神宮 神事 流鏑馬(やぶさめ) 宮崎市


宮崎神宮 神事 流鏑馬(やぶさめ) 宮崎市
hiroの部屋 宮崎神宮 神事 流鏑馬(やぶさめ) 宮崎市


宮崎神宮 神事 流鏑馬(やぶさめ) 宮崎市
hiroの部屋 宮崎神宮 神事 流鏑馬(やぶさめ) 宮崎市


プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2016/04/03(日) 17:25:47|
  2.  ┣ 宮崎県|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

| ホーム |