FC2ブログ

★hiroの部屋★

★写真 ★★車を快適に! ★★★バイクを快適に! ★★★★ ★★★★★ ★★★★★★ ★★★★★★★

国指定史跡 祇園原古墳群 宮崎県新富町

 一ツ瀬川左岸にある新田原台地(海抜約70m)に円墳、前方後円墳、方墳など大小あわせて207基が確認されています。
 1944年(昭和19年)11月13日に国の史跡に指定されました。

国指定史跡 祇園原古墳群 宮崎県新富町
hiroの部屋 国指定史跡 祇園原古墳群 宮崎県新富町

 「新田原古墳群」という名称は、国による史跡指定時に新田村(現在の新富町)にあった古墳を行政単位で指定措置した結果ですが2010年(平成22年)現在は、古墳の分布状況や築造時期から4つの古墳群に大別すべきと考えられていて、東から塚原古墳群、石船古墳群、山之坊古墳群、祇園原古墳群と呼ばれています。

国指定史跡 祇園原古墳群 宮崎県新富町
hiroの部屋 国指定史跡 祇園原古墳群 宮崎県新富町

 祇園原古墳群は、円墳138基、前方後円墳14基、方墳1基、墳形不明1基の合計154基が確認されています。
 石船古墳群の一部(第42~45号墳)は、1941年(昭和16年)の陸軍飛行場(現在の航空自衛隊新田原基地)建設に伴い、大師山公園に移転(縮尺を5分の1にして改葬)しました。

国指定史跡 祇園原古墳群 宮崎県新富町
hiroの部屋 国指定史跡 祇園原古墳群 宮崎県新富町

 1824年(文政7年)8月、天領右松村(現在の西都市)の「佐土原領入田村境界同意書」付図の中に入田村(旧新田村、現在の新富町)と右松村の境界に「セタヲ塚」を確認していて、前方後円墳の前方部分が西都市、後円部が新富町として、当時の境界が現在にも継承されています。

国指定史跡 祇園原古墳群 宮崎県新富町
hiroの部屋 国指定史跡 祇園原古墳群 宮崎県新富町

新田原古墳群は新富町が管理し、新富町教育委員会によって発掘調査が行われています。


プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2020/03/28(土) 11:43:10|
  2.  ┣ 古墳|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎の花 高取山公園のミツバツツジ 西都市

高取山公園では、ミツバツツジが咲き始めています。
雨が降っているので、人影はありません。

宮崎の花 高取山公園のミツバツツジ 西都市
hiroの部屋 宮崎の花 高取山公園のミツバツツジ 西都市


宮崎の花 高取山公園のミツバツツジ 西都市
hiroの部屋 宮崎の花 高取山公園のミツバツツジ 西都市


宮崎の花 高取山公園のミツバツツジ 西都市
hiroの部屋 宮崎の花 高取山公園のミツバツツジ 西都市


宮崎の花 高取山公園のミツバツツジ 西都市
hiroの部屋 宮崎の花 高取山公園のミツバツツジ 西都市

 ミツバツツジ(三葉躑躅 Rhododendron dilatatum)はツツジ科ツツジ属の落葉低木です。また、近縁のミツバツツジ類の総称でもあります。
 関東地方から近畿地方東部の太平洋側に分布し、主にやせた尾根や岩場、里山の雑木林などに生育します。
 他のミツバツツジ類の多くは雄しべが10本なのに対し、本種は5本であることが大きな特徴です。
 古くから庭木としても植えられますが、盗掘の影響もあるせいか野生の個体数は決して多くありません。
 ミツバツツジ類は、4-5月頃に咲く紅紫色の花が美しです。花が終わってから葉が出てきます。枝先に三枚の葉がつくことからこの名がつきました。
 ミツバツツジの変種には、トサノミツバツツジ、ハヤトミツバツツジ、ヒダカミツバツツジなどがあります。
 日本に自生するその他のミツバツツジ類には、トウゴクミツバツツジやサイコクミツバツツジ、コバノミツバツツジ、ダイセンミツバツツジ、ユキグニミツバツツジ、キヨスミミツバツツジなどがあります。



プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2020/03/28(土) 10:42:33|
  2.  ┣ ツツジ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

特別史跡 西都原古墳群 第207号墳と菜の花 宮崎県西都市

この場所から第207号墳を撮影するのは初めてかな~
雨ではっきり見えませんね。

特別史跡 西都原古墳群 第207号墳と菜の花 宮崎県西都市
hiroの部屋 特別史跡 西都原古墳群 第207号墳と菜の花 宮崎県西都市

上の写真と似ていますが、撮影場所は違います。

特別史跡 西都原古墳群 第207号墳と菜の花 宮崎県西都市
hiroの部屋 特別史跡 西都原古墳群 第207号墳と菜の花 宮崎県西都市


西都原古墳群
西都原古墳群(さいとばるこふんぐん)は、宮崎県のほぼ中央、一ツ瀬川の右岸、西都市街地の西の通称「西都原台地」とその周辺の中間台地や沖積地にある古墳群で、国の特別史跡に指定されています。その範囲は南北4.2km・東西2.6kmに及び指定面積は58haを超えます。
西都原古墳群は、第81号墳を現状最古として、3世紀末から7世紀にかけて築造され、その数は、陵墓参考地の男狭穂塚・女狭穂塚を加えた319基が現存し、内訳は、前方後円墳31基、方墳2基、円墳286基です。古墳の分布と築造年代等により10~13の小群に分けられます。また、古墳群には、墳丘をもつ古墳に加えて、全国に広く分布する横穴墓が10基、南九州特有の地下式横穴墓が12基が混在しています。



プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2020/03/28(土) 10:34:15|
  2.  ┣ 菜の花|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

特別史跡 西都原古墳群 鬼の窟古墳と菜の花 宮崎県西都市

国富町の「大坪のヤマザクラ」を見に行ったのですが、葉桜でした。
一週間遅かったようです。
その足で、西都原古墳群へやって来ました。
雨が降っていて、遠くの山影が見えません。
いつもの場所から撮影です。

特別史跡 西都原古墳群 鬼の窟古墳と菜の花 宮崎県西都市
hiroの部屋 特別史跡 西都原古墳群 鬼の窟古墳と菜の花 宮崎県西都市


特別史跡 西都原古墳群 鬼の窟古墳と菜の花 宮崎県西都市
hiroの部屋 特別史跡 西都原古墳群 鬼の窟古墳と菜の花 宮崎県西都市

雨の中、人影は見えません。

特別史跡 西都原古墳群 鬼の窟古墳と菜の花 宮崎県西都市
hiroの部屋 特別史跡 西都原古墳群 鬼の窟古墳と菜の花 宮崎県西都市


鬼の窟古墳
・西都原古墳群の中の206号墳
・西都原台地のほぼ中央部に位置し、直径37m、高さ7.3m、土塁の高さ約2~2.6m・土塁の基底部幅約9mを有している円墳です。
・西都原古墳群で唯一の横穴式石室を持ち、墳丘の周囲には土塁(外堤)を廻らす特異な形状は、全国的にみて他に例がありません。石室の天井石は畳3枚程の大きな石を使っていて、石室の規模は、羨道の長さが4.82m、幅2.29m、高さ1.8m、奥方の玄室は、長さが4.82m、幅2.29m、高さ2.15mあり、全てが加工された切石で積み上げられています。
・1995年(平成7年)から整備を伴う調査が行われ、築造当時の状態に復元・整備されていて中を見ることが出来ます。

鬼の窟の伝承
 西都原あたりにいた鬼が、木花咲耶姫(コノハナサクヤヒメ)を見て、初め父神の大山祇神(オオヤマツミノカミ)に「コノハナサクヤヒメを嫁にください」と申し出ました。
 オオヤマツミノカミは困ってしまい、「明朝、夜明けまでに大きな石の岩屋を造りなさい。それが出来たら娘をやろう。」という条件で岩屋を造らせることにしました。
 鬼は喜び岩屋造りにとりかかり、夜明け前に岩屋は完成し、安心してしまった鬼は眠ってしまいました。
 一方、出来る筈は無いと思っていたものの心配になったオオヤマツミノカミが様子を見に行くと、驚いたことに岩屋は完成していました。
 オオヤマツミノカミは、疲れて眠り込んでいる鬼に気づかれないように岩屋の天井石を1枚抜き取り投げました。そして、オオヤマツミノカミは岩屋が完成していないことを理由に鬼の申し出を断わりました。
 コノハナサクヤヒメは鬼のお嫁さんにならなくて良かったけれど、可哀想なのは鬼、それからこの岩屋は 「鬼の窟」と呼ばれるようになりました。

木花咲耶姫(コノハナサクヤヒメ)
 降臨した天孫・迩迩芸命(ニニギノミコト)が一目ぼれしたのが木花咲耶姫(コノハナサクヤヒメ)。海幸彦と山幸彦の母。



プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2020/03/28(土) 10:22:31|
  2.  ┣ 菜の花|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

| ホーム |