FC2ブログ

★hiroの部屋★

★写真 ★★車を快適に! ★★★バイクを快適に! ★★★★ ★★★★★ ★★★★★★ ★★★★★★★

宮崎県の田の神さぁ 丸岡(まるおか)の田の神 小林市野尻町三ケ野山字丸岡

国道268号線小林市釘松入口交差点から広域農道に入り520m先を左折し、260m程行った右手の丘の上に「丸岡(まるおか)の田の神」が祀られています。

宮崎県の田の神さぁ 丸岡(まるおか)の田の神 小林市野尻町三ケ野山字丸岡
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 丸岡(まるおか)の田の神 小林市野尻町三ケ野山字丸岡

馬頭観音、山之神、水神と共に祀られています。

宮崎県の田の神さぁ 丸岡(まるおか)の田の神 小林市野尻町三ケ野山字丸岡
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 丸岡(まるおか)の田の神 小林市野尻町三ケ野山字丸岡

「丸岡(まるおか)の田の神」の詳細
建立年:昭和13年(1938年) 3月
型分類:神像型座像、野尻型神官型
形態:座位
像高:63cm
像幅:48cm
奥行:30cm
持ち物: 纓(えい)の付いた冠を被り、衣冠束帯(いかんそくたい)で両手でメシゲに似た笏(しゃく)を持っている。
彩色:袍(ほう)・袴(はかま)・メシゲは朱色で、顔・手は白色。

纓(えい):冠の後ろに尾のようにつける装飾の具
衣冠束帯(いかんそくたい):平安時代後期に生まれた日本の衣裳の名称の一つで、公家の正装をいう。
メシゲ:しゃもじ
笏(しゃく):細長い板
袍(ほう):公家の装束の盤領 (まるえり) の上衣
袴(はかま):日本で下半身に着用する伝統的な衣類の一つ

宮崎県の田の神さぁ 丸岡(まるおか)の田の神 小林市野尻町三ケ野山字丸岡
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 丸岡(まるおか)の田の神 小林市野尻町三ケ野山字丸岡


宮崎県の田の神さぁ 丸岡(まるおか)の田の神 小林市野尻町三ケ野山字丸岡
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 丸岡(まるおか)の田の神 小林市野尻町三ケ野山字丸岡


次は、「陣原(じんばる)の田の神」へ向かいます。


「田の神さぁ」とは・・・
 田の神は、冬は山の神となり、春は里におりて田の神となって田を守り、豊作をもたらすと信じられています。
 「田の神」信仰は、全国的な民俗行事として古来から農村に浸透していますが、「田の神」を石に刻み(田の神石像)豊作を祈願する風習は、18世紀初めに始まる薩摩藩独特の文化です。
 霧島の噴火や天災などが原因で、農家にとって大変厳しい時代でしたが、江戸時代からの赤字経済を立て直すため、薩摩藩では少しでも収穫を増やそうと、稲作を奨励する政策を行っていました。このような中、農民達が霧島の噴火がおさまり豊作に恵まれるようにとの願いを込めて造ったのが田の神像の始まりといわれています。
 田の神のことを、「田の神さあ(タノカンサア)」と呼んでいます。


Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2021/03/31(水) 18:00:04|
  2.  ┣ 小林市野尻町(たのかんさあ)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎県の田の神さぁ 栗須観音丘(くりすかんのんおか)の田の神 小林市野尻町三ケ野山字大脇渡

国道268号線沿いの栗須郵便局から宮崎市方面へ走り、220m先を左斜めに入り、100m程走ると左手に鳥居が見えてきます。鳥居の奥の方に「栗須観音丘(くりすかんのんおか)の田の神」が祀られています。

宮崎県の田の神さぁ 栗須観音丘(くりすかんのんおか)の田の神 小林市野尻町三ケ野山字大脇渡
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 栗須観音丘(くりすかんのんおか)の田の神 小林市野尻町三ケ野山字大脇渡

鳥居をくぐって行くと、目の前に急な坂が・・・
おまけに厚く積もった落ち葉が・・・
落ち葉で足が滑って上手く上れません。
息を切らして、途中何度も休憩したのでした。
頂上に着いてみると、車が上れる道がありました・・・

宮崎県の田の神さぁ 栗須観音丘(くりすかんのんおか)の田の神 小林市野尻町三ケ野山字大脇渡
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 栗須観音丘(くりすかんのんおか)の田の神 小林市野尻町三ケ野山字大脇渡

馬頭観音、山之神、水神と共に祀られています。

宮崎県の田の神さぁ 栗須観音丘(くりすかんのんおか)の田の神 小林市野尻町三ケ野山字大脇渡
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 栗須観音丘(くりすかんのんおか)の田の神 小林市野尻町三ケ野山字大脇渡

「栗須観音丘(くりすかんのんおか)の田の神」の詳細
建立年:不詳
型分類:神像型座像、野尻型神官型
形態:座位
像高:68cm
像幅:64.5cm
持ち物: 纓(えい)の付いた冠を被り、衣冠束帯(いかんそくたい)で両手輪組穴ありメシゲを持っている。
彩色:袍(ほう)・袴(はかま)は朱色で、顔は白色。

纓(えい):冠の後ろに尾のようにつける装飾の具
衣冠束帯(いかんそくたい):平安時代後期に生まれた日本の衣裳の名称の一つで、公家の正装をいう。
メシゲ:しゃもじ
袍(ほう):公家の装束の盤領 (まるえり) の上衣
袴(はかま):日本で下半身に着用する伝統的な衣類の一つ

宮崎県の田の神さぁ 栗須観音丘(くりすかんのんおか)の田の神 小林市野尻町三ケ野山字大脇渡
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 栗須観音丘(くりすかんのんおか)の田の神 小林市野尻町三ケ野山字大脇渡


宮崎県の田の神さぁ 栗須観音丘(くりすかんのんおか)の田の神 小林市野尻町三ケ野山字大脇渡
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 栗須観音丘(くりすかんのんおか)の田の神 小林市野尻町三ケ野山字大脇渡


次は、「丸岡(まるおか)の田の神」へ向かいます。


「田の神さぁ」とは・・・
 田の神は、冬は山の神となり、春は里におりて田の神となって田を守り、豊作をもたらすと信じられています。
 「田の神」信仰は、全国的な民俗行事として古来から農村に浸透していますが、「田の神」を石に刻み(田の神石像)豊作を祈願する風習は、18世紀初めに始まる薩摩藩独特の文化です。
 霧島の噴火や天災などが原因で、農家にとって大変厳しい時代でしたが、江戸時代からの赤字経済を立て直すため、薩摩藩では少しでも収穫を増やそうと、稲作を奨励する政策を行っていました。このような中、農民達が霧島の噴火がおさまり豊作に恵まれるようにとの願いを込めて造ったのが田の神像の始まりといわれています。
 田の神のことを、「田の神さあ(タノカンサア)」と呼んでいます。


Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2021/03/30(火) 18:00:23|
  2.  ┣ 小林市野尻町(たのかんさあ)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎県の田の神さぁ 小坂(こさか)の田の神 小林市野尻町三ケ野山字小坂

国道268号線沿いの「道の駅ゆ~ぱるのじり」から小林市方面へ900m行くと3棟並びの住宅があり、西側の住宅の横の祠に祀られています。国道268号線から祠が見えます。

宮崎県の田の神さぁ 小坂(こさか)の田の神 小林市野尻町三ケ野山字小坂
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 小坂(こさか)の田の神 小林市野尻町三ケ野山字小坂

「小坂(こさか)の田の神」の詳細
建立年:昭和26年(1951年)
型分類:神像型座像
形態:座位
像高:68.5cm
像幅:60cm
奥行:44cm
持ち物: 纓(えい)の付いた冠を被り、衣冠束帯(いかんそくたい)で両手でメシゲに似た笏(しゃく)。
彩色:袍(ほう)と袴(はかま)は朱色で、顔は白色、笏(しゃく)は黒色。

宮崎県の田の神さぁ 小坂(こさか)の田の神 小林市野尻町三ケ野山字小坂
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 小坂(こさか)の田の神 小林市野尻町三ケ野山字小坂

纓(えい):冠の後ろに尾のようにつける装飾の具
衣冠束帯(いかんそくたい):平安時代後期に生まれた日本の衣裳の名称の一つで、公家の正装をいう。
メシゲ:しゃもじ
笏(しゃく):細長い板
袍(ほう):公家の装束の盤領 (まるえり) の上衣
袴(はかま):日本で下半身に着用する伝統的な衣類の一つ

宮崎県の田の神さぁ 小坂(こさか)の田の神 小林市野尻町三ケ野山字小坂
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 小坂(こさか)の田の神 小林市野尻町三ケ野山字小坂


次は、「栗須観音丘(くりすかんのんおか)の田の神」へ向かいます。


「田の神さぁ」とは・・・
 田の神は、冬は山の神となり、春は里におりて田の神となって田を守り、豊作をもたらすと信じられています。
 「田の神」信仰は、全国的な民俗行事として古来から農村に浸透していますが、「田の神」を石に刻み(田の神石像)豊作を祈願する風習は、18世紀初めに始まる薩摩藩独特の文化です。
 霧島の噴火や天災などが原因で、農家にとって大変厳しい時代でしたが、江戸時代からの赤字経済を立て直すため、薩摩藩では少しでも収穫を増やそうと、稲作を奨励する政策を行っていました。このような中、農民達が霧島の噴火がおさまり豊作に恵まれるようにとの願いを込めて造ったのが田の神像の始まりといわれています。
 田の神のことを、「田の神さあ(タノカンサア)」と呼んでいます。


Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2021/03/29(月) 18:00:43|
  2.  ┣ 小林市野尻町(たのかんさあ)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎県の田の神さぁ 大脇(おおわき)の田の神 小林市野尻町三ケ野山字大脇

国道268号線沿いの「道の駅ゆ~ぱるのじり」から小林市方面へ1.6km走った交差点を右折し、50m先右手に祀られています。

宮崎県の田の神さぁ 大脇(おおわき)の田の神 小林市野尻町三ケ野山字大脇
宮崎県の田の神さぁ 大脇(おおわき)の田の神 小林市野尻町三ケ野山字大脇

「大脇(おおわき)の田の神」の詳細
建立年:不詳
型分類:農民型
形態:中腰の立位
像高:66cm
像幅:44cm
奥行:40cm
持ち物:シキを被り、野良着姿で右手メシゲ左手スリコギを持っている。
彩色:顔と手は肌色で、他は全て朱色。後方からは男性根。

シキ:縄で編んだ敷物
メシゲ:しゃもじ

宮崎県の田の神さぁ 大脇(おおわき)の田の神 小林市野尻町三ケ野山字大脇
宮崎県の田の神さぁ 大脇(おおわき)の田の神 小林市野尻町三ケ野山字大脇


宮崎県の田の神さぁ 大脇(おおわき)の田の神 小林市野尻町三ケ野山字大脇
宮崎県の田の神さぁ 大脇(おおわき)の田の神 小林市野尻町三ケ野山字大脇


次は、「小坂(こさか)の田の神」へ向かいます。


「田の神さぁ」とは・・・
 田の神は、冬は山の神となり、春は里におりて田の神となって田を守り、豊作をもたらすと信じられています。
 「田の神」信仰は、全国的な民俗行事として古来から農村に浸透していますが、「田の神」を石に刻み(田の神石像)豊作を祈願する風習は、18世紀初めに始まる薩摩藩独特の文化です。
 霧島の噴火や天災などが原因で、農家にとって大変厳しい時代でしたが、江戸時代からの赤字経済を立て直すため、薩摩藩では少しでも収穫を増やそうと、稲作を奨励する政策を行っていました。このような中、農民達が霧島の噴火がおさまり豊作に恵まれるようにとの願いを込めて造ったのが田の神像の始まりといわれています。
 田の神のことを、「田の神さあ(タノカンサア)」と呼んでいます。


Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2021/03/28(日) 18:00:11|
  2.  ┣ 小林市野尻町(たのかんさあ)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

登録有形文化財(建造物) 綾陽校記念館 宮崎県東諸県郡綾町

綾小学校(当時は綾陽小学校)の校舎として、明治21年(1888)に建設された木造平屋建の建物です。
内外とも和風意匠でまとめられており、昭和32年(1957)まで校舎として利用されていました。
昭和33年永久校舎の完成に伴い撤去、その後綾陽校(りょうようこう)記念館となり、昭和63年現在地に移築されました。
今では使われなくなった農具や生活用具の他に明治時代の教科書などを展示する歴史資料館となっています。
内部にある3室の教室は,明治19年(1886)に公布された小学校令が示す標準的な教室とよく合致し,建築当時の小学校校舎の様子を今に伝えています。

円柱の赤いポスト懐かしいですね。
スリッパに履き替え中に入ります。

登録有形文化財(建造物) 綾陽校記念館 宮崎県東諸県郡綾町
hiroの部屋 登録有形文化財(建造物) 綾陽校記念館 宮崎県東諸県郡綾町

囲炉裏の側で作業をしています。
ランプが下がっています。
後ろの障子には、子供の影が映っています。演出細かいですね。

登録有形文化財(建造物) 綾陽校記念館 宮崎県東諸県郡綾町
hiroの部屋 登録有形文化財(建造物) 綾陽校記念館 宮崎県東諸県郡綾町

右側に、てこの原理を応用した足踏み式の臼の唐臼(からうす)があります。
左側には、田起こしに使う牛や馬に引かせる犂(すき)があります。
中央には、風力を起こして穀物を 籾殻・玄米・塵などに選別するための農具の唐箕(とうみ)があります。
奥には、米の脱穀で使用する足踏式脱穀機があります。

登録有形文化財(建造物) 綾陽校記念館 宮崎県東諸県郡綾町
hiroの部屋 登録有形文化財(建造物) 綾陽校記念館 宮崎県東諸県郡綾町

腕用消火ポンプがあります。
1932年(昭和7年)に東諸県郡綾村が町制施行していますので、それより前の腕用消火ポンプだと思われます。

登録有形文化財(建造物) 綾陽校記念館 宮崎県東諸県郡綾町
hiroの部屋 登録有形文化財(建造物) 綾陽校記念館 宮崎県東諸県郡綾町

とても立派な梁ですね。
奥に、足踏み水車があります。
羽根車を角度を付けて取付けたところが賢いですね。

登録有形文化財(建造物) 綾陽校記念館 宮崎県東諸県郡綾町
hiroの部屋 登録有形文化財(建造物) 綾陽校記念館 宮崎県東諸県郡綾町

平成30年3月27日に国の登録有形文化財に指定されました。
有形文化財
 建造物、絵画、工芸品、彫刻、書跡、典籍、古文書、考古資料、歴史資料等の有形の文化的所産で我が国にとって歴史上、芸術上、学術上価値の高いものの総称です。大きくは「建造物」と建造物以外の「美術工芸品」があります。


Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2021/03/28(日) 12:17:58|
  2. ■ 記念館・博物館・資料館|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

伊東四十八城「綾城」 宮崎県東諸県郡綾町

綾城(あやじょう)は、現在の宮崎県綾町にあったとされる山城です。

綾城のはじまりは、今からおよそ690年前の元弘年間(1331年~1334年)足利尊氏(あしかがたかうじ)の家臣であった細川小四郎義門(ほそかわこしろうよしかど)がこの地方に下向を命ぜられ、その子細川義遠が収納使として綾を領有し、綾に山城を構え、綾氏と称したころと考えられています。
綾氏は数代城主としてこの地方を治めていましたが、室町時代八代将軍足利義政のころ、都於郡城(とのこおりじょう)を根拠として日向の国の一大豪族となった伊東氏の家臣となりました。したがって、綾城も伊東氏四十八城の一つとなり、島津氏と戦う伊東方の重要な役割を果たしました。

伊東四十八城:日向国の戦国大名 伊東義祐、及びその後継である伊東義益の最盛期における、版図内に存在した48の外城及び砦の名数です。

伊東四十八城「綾城」 宮崎県東諸県郡綾町
hiroの部屋 伊東四十八城「綾城」 宮崎県東諸県郡綾町


伊東四十八城「綾城」 宮崎県東諸県郡綾町
hiroの部屋 伊東四十八城「綾城」 宮崎県東諸県郡綾町

都於郡城(とのこおりじょう)主三位入道伊東義祐は野尻城などの謀反により島津に追われる身となり、1577年(天正5年)豊後に落ち延びることとなりました。伊東義祐を城内に迎え入れた綾城主佐土原江守と田中国広は島津の追手から身を守る算段をととのえ、その策を伊東義祐に進言するのでした。

伊東四十八城「綾城」 宮崎県東諸県郡綾町
hiroの部屋 伊東四十八城「綾城」 宮崎県東諸県郡綾町

伊東氏衰退後は島津氏の支城となりましたが、1615年に江戸幕府の一国一城令により廃城になるまでの二百七十余年、綾城は日向の国の山城のまもりでした。

伊東四十八城「綾城」 宮崎県東諸県郡綾町
hiroの部屋 伊東四十八城「綾城」 宮崎県東諸県郡綾町

現在の綾城は日本城郭協会に依頼した中世山城の築城について考察を依頼し、数次にわたる調査に基づいた考察により想定され、昭和60年春に戦国初期城楼建造物として構築されました。当時の綾城がこのような城であったと思いたいですね。

伊東四十八城「綾城」 宮崎県東諸県郡綾町
hiroの部屋 伊東四十八城「綾城」 宮崎県東諸県郡綾町

城内は歴史資料館として綾の歴史の歩みを振り返ることができるとともに、日本一の刀鍛治といわれた田中国廣の刀が展示されています。

伊東四十八城「綾城」 宮崎県東諸県郡綾町
hiroの部屋 伊東四十八城「綾城」 宮崎県東諸県郡綾町

薄明りの荘厳な工房
刀工師は、数多くの職人のなかでも、とくに格式高く位置づけられました。自分の生涯を一瞬に凝縮して、渾身の気迫で日常を超える力を追求したのが刀工師です。
この場面は、玉鋼(たまはがね)の処理に始まる幾種もの作刀工程のなかで、「素延べ」と呼ばれるもので、仕上りを考えた念入りな成形技法によって刀の原形がここでやっと見えてきます。
このあと、さらに「焼入れ」や「仕上げ」など緊迫した「技」が続きます。

伊東四十八城「綾城」 宮崎県東諸県郡綾町
hiroの部屋 伊東四十八城「綾城」 宮崎県東諸県郡綾町

刀工田中国廣は、綾町の古屋地区で生まれ、幼い頃から父旅泊の元で鍛刀に励み伊東氏に仕えていました。
田中国廣は文武両道に秀れ、伊東氏が没落して豊後に落ちる際、伊藤マンショ(満千代)の侍臣としての功績も残しています。京に出て修行を重ねた田中国廣は石田三成など中央の人々とも交わり、新刀の開祖とまでいわれるようになりました。
天正14年(1586年)に打った刀は日州古屋住国廣作として国の重要文化財に指定されています。

伊東四十八城「綾城」 宮崎県東諸県郡綾町
hiroの部屋 伊東四十八城「綾城」 宮崎県東諸県郡綾町

綾町では昭和45年に田中国廣が住んでいた跡地に記念碑、昭和61年田中国廣ゆかりの綾城にブロンズ像を建立してその偉績を顕彰しています。

伊東四十八城「綾城」 宮崎県東諸県郡綾町
hiroの部屋 伊東四十八城「綾城」 宮崎県東諸県郡綾町


Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2021/03/28(日) 11:13:49|
  2.  ┣ 神社・神話・寺院|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎の花 高城観音池公園のリフトで桜を 都城市高城町石山

都城市高城町の観音池公園の桜が見頃になっています。

リフトが動いています。

宮崎の花 高城観音池公園のリフトで桜を 都城市高城町石山
hiroの部屋 宮崎の花 高城観音池公園のリフトで桜を 都城市高城町石山

リフトに乗って展望台に行ってみます。

宮崎の花 高城観音池公園のリフトで桜を 都城市高城町石山
hiroの部屋 宮崎の花 高城観音池公園のリフトで桜を 都城市高城町石山

20分程並んでリフトに乗りました。
料金は210円です。
半袖ですが、風が心地良いですね。

宮崎の花 高城観音池公園のリフトで桜を 都城市高城町石山
hiroの部屋 宮崎の花 高城観音池公園のリフトで桜を 都城市高城町石山

リフトを下りると、展望台はすぐそこでした。

宮崎の花 高城観音池公園のリフトで桜を 都城市高城町石山
hiroの部屋 宮崎の花 高城観音池公園のリフトで桜を 都城市高城町石山

遠くまで見渡せます。
霧島連山が見えます。

宮崎の花 高城観音池公園のリフトで桜を 都城市高城町石山
hiroの部屋 宮崎の花 高城観音池公園のリフトで桜を 都城市高城町石山

上っている時は思わなかったのですが、下りの時は下を見ているので傾斜が少し怖く感じますね。

宮崎の花 高城観音池公園のリフトで桜を 都城市高城町石山
hiroの部屋 宮崎の花 高城観音池公園のリフトで桜を 都城市高城町石山


宮崎の花 高城観音池公園のリフトで桜を 都城市高城町石山
hiroの部屋 宮崎の花 高城観音池公園のリフトで桜を 都城市高城町石山


高城観音池公園
 公園内には宮崎県唯一の観覧車や、九州最長のスライダー、ゴーカート、リフト、グラススキー場、ボート等家族で楽しめる遊具や設備が充実しています。温泉もあります。



Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2021/03/27(土) 21:24:43|
  2.  ┣ 桜|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎の花 特別史跡 西都原古墳群 桜と菜の花 宮崎県西都市

一週間前に来た時は全然咲いていなかったのですが、西都原古墳群の桜と菜の花が見頃をむかえています。
駐車場は満車に近い状態です。
多くの人が見に来ています。
ビニールシートを広げ食事をしている人、テントの中でお昼寝をしている人・・・気持ちよさそうですね。

宮崎の花 特別史跡 西都原古墳群 桜と菜の花 宮崎県西都市
hiroの部屋 宮崎の花 特別史跡 西都原古墳群 桜と菜の花 宮崎県西都市


宮崎の花 特別史跡 西都原古墳群 桜と菜の花 宮崎県西都市
hiroの部屋 宮崎の花 特別史跡 西都原古墳群 桜と菜の花 宮崎県西都市


宮崎の花 特別史跡 西都原古墳群 桜と菜の花 宮崎県西都市
hiroの部屋 宮崎の花 特別史跡 西都原古墳群 桜と菜の花 宮崎県西都市


宮崎の花 特別史跡 西都原古墳群 桜と菜の花 宮崎県西都市
hiroの部屋 宮崎の花 特別史跡 西都原古墳群 桜と菜の花 宮崎県西都市


宮崎の花 特別史跡 西都原古墳群 桜と菜の花 宮崎県西都市
hiroの部屋 宮崎の花 特別史跡 西都原古墳群 桜と菜の花 宮崎県西都市


西都原古墳群
 特別史跡西都原古墳群は、宮崎県のほぼ中央、一ツ瀬川の右岸、標高70メートル程度の西都市街地の西の通称「西都原台地」とその周辺の中間台地や沖積地にあり、その範囲は南北4.2km・東西2.6kmに及んでいます。
 指定面積は58haを超えています。
 西都原古墳群は、3世紀末から7世紀にかけて築造され、その数は、陵墓参考地の男狭穂塚・女狭穂塚を加えた319基です(内訳は、前方後円墳31基、方墳2基、円墳286基)。
 古墳の分布と築造年代等により10~13の小群に分けられています。また、古墳群には、墳丘をもつ古墳に加えて、南九州に特有の地下式横穴墓(12基)や全国に広く分布する横穴墓(10基)が混在しています。


陵墓参考地(りょうぼさんこうち)は、古記録・地域伝承・墳丘の形態や規模・出土品等により、宮内庁によって皇族の墳墓とされたが、被葬者を特定する資料に欠ける陵墓です。2府16県に46箇所が所在しています。

男狭穂塚古墳(おさほづかこふん)
 実際の被葬者は明らかではありませんが、宮内庁により「男狭穂塚陵墓参考地」(被葬候補者:瓊瓊杵尊)として陵墓参考地に治定されており、南側の女狭穂塚陵墓参考地(女狭穂塚古墳)と隣接しています。
 女狭穂塚古墳とともに九州地方では最大規模の古墳であるとともに、帆立貝形古墳としては全国で最大規模の古墳で、5世紀前半(古墳時代中期)頃の築造と推定されています。

女狭穂塚古墳(めさほづかこふん)
 実際の被葬者は明らかではありませんが、宮内庁により「女狭穂塚陵墓参考地」(被葬候補者:木花開耶姫)として陵墓参考地に治定されており、北側の男狭穂塚陵墓参考地(男狭穂塚古墳)と隣接しています。
 男狭穂塚古墳とともに九州地方では最大規模の古墳で、5世紀前半(古墳時代中期)頃の築造と推定される。

瓊瓊杵尊:ニニギ(アメニギシクニニギシアマツヒコヒコホノニニギ・ニニギノミコト)天照大御神の孫
 天照大御神の命により、ニニギノミコトは葦原中国を統治するため高天原から地上に降りたと言われています。これを天孫降臨と呼びます。
 大山祇神の娘である木花之開耶姫を妻とし、火照命(海幸彦)・火闌降命(火須勢理命)、彦火火出見尊(山幸彦)が生まれました。

木花開耶姫:コノハナノサクヤビメ(ヒメ)
 大山祇神の娘。瓊瓊杵尊の妻として、火照命(海幸彦)・火闌降命(火須勢理命)、彦火火出見尊(山幸彦)を生みました。


Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2021/03/27(土) 20:54:47|
  2.  ┣ 桜|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

砂の造形と花のコラボレーション サンドフラワーフェスタ2021 みやざき臨海公園

みやざき臨海公園にて「サンドフラワーフェスタ2021」が、2年ぶりに今日3月27日(土)から4月11日(日)まで開催されます。

砂の造形と花のコラボレーション サンドフラワーフェスタ2021 みやざき臨海公園
hiroの部屋 砂の造形と花のコラボレーション サンドフラワーフェスタ2021 みやざき臨海公園


砂の造形と花のコラボレーション サンドフラワーフェスタ2021 みやざき臨海公園
hiroの部屋 砂の造形と花のコラボレーション サンドフラワーフェスタ2021 みやざき臨海公園


砂の造形と花のコラボレーション サンドフラワーフェスタ2021 みやざき臨海公園
hiroの部屋 砂の造形と花のコラボレーション サンドフラワーフェスタ2021 みやざき臨海公園

今年のテーマは「人魚姫の春」です。

砂の造形と花のコラボレーション サンドフラワーフェスタ2021 みやざき臨海公園
hiroの部屋 砂の造形と花のコラボレーション サンドフラワーフェスタ2021 みやざき臨海公園


砂の造形と花のコラボレーション サンドフラワーフェスタ2021 みやざき臨海公園
hiroの部屋 砂の造形と花のコラボレーション サンドフラワーフェスタ2021 みやざき臨海公園


砂の造形と花のコラボレーション サンドフラワーフェスタ2021 みやざき臨海公園
hiroの部屋 砂の造形と花のコラボレーション サンドフラワーフェスタ2021 みやざき臨海公園

今日は、とても暖かったですね。
子供たちは、海に入って遊んでいました。
私は、半袖で撮影でした。


サンドフラワーフェスタ2021
開催場所:みやざき臨海公園
住所:宮崎県宮崎市新別府町前浜1400-16
料金:入場無料


Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2021/03/27(土) 20:36:05|
  2.  ┣ 宮崎県|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎県の田の神さぁ 水流平(つるのでら)の田の神 小林市野尻町三ケ野山字水流平

国道268号線沿いの「道の駅ゆ~ぱるのじり」から小林市方面へ1.6km走った交差点を右折し、390m先を右折し、340m先を左折し190m先の左手に祀られています。

宮崎県の田の神さぁ 水流平(つるのでら)の田の神 小林市野尻町三ケ野山字水流平
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 水流平(つるのでら)の田の神 小林市野尻町三ケ野山字水流平

「水流平(つるのでら)の田の神」の詳細
建立年:昭和6年11月2日(1931年)
型分類:神像型座像
形態:座位
像高:51cm
像幅:48cm
奥行:32cm
持ち物:纓(えい)の付いた冠を被り、衣冠束帯(いかんそくたい)で両手輪組でメシゲを持っている。
彩色:冠と中央部は黒色で、袍(ほう)は朱色で、顔は白色。

纓(えい):冠の後ろに尾のようにつける装飾の具
衣冠束帯(いかんそくたい):平安時代後期に生まれた日本の衣裳の名称の一つで、公家の正装をいう。
メシゲ:しゃもじ
袍(ほう):公家の装束の盤領 (まるえり) の上衣

宮崎県の田の神さぁ 水流平(つるのでら)の田の神 小林市野尻町三ケ野山字水流平
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 水流平(つるのでら)の田の神 小林市野尻町三ケ野山字水流平

田畑の広がる見通しの良い道路沿いに鎮座しています。
以前は観音丘にて馬頭観音と一緒に祀られていましたが、再びこの地に戻されたそうです。
あぐらをかくように座り烏帽子を被りメシゲを両手で持った神官型の田の神です。

宮崎県の田の神さぁ 水流平(つるのでら)の田の神 小林市野尻町三ケ野山字水流平
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 水流平(つるのでら)の田の神 小林市野尻町三ケ野山字水流平

背中には「水流平 昭和六年十一月二日」と書かれています。

宮崎県の田の神さぁ 水流平(つるのでら)の田の神 小林市野尻町三ケ野山字水流平

hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 水流平(つるのでら)の田の神 小林市野尻町三ケ野山字水流平


次は、「大脇(おおわき)の田の神」へ向かいます。


「田の神さぁ」とは・・・
 田の神は、冬は山の神となり、春は里におりて田の神となって田を守り、豊作をもたらすと信じられています。
 「田の神」信仰は、全国的な民俗行事として古来から農村に浸透していますが、「田の神」を石に刻み(田の神石像)豊作を祈願する風習は、18世紀初めに始まる薩摩藩独特の文化です。
 霧島の噴火や天災などが原因で、農家にとって大変厳しい時代でしたが、江戸時代からの赤字経済を立て直すため、薩摩藩では少しでも収穫を増やそうと、稲作を奨励する政策を行っていました。このような中、農民達が霧島の噴火がおさまり豊作に恵まれるようにとの願いを込めて造ったのが田の神像の始まりといわれています。
 田の神のことを、「田の神さあ(タノカンサア)」と呼んでいます。


Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2021/03/27(土) 18:00:02|
  2.  ┣ 小林市野尻町(たのかんさあ)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎県の田の神さぁ 角内(つのうち)の田の神 小林市野尻町三ケ野山字角内 清乃権現内

国道268号線沿いの「道の駅ゆ~ぱるのじり」から小林市方面へ1.6km走った交差点を右折し、道なりに2km走るとTj字路になります。ここを右折し400m程走ると赤い鳥居があります。この先に「角内(つのうち)の田の神」が祀られています。
私のナビには、清乃権現近辺の道路が表示されませんでした。
ナビが示す近くまで行って、後は感で探しました。

宮崎県の田の神さぁ 角内(つのうち)の田の神 小林市野尻町三ケ野山字角内 清乃権現内
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 角内(つのうち)の田の神 小林市野尻町三ケ野山字角内 清乃権現内


宮崎県の田の神さぁ 角内(つのうち)の田の神 小林市野尻町三ケ野山字角内 清乃権現内
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 角内(つのうち)の田の神 小林市野尻町三ケ野山字角内 清乃権現内

「角内(つのうち)の田の神」の詳細
建立年:大正2年8月
型分類:神像型と僧型の融合型
形態:座位
像高:75cm
像幅:48cm
奥行:35cm
持ち物:冠を被り、両手輪組で穴がある。
彩色:冠と袍(ほう)は朱色で、顔と胸元は白色。

袍(ほう):公家の装束の盤領 (まるえり) の上衣

宮崎県の田の神さぁ 角内(つのうち)の田の神 小林市野尻町三ケ野山字角内 清乃権現内
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 角内(つのうち)の田の神 小林市野尻町三ケ野山字角内 清乃権現内


宮崎県の田の神さぁ 角内(つのうち)の田の神 小林市野尻町三ケ野山字角内 清乃権現内
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 角内(つのうち)の田の神 小林市野尻町三ケ野山字角内 清乃権現内


次は、「水流平(つるのでら)の田の神」へ向かいます。


「田の神さぁ」とは・・・
 田の神は、冬は山の神となり、春は里におりて田の神となって田を守り、豊作をもたらすと信じられています。
 「田の神」信仰は、全国的な民俗行事として古来から農村に浸透していますが、「田の神」を石に刻み(田の神石像)豊作を祈願する風習は、18世紀初めに始まる薩摩藩独特の文化です。
 霧島の噴火や天災などが原因で、農家にとって大変厳しい時代でしたが、江戸時代からの赤字経済を立て直すため、薩摩藩では少しでも収穫を増やそうと、稲作を奨励する政策を行っていました。このような中、農民達が霧島の噴火がおさまり豊作に恵まれるようにとの願いを込めて造ったのが田の神像の始まりといわれています。
 田の神のことを、「田の神さあ(タノカンサア)」と呼んでいます。


Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2021/03/26(金) 18:00:12|
  2.  ┣ 小林市野尻町(たのかんさあ)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎県の田の神さぁ 相牟田(あいむた)の田の神 小林市野尻町三ケ野山字相牟田

宮崎市から小林方面へ走り、国道268号線沿いの「コメリハード&グリーン 野尻店」を過ぎ、右側の二つ目の道路に入ります。ここから860m先のY字路を左へ入り、50m程行った右手に「相牟田(あいむた)の田の神」が祀られています。

宮崎県の田の神さぁ 相牟田(あいむた)の田の神 小林市野尻町三ケ野山字相牟田
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 相牟田(あいむた)の田の神 小林市野尻町三ケ野山字相牟田


宮崎県の田の神さぁ 相牟田(あいむた)の田の神 小林市野尻町三ケ野山字相牟田
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 相牟田(あいむた)の田の神 小林市野尻町三ケ野山字相牟田

「相牟田(あいむた)の田の神」の詳細
建立年:大正2年8月
型分類:農民型と僧型の融合型
形態:座位
像高:65cm
像幅:44cm
奥行:33cm
持ち物:頭巾を被り、僧姿で両手で大きなメシゲを持っている。
彩色:黒緑の真っ赤な僧衣で、メシゲと顔は白く塗られている。

メシゲ:しゃもじ

宮崎県の田の神さぁ 相牟田(あいむた)の田の神 小林市野尻町三ケ野山字相牟田
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 相牟田(あいむた)の田の神 小林市野尻町三ケ野山字相牟田


宮崎県の田の神さぁ 相牟田(あいむた)の田の神 小林市野尻町三ケ野山字相牟田
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 相牟田(あいむた)の田の神 小林市野尻町三ケ野山字相牟田

地元の方のお話では女性の田の神さぁだと言うことです。
地元の方が輪番制で毎年塗り替えているそうです。なので毎年顔が違うそうです。


次は、「角内(つのうち)の田の神」へ向かいます。


「田の神さぁ」とは・・・
 田の神は、冬は山の神となり、春は里におりて田の神となって田を守り、豊作をもたらすと信じられています。
 「田の神」信仰は、全国的な民俗行事として古来から農村に浸透していますが、「田の神」を石に刻み(田の神石像)豊作を祈願する風習は、18世紀初めに始まる薩摩藩独特の文化です。
 霧島の噴火や天災などが原因で、農家にとって大変厳しい時代でしたが、江戸時代からの赤字経済を立て直すため、薩摩藩では少しでも収穫を増やそうと、稲作を奨励する政策を行っていました。このような中、農民達が霧島の噴火がおさまり豊作に恵まれるようにとの願いを込めて造ったのが田の神像の始まりといわれています。
 田の神のことを、「田の神さあ(タノカンサア)」と呼んでいます。


Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2021/03/25(木) 18:00:13|
  2.  ┣ 小林市野尻町(たのかんさあ)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎県の田の神さぁ 切畑(きりはた)の田の神 小林市野尻町東麓字切畑

「夜川松(よがわまつ)の田の神」から小林市方面に620m行った交差点を右折し、410m程先のY字路を右に入り突き当りを右に行った所に「切畑(きりはた)の田の神」が祀られています。

宮崎県の田の神さぁ 切畑(きりはた)の田の神 小林市野尻町東麓字切畑
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 切畑(きりはた)の田の神 小林市野尻町東麓字切畑

「切畑(きりはた)の田の神」の詳細
建立年:不詳
型分類:神像型座像、野尻型神官型
形態:座位
像高:74cm
像幅:67cm
奥行:33cm
持ち物:纓(えい)の付いた 冠を被り、衣冠束帯(いかんそくたい)で両手でメシゲに似た笏(しゃく)。
彩色: 袍(ほう)と袴とメシゲは赤色で、顔・両手・束帯は白色。

宮崎県の田の神さぁ 切畑(きりはた)の田の神 小林市野尻町東麓字切畑
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 切畑(きりはた)の田の神 小林市野尻町東麓字切畑

纓(えい):冠の後ろに尾のようにつける装飾の具
衣冠束帯(いかんそくたい):平安時代後期に生まれた日本の衣裳の名称の一つで、公家の正装をいう。
笏(しゃく):細長い板
袍(ほう):公家の装束の盤領 (まるえり) の上衣
袴(はかま):日本で下半身に着用する伝統的な衣類の一つ
メシゲ:しゃもじ

宮崎県の田の神さぁ 切畑(きりはた)の田の神 小林市野尻町東麓字切畑
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 切畑(きりはた)の田の神 小林市野尻町東麓字切畑


宮崎県の田の神さぁ 切畑(きりはた)の田の神 小林市野尻町東麓字切畑
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 切畑(きりはた)の田の神 小林市野尻町東麓字切畑


次は、「相牟田(あいむた)の田の神」へ向かいます。


「田の神さぁ」とは・・・
 田の神は、冬は山の神となり、春は里におりて田の神となって田を守り、豊作をもたらすと信じられています。
 「田の神」信仰は、全国的な民俗行事として古来から農村に浸透していますが、「田の神」を石に刻み(田の神石像)豊作を祈願する風習は、18世紀初めに始まる薩摩藩独特の文化です。
 霧島の噴火や天災などが原因で、農家にとって大変厳しい時代でしたが、江戸時代からの赤字経済を立て直すため、薩摩藩では少しでも収穫を増やそうと、稲作を奨励する政策を行っていました。このような中、農民達が霧島の噴火がおさまり豊作に恵まれるようにとの願いを込めて造ったのが田の神像の始まりといわれています。
 田の神のことを、「田の神さあ(タノカンサア)」と呼んでいます。


Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2021/03/24(水) 18:00:22|
  2.  ┣ 小林市野尻町(たのかんさあ)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎県の田の神さぁ 夜川松(よがわまつ)の田の神 小林市野尻町東麓字夜川松

国道268号線沿いの宮崎銀行野尻支店東側にある伊集院源次郎忠眞の供養塔敷地内に「夜川松(よがわまつ)の田の神」がいらっしゃいます。

宮崎県の田の神さぁ 夜川松(よがわまつ)の田の神 小林市野尻町東麓字夜川松
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 夜川松(よがわまつ)の田の神 小林市野尻町東麓字夜川松

「夜川松(よがわまつ)の田の神」の詳細
建立年:不詳
型分類:神像型座像
形態:座位
像高:67cm
像幅:50cm
奥行:35cm
持ち物:纓(えい)の付いた冠を被り、衣冠束帯(いかんそくたい)で両手輪組で穴あり。
彩色: 纓(えい)と冠は黒色。袍(ほう)と両手は薄紫色

宮崎県の田の神さぁ 夜川松(よがわまつ)の田の神 小林市野尻町東麓字夜川松
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 夜川松(よがわまつ)の田の神 小林市野尻町東麓字夜川松

纓(えい):冠の後ろに尾のようにつける装飾の具
衣冠束帯(いかんそくたい):平安時代後期に生まれた日本の衣裳の名称の一つで、公家の正装をいう。
袍(ほう):公家の装束の盤領 (まるえり) の上衣

宮崎県の田の神さぁ 夜川松(よがわまつ)の田の神 小林市野尻町東麓字夜川松
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 夜川松(よがわまつ)の田の神 小林市野尻町東麓字夜川松


次は、「切畑(きりはた)の田の神」へ向かいます。


「田の神さぁ」とは・・・
 田の神は、冬は山の神となり、春は里におりて田の神となって田を守り、豊作をもたらすと信じられています。
 「田の神」信仰は、全国的な民俗行事として古来から農村に浸透していますが、「田の神」を石に刻み(田の神石像)豊作を祈願する風習は、18世紀初めに始まる薩摩藩独特の文化です。
 霧島の噴火や天災などが原因で、農家にとって大変厳しい時代でしたが、江戸時代からの赤字経済を立て直すため、薩摩藩では少しでも収穫を増やそうと、稲作を奨励する政策を行っていました。このような中、農民達が霧島の噴火がおさまり豊作に恵まれるようにとの願いを込めて造ったのが田の神像の始まりといわれています。
 田の神のことを、「田の神さあ(タノカンサア)」と呼んでいます。


Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ

プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2021/03/23(火) 18:52:12|
  2.  ┣ 小林市野尻町(たのかんさあ)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎県の田の神さぁ 中の丁(なかのちょう)の田の神 小林市野尻町東麓字戸崎

国道268号線野尻町東仲町交差点から南へ185m程先を左折し、110m程先の左手に「中の丁(なかのちょう)の田の神」が祀られています。

宮崎県の田の神さぁ 中の丁(なかのちょう)の田の神 小林市野尻町東麓字戸崎
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 中の丁(なかのちょう)の田の神 小林市野尻町東麓字戸崎

「中の丁(なかのちょう)の田の神」の詳細
建立年:不詳
型分類:神像型座像
形態:座位
像高:60cm
像幅:50cm
奥行:33cm
持ち物:冠を被り、衣冠束帯(いかんそくたい)で両手輪組で穴なし。纓(えい)は不明。
彩色: 袍(ほう)と袴(はかま)は朱色で、顔と束帯は白色。

宮崎県の田の神さぁ 中の丁(なかのちょう)の田の神 小林市野尻町東麓字戸崎
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 中の丁(なかのちょう)の田の神 小林市野尻町東麓字戸崎

衣冠束帯(いかんそくたい):平安時代後期に生まれた日本の衣裳の名称の一つで、公家の正装をいう。
纓(えい):冠の後ろに尾のようにつける装飾の具
袍(ほう):公家の装束の盤領 (まるえり) の上衣
袴(はかま):日本で下半身に着用する伝統的な衣類の一つ

宮崎県の田の神さぁ 中の丁(なかのちょう)の田の神 小林市野尻町東麓字戸崎
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 中の丁(なかのちょう)の田の神 小林市野尻町東麓字戸崎


次は、「夜川松(よがわまつ)の田の神」へ向かいます。


「田の神さぁ」とは・・・
 田の神は、冬は山の神となり、春は里におりて田の神となって田を守り、豊作をもたらすと信じられています。
 「田の神」信仰は、全国的な民俗行事として古来から農村に浸透していますが、「田の神」を石に刻み(田の神石像)豊作を祈願する風習は、18世紀初めに始まる薩摩藩独特の文化です。
 霧島の噴火や天災などが原因で、農家にとって大変厳しい時代でしたが、江戸時代からの赤字経済を立て直すため、薩摩藩では少しでも収穫を増やそうと、稲作を奨励する政策を行っていました。このような中、農民達が霧島の噴火がおさまり豊作に恵まれるようにとの願いを込めて造ったのが田の神像の始まりといわれています。
 田の神のことを、「田の神さあ(タノカンサア)」と呼んでいます。


Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2021/03/22(月) 18:00:10|
  2.  ┣ 小林市野尻町(たのかんさあ)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎の花 馬事公苑の桜 宮崎県東諸県郡綾町

綾城下のサクラが満開になっていました。
馬事公苑のサクラは見頃でしょうか?

馬事公苑のサクラも満開になっています。
曇っていてお天気良くありませんが、暖かくて気持ちよいですね。
風が吹くと、桜の花吹雪が奇麗ですね。

宮崎の花 馬事公苑の桜 宮崎県東諸県郡綾町
hiroの部屋 宮崎の花 馬事公苑の桜 宮崎県東諸県郡綾町


宮崎の花 馬事公苑の桜 宮崎県東諸県郡綾町
hiroの部屋 宮崎の花 馬事公苑の桜 宮崎県東諸県郡綾町


宮崎の花 馬事公苑の桜 宮崎県東諸県郡綾町
hiroの部屋 宮崎の花 馬事公苑の桜 宮崎県東諸県郡綾町

この後、西都原公園に行ってみましたが、サクラはまだまだでした。

プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2021/03/21(日) 20:19:19|
  2.  ┣ 桜|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎の花 綾城のサクラ 宮崎県東諸県郡綾町

昨日は雨で出かけられませんでした。
今日は曇りですが、暖かい日が続いたので、もしかしてサクラが咲き始めたのではと思い、綾町へ出かけました。
綾城下の桜が見頃になっています。
いや、風が吹くと花吹雪が舞います。
散り始めています。

宮崎の花 綾城のサクラ 宮崎県東諸県郡綾町
hiroの部屋 宮崎の花 綾城のサクラ 宮崎県東諸県郡綾町


宮崎の花 綾城のサクラ 宮崎県東諸県郡綾町
hiroの部屋 宮崎の花 綾城のサクラ 宮崎県東諸県郡綾町


宮崎の花 綾城のサクラ 宮崎県東諸県郡綾町
hiroの部屋 宮崎の花 綾城のサクラ 宮崎県東諸県郡綾町


宮崎の花 綾城のサクラ 宮崎県東諸県郡綾町
hiroの部屋 宮崎の花 綾城のサクラ 宮崎県東諸県郡綾町

散歩をされていた地元の方が、「ここ4~5日で見頃になりました。」と。
今日来て良かった。

馬事公苑に行ってみましょう。


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2021/03/21(日) 20:11:53|
  2.  ┣ 桜|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎県の田の神さぁ 大王(だいおう)の田の神 小林市野尻町東麓字大王

国道268号線野尻町東仲町交差点から北へ430m程行った所に、「高都萬神社」の鳥居があります。
鳥居をくぐった先左手に、「大王(だいおう)の田の神」がいらっしゃいます。

宮崎県の田の神さぁ 大王(だいおう)の田の神 小林市野尻町東麓字大王
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 大王(だいおう)の田の神 小林市野尻町東麓字大王

「大王(だいおう)の田の神」の詳細
建立年:享保18年6月(1733年)
型分類:神像型座像、野尻神像型
形態:座位
像高:75cm
像幅:76cm
奥行:35cm
持ち物:冠を被り、衣冠束帯(いかんそくたい)で両手輪組で穴あり。祭りの時メシゲを挿す。
彩色: 無し。

衣冠束帯(いかんそくたい):平安時代後期に生まれた日本の衣裳の名称の一つで、公家の正装をいう。
メシゲ:しゃもじ

宮崎県の田の神さぁ 大王(だいおう)の田の神 小林市野尻町東麓字大王
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 大王(だいおう)の田の神 小林市野尻町東麓字大王

穴が開いています。笏(しゃく)か、メシゲを持つのでしょうか?

宮崎県の田の神さぁ 大王(だいおう)の田の神 小林市野尻町東麓字大王
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 大王(だいおう)の田の神 小林市野尻町東麓字大王

野尻地区では最古の田の神です。

次は、「中の丁(なかのちょう)の田の神」へ向かいます。


「田の神さぁ」とは・・・
 田の神は、冬は山の神となり、春は里におりて田の神となって田を守り、豊作をもたらすと信じられています。
 「田の神」信仰は、全国的な民俗行事として古来から農村に浸透していますが、「田の神」を石に刻み(田の神石像)豊作を祈願する風習は、18世紀初めに始まる薩摩藩独特の文化です。
 霧島の噴火や天災などが原因で、農家にとって大変厳しい時代でしたが、江戸時代からの赤字経済を立て直すため、薩摩藩では少しでも収穫を増やそうと、稲作を奨励する政策を行っていました。このような中、農民達が霧島の噴火がおさまり豊作に恵まれるようにとの願いを込めて造ったのが田の神像の始まりといわれています。
 田の神のことを、「田の神さあ(タノカンサア)」と呼んでいます。


Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ

プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2021/03/21(日) 18:00:37|
  2.  ┣ 小林市野尻町(たのかんさあ)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎県の田の神さぁ 東吉村(ひがしよしむら)の田の神 小林市野尻町東麓字吉村

「西吉村(にしよしむら)の田の神」側の十字路を南へ20m程行った所に「東吉村(ひがしよしむら)の田の神」が祀られています。

宮崎県の田の神さぁ 東吉村(ひがしよしむら)の田の神 小林市野尻町東麓字吉村
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 東吉村(ひがしよしむら)の田の神 小林市野尻町東麓字吉村


宮崎県の田の神さぁ 東吉村(ひがしよしむら)の田の神 小林市野尻町東麓字吉村
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 東吉村(ひがしよしむら)の田の神 小林市野尻町東麓字吉村

「東吉村(ひがしよしむら)の田の神」の詳細
建立年:天保13年12月(1842年)
型分類:仏像型(大黒天風)
形態:座位
像高:86cm
像幅:68cm
奥行:30cm
持ち物:頭巾様被り、長袖和服。両肩に2本のメシゲを抱え、両手輪組で数珠。
彩色: 無し

メシゲ:しゃもじ

宮崎県の田の神さぁ 東吉村(ひがしよしむら)の田の神 小林市野尻町東麓字吉村
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 東吉村(ひがしよしむら)の田の神 小林市野尻町東麓字吉村

次は、「大王(だいおう)の田の神」へ向かいます


「田の神さぁ」とは・・・
 田の神は、冬は山の神となり、春は里におりて田の神となって田を守り、豊作をもたらすと信じられています。
 「田の神」信仰は、全国的な民俗行事として古来から農村に浸透していますが、「田の神」を石に刻み(田の神石像)豊作を祈願する風習は、18世紀初めに始まる薩摩藩独特の文化です。
 霧島の噴火や天災などが原因で、農家にとって大変厳しい時代でしたが、江戸時代からの赤字経済を立て直すため、薩摩藩では少しでも収穫を増やそうと、稲作を奨励する政策を行っていました。このような中、農民達が霧島の噴火がおさまり豊作に恵まれるようにとの願いを込めて造ったのが田の神像の始まりといわれています。
 田の神のことを、「田の神さあ(タノカンサア)」と呼んでいます。


Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ

プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2021/03/20(土) 18:00:37|
  2.  ┣ 小林市野尻町(たのかんさあ)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎県の田の神さぁ 西吉村(にしよしむら)の田の神 小林市野尻町東麓字西吉村

小林市野尻町東仲町交差点から北へ1.16km走った吉村バス停の側に「西吉村(にしよしむら)の田の神」が祀られています。

宮崎県の田の神さぁ 西吉村(にしよしむら)の田の神 小林市野尻町東麓字西吉村
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 西吉村(にしよしむら)の田の神 小林市野尻町東麓字西吉村


宮崎県の田の神さぁ 西吉村(にしよしむら)の田の神 小林市野尻町東麓字西吉村
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 西吉村(にしよしむら)の田の神 小林市野尻町東麓字西吉村

「西吉村(にしよしむら)の田の神」の詳細
建立年:昭和14年(1939年)
型分類:神像型座像、野尻神像型
形態:座位
像高:60cm
像幅:48cm
奥行:50cm
持ち物:冠を被り、衣冠束帯(いかんそくたい)で両手メシゲを持つ。
彩色: 顔は肌色でメシゲと袍(ほう)は朱色

衣冠束帯(いかんそくたい):平安時代後期に生まれた日本の衣裳の名称の一つで、公家の正装をいう。
メシゲ:しゃもじ
袍(ほう):公家の装束の盤領 (まるえり) の上衣

宮崎県の田の神さぁ 西吉村(にしよしむら)の田の神 小林市野尻町東麓字西吉村
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 西吉村(にしよしむら)の田の神 小林市野尻町東麓字西吉村

次は、「 東吉村(ひがしよしむら)の田の神」へ向かいます。


「田の神さぁ」とは・・・
 田の神は、冬は山の神となり、春は里におりて田の神となって田を守り、豊作をもたらすと信じられています。
 「田の神」信仰は、全国的な民俗行事として古来から農村に浸透していますが、「田の神」を石に刻み(田の神石像)豊作を祈願する風習は、18世紀初めに始まる薩摩藩独特の文化です。
 霧島の噴火や天災などが原因で、農家にとって大変厳しい時代でしたが、江戸時代からの赤字経済を立て直すため、薩摩藩では少しでも収穫を増やそうと、稲作を奨励する政策を行っていました。このような中、農民達が霧島の噴火がおさまり豊作に恵まれるようにとの願いを込めて造ったのが田の神像の始まりといわれています。
 田の神のことを、「田の神さあ(タノカンサア)」と呼んでいます。


Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ

プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2021/03/19(金) 18:00:34|
  2.  ┣ 小林市野尻町(たのかんさあ)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎県の田の神さぁ 大久保(おおくぼ)の田の神 小林市野尻町東麓字丸岡

「のじりこぴあ」から国道248号線を西へ1.8km走った野尻町東麓の十字路を左折し、南へ1.4km走り右折し、200m先を左折し少し走った所にある丸岡農村公園敷地内に「大久保(おおくぼ)の田の神」が祀られています。
私のナビには、丸岡農村公園近辺の道路が表示されませんでした。
ナビが示す近くまで行って、後は感で探しました。

宮崎県の田の神さぁ 大久保(おおくぼ)の田の神 小林市野尻町東麓字丸岡
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 大久保(おおくぼ)の田の神 小林市野尻町東麓字丸岡

「大久保(おおくぼ)の田の神」の詳細
建立年:昭和23年(1948年)
型分類:農民型
形態:立位
像高:62cm
像幅:38cm
奥行:30cm
持ち物:シキを被り野良着姿で右手にメシゲ、左手にスリコギを持ち、右足を前に出している。
彩色:シキは黒色。羽織とメシゲは赤色で、モンペは緑色。

シキ:縄で編んだ敷物
メシゲ:しゃもじ

宮崎県の田の神さぁ 大久保(おおくぼ)の田の神 小林市野尻町東麓字丸岡
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 大久保(おおくぼ)の田の神 小林市野尻町東麓字丸岡


宮崎県の田の神さぁ 大久保(おおくぼ)の田の神 小林市野尻町東麓字丸岡
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 大久保(おおくぼ)の田の神 小林市野尻町東麓字丸岡

次は、「西吉村(にしよしむら)の田の神」に向かいます。


「田の神さぁ」とは・・・
 田の神は、冬は山の神となり、春は里におりて田の神となって田を守り、豊作をもたらすと信じられています。
 「田の神」信仰は、全国的な民俗行事として古来から農村に浸透していますが、「田の神」を石に刻み(田の神石像)豊作を祈願する風習は、18世紀初めに始まる薩摩藩独特の文化です。
 霧島の噴火や天災などが原因で、農家にとって大変厳しい時代でしたが、江戸時代からの赤字経済を立て直すため、薩摩藩では少しでも収穫を増やそうと、稲作を奨励する政策を行っていました。このような中、農民達が霧島の噴火がおさまり豊作に恵まれるようにとの願いを込めて造ったのが田の神像の始まりといわれています。
 田の神のことを、「田の神さあ(タノカンサア)」と呼んでいます。


Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ

プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2021/03/18(木) 18:00:33|
  2.  ┣ 小林市野尻町(たのかんさあ)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

航空自衛隊 F-4ファントム戦闘機 全機引退

3月17日航空自衛隊 F-4ファントム戦闘機が、航空自衛隊岐阜基地でラストフライトを行いました。
1966年(昭和41年)に、第2次F-XによりF-86Fの後継機種としてF-4Eを日本向けに改修したF-4EJを選定しました。
第301飛行隊は、1973年(昭和48年)にF-4EJ戦闘機の1番目の飛行隊として、第7航空団隷下に新編されました。
第301飛行隊は、1985年(昭和60年)新田原基地の第5航空団へ移駐してきました。
1991年(平成3年)4月には、F-4EJ改戦闘機に機種更新されました。
2016年(平成28年)10月に、F-15Jを装備する第305飛行隊と入れ替わる形で、第301飛行隊は百里基地に移駐しました。

以前撮影したF-4EJファントムを再度アップしました。

hiroの部屋 新田原基地 McDonnell Douglas F-4EJ(改) ファントム


Mitsubishi F-4EJ Phantom II 47-8334 57-8369
hiroの部屋 新田原基地 McDonnell Douglas F-4EJ(改)


Mitsubishi F-4EJ Phantom II 47-8340
hiroの部屋 新田原基地 McDonnell Douglas F-4EJ(改)


McDonnell Douglas F-4EJ(改)
Mitsubishi F-4EJ Phantom II 57-8367 67-8384
hiroの部屋 新田原基地 McDonnell Douglas F-4EJ(改)


RF-4Eファントム
hiroの部屋 航空祭2009 地上展示機 航空自衛隊新田原基地

RF-4Eファントム
主装備 前方監視レーダー、側方偵察レーダー、前方フレームカメラ、低高度パノラミックカメラ、低高度パノラミックカメラ、高高度パノラミックカメラ、ビューファインダー、赤外線探知装置、フラッシュ発射器
偵察機RF-4Eの特徴は、従来機よりも速度、性能、航続性、安全性が向上したことです。
さらに搭乗員2人で任務の分担ができるため、肉眼による確認の確実性が高まりました。
カメラは機体のスピードに連動して写真が流れないようになっています。
側方偵察レーダー、赤外線探査装置、低高度パノラマ・高高度パノラマ・前方フレームの3種のカメラによって、雨中でも夜間でも偵察・撮影ができます。
雲仙普賢岳噴火や奥尻島津波などで被災地を撮影、災害対策を支援しました。

McDonnell Douglas F-4EJ(改) ファントム
hiroの部屋 航空祭2009 地上展示機 航空自衛隊新田原基地

McDonnell Douglas F-4EJ(改) ファントム
最大速度 マッハ2.2
武装    M-61A1 20mm機関砲×1門、空対空レーダーミサイル×4発、空対空赤外線ミサイル×4発
F-4EJは、米空軍のF-4Eを改造した戦闘機で、日本での運用には不必要な装備を取り除き、データ・リンクを載せて要撃戦闘機タイプにしたものです。
昭和56年度に生産は完了、その後、航空自衛隊の防空能力の向上・近代化の一環として、F-4EJの改修に着手しました。(F-4EJ(改))。
そして、56年度から6年間、試改修・実用試験を行い、量産改修されました。
改修の主な内容は、レーダー、FCS(火器管制)システムの近代化、航法、通信能力の向上、搭載ミサイルの近代化、爆撃機能の向上などです。

航空祭2009 地上展示機コクピット 航空自衛隊新田原基地
航空祭2009 地上展示機コクピット 航空自衛隊新田原基地


航空祭2009 地上展示機コクピット 航空自衛隊新田原基地
hiroの部屋 航空祭2009 地上展示機コクピット 航空自衛隊新田原基地

第301飛行隊40周年記念塗装のF-4EJ改(77-8398)

2013新田原航空祭前日予行 第5航空団第301飛行隊 F4 宮崎県新富町 第301飛行隊40周年記念塗装機
2hiroの部屋 013新田原航空祭前日予行 第5航空団第301飛行隊 F4 宮崎県新富町


2013新田原航空祭前日予行 第5航空団第301飛行隊 F4 宮崎県新富町 第301飛行隊40周年記念塗装機
hiroの部屋 013新田原航空祭前日予行 第5航空団第301飛行隊 F4 宮崎県新富町


2013新田原航空祭前日予行 第5航空団第301飛行隊 F4 宮崎県新富町 第301飛行隊40周年記念塗装機
hiroの部屋 013新田原航空祭前日予行 第5航空団第301飛行隊 F4 宮崎県新富町


301SQ F-4 Japan Air Self-Defense Force Mitsubishi F-4EJ Phantom II 97-8416
hiroの部屋 301SQ F-4 Japan Air Self-Defense Force Mitsubishi F-4EJ Phantom II 97-8416


301SQ F-4 Japan Air Self-Defense Force Mitsubishi F-4EJ Phantom II 97-8416 17-8440
hiroの部屋 301SQ F-4 Japan Air Self-Defense Force Mitsubishi F-4EJ Phantom II 97-8416 17-8440


偵察航空隊 第501飛行隊 McDonnell Douglas RF-4E Phantom II 57-6914
hiroの部屋 偵察航空隊 第501飛行隊 McDonnell Douglas RF-4E Phantom II 57-6914


偵察航空隊 第501飛行隊 McDonnell Douglas RF-4E Phantom II 57-6914
hiroの部屋 偵察航空隊 第501飛行隊 McDonnell Douglas RF-4E Phantom II 57-6914


航空自衛隊新田原基地 JASDF 偵察航空隊 第501飛行隊 Mitsubishi RF-4EJ Phantom II 77-6397
hiroの部屋 航空自衛隊新田原基地 JASDF 偵察航空隊 第501飛行隊 Mitsubishi RF-4EJ Phantom II 77-6397


航空自衛隊新田原基地 JASDF 偵察航空隊 第501飛行隊 Mitsubishi RF-4EJ Phantom II 77-6397
hiroの部屋 航空自衛隊新田原基地 JASDF 偵察航空隊 第501飛行隊 Mitsubishi RF-4EJ Phantom II 77-6397


航空自衛隊新田原基地 JASDF 偵察航空隊 第501飛行隊 Mitsubishi RF-4EJ Phantom II 77-6397
hiroの部屋 航空自衛隊新田原基地 JASDF 偵察航空隊 第501飛行隊 Mitsubishi RF-4EJ Phantom II 77-6397


航空自衛隊新田原基地 JASDF 偵察航空隊 第501飛行隊 McDonnell Douglas RF-4E Phantom II 57-6913
hiroの部屋 航空自衛隊新田原基地 JASDF 偵察航空隊 第501飛行隊 McDonnell Douglas RF-4E Phantom II 57-6913


航空自衛隊新田原基地 JASDF 偵察航空隊 第501飛行隊 McDonnell Douglas RF-4E Phantom II 57-6913
hiroの部屋 航空自衛隊新田原基地 JASDF 偵察航空隊 第501飛行隊 McDonnell Douglas RF-4E Phantom II 57-6913


新田原エアフェスタ2018 地上展示 McDonnell Douglas RF-4E Phantom II 47-6901
hiroの部屋 新田原エアフェスタ2018 地上展示 McDonnell Douglas RF-4E Phantom II 47-6901


新田原エアフェスタ2018 地上展示 第301飛行隊 Mitsubishi F-4EJ Phantom II 57-8353
hiroの部屋 新田原エアフェスタ2018 地上展示 第301飛行隊 Mitsubishi F-4EJ Phantom II 57-8353


新田原エアフェスタ2019 偵察航空隊501飛行隊 McDonnell Douglas RF-4E Phantom II 57-6907
hiroの部屋 新田原エアフェスタ2019 偵察航空隊501飛行隊 McDonnell Douglas RF-4E Phantom II 57-6907


新田原エアフェスタ2019 偵察航空隊501飛行隊 McDonnell Douglas RF-4E Phantom II 57-6907
hiroの部屋 新田原エアフェスタ2019 偵察航空隊501飛行隊 McDonnell Douglas RF-4E Phantom II 57-6907


新田原エアフェスタ2019 第7航空団第301飛行隊 Mitsubishi F-4EJ Phantom II 37-8315
hiroの部屋 新田原エアフェスタ2019 第7航空団第301飛行隊 Mitsubishi F-4EJ Phantom II 37-8315


新田原エアフェスタ2019 第7航空団第301飛行隊 Mitsubishi F-4EJ Phantom II 37-8315
hiroの部屋 新田原エアフェスタ2019 第7航空団第301飛行隊 Mitsubishi F-4EJ Phantom II 37-8315


新田原エアフェスタ2019 第7航空団第301飛行隊 Mitsubishi F-4EJ Phantom II 37-8315
hiroの部屋 新田原エアフェスタ2019 第7航空団第301飛行隊 Mitsubishi F-4EJ Phantom II 37-8315


新田原エアフェスタ2019 第7航空団第301飛行隊 Mitsubishi F-4EJ Phantom II 37-8315
hiroの部屋 新田原エアフェスタ2019 第7航空団第301飛行隊 Mitsubishi F-4EJ Phantom II 37-8315

2019年の航空祭が、最後のファントムの撮影になりました。


F-4 (戦闘機)
 1966年(昭和41年)に第2次F-XによりF-86Fの後継機種としてF-4Eを日本向けに改修したF-4EJを選定した。
 導入時の際の2機はマクドネル社セントルイス工場製の輸入、続く8機分は部品で輸入し三菱重工業でのノックダウン生産、それ以降を同社によるライセンス生産と決定した。
 加えて、1974年(昭和49年)よりRF-4Eを14機輸入しており、1981年(昭和56年)の生産終了までに日本が調達したF-4の総数は154機となる。
 また、F-4のライセンス生産が許可されたのは日本が唯一となる。
 F-15Jが導入されるまで主力戦闘機として防空任務を担当した。
 出自が艦上機であるために陸上機としては大きな構造重量(着艦の衝撃に耐えるため、足周りが頑丈であった)への批判や、採用後も1976年(昭和51年)のベレンコ中尉亡命事件で低空目標の探知能力(ルックダウン能力)不足が明らかになるなど、課題も抱えた[36]。
 F-104J/DJが実戦部隊から退いた1986年(昭和61年)からは数の上でもF-15Jが主力戦闘機となるが、1989年(平成元年)より延命・能力向上目的の改修を受けた90機が「F-4EJ改」となり防空任務に就いた。
 また、RF-4E偵察機2機の事故減に対して、1990年(平成2年)より15機の近代化改修対象外の初期型F-4EJを偵察型「RF-4EJ」に改修した。
 三沢基地の第3航空団第8飛行隊はF-2の配備遅延のために1997年(平成9年)から繋ぎとしてF-1の代わりにF-4EJ改を支援戦闘機として運用していた。
 現在、F-4はF-15Jへの更新や部隊の改編、老朽化により徐々にその数を減らしている。
 2019年現在、日本でF-4を戦闘機部隊で運用しているのは茨城県百里基地の第7航空団第301飛行隊の一個飛行隊となっている。
 また、RF-4E/EJ改を運用している百里基地偵察航空隊第501飛行隊を偵察型に改修したF-15Jで更新する計画があった。


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2021/03/17(水) 19:07:55|
  2.  ┣ 航空自衛隊|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎県の田の神さぁ 大平山(おおびらやま)の田の神 小林市野尻町東麓字大平山

国道248号線沿いのすみちゃんラーメン萩の茶屋店の西側200mに北側に入る小さな道があります。何度もこの国道を走っていますが、こんな所に道があるとは知りませんでした。
狭い道を上って行くと、急に広い道路に出ます。少し走ったY字路に「大平山(おおびらやま)の田の神」が祀られています。

宮崎県の田の神さぁ 大平山(おおびらやま)の田の神 小林市野尻町東麓字大平山
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 大平山(おおびらやま)の田の神 小林市野尻町東麓字大平山


宮崎県の田の神さぁ 大平山(おおびらやま)の田の神 小林市野尻町東麓字大平山
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 大平山(おおびらやま)の田の神 小林市野尻町東麓字大平山

「大平山(おおびらやま)の田の神」の詳細
建立年:昭和13年2月(1938年)
型分類:神像型座像
形態:座位
像高:47cm
像幅:35cm
奥行:23cm
持ち物:纓(えい)の付いた冠を被り、衣冠束帯(いかんそくたい)で右手に笏(しゃく)、左手に宝珠を持っている。
彩色: 朱塗りの跡が残っている。

纓(えい):冠の後ろに尾のようにつける装飾の具
衣冠束帯(いかんそくたい):平安時代後期に生まれた日本の衣裳の名称の一つで、公家の正装をいう。

宮崎県の田の神さぁ 大平山(おおびらやま)の田の神 小林市野尻町東麓字大平山
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 大平山(おおびらやま)の田の神 小林市野尻町東麓字大平山


宮崎県の田の神さぁ 大平山(おおびらやま)の田の神 小林市野尻町東麓字大平山
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 大平山(おおびらやま)の田の神 小林市野尻町東麓字大平山

田の神様の前には、広い田んぼが広がっています。

宮崎県の田の神さぁ 大平山(おおびらやま)の田の神 小林市野尻町東麓字大平山
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 大平山(おおびらやま)の田の神 小林市野尻町東麓字大平山

次は、「大久保(おおくぼ)の田の神」に向かいます。


「田の神さぁ」とは・・・
 田の神は、冬は山の神となり、春は里におりて田の神となって田を守り、豊作をもたらすと信じられています。
 「田の神」信仰は、全国的な民俗行事として古来から農村に浸透していますが、「田の神」を石に刻み(田の神石像)豊作を祈願する風習は、18世紀初めに始まる薩摩藩独特の文化です。
 霧島の噴火や天災などが原因で、農家にとって大変厳しい時代でしたが、江戸時代からの赤字経済を立て直すため、薩摩藩では少しでも収穫を増やそうと、稲作を奨励する政策を行っていました。このような中、農民達が霧島の噴火がおさまり豊作に恵まれるようにとの願いを込めて造ったのが田の神像の始まりといわれています。
 田の神のことを、「田の神さあ(タノカンサア)」と呼んでいます。


Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ

プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2021/03/17(水) 18:00:06|
  2.  ┣ 小林市野尻町(たのかんさあ)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎県の田の神さぁ 天ヶ谷(あまがたに)の田の神 小林市野尻町東麓字天ヶ谷

国道248号線を宮崎市から小林方面に走り、山椒茶屋野尻店先の坂を上り切った十字路を右折し、次のT字路を左折し400m程走り、右側の道を40m程上った所に「天ヶ谷(あまがたに)の田の神」が祀られています。

宮崎県の田の神さぁ 天ヶ谷(あまがたに)の田の神 小林市野尻町東麓字天ヶ谷
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 天ヶ谷(あまがたに)の田の神 小林市野尻町東麓字天ヶ谷


宮崎県の田の神さぁ 天ヶ谷(あまがたに)の田の神 小林市野尻町東麓字天ヶ谷
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 天ヶ谷(あまがたに)の田の神 小林市野尻町東麓字天ヶ谷

「天ヶ谷(あまがたに)の田の神」の詳細
建立年:不詳
形態:自然石
像高:125cm
像幅:63cm

宮崎県の田の神さぁ 天ヶ谷(あまがたに)の田の神 小林市野尻町東麓字天ヶ谷
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 天ヶ谷(あまがたに)の田の神 小林市野尻町東麓字天ヶ谷

とても大きな自然石です。

宮崎県の田の神さぁ 天ヶ谷(あまがたに)の田の神 小林市野尻町東麓字天ヶ谷
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 天ヶ谷(あまがたに)の田の神 小林市野尻町東麓字天ヶ谷

次は、宮崎方面に少し引き返し「大平山(おおびらやま)の田の神」に向かいます。


「田の神さぁ」とは・・・
 田の神は、冬は山の神となり、春は里におりて田の神となって田を守り、豊作をもたらすと信じられています。
 「田の神」信仰は、全国的な民俗行事として古来から農村に浸透していますが、「田の神」を石に刻み(田の神石像)豊作を祈願する風習は、18世紀初めに始まる薩摩藩独特の文化です。
 霧島の噴火や天災などが原因で、農家にとって大変厳しい時代でしたが、江戸時代からの赤字経済を立て直すため、薩摩藩では少しでも収穫を増やそうと、稲作を奨励する政策を行っていました。このような中、農民達が霧島の噴火がおさまり豊作に恵まれるようにとの願いを込めて造ったのが田の神像の始まりといわれています。
 田の神のことを、「田の神さあ(タノカンサア)」と呼んでいます。


Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ

プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2021/03/16(火) 18:00:33|
  2.  ┣ 小林市野尻町(たのかんさあ)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎県の田の神さぁ 境別府(さかいべっぷ)の田の神 小林市野尻町東麓字境別府

国道248号線を宮崎市から小林方面に走り、山椒茶屋野尻店先の坂を上り切った十字路を左折し1.2km走った左カーブの途中林の中に「境別府(さかいべっぷ)の田の神」が祀られています。

宮崎県の田の神さぁ 境別府(さかいべっぷ)の田の神 小林市野尻町東麓字境別府
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 境別府(さかいべっぷ)の田の神 小林市野尻町東麓字境別府


宮崎県の田の神さぁ 境別府(さかいべっぷ)の田の神 小林市野尻町東麓字境別府
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 境別府(さかいべっぷ)の田の神 小林市野尻町東麓字境別府

広くはありません。
1m四方程度ですね。

宮崎県の田の神さぁ 境別府(さかいべっぷ)の田の神 小林市野尻町東麓字境別府
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 境別府(さかいべっぷ)の田の神 小林市野尻町東麓字境別府

「境別府(さかいべっぷ)の田の神」の詳細
建立年:不詳
形態:自然石
像高:23.5cm(中央の石)
像周:35.5cm(中央の石)

宮崎県の田の神さぁ 境別府(さかいべっぷ)の田の神 小林市野尻町東麓字境別府
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 境別府(さかいべっぷ)の田の神 小林市野尻町東麓字境別府

次は、「天ヶ谷(あまがたに)の田の神」に向かいます。


「田の神さぁ」とは・・・
 田の神は、冬は山の神となり、春は里におりて田の神となって田を守り、豊作をもたらすと信じられています。
 「田の神」信仰は、全国的な民俗行事として古来から農村に浸透していますが、「田の神」を石に刻み(田の神石像)豊作を祈願する風習は、18世紀初めに始まる薩摩藩独特の文化です。
 霧島の噴火や天災などが原因で、農家にとって大変厳しい時代でしたが、江戸時代からの赤字経済を立て直すため、薩摩藩では少しでも収穫を増やそうと、稲作を奨励する政策を行っていました。このような中、農民達が霧島の噴火がおさまり豊作に恵まれるようにとの願いを込めて造ったのが田の神像の始まりといわれています。
 田の神のことを、「田の神さあ(タノカンサア)」と呼んでいます。


Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ

プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2021/03/15(月) 18:00:22|
  2.  ┣ 小林市野尻町(たのかんさあ)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎の花 宮崎市久峰総合公園のカンザクラ 宮崎市佐土原町

ウォーキングコースの散策を終え、公園内の冒険広場に下りて来ました。
子供たちが楽しそうに遊んでいます。
ピクニック広場に1本だけ桜が咲いています。

カンザクラの様です。

宮崎の花 宮崎市久峰総合公園のカンザクラ 宮崎市佐土原町
hiroの部屋 宮崎の花 宮崎市久峰総合公園のカンザクラ 宮崎市佐土原町


宮崎の花 宮崎市久峰総合公園のカンザクラ 宮崎市佐土原町
hiroの部屋 宮崎の花 宮崎市久峰総合公園のカンザクラ 宮崎市佐土原町


宮崎の花 宮崎市久峰総合公園のカンザクラ 宮崎市佐土原町
hiroの部屋 宮崎の花 宮崎市久峰総合公園のカンザクラ 宮崎市佐土原町


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2021/03/14(日) 19:46:28|
  2.  ┣ 桜|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎の野鳥 宮崎市久峰総合公園のシロハラ 宮崎市佐土原町

ウォーキングコースを散策していると、フキを取っている女性が数人います。
確かに、ここにはフキが沢山あります。
鳥が木の枝にとまっているのが見えます。
静かにレンズを交換です。

シロハラかな?

宮崎の野鳥 宮崎市久峰総合公園のシロハラ 宮崎市佐土原町
hiroの部屋 宮崎の野鳥 宮崎市久峰総合公園のシロハラ 宮崎市佐土原町


宮崎の野鳥 宮崎市久峰総合公園のシロハラ 宮崎市佐土原町
hiroの部屋 宮崎の野鳥 宮崎市久峰総合公園のシロハラ 宮崎市佐土原町


シロハラ(白腹、学名: Turdus pallidus)は、スズメ目ツグミ科に分類される鳥の一種。
冬鳥として全国各地の平地から山地の林、市街地の公園の林などのやや暗い林床に生息している。



プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2021/03/14(日) 19:37:25|
  2.  ┣ その他の鳥|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎の花 宮崎市久峰総合公園のヤマザクラ 宮崎市佐土原町

用事があり、佐土原町へやって来ました。
時間が出来たので、久々に久峰総合公園へ。
駐車場に車を停めると、目の前に桜が咲いています。
ヤマザクラがまだ咲いていました。

宮崎の花 宮崎市久峰総合公園のヤマザクラ 宮崎市佐土原町
hiroの部屋 宮崎の花 宮崎市久峰総合公園のヤマザクラ 宮崎市佐土原町


宮崎の花 宮崎市久峰総合公園のヤマザクラ 宮崎市佐土原町
hiroの部屋 宮崎の花 宮崎市久峰総合公園のヤマザクラ 宮崎市佐土原町


ウォーキングコースがあるので、ちょっと散策してみます。


ヤマザクラ(山桜、学名:Cerasus jamasakura)
 バラ科サクラ属の落葉高木です。
 日本に10種あるサクラ属の基本野生種の中でも代表的な種で、和歌にも数多く詠まれています。
 サクラの仲間では寿命が長く、ときに樹高30mを超える大木になります。
 ヤマザクラは同一地域の個体群内でも個体変異が多く、開花時期、花つき、葉と花の開く時期、花の色の濃淡と新芽の色、樹の形など様々な変異があります。
 同じ場所に育つ個体でも一週間程度の開花時期のずれがあるため、同じサクラでもソメイヨシノと違って、短期間の開花時期に集中して花見をする必要はなく、じっくりと観察できます。
 花弁は5枚で、色は一般的に白色、淡紅色ですが、淡紅紫色や先端の色が濃いものなど変化も見られます。
 樹皮は暗褐色または暗灰色で、樺細工などに利用されています。



Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2021/03/14(日) 19:25:22|
  2.  ┣ 桜|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎県の田の神さぁ 今別府府(いまべっぷ)の田の神 小林市野尻町紙屋字今別府

宮崎市から小林方面に走っていると、野尻町塩屋の国道248号線沿いに見越商店(まんぞく屋)があります。ここを左折しその先のT字路右の方に「今別府府(いまべっぷ)の田の神」が祀られています。

宮崎県の田の神さぁ 今別府府(いまべっぷ)の田の神 小林市野尻町紙屋字今別府
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 今別府府(いまべっぷ)の田の神 小林市野尻町紙屋字今別府

「今別府府(いまべっぷ)の田の神」の詳細
建立年:不詳
型分類:神像型座像、野尻神官型
形態:座位
像高:60cm
像幅:50cm
奥行:33cm
持ち物:纓(えい)の付いた冠を被り、衣冠束帯(いかんそくたい)で両手輪組で穴あり。
彩色: 冠・袴(はかま)・袍(ほう)は水色で残りは茶色。

纓(えい):冠の後ろに尾のようにつける装飾の具
衣冠束帯(いかんそくたい):平安時代後期に生まれた日本の衣裳の名称の一つで、公家の正装をいう。
袴(はかま):日本で下半身に着用する伝統的な衣類の一つ
袍(ほう):公家の装束の盤領 (まるえり) の上衣

宮崎県の田の神さぁ 今別府府(いまべっぷ)の田の神 小林市野尻町紙屋字今別府
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 今別府府(いまべっぷ)の田の神 小林市野尻町紙屋字今別府

「柳もち飾り」です。
懐かしいですね。

宮崎県の田の神さぁ 今別府府(いまべっぷ)の田の神 小林市野尻町紙屋字今別府
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 今別府府(いまべっぷ)の田の神 小林市野尻町紙屋字今別府

次は、「境別府(さかいべっぷ)の田の神」に向かいます。


「田の神さぁ」とは・・・
 田の神は、冬は山の神となり、春は里におりて田の神となって田を守り、豊作をもたらすと信じられています。
 「田の神」信仰は、全国的な民俗行事として古来から農村に浸透していますが、「田の神」を石に刻み(田の神石像)豊作を祈願する風習は、18世紀初めに始まる薩摩藩独特の文化です。
 霧島の噴火や天災などが原因で、農家にとって大変厳しい時代でしたが、江戸時代からの赤字経済を立て直すため、薩摩藩では少しでも収穫を増やそうと、稲作を奨励する政策を行っていました。このような中、農民達が霧島の噴火がおさまり豊作に恵まれるようにとの願いを込めて造ったのが田の神像の始まりといわれています。
 田の神のことを、「田の神さあ(タノカンサア)」と呼んでいます。


Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ

プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2021/03/14(日) 18:00:43|
  2.  ┣ 小林市野尻町(たのかんさあ)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎県の田の神さぁ 黒園原(くろぞのばる)の田の神 小林市野尻町紙屋字黒園原

宮崎市から小林方面に走っていると、野尻町塩屋の国道248号線沿いに見越商店(まんぞく屋)があります。ここを左折しその先のT字路を左折し820mほど走った道路沿い左に、「黒園原(くろぞのばる)の田の神」が祀られています。

宮崎県の田の神さぁ 黒園原(くろぞのばる)の田の神 小林市野尻町紙屋字黒園原
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 黒園原(くろぞのばる)の田の神 小林市野尻町紙屋字黒園原

「黒園原(くろぞのばる)の田の神」の詳細
建立年:江戸末期
型分類:地蔵型
形態:椅像
像高:58cm
像幅:26cm
奥行:24cm
持ち物:シキを被り、両手は膝の上で左右持ち、持ち物は不明。
彩色: 頭とシキは焦げ茶色。裸足で顔ははっきりしていない。

シキ:縄で編んだ敷物

宮崎県の田の神さぁ 黒園原(くろぞのばる)の田の神 小林市野尻町紙屋字黒園原
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 黒園原(くろぞのばる)の田の神 小林市野尻町紙屋字黒園原

次は、「今別府府(いまべっぷ)の田の神」に向かいます。


「田の神さぁ」とは・・・
 田の神は、冬は山の神となり、春は里におりて田の神となって田を守り、豊作をもたらすと信じられています。
 「田の神」信仰は、全国的な民俗行事として古来から農村に浸透していますが、「田の神」を石に刻み(田の神石像)豊作を祈願する風習は、18世紀初めに始まる薩摩藩独特の文化です。
 霧島の噴火や天災などが原因で、農家にとって大変厳しい時代でしたが、江戸時代からの赤字経済を立て直すため、薩摩藩では少しでも収穫を増やそうと、稲作を奨励する政策を行っていました。このような中、農民達が霧島の噴火がおさまり豊作に恵まれるようにとの願いを込めて造ったのが田の神像の始まりといわれています。
 田の神のことを、「田の神さあ(タノカンサア)」と呼んでいます。


Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ

プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2021/03/13(土) 18:00:54|
  2.  ┣ 小林市野尻町(たのかんさあ)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

| ホーム | 次のページ