★hiroの部屋★

★写真 ★★ゴリラを快適に! ★★★MPVを快適に! ★★★★ ★★★★★ ★★★★★★ ★★★★★★★

鹿児島の神社 鹿児島県指定有形文化財 鹿児島神宮 霧島市隼人町内

霧島市隼人町内にある鹿児島県指定有形文化財の「鹿児島神宮」へやって来ました。
 鹿児島神宮本殿は、宝暦6年(西暦1756年)島津重豪によって再建されたとされ、県内最大の木造建造物として文化財的価値が高いため、鹿児島県より有形文化財(建造物)として指定されました。

鹿児島県指定有形文化財 鹿児島神宮 霧島市隼人町内
hiroの部屋 鹿児島県指定有形文化財 鹿児島神宮 霧島市隼人町内

御神木です。
樹齢は約800年。

鹿児島県指定有形文化財 鹿児島神宮 霧島市隼人町内
hiroの部屋 鹿児島県指定有形文化財 鹿児島神宮 霧島市隼人町内

 本殿・拝殿・勅使殿が一直線に並び、柱筋が本殿から勅使殿までつらなる造りになっており、勅使殿両脇の東長庁、西長庁が外観を荘厳にしています。
 勅使殿は神殿の入口に位置し、天皇から幣帛(へいはく)を託された勅使をお迎えする所として作られています。

鹿児島県指定有形文化財 鹿児島神宮 霧島市隼人町内
hiroの部屋 鹿児島県指定有形文化財 鹿児島神宮 霧島市隼人町内

 本殿の構造は、柱間が正面七間、側面四間の入母屋造りで、正面に前室を設けてあります。
 本殿の壁画は薩摩藩の画家、木村探元の筆になると伝えられています。

鹿児島県指定有形文化財 鹿児島神宮 霧島市隼人町内
hiroの部屋 鹿児島県指定有形文化財 鹿児島神宮 霧島市隼人町内

 本殿につながる拝殿は縦長で、天井の格子には、花や野菜等が色彩豊かに描かれています。

鹿児島県指定有形文化財 鹿児島神宮 霧島市隼人町内
hiroの部屋 鹿児島県指定有形文化財 鹿児島神宮 霧島市隼人町内

 鹿児島神宮の文献上の所見は、『延喜式』(西暦927年)の「大隅国桑原郡一座 大 鹿児島神社」の記事です。
 平安時代には鹿児島神宮は、八幡正宮ついで正八幡宮と称されました。

鹿児島県指定有形文化財 鹿児島神宮 霧島市隼人町内
hiroの部屋 鹿児島県指定有形文化財 鹿児島神宮 霧島市隼人町内

 明治初年の廃仏毀釈以後、八幡の名乗りが廃され、鹿児島神社に復し、明治7年に皇室の祖先神を祭る神社として鹿児島神宮と称するようになりました。

鹿児島県指定有形文化財 鹿児島神宮 霧島市隼人町内
hiroの部屋 鹿児島県指定有形文化財 鹿児島神宮 霧島市隼人町内

幣帛(へいはく)とは、神道の祭祀において神に奉献する、神饌以外のものの総称である。広義には神饌をも含む。「みてぐら」「幣物(へいもつ)」とも言う。
「帛」は布を意味し、古代では貴重だった布帛が神への捧げ物の中心だったことを示すものである。
『延喜式』の祝詞の条に記される幣帛の品目としては、布帛、衣服、武具、神酒、神饌などがある。
幣帛は捧げ物であると同時に神の依り代とも考えられていたため、串の先に紙垂を挟んだ依り代や祓具としての幣束・御幣、大麻なども「幣帛」と呼ぶ。


プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪
関連記事


  1. 2014/01/12(日) 12:39:28|
  2.  ┣ 鹿児島の神社|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ラーメン 炙りチャーシュー文炎 草牟田店 鹿児島市草牟田町 | ホーム | ドルフィンポート イルミネーション 鹿児島市本港新町

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mpv21hiro.blog.fc2.com/tb.php/1624-ab7d7fd8

| ホーム |