★hiroの部屋★

★写真 ★★ゴリラを快適に! ★★★MPVを快適に! ★★★★ ★★★★★ ★★★★★★ ★★★★★★★

鹿児島県指定天然記念物 噴火により埋没した鳥居 鹿児島市黒神町

垂水市‎牛根麓黒神口の国道220号線から県道26号線に入り、しばらく走ると「噴火により埋没した鳥居」があります。

鹿児島県指定天然記念物 噴火により埋没した鳥居 鹿児島市黒神町
hiroの部屋 鹿児島県指定天然記念物 噴火により埋没した鳥居 鹿児島市黒神町

埋没鳥居 猛威を語りつぐ鳥居
BURIED SHRINE GATE SPEAKS OF THE FURY OF THE ERUPTION
-大正3年桜島大噴火で3mの鳥居が埋没-
 大正大噴火の前兆は、すでに3日前から始まっていました。
 島内のいたるところで井戸が沸騰し、海岸には大量の死魚が浮き、地震が断続的に起きていたのです。

鹿児島県指定天然記念物 噴火により埋没した鳥居 鹿児島市黒神町
hiroの部屋 鹿児島県指定天然記念物 噴火により埋没した鳥居 鹿児島市黒神町

 安永噴火の言い伝えから、大爆発の「前触れ」と感じた人も多く、村は騒然とした雰囲気に包まれました。
 1914年(大正3年)1月12日、午前10時5分、まず、西桜島赤水上が黒煙を突き上げ、10分後には東桜島黒神の鍋山が大音響とともに爆発。
 黒煙は上空7,000mに達し、全島を被いつくしました。

鹿児島県指定天然記念物 噴火により埋没した鳥居 鹿児島市黒神町
hiroの部屋 鹿児島県指定天然記念物 噴火により埋没した鳥居 鹿児島市黒神町

 間断なく轟く爆発音と火山雷、降り注ぐ噴石の雨、更に翌13日には溶岩の流出が始まり、30億トンの火の波が瀬戸海峡を横断、桜島と大隈半島を陸続きにしてしまったのです。
 ここ黒神でも全戸687戸が火山灰に埋没しました。

鹿児島県指定天然記念物 噴火により埋没した鳥居 鹿児島市黒神町
hiroの部屋 鹿児島県指定天然記念物 噴火により埋没した鳥居 鹿児島市黒神町

 高さ3mの腹五社神社の鳥居は、笠木だけ残して辛うじて見えていましたが、時の村長、野添八百蔵は、爆発の猛威を後世に伝えるため発掘の中止を指示。
 そのままの形をとどめることになりました。
 現在この鳥居は県の文化財に指定されています。

鹿児島県指定天然記念物 噴火により埋没した鳥居 鹿児島市黒神町
hiroの部屋 鹿児島県指定天然記念物 噴火により埋没した鳥居 鹿児島市黒神町


プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪
 
関連記事


  1. 2014/03/16(日) 13:10:49|
  2.  ┣ 鹿児島観光|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

大坪の一本桜 もうすぐ満開です 東諸県郡国富町 | ホーム | 赤水展望広場「叫びの肖像」 鹿児島市桜島赤水町

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mpv21hiro.blog.fc2.com/tb.php/1679-d296ea2f

| ホーム |