★hiroの部屋★

★写真 ★★ゴリラを快適に! ★★★MPVを快適に! ★★★★ ★★★★★ ★★★★★★ ★★★★★★★

宮崎観光遺産 御崎神社 串間市大納御崎

 都井岬の最突端の断崖絶壁の中腹にある御崎神社(みさきじんじゃ)は、和銅元年(708年)3月3日の創建と伝えられており、海の神様である底津綿津見命(ソコツワタツミノミコト)、中津綿津見命(ナカツワタツミノミコト)、上津綿津見命(ウエツワタツミノミコト)を祀る。

宮崎観光遺産 御崎神社 串間市大納御崎
hiroの部屋 宮崎観光遺産 御崎神社 串間市大納御崎

 旧称を御崎三社大権現といい、元暦元年(1184年)土持信森がこの地に来て祠官となって現代へ継承、信森が初め島津忠久に由緒を申達して以来、領主歴代神領を寄進し尊崇篤かった古社である。
 御崎三所大権現の名を賜るのは、佐田御崎、火御崎、土肥御崎(当神社の別名)である。

宮崎観光遺産 御崎神社 串間市大納御崎
hiroの部屋 宮崎観光遺産 御崎神社 串間市大納御崎

 棟札には、永楽5年(1562年)12月島津忠親、天正15年(1587年)12月島津忠久の名前が記録されており、秋月領になっても尊崇篤く、幕末まで社領15石を寄進してきた。
 明治6年5月神社改革により都井神社に合祀されるが、その後も旧社殿に参拝する人々が絶えず、その上コレラが流行したり、稲の穂枯れなど凶作が続いたりした為、村民が複社を切望し、明治13年12月に許可になり現在名となる。

宮崎観光遺産 御崎神社 串間市大納御崎
hiroの部屋 宮崎観光遺産 御崎神社 串間市大納御崎

航海安全の守り神
(串間の民話と伝説)
 都井岬の沖合は、黄金瀬をはじめ暗礁が多く、しばしば船が遭難する海の難所です。
 それで沖合を行きかう船の乗組員は、この御崎神社に航海中の安全をお祈りしていました。
 そのお祈りをきいてくださったのか、暗夜に船が暗礁のある危険な方向にすすもうとすると、その方向から突然大きな音がしたり、怪しい火が飛んできたりして危険を知らせ航海の安全を守ってくれたそうです。
 これらの出来事は御崎神社のお告げだといわれています。

宮崎観光遺産 御崎神社 串間市大納御崎
hiroの部屋 宮崎観光遺産 御崎神社 串間市大納御崎

国特別天然記念物 都井岬ソテツ自生地
 ここ御崎神社一帯は、亜熱帯樹林「ソテツ」の自生地。
 「著しい植物の限界地」ソテツ自生地の北限として昭和27年に国の特別天然記念物に指定されています。


プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪
関連記事


  1. 2014/05/11(日) 15:04:17|
  2.  ┣ 串間市|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

日本の灯台50選 都井岬灯台 宮崎県串間市都井岬 | ホーム | 都井岬の御崎馬 宮崎県串間市

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mpv21hiro.blog.fc2.com/tb.php/1705-2216d5d9

| ホーム |