★hiroの部屋★

★写真 ★★ゴリラを快適に! ★★★MPVを快適に! ★★★★ ★★★★★ ★★★★★★ ★★★★★★★

重要文化財 嚴島神社末社豊国神社本殿(千畳閣)広島県宮島町

重要文化財 嚴島神社末社 豊国神社 (ほうこくじんじゃ)本殿(千畳閣)
 桁行:41m
 梁間:22m
 単層本瓦葺入母屋
 木造の大経堂

重要文化財 嚴島神社末社豊国神社本殿(千畳閣)広島県宮島町
hiroの部屋 重要文化財 嚴島神社末社豊国神社本殿(千畳閣)広島県宮島町

 豊臣秀吉公が、千部経の転読供養をおこなうために、天正15年(1587年)発願し、安国寺恵瓊(あんこくじえけい)に建立を命じましたが、豊臣秀吉公の死により天井の板張りや正面入口などが未完成で、むき出しの梁などを見ることが出来ます。
 千畳閣(せんじょうかく)は通称です。

重要文化財 嚴島神社末社豊国神社本殿(千畳閣)広島県宮島町
hiroの部屋 重要文化財 嚴島神社末社豊国神社本殿(千畳閣)広島県宮島町

 明治時代に、秀吉公と加藤清正公が祀られ、豊国神社(ほうこくじんじゃ)となっています。
 入母屋造りの大伽藍で857畳の畳を敷くことができ、軒瓦には金箔が押してあることから完成していれば、さぞや豪華な桃山文化を取り入れた大経堂になっていたと思われます。

重要文化財 嚴島神社末社豊国神社本殿(千畳閣)広島県宮島町
hiroの部屋 重要文化財 嚴島神社末社豊国神社本殿(千畳閣)広島県宮島町

 また堂内には、大鳥居が明治8年に建替えられた時に使った尺定規があります。

重要文化財 嚴島神社末社豊国神社本殿(千畳閣)広島県宮島町
hiroの部屋 重要文化財 嚴島神社末社豊国神社本殿(千畳閣)広島県宮島町

 本尊の釈迦如来(しゃかにょらい)・阿難尊者(あなんそんじゃ)・迦葉尊者(かしょうそんじゃ)は、明治維新の神仏分離令のときに大願寺に移されています。

大願寺(だいがんじ)
 広島県廿日市市宮島町にある高野山真言宗の寺院です。
 山号は亀居山。院号は放光院。本尊は薬師如来。
 本堂には神仏分離令によって厳島神社から遷された弁才天像(秘仏で開帳は毎年6月17日)などを安置しています。
 千畳閣の本尊だった木造釈迦如来(しゃかにょらい)坐像(重要文化財)、脇侍の阿難尊者(あなんそんじゃ)像(重要文化財)、迦葉尊者(かしょうそんじゃ)像(重要文化財)、五重塔の本尊だった釈迦如来坐像・脇侍の文殊菩薩と普賢菩薩の三尊像、多宝塔の本尊だった薬師如来像、などを安置しています。
 
重要文化財 嚴島神社末社豊国神社本殿(千畳閣)広島県宮島町
hiroの部屋 重要文化財 嚴島神社末社豊国神社本殿(千畳閣)広島県宮島町

 隣に建つ五重塔と共に、国の重要文化財に指定されています。

プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪
関連記事


  1. 2014/09/14(日) 10:32:54|
  2.  ┣ 広島|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

重要文化財 厳島神社五重塔 広島県宮島町 | ホーム | 世界文化遺産 1400年の歴史 厳島神社 広島県宮島町

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mpv21hiro.blog.fc2.com/tb.php/1772-ec616e1c

| ホーム |