★hiroの部屋★

★写真 ★★ゴリラを快適に! ★★★MPVを快適に! ★★★★ ★★★★★ ★★★★★★ ★★★★★★★

宮崎の神社 武運長久祈願の地 甘漬神社 宮崎県川南町

甘漬神社(あまつけじんじゃ)
祭神 大己貴命(おおなむちのみこと)

宮崎の神社 武運長久祈願の地 甘漬神社 宮崎県川南町
hiroの部屋 宮崎の神社 武運長久祈願の地 甘漬神社 宮崎県川南町

創立年月日は不明であるが、古老の口碑によれば、神武天皇が御東遷の御雄図を立てられ、
宮崎の宮をご進発され、宮崎の宮を御進発され、大和国への御東遷の途上、
暫し甘漬の地にご滞留された。

宮崎の神社 武運長久祈願の地 甘漬神社 宮崎県川南町
hiroの部屋 宮崎の神社 武運長久祈願の地 甘漬神社 宮崎県川南町

その時に、みずから大神を奉斎し群臣将兵と共に武運長久と国土の平定を御祈請あらせられたのが創祀の始めといい伝える。
ここに神武天皇御滞在中、さる高貴の御方が死去され、
その方を葬った古墳が神社境内の中央神木老樹うっ蒼たる内にある。

宮崎の神社 武運長久祈願の地 甘漬神社 宮崎県川南町
hiroの部屋 宮崎の神社 武運長久祈願の地 甘漬神社 宮崎県川南町

本社の例祭毎に、第一に此の古墳に御幣を奉上し、其の後に、
本社の祭典をとり行う事を吉例として来た。

宮崎の神社 武運長久祈願の地 甘漬神社 宮崎県川南町
hiroの部屋 宮崎の神社 武運長久祈願の地 甘漬神社 宮崎県川南町

棟札によれば、甘漬三所権現として、
天文6年(1537年)に再興されており、
その後も、慶長2年(1597年)卯月、寛永7年(1630年)12月再興の記録がある。

宮崎の神社 武運長久祈願の地 甘漬神社 宮崎県川南町
hiroの部屋 宮崎の神社 武運長久祈願の地 甘漬神社 宮崎県川南町

「県史跡調査報告」によると、歴代秋月氏の篤く崇敬した社で、慶長2年丁酉卯月には、秋月三左衛門種近公より神領七石五斗、営繕その他祭器類一切の寄進があった。
その後も、社参、代参等度々あり、社殿の改築修理もなされた。
明治4年11月村社となる。

神武天皇
日本神話に登場する人物で、日本の初代天皇。
古事記
 神倭伊波礼琵古命(かむやまといわれひこのみこと)
日本書紀
 神日本磐余彦尊(かむやまといわれひこのみこと)
 始馭天下之天皇(はつくにしらすすめらみこと)
 若御毛沼命(わかみけぬのみこと)
 狹野尊(さののみこと)
 彦火火出見(ひこほほでみ)
と称される。

プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪
関連記事


  1. 2014/09/28(日) 15:38:57|
  2.  ┣ 宮崎の神社・神話|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎空港で飛行機の写真を 2014/09/28 | ホーム | 宮崎の神社 御祭神日本武尊 平田神社 宮崎県川南町

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mpv21hiro.blog.fc2.com/tb.php/1781-abf06468

| ホーム |