★hiroの部屋★

★写真 ★★ゴリラを快適に! ★★★MPVを快適に! ★★★★ ★★★★★ ★★★★★★ ★★★★★★★

宮崎の神社 郷原神社 日南市郷之原

御祭神
 大山津見神(オオヤマツミ)イザナギがカグツチを斬った際に生まれた
 活津彦根神(イクツヒコネ)アマテラスとスサノオの誓約によって生まれた五男三女の男神

 郷原神社は、旧称が山宮神社。
 明治初期に全国で行われた神社の統合により、郷之原にあった十三社を合祀して、郷原神社と名称を変更する。
 山宮の歴史は古く、およそ二千年前の弥生時代に起源する。

宮崎の神社 郷原神社 日南市郷之原
hiroの部屋 宮崎の神社 郷原神社 日南市郷之原

 「山宮」とは、山の頂上付近にあった山の霊を祭る「場所」を指していて、そこで稲作の祭りが行われた。
 全国の歴史ある大社・小社の多くは、山を背に社殿が設けられている。
 現在でもその山の中に「山宮」という地名が残っている場合がある。

宮崎の神社 郷原神社 日南市郷之原
hiroの部屋 宮崎の神社 郷原神社 日南市郷之原

 郷原神社の「山宮」も山の頂上付近にあった山宮の名残りで、神社名として長く使われたのであろう。
 神社の最も古い宝物は、天正年間のもので四百年以上前のものである。

宮崎の神社 郷原神社 日南市郷之原
hiroの部屋 宮崎の神社 郷原神社 日南市郷之原

 江戸時代になり、幕府の法度である「神社条目」(寛文五年)により、江戸時代の神主は、京都・吉田家、白川家によって統制されていくが、代々鵜戸山神主であった松田家の松田権太夫は、延宝二年(1674年)に吉田家より法度の定めによる鵜戸山祠官(宮司)になり、それ以降幕末まで二百年に亘り代々松田家が現在の郷原神社・潮嶽神社・宮浦神社・大藤神社・住吉神社を含め北郷・日南の二十数社の正祝子(宮司)を兼任した。

宮崎の神社 郷原神社 日南市郷之原
hiroの部屋 宮崎の神社 郷原神社 日南市郷之原

 明治になり、各村の社に神主が立つようになり、現在に至っている。

プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪
関連記事


  1. 2015/02/08(日) 23:16:24|
  2.  ┣ 宮崎の神社・神話|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎の神社 木花開耶姫命 都萬神社 西都市妻 | ホーム | 宮崎の神社 駒宮神社 日南市平山

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mpv21hiro.blog.fc2.com/tb.php/1844-c3f986f3

| ホーム |