★hiroの部屋★

★写真 ★★ゴリラを快適に! ★★★MPVを快適に! ★★★★ ★★★★★ ★★★★★★ ★★★★★★★

宮崎の神社 銀鏡神社 西都市銀鏡

銀鏡神社(しろみ神社)
御祭神
 イワナガヒメ=岩長姫命
 オオヤマツミ=大山祇尊
 カネナガシンノウ=懐良親王

 ニニギノミコトが高天原(たかまがはら)から降臨した後、笠沙(かささ)の御前(みさき)というところを歩いていると、コノハナサクヤヒメに出会った。
 コノハナサクヤヒメは美しい娘で、ニニギノミコトは一目で心をひかれてしまった。

宮崎の神社 銀鏡神社 西都市銀鏡
hiroの部屋 宮崎の神社 銀鏡神社 西都市銀鏡

 ニニギが「貴方はだれの娘か」とたずねると、コノハナは「オオヤマツミノカミの娘で、名はカムアタツヒメ、またの名をコノハナサクヤヒメ。私の姉はイワナガヒメ」と答えた。
 ニニギは「あなたと結婚したいが、どうか」と言うと、娘は「わが父オオヤマツミにお聞きください」と答えた。

宮崎の神社 銀鏡神社 西都市銀鏡
hiroの部屋 宮崎の神社 銀鏡神社 西都市銀鏡

 そこでニニギは、オオヤマツミのところに行き、お願いした。オオヤマツミは大変喜び、多くの贈り物とともに、コノハナとその姉・イワナガを一緒に差し上げた。
 ところが、イワナガはあまり美人ではなかったので、丁重に送り返されてしまった。そのときオオヤマツミはこう口に出して言った。

宮崎の神社 銀鏡神社 西都市銀
hiroの部屋 宮崎の神社 銀鏡神社 西都市銀鏡

 「自分が2人の娘を差し上げたのは、イワナガを召されると、生まれて来る御子の命は、岩のごとく永遠のものとなる。コノハナを召されれば、生まれて来る御子の命は、花が咲きやがて散るように、限りあるものとなる。」と言われた。
 イワナガは送り返されたことを悲しんだ。父オオヤマツミからもらった鏡に自分の姿を写しては、美人に生まれなかったことを嘆いていた。あるとき、自分の顔が龍のように見えた。イワナガは怒って「もう鏡も見たくない」と、鏡を乾(北西)の方へ投げた。

宮崎の神社 銀鏡神社 西都市銀
hiroの部屋 宮崎の神社 銀鏡神社 西都市銀鏡

 鏡は遠くへ飛んで行き、東米良の龍房山の頂上にある大木にかかった。鏡は日夜光り輝き、西方の村里を明るく照らしたので、この村を白見村と言うようになった。その後、村人は鏡を村に下ろし、ご神体として祭ったという。それが銀の鏡であったので、銀鏡と書いて「しろみ」と呼ぶようになった。
 これが銀鏡の地名由来である。銀鏡神社は、イワナガとオオヤマツミを祭神としており、ご神体には古代の白銅鏡が祭られている。

 現在、拝殿を建て替え中で、本殿を正面から見る事が出来ます。
 本殿を正面から見る事は初めてですね。

プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪
関連記事


  1. 2015/05/04(月) 11:54:53|
  2.  ┣ 宮崎の神社・神話|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

四方に坐ます神々 銀鏡さるた古道 矢の花淵 | ホーム | 宮崎の神社 童子丸神社 西都市童子丸

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mpv21hiro.blog.fc2.com/tb.php/1895-4b3f5631

| ホーム |