★hiroの部屋★

★写真 ★★ゴリラを快適に! ★★★MPVを快適に! ★★★★ ★★★★★ ★★★★★★ ★★★★★★★

熊本の神社 日奈久温泉神社 八代市日奈久上西町

 日奈久温泉発見で、日奈久に人々が移り住むようになり、温泉街となってきました。
 住民達は、温泉発見の10年後に、市杵島姫命を神とする弁天社を近くに建てました。
 しかし、天明4(1784)年に温泉街で大火災が発生し、弁天社も焼けたので、仮宮を作って祀り、文政5(1822)年になって、今の日奈久温泉神社のある所に社殿を築きました。

熊本の神社 日奈久温泉神社 八代市日奈久上西町
hiroの部屋 熊本の神社 日奈久温泉神社 八代市日奈久上西町

 温泉センターの右手の参道を進むと温泉神社の鳥居と石段があり、登っていくと日奈久温泉神社の社殿が見えてきます。
 右手には、六郎が神のお告げにより掘りおこしたとされる「お告げの石」が祀られ、隣には六郎と父右近を祀った「六郎神社」もあります。

熊本の神社 日奈久温泉神社 八代市日奈久上西町
hiroの部屋 熊本の神社 日奈久温泉神社 八代市日奈久上西町

 本殿の彫刻は熊本川尻の後藤金十郎の作で見事です。

熊本の神社 日奈久温泉神社 八代市日奈久上西町
hiroの部屋 熊本の神社 日奈久温泉神社 八代市日奈久上西町

 正面の「雲の龍」、東側の「桐に鳳凰」、西側の「雲に麒麟」、後ろの「波頭」は、五穀豊穣・天下泰平・四海の静けさの中に、湯の町の繁栄を祝い願ったものです。

熊本の神社 日奈久温泉神社 稲荷大明神 八代市日奈久上西町
hiroの部屋 熊本の神社 日奈久温泉神社 稲荷大明神 八代市日奈久上西町

 日奈久温泉が発見された話は、肥後国の大武士団菊池氏のあとつぎ問題に始まります。
 足利尊氏が政権を執った南北朝時代の嘉元2年(1304年)、本宗家の相続をねらった菊地武本は、惣領の菊池時隆(武士の甥)と刺しちがえて亡くなりました。
 その後、菊地武本の孫である甲斐重村は足利尊氏の家臣となり、豊後国(今の大分県)の大友氏と組んで、南朝方の菊池武重(きくちたけしげ)を滅ぼそうとしました。菊池武重は菊池時隆の甥にあたります。
 暦応元年(=延元3年、1338年)、菊池武重は鞍岳(阿蘇の外輪山)のふもとで甲斐重村を迎えうち、甲斐重村はこの戦いで敗れてしまいます。
 この時、甲斐重村の部下に浜田右近(はまだうこん)という者がいました。
 浜田右近は、戦いで足に重傷を負ったために逃げおくれ、いろいろな民家に隠れ、足の刀傷を手当てしながら、さまよいます。
 やがて八代の日奈久の近くの小島にたどり着き、足のけがを治しながら再起を図っていましたが、けがは思うように治りませんでした。そのうち日奈久の漁民達が魚などを与えるようになり、浜田右近も漁民の子ども達に読み書きを教えるようになりました。
 浜田右近は、男前でやさしく、日奈久の漁民たちに親しまれるようになりました。そして、漁民治兵衛の娘と結婚し、男の子が生まれました。
 その男の子が、日奈久温泉の発見者「浜田六郎左衛門(ろくろうざえもん)」です。
 浜田六郎左衛門はとても親孝行で、父の足のけがを治そうといろいろな方法を試しましたが、効果は上がらず、父も年老いていくばかりでした。
 そこで浜田六郎左衛門は、安芸(広島県)の宮島の神様(市杵島姫命:いちきしまひめのみこと)に、「私の命を縮めて、父の足のけがが治りますように」と水垢離(みずごり)をとって祈ること17日に及びました。
 満願の夜の夢に、神女があらわれ「汝、父の病気を憂え、吾を信ずること久し、今吾汝が孝心の深きを愛で、霊薬を授けん、すなわちこの潮の干潟の中に平石あり、それより百歩あまりを経て山際に一つの奇石あり、その下こそ正しく温泉なれ、汝が父(浜田右近)をこれに浴せしめなば、必ず17日にして足のけがは、全く癒えん(完全に治るでしょう)」とお告げがあったということです。
 浜田六郎左衛門が、夢に教わったとおりに地形をたどっていくと、確かに石があり、五、六尺ほど掘り下げてみると温泉が湧き出てきたと言われています。
 浜田六郎左衛門は、喜び勇んで父を背負って、温泉に入れること17日、今まで悩んできた父の足の怪我が治ったと言われています。時に応永16年(1409年)のことでした。今から約六百年前のことです。
 この時、浜田六郎左衛門が掘ったとされる湯元は、今の日奈久温泉センターの敷地内にあり、「温泉発祥の地」の記念碑が建ててあります。


プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪
関連記事


  1. 2016/01/11(月) 12:00:32|
  2.  ┣ 熊本の神社|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

熊本の神社 八代宮 熊本県八代市松江城町 | ホーム | 熊本の温泉 日奈久温泉 浜膳旅館

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mpv21hiro.blog.fc2.com/tb.php/2014-57f685bb

| ホーム |