★hiroの部屋★

★写真 ★★ゴリラを快適に! ★★★MPVを快適に! ★★★★ ★★★★★ ★★★★★★ ★★★★★★★

熊本県指定史跡 国指定史跡 大野窟古墳 八代郡氷川町大野

道の駅竜北氷川町竜北物産館で観光案内図を見ていると、「大野窟古墳」の表示があります。
すぐ近くなので行ってみることに。

良く見ていないと、案内板を見逃してしまいます。
道が狭いので、車は無理です。

熊本県指定史跡 国指定史跡 大野窟古墳 八代郡氷川町大野
hiroの部屋 熊本県指定史跡 国指定史跡 大野窟古墳 八代郡氷川町大野

大野原台地にあるこの古墳は直径約39m、高さ11.5mの円墳で、西南の方向に開口する複室の横穴式石室をもつ。
石室の全長は12.4m、玄室の高さは6.48mあり、県下最大の規模を誇る。
玄室は長方形で、奥壁に石棚があり、その下にくり抜きの家形石棺と二つの屍床がある。
羨道、前室などに白、赤色の彩色が認められるが図柄はわからない。
成立年代は6世紀後半のものと考えられ、火君に関連する古墳と推定される。
熊本県指定史跡 昭和60年11月19日指定
大野窟古墳(あまのいわやこふん)

熊本県指定史跡 国指定史跡 大野窟古墳 八代郡氷川町大野
hiroの部屋 熊本県指定史跡 国指定史跡 大野窟古墳 八代郡氷川町大野

案内板と記載内容が異なっていますが・・・
大野窟古墳(おおのいわやこふん)
全長約123mの前方後円墳。
古墳時代後期に築造された前方後円墳としては九州地方第2位の規模をもつ。
墳丘は2段に築かれ、周囲には部分的に濠がめぐる。
なお、墳丘の周辺では新羅系の陶質土器や阿蘇溶結凝灰岩製の石製表飾品が出土している。
埋葬施設は後円部南西側に入口をもつ複室構造の横穴式石室で、玄室部は長さ約5.2m、幅約2.9m、高さは6.48m(国内最高)を測り、奥壁に沿って石屋形が設けられ、その下に刳抜き式の家形石棺(2.4m×1.3m×0.9m)の身が置かれている。
床には屍床を仕切る石材のほか石棺蓋の破片が残る。
前室部は長さ約1.9m、幅約2.2m、高さ約1.9m、羨道部は長さ約3.5m、幅約1.8m、高さ約2.1mを測り、壁面には彩色らしきものが認められる。
副葬品等については不明。6世紀後半の築造。
県指定史跡、1984(昭和59)年指定。
国指定史跡、2013(平成25)年指定。


プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪
関連記事


  1. 2016/05/22(日) 14:16:04|
  2.  ┣ 古墳|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

迫観音堂天井板絵 八代郡氷川町大野 | ホーム | 熊本県指定史跡 国指定史跡 野津古墳群 八代郡氷川町野津

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mpv21hiro.blog.fc2.com/tb.php/2075-c77a55c1

| ホーム |