FC2ブログ

★hiroの部屋★

★写真 ★★車を快適に! ★★★バイクを快適に! ★★★★ ★★★★★ ★★★★★★ ★★★★★★★

宮崎神宮御神幸祭(神武さま) 神武天皇東征「おきよ丸」 宮崎市

宮崎神宮御神幸祭とは
 「神武さま」と呼ばれ、秋の宮崎を彩る県下最大の祭です。
 神武さまを自分のお宮として信仰してきた町民が、お宮までの道のりが遠く、親しくお参りすることが出来ないため、「せめて一年に一度神幸を願って一家をあげて心ゆくまで拝ませてください」という嘆願書を提出したのが始まりです。
 明治42年頃から今のような形式になったと言われています。
 今日まで地元の人々の信仰と親しみに支えられ、受け継がれてきた神武さまを、これからも絶やすことなく後世へ残していきたいものです。

宮崎神宮御神幸祭(神武さま) 神武天皇東征「おきよ丸」 宮崎市
hiroの部屋 宮崎神宮御神幸祭(神武さま)神武天皇東征「おきよ丸」 宮崎市

神武天皇東征「おきよ丸」
 日本書紀では、神武天皇が日向から東征に出発されたのは、四十五歳の時です。
 この年は天孫降臨の時から数えて179万2470余年になると言われています。
 出発地については、「古事記」は「何れの処にいまさば、平らけく天の下の政を聞こしめさむ。なお、東に行かむと思ふとのりたまひて、即ち日向より発ちて筑紫に」向かわれたと記載されています。
 「日本書紀」では、「冬十月丁巳の朔・・・日向より諸皇子・舟軍を率いて東征」に向かわれたと記されています。
 「記紀」 ではどこから出航されたかは明確ではありませんが、一般には美々津港とされています。
 お舟出に備えて美々津の人々は団子を作ってさしあげようと準備をしていましたが、夜半に天候が良くなったので御一行は予定を早めて、急きょ夜明けに出航されることになります。そこで、美々津の人々は大急ぎで、村中の者を「起きよ、起きよ」起こして廻りました。


プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪
関連記事


  1. 2016/10/30(日) 14:02:51|
  2.  ┣ 宮崎県|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎神宮御神幸祭(神武さま)神武こども太鼓こども獅子 宮崎市 | ホーム | 西都原古墳群のコスモス 宮崎県西都市

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mpv21hiro.blog.fc2.com/tb.php/2122-d8f8118c

| ホーム |