★hiroの部屋★

★写真 ★★ゴリラを快適に! ★★★MPVを快適に! ★★★★ ★★★★★ ★★★★★★ ★★★★★★★

航空自衛隊新田原基地 Kawasaki T-33A Shooting Star (若鷹)91-5410

航空自衛隊新田原基地に展示されている「Kawasaki T-33A Shooting Star (若鷹)91-5410」です。

T-33
 アメリカ空軍初の実用ジェット戦闘機P-80から発展した、初の複座ジェット練習機です。
 愛称は原型のP-80同様シューティングスター(Shooting Star:流星の意)ですが、Tバード(T-Bird)の愛称も広く用いられました。
 航空自衛隊では1954年(昭和29年)の創立当初からF-86Fと共にアメリカから68機の供与を受け、翌1955年(昭和30年)からは川崎航空機によって210機がライセンス生産され、計278機が本来目的の乗員育成のみならず、訓練支援、連絡業務、デスクワークパイロットの規定飛行時間維持の為の年次飛行などに広く用いられました。
 なお日本では米での愛称「シューティングスター」、日本での公式愛称「若鷹」よりもその型番に由来する「サンサン」の名で広く呼ばれました。

航空自衛隊新田原基地 Kawasaki T-33A Shooting Star (若鷹)91-5410
hiroの部屋 航空自衛隊新田原基地 Kawasaki T-33A Shooting Star (若鷹)91-5410

 老朽化した1980年代後半から順次退役が始まり、後継機の川崎T-4への置き換えが進められていき、2002年までに退役させる予定でした。
 しかし、1999年(平成11年)11月22日、入間基地の航空総隊所属の1機が墜落し、乗員2名が殉職、墜落時の送電線の切断により約80万世帯が停電するという事故が発生し(T-33A入間川墜落事故)、残存していた8機全機に対し飛行停止処分が課され、地上に留置されたまま翌年2000年(平成12年)6月に除籍されました。
 なお、航空自衛隊が保有した全278機のうち、59機が事故による喪失で除籍されています。

2016/12/11 ブログアクセス1,090,000件を超えました。
ご覧いただきありがとうございますm(__)m


プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪
関連記事


  1. 2016/12/11(日) 12:46:45|
  2.  ┣ 航空自衛隊|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

航空自衛隊新田原基地 North American F-86D-45 (月光)04-8187 | ホーム | 航空自衛隊新田原基地 North American F-86F Sabre(旭光)92-7916

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mpv21hiro.blog.fc2.com/tb.php/2150-f888c710

| ホーム |