★hiroの部屋★

★写真 ★★ゴリラを快適に! ★★★MPVを快適に! ★★★★ ★★★★★ ★★★★★★ ★★★★★★★

航空自衛隊新田原基地 North American F-86D-45 (月光)04-8187

航空自衛隊新田原基地に展示されている「North American F-86D-45 (月光)04-8187」です。

F-86D
 航空自衛隊が初めて得た全天候戦闘機であるF-86Dは1958年(昭和33年)から供与が始まり、同年8月1日に第101飛行隊を編成後、1962年までに第102、第103、第105飛行隊の計4個飛行隊が編成、計122機(内24機は部品取用)が配備されました。

航空自衛隊新田原基地 North American F-86D-45 (月光)04-8187
hiroの部屋 航空自衛隊新田原基地 North American F-86D-45 (月光)04-8187

 配備された122機のほとんどが、F-102への機材変更で不要になった在日米軍の中古機体を供与されたものでした。なお、自衛隊内での愛称はF-86Fと異なり「月光」です。

航空自衛隊新田原基地 North American F-86D-45 (月光)04-8187
hiroの部屋 航空自衛隊新田原基地 North American F-86D-45 (月光)04-8187

 電子機器に使用された真空管は湿度の高い日本で故障を繰り返し、航空自衛隊へのF-104配備や部品の枯渇による稼働率低下もあって、F-86Dを配備していた部隊は徐々に姿を消していきました。
 最後まで残った第103飛行隊も1968年(昭和43年)10月に解散し、F-86Dの運用は10年程度の短い期間に留まることとなりました。
 ただ、本機の運用実績から、全天候戦闘機運用のノウハウを得る事ができたため、航空自衛隊にとっては極めて意義が高かったと言えます。


プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪
関連記事


  1. 2016/12/12(月) 12:46:54|
  2.  ┣ 航空自衛隊|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

航空自衛隊新田原基地 Mitsubishi F-104J Starfighter (栄光)36-8535 | ホーム | 航空自衛隊新田原基地 Kawasaki T-33A Shooting Star (若鷹)91-5410

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mpv21hiro.blog.fc2.com/tb.php/2151-647846c8

| ホーム |