★hiroの部屋★

★写真 ★★ゴリラを快適に! ★★★MPVを快適に! ★★★★ ★★★★★ ★★★★★★ ★★★★★★★

宮崎の花 萬福寺(楽山園)の紅梅 宮崎県国富町

宮崎県国富町にある、萬福寺の桃山式枯山水庭園(楽山園(らくさんえん))には大きな「紅梅の木」があります。

宮崎の花 萬福寺(楽山園)の紅梅 宮崎県国富町
hiroの部屋 宮崎の花 萬福寺(楽山園)の紅梅 宮崎県国富町

見頃は、もう少し先でしょうか。

宮崎の花 萬福寺(楽山園)の紅梅 宮崎県国富町
hiroの部屋 宮崎の花 萬福寺(楽山園)の紅梅 宮崎県国富町


宮崎の花 萬福寺(楽山園)の紅梅 宮崎県国富町
hiroの部屋 宮崎の花 萬福寺(楽山園)の紅梅 宮崎県国富町


宮崎の花 萬福寺(楽山園)の紅梅 宮崎県国富町
hiroの部屋 宮崎の花 萬福寺(楽山園)の紅梅 宮崎県国富町


 昔、ヒコホホデミノミコト(別名・ホオリノミコト=山幸)が狩りでこの地まで来た。険しい山坂を獲物を追いかけてきたので、休息して昼食を取ろうと思って腰をおろした。
 ところが、疲れが出てついうとうとし、うたた寝をしてしまった。すると、ミコトが連れていた犬が急に激しくほえ始めた。ミコトの後の木の上から、熊が襲いかかろうとして身構えていのです。お供の犬がしきりに吠えたが、ミコトには犬が吠えたてる意味がお分かりにならなかった。ミコトがいくらなだめても、犬は危険を知らせようとして、なお狂ったように吠えたてた。ミコトは遂に怒って、手にした弓矢で、犬を射殺してしまった。
 この時、後ろにいた熊が襲いかかろうとしたが、ミコトは急いで二の矢をつがえ、熊を射ち、危うく難を逃れることができた。
 ミコトはこのときになって、犬が狂ったようにほえ立てたのは、背後に迫った熊のことを知らせようとしたのであったことに気付いた。自分に危険を知らせようとしたのに、かえって自分に殺されてしまった犬のことを思うと、ミコトはいたたまれなくなってしまった。
 そして手に持っていた弓を3つに折り捨て、犬と熊の遺がいと一緒にこの地に弔ったので、ここを犬熊山と呼ぶようになった。

 8世紀のころ、諸国をまわって仏教を広め、人々に菩薩と呼ばれた行基がここを訪れた。そのとき、犬熊山の由来を聞き、阿弥陀如来像を刻んで本尊とし、お堂に安置したのが後に万福寺になったともいう。
 後に9世紀の初め、唐に渡る途中の伝教大師(最澄)が、宇佐八幡宮の分神が日向にあることを知ってこの地を訪ねて来た時、その故事を知って哀れに思い、三弓堂(みつゆみどう)を建てて三尊仏(県指定文化財:木造薬師如来像・木造聖観音像)を刻んで安置し霊を慰められたという。


プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪
関連記事


  1. 2017/02/18(土) 14:57:16|
  2.  ┣ 梅|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎の花 月知梅(臥龍梅) 宮崎市高岡町 | ホーム | 春呼ぶ「野焼き」 宮崎市阿波岐原町

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mpv21hiro.blog.fc2.com/tb.php/2174-2e9121b4

| ホーム |