★hiroの部屋★

★写真 ★★ゴリラを快適に! ★★★MPVを快適に! ★★★★ ★★★★★ ★★★★★★ ★★★★★★★

①福山自動車時計博物館 外車 広島県福山市

福山自動車時計博物館
 地元の企業経営者で、自動車愛好家でもある能宗孝(のうそう たかし、1943年 - )らが、1966年(昭和41年)より収集したコレクションを元に1989年(平成元年)7月4日に、公益財団法人「能宗文化財団」によって運営されています。

福山自動車時計博物館 外車 広島県福山市
福山自動車時計博物館 外車 広島県福山市

ここの博物館の凄い所は、車に触れるし、座席に座る事が出来るのです。

福山自動車時計博物館 外車 広島県福山市
hiroの部屋 福山自動車時計博物館 外車 広島県福山市

T型フォード スピードスター1915年(大正4年)
 1908年に発売され、以後1927年まで基本的なモデルチェンジのないまま、1,500万7,033台が生産されました。
 4輪自動車でこれを凌いだのは、唯一2,100万台以上を生産されたフォルクスワーゲン・タイプ1が存在するのみです。
 その廉価さから、アメリカをはじめとする世界各国に広く普及しました。

T型フォード スピードスター1915年(大正4年)
hiroの部屋 T型フォード スピードスター1915年(大正4年)

シートはバケットシートのようです。
座るとお尻は完全に固定さて、ハンドルは手前に・・・
パワステ無いので、運転は力が必要?

T型フォード スピードスター1915年(大正4年)
hiroの部屋 T型フォード スピードスター1915年(大正4年)

MG-TD 1951年(昭和26年)
イギリス
排気量:1250cc
最高出力:54ps(馬力)/40kw

MG-TD 1951年(昭和26年)
hiroの部屋 MG-TD 1951年(昭和26年)

ブガッティ レプリカ 1937年(昭和12年)

ブガッティ レプリカ 1937年(昭和12年)
hiroの部屋 ブガッティ レプリカ 1937年(昭和12年)


ブガッティ レプリカ 1937年(昭和12年)
hiroの部屋 ブガッティ レプリカ 1937年(昭和12年)

トライアンフ TR4 1963年(昭和38年)
TR1(1952年)
TR2(1953-55年)
TR3(1955-1957年)
TR3A(1957-1961年)
TR4(1961-1965年)
TR4A(1961-1965年)
TR5(1967-1968年)
TR6(1969-1976年)[編集]
TR7(1974-1981年)
TR8(1978-1981年)

TR4(1961-1965年)
 TR4は当時のトライアンフ各車のデザインを手がけていたイタリアの新進デザイナー・ジョヴァンニ・ミケロッティによる、寄り目のヘッドライトは受け継いだものの、全く新しいボディを与えられて登場した。
 しかし、ホイールベースはTR1-3と同じ2240mmのままであり、トレッドが10cm拡大され、ステアリングギアがラック・ピニオン式に変更、4段ギアボックスがフルシンクロ化されるなどの改良は受けたものの、シャシーは基本的にはTR3と同じはしご型フレームが踏襲された。
 エンジンは2138ccに拡大され、出力は100馬力のままであったが、最大トルクは大きくなった。(日本へは従来の1991ccエンジン付きが輸入され、5ナンバー登録された)
 巻き上げ式のサイドウインドウの装備など居住性は向上したものの、TR4はスマートな外観とは裏腹にTR3Aの旧式な操縦性・乗り心地を受け継いでおり、1962年に登場したライバルのMG・Bなどに比べて見劣りするようになっていた。
 TR4は40,253台が生産され、37,761台がアメリカはじめ日本を含む各国に輸出された。

トライアンフ TR4 1963年(昭和38年)
hiroの部屋 トライアンフ TR4 1963年(昭和38年)


トライアンフ TR4 1963年(昭和38年)
hiroの部屋 トライアンフ TR4 1963年(昭和38年)

ベンツSSK・レプリカ(ガゼール)1929年(昭和4年)
 SSはスーパースポーツ。Kはショートホイールをあらわしている。
 当館のSSKは平成元年に米国フロリダ州マイアミでボディーやシャシーが造られカリフォルニアで組み立てられたもの。
 その後平成2年に輸入された。
 フォードピントのエンジン(2300cc)、足回りを利用している。
 1928年式のメルセデス・ベンツは、排気量7068cc。最高時速192Km。最高出力はスーパーチャージャー作動時に225馬力(166Kw)

ベンツSSK・レプリカ(ガゼール)1929年(昭和4年)
hiroの部屋 ベンツSSK・レプリカ(ガゼール)1929年(昭和4年)


ベンツSSK・レプリカ(ガゼール)1929年(昭和4年)
hiroの部屋 ベンツSSK・レプリカ(ガゼール)1929年(昭和4年)

ウイリス ジープスター 1949年(昭和24年)
 ジープは軍用車の四輪駆動であるが、このエンジンを利用した後輪二輪駆動車が民間用ジープスター。
 軍用車製造のウイルス社はジープを転用し全天候型乗用車を製造した。

ウイリス ジープスター 1949年(昭和24年)
hiroの部屋 ウイリス ジープスター 1949年(昭和24年)

メルセデスベンツ 170SD 1954年(昭和29年)
 1935年(昭和10年)デビューしたが、第二次世界大戦のため生産を中断、戦後ダイムラーベンツ社が最初に生産を再開した小型乗用車。
 ガソリン車に比べ経済的だった。
排気量:1767cc
最高出力:40ps(馬力)

メルセデスベンツ 170SD 1954年(昭和29年)
hiroの部屋 メルセデスベンツ 170SD 1954年(昭和29年)

フォード GPW
 第二次世界大戦中に大量生産された標準的なジープ。
 製造メーカーの異なるウィリス・MBとは細部に異なる部分はあるが、部品に互換性があり形態・構造ともにほぼ同一であった.
 ジープ(英語:Jeep)は、クライスラー社の四輪駆動車のブランドである。

フォード GPW
hiroの部屋 フォード GPW

クロスリー レーシングカー 1943年(昭和18年)
 アメリカとして異例のミニタイプで、いわばアメリカ自動者会の盲点をついたがゆえに、戦後の一時成功を収めた。
 絶頂期には、セダン、ステーションワゴン、配達用バンやいろいろなスポーツモデルの車など、広範囲に渡って製造した。

クロスリー レーシングカー 1943年(昭和18年)
hiroの部屋 クロスリー レーシングカー 1943年(昭和18年)


クロスリー レーシングカー 1943年(昭和18年)
hiroの部屋 クロスリー レーシングカー 1943年(昭和18年)


プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪
関連記事


  1. 2017/06/04(日) 10:00:00|
  2. ■ ビンテージ・クラシック・旧車|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ジャカランダの花 道の駅なんごう(南郷) 日南市南郷町 | ホーム | ②福山自動車時計博物館 国産車 広島県福山市

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mpv21hiro.blog.fc2.com/tb.php/2237-e55913d3

| ホーム |