★hiroの部屋★

★写真 ★★ゴリラを快適に! ★★★MPVを快適に! ★★★★ ★★★★★ ★★★★★★ ★★★★★★★

備後福山城 広島県福山市

備後福山城
 城跡は国の史跡に指定されている。
 久松城(ひさまつじょう)、葦陽城(いようじょう)とも呼ばれる。
 日本における近世城郭円熟期の代表的な遺構であり、2006年2月13日、日本100名城に選定された。

備後福山城 広島県福山市
hiroの部屋 備後福山城 広島県福山市

 福山城は1615年(慶長20年)の一国一城令発布後の元和8年(1622年)に竣工した城である。
 大規模な新規築城による近世城郭では最後の例となった。
 備後福山藩の藩庁かつ藩主の居城であった。
 形式は輪郭式の平山城で、2重の堀や瀬戸内海へ抜ける運河を持ち五重の天守と7基の三重櫓を有していた。

 道路が曲がっているのは、お城を攻めにくくするためだそうです。

備後福山城 広島県福山市
hiroの部屋 備後福山城 広島県福山市

 1873年(明治6年)の廃城令によって、大蔵省の所管となり、建物の払い下げ、取り壊しが実施されていたが、翌1874年(明治7年)に所在自治体の福山町などの請願によって、本丸の天守(付櫓を含む)・筋鉄御門・伏見櫓・御湯殿・鐘櫓の5棟の建築物が残されることとなった。
 その内鐘櫓を除く4棟について、国法保存法の国宝に指定された。

備後福山城 広島県福山市
hiroの部屋 備後福山城 広島県福山市

 天守以外のこれらの現存建築は、福山城の築城時に伏見城から移築されたものであったが、昭和20年(1945年)の福山大空襲によって、伏見櫓、筋鉄御門(ともに、国の重要文化財)を残して焼失している。

備後福山城 広島県福山市
hiroの部屋 備後福山城 広島県福山市

 現在の天守(付櫓含む)、月見櫓、御湯殿は1966年(昭和41年)に鉄筋コンクリート構造で復興されたのものである。
 再建された天守内部は福山市立福山城博物館として利用され、天守最上階の回縁からは市街を360度見渡せ、晴れた日には瀬戸内海を望むこともできる。

備後福山城 広島県福山市
hiroの部屋 備後福山城 広島県福山市

 三の丸南側はJR福山駅が東西に貫き、新幹線や福塩線のホームからは、天守や伏見櫓が聳立する本丸跡を間近に望むことができる。


プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪
関連記事


  1. 2017/06/04(日) 09:10:16|
  2.  ┣ 広島|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

国宝 中道山円光寺 明王院 広島県福山市 | ホーム | 福山歩こう会 福山観光 広島県福山市 2017/6/4

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mpv21hiro.blog.fc2.com/tb.php/2241-57872e74

| ホーム |