★hiroの部屋★

★写真 ★★ゴリラを快適に! ★★★MPVを快適に! ★★★★ ★★★★★ ★★★★★★ ★★★★★★★

宮崎の花 「日本の棚田百選」坂元棚田の彼岸花 日南市

 ヒガンバナも終わりかなと思いながら、久々に「日本の棚田百選」の坂元棚田にやって来ました。
 まだ少しヒガンバナが咲いていますが・・・
 稲穂が頭を垂れています。
 10月中旬から稲刈り、掛け干しの光景が見られる様になります。

宮崎の花 「日本の棚田百選」坂元棚田の彼岸花 日南市
hiroの部屋 宮崎の花 「日本の棚田百選」坂元棚田の彼岸花 日南市

坂元棚田(日本の棚田百選認定 平成11年)
 坂元棚田は、日南市の最高峰小松山(標高988.8m)の南西斜面標高200mに位置し、小松山を水源に清らかな水が谷川から棚田へと流れています。
 棚田の元地は、集落共有の屋根を葺く茅を切る原野で茅場(かやば)と呼ばれていた所です。起状の少ないなだらかな傾斜地で、四季をとおして野の花が咲き、野鳥もたくさんいて、子供にとっては広々とした楽しい遊び場だったようです。

宮崎の花 「日本の棚田百選」坂元棚田の彼岸花 日南市
hiroの部屋 宮崎の花 「日本の棚田百選」坂元棚田の彼岸花 日南市

 その茅場が棚田に変わっていったのは昭和の初めで、国の補助事業を導入して大正の末から測量が始められ、昭和3年5月に坂元耕地整理組合を設立して同年9月から本格的に工事が始められました。工事は5年間を費やし、工事は19,747円と当時としては高額の費用をかけて昭和8年8月に約110枚、5ヘクタールの棚田が完成しました。
 石積みは全て現地の石を利用したもので、小さな自然石と大石を割ったものを垂直に近い斜面に高く積み上げる技は大変難しく、専門の技術者を雇い入れて工事は始まりました。工事が進むにしたがって地元の人々も見よう見まねで技術を習得し、十数枚の棚田が出来あがった頃からは、地元の人々を中心に家族総出で工事が進められたようです。

宮崎の花 「日本の棚田百選」坂元棚田の彼岸花 日南市
hiroの部屋 宮崎の花 「日本の棚田百選」坂元棚田の彼岸花 日南市

 この棚田は馬耕を前提としており、全国的に類を見ない幾何学的に整備されたもので、1枚あらり5アールの面積や畦道の幅など全て馬耕の思想が見られます。
 開田と同時に、灌漑用水工事も行われ、小松山中腹の赤ナメラ谷、半四郎窯谷の二つの谷から、約1,500mの水路開削工事も進められました。

宮崎の花 「日本の棚田百選」坂元棚田の彼岸花 日南市
hiroの部屋 宮崎の花 「日本の棚田百選」坂元棚田の彼岸花 日南市

 開田当時は漏水が激しく、田の表土も硬く、稲の収穫は現在の半分にも及ばない程でしたが、農家の努力によって年毎に耕作し易くなり徐々に増収へとつながっていきました。
 農林水産省は、平成11年7月26日、文化的遺産や国土保全、動植物生態系の維持など果たしている役割を評価して、「日本の棚田百選」に認定しました。


プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪
関連記事


  1. 2017/09/30(土) 13:00:22|
  2.  ┣ ヒガンバナ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

生駒高原コスモスまつり2017 宮崎県小林市 | ホーム | 宮崎の花 皇子原公園の彼岸花 宮崎県高原町

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mpv21hiro.blog.fc2.com/tb.php/2278-246bdf9d

| ホーム |