★hiroの部屋★

★写真 ★★車を快適に! ★★★バイクを快適に! ★★★★ ★★★★★ ★★★★★★ ★★★★★★★

宮崎の花 西都原古墳群の桜と菜の花 西都市

西都原公園の桜は見頃を過ぎ、花びらが風に舞っています。
心地よい風がふいています。
桜の木の下では、家族連れが食事や昼寝をしています。

宮崎の花 西都原古墳群の桜と菜の花 西都市
hiroの部屋 宮崎の花 西都原古墳群の桜と菜の花 西都市

スマホやタブレットで写真を撮っている人が多いですね。

宮崎の花 西都原古墳群の桜と菜の花 西都市
hiroの部屋 宮崎の花 西都原古墳群の桜と菜の花 西都市


宮崎の花 西都原古墳群の菜の花 西都市
hiroの部屋 宮崎の花 西都原古墳群の菜の花 西都市


宮崎の花 西都原古墳群の菜の花 西都市
hiroの部屋 宮崎の花 西都原古墳群の菜の花 西都市


西都原古墳群
 特別史跡西都原古墳群は、宮崎県のほぼ中央、一ツ瀬川の右岸、標高70メートル程度の西都市街地の西の通称「西都原台地」とその周辺の中間台地や沖積地にあり、その範囲は南北4.2km・東西2.6kmに及んでいます。
 指定面積は58haを超えています。
 西都原古墳群は、3世紀末から7世紀にかけて築造され、その数は、陵墓参考地の男狭穂塚・女狭穂塚を加えた319基です(内訳は、前方後円墳31基、方墳2基、円墳286基)。
 古墳の分布と築造年代等により10~13の小群に分けられています。また、古墳群には、墳丘をもつ古墳に加えて、南九州に特有の地下式横穴墓(12基)や全国に広く分布する横穴墓(10基)が混在しています。


陵墓参考地(りょうぼさんこうち)は、古記録・地域伝承・墳丘の形態や規模・出土品等により、宮内庁によって皇族の墳墓とされたが、被葬者を特定する資料に欠ける陵墓です。2府16県に46箇所が所在しています。

男狭穂塚古墳(おさほづかこふん)
 実際の被葬者は明らかではありませんが、宮内庁により「男狭穂塚陵墓参考地」(被葬候補者:瓊瓊杵尊)として陵墓参考地に治定されており、南側の女狭穂塚陵墓参考地(女狭穂塚古墳)と隣接しています。
 女狭穂塚古墳とともに九州地方では最大規模の古墳であるとともに、帆立貝形古墳としては全国で最大規模の古墳で、5世紀前半(古墳時代中期)頃の築造と推定されています。

女狭穂塚古墳(めさほづかこふん)
 実際の被葬者は明らかではありませんが、宮内庁により「女狭穂塚陵墓参考地」(被葬候補者:木花開耶姫)として陵墓参考地に治定されており、北側の男狭穂塚陵墓参考地(男狭穂塚古墳)と隣接しています。
 男狭穂塚古墳とともに九州地方では最大規模の古墳で、5世紀前半(古墳時代中期)頃の築造と推定される。

瓊瓊杵尊:ニニギ(アメニギシクニニギシアマツヒコヒコホノニニギ・ニニギノミコト)天照大御神の孫
 天照大御神の命により、ニニギノミコトは葦原中国を統治するため高天原から地上に降りたと言われています。これを天孫降臨と呼びます。
 大山祇神の娘である木花之開耶姫を妻とし、火照命(海幸彦)・火闌降命(火須勢理命)、彦火火出見尊(山幸彦)が生まれました。

木花開耶姫:コノハナノサクヤビメ(ヒメ)
 大山祇神の娘。瓊瓊杵尊の妻として、火照命(海幸彦)・火闌降命(火須勢理命)、彦火火出見尊(山幸彦)を生みました。


プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪
関連記事


  1. 2018/04/01(日) 15:00:00|
  2.  ┣ 桜|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎の花 富田浜のルピナス 宮崎県新富町 | ホーム | 食事 創業大正八年 炭焼きうなぎの松田うなぎ屋 熊本県人吉市

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mpv21hiro.blog.fc2.com/tb.php/2357-a3a12cfa

| ホーム |