FC2ブログ

★hiroの部屋★

★写真 ★★車を快適に! ★★★バイクを快適に! ★★★★ ★★★★★ ★★★★★★ ★★★★★★★

「海の貴婦人」海王丸Ⅱ世 宮崎県日向市細島港

 海王丸Ⅱ世が日向市の細島港に入港していて、今日の14時に出港するのを知り、東九州自動車道を走り海王丸Ⅱ世を撮影に行って来ました。
 東九州自動車道が出来て便利になりましたが、追越車線が少なく車が数珠繋ぎに・・・
 12時に細島港工業港1号岸壁に到着です。
 出港まで2時間あるので、見物客はまだ少ないですね。

「海の貴婦人」海王丸Ⅱ世 宮崎県日向市細島港
hiroの部屋 「海の貴婦人」海王丸Ⅱ世 宮崎県日向市細島港

出港まで時間があるので、出港後の撮影ポイントをナビで探します。
以前は埋め立て地に工場等はなく、竹島まで行けたのですが、現在は工場があり行くことが出来ません。

「海の貴婦人」海王丸Ⅱ世 宮崎県日向市細島港
hiroの部屋 「海の貴婦人」海王丸Ⅱ世 宮崎県日向市細島港

タグボートが出てきて出港の準備です。
「雄翔丸」(YUSHO MARU)
 総トン数:198トン
 志布志港
 大分臨海興業

「海の貴婦人」海王丸Ⅱ世 宮崎県日向市細島港
hiroの部屋 「海の貴婦人」海王丸Ⅱ世 宮崎県日向市細島港

船尾を引かれ工業港1号岸壁から離れていきます。

「海の貴婦人」海王丸Ⅱ世 宮崎県日向市細島港
hiroの部屋 「海の貴婦人」海王丸Ⅱ世 宮崎県日向市細島港

タグボートが懸命に引っ張っていきます。

「海の貴婦人」海王丸Ⅱ世 宮崎県日向市細島港
hiroの部屋 「海の貴婦人」海王丸Ⅱ世 宮崎県日向市細島港

出港を見送って、次の撮影ポイントへ移動です。
餘島から見えるかも。
餘島は一般車両進入禁止でした。
手前に防波堤があり登ってみると、海が見えます。
門川町鍋崎方面が見えます。
ここで、海王丸Ⅱ世を待つ事に。

やって来ました。海王丸Ⅱ世です。

「海の貴婦人」海王丸Ⅱ世 宮崎県日向市細島港
hiroの部屋 「海の貴婦人」海王丸Ⅱ世 宮崎県日向市細島港

風が強くて、三脚を使っていてもカメラがぶれてしまいます。

「海の貴婦人」海王丸Ⅱ世 宮崎県日向市細島港
hiroの部屋 「海の貴婦人」海王丸Ⅱ世 宮崎県日向市細島港

枇榔島(びろうじま)を過ぎて、東へ方向を変え日向を後にするのでした。

 枇榔島(びろうじま)は、門川湾沖合い6kmに浮かぶ面積4.12ha、周囲は約1.5kmの小島です。
 名前の由来は枇榔(ビロウ)樹が生い茂っていたことによります。「神武天皇の軍船が一頭クジラをしとめようとすると、クジラは美女に変身して助けを求めた」という伝説があり、別名「美女ヶ島」とも呼ばれています。
 島の形状は、海底火山の影響によりできた柱状節理の切り立った断崖絶壁です。
 黒潮の流れが絶好の釣り場を生み出し、絶好の釣り場として知られているほか、国指定の天然記念物のカンムリウミスズメの世界最大の繁殖地としても全国的に有名です。カンムリウミスズメのほかにもウチヤマセンニュウやカラスバトなど多くの野鳥が集まっています。
 全島域が日豊海岸国定公園に指定されています。


「海の貴婦人」海王丸Ⅱ世 宮崎県日向市細島港
hiroの部屋 「海の貴婦人」海王丸Ⅱ世 宮崎県日向市細島港

次は、神戸に入港のようです。
セイルドリルは、「2010長崎帆船まつり 日本丸海王丸 セイルドリル」の時撮影しています。

海王丸II世
 初代海王丸の後継として、1989年(平成元年)に全通船楼甲板船として就航したのが海王丸II世です。
 先代の海王丸に比べて大型化がなされ、また、日本丸II世で培われた建造技術をさらに進歩させ、帆走時には抵抗となるプロペラの迎え角を水流に平行とすることにより抵抗を減少させる、フェザリング機能を有する可変ピッチプロペラの採用などにより日本丸II世をしのぐ帆走性能を得ました。
 その年で最速の帆船に贈られる「ボストン・ティーポットトロフィー」を1990年、1991年、1994年、1995年と4回受賞(日本丸II世は3回受賞)しています。なかでも1995年には124時間で1394マイルを帆走する記録を打ち立てています。

 従来、練習帆船は国が建造し船員教育の教育訓練のみに使用してきましたが、船員教育訓練とあわせて「青少年のための海洋教室や体験航海」にも利用するものとして、国の補助金、財団法人日本船舶振興会(現・日本財団)補助金、一般からの寄付金及び銀行借入金とし、財団法人練習船教育後援会(現財団法人海技教育財団)が海王丸代船を建造することとなり、独立行政法人海技教育機構に用船契約される形で運航されています。
 海技教育財団が、一般社会人向けの体験航海・遠洋航海コースを実施していますが、海事教育機関の練習船であるため、実習生の参加人数により一般募集枠が少なくなる場合もあります。
 日本丸II世との外見の違いは「船首像」「船体のライン数」「救命艇の形状」「後部フード(舵輪の屋根)の形状」です。


船名:海王丸
航行区域:遠洋
船種:帆船
建造場所:住重浦賀
船番:1155
起工年月日:(1988)昭和63年7月8日
進水年月日:(1989)平成元年3月7日
竣工年月日:(1989)平成元年9月12日
信号符字:JMMU
船舶番号:131166
IMO番号:8801010
総トン数:2,556
国際総トン数:2,879
純トン数:863
載貨重量トン数:1,425.40
満載排水トン数:4,654.70
全長(m):110.09
垂線間長(m):86.0
型深(m) 船楼甲板/上甲板:10.72/8.20
満載喫水(m):6.58
幅(フィン張出時) (m):13.8
主機関
メーカー・型式原動機種/基:ヤンマーZ280-STディーゼル/2基
プロペラ:4翼CPP×2
定格出力(kW)/(PS):2,206/1,500×2
速力 最大/航海(k't):14.09/12.95
最大搭載人員(実習生定員):199(128)


プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪
関連記事


  1. 2019/02/23(土) 14:54:14|
  2. 海・船の写真|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Kenko PLフィルター ZX サーキュラーPL 77mm | ホーム | 宮崎の花 紅梅・白梅 市民の森(阿波岐原森林公園)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mpv21hiro.blog.fc2.com/tb.php/2600-057d4233

| ホーム |