FC2ブログ

★hiroの部屋★

★写真 ★★車を快適に! ★★★バイクを快適に! ★★★★ ★★★★★ ★★★★★★ ★★★★★★★

西都原古墳群 鬼の窟古墳と菜の花 宮崎県西都市

西都原公園の菜の花が、咲き始めました。
この場所は、好きな撮影ポイントの一つです。
今朝まで、雨が降っていましたが、良いお天気になりました。

西都原古墳群 鬼の窟古墳と菜の花 宮崎県西都市
hiroの部屋 西都原古墳群 鬼の窟古墳と菜の花 宮崎県西都市

鬼の窟古墳
・西都原古墳群の中の206号墳
・西都原台地のほぼ中央部に位置し、直径37m、高さ7.3m、土塁の高さ約2~2.6m・土塁の基底部幅約9mを有している円墳です。
・西都原古墳群で唯一の横穴式石室を持ち、墳丘の周囲には土塁(外堤)を廻らす特異な形状は、全国的にみて他に例がありません。石室の天井石は畳3枚程の大きな石を使っていて、石室の規模は、羨道の長さが4.82m、幅2.29m、高さ1.8m、奥方の玄室は、長さが4.82m、幅2.29m、高さ2.15mあり、全てが加工された切石で積み上げられています。
・1995年(平成7年)から整備を伴う調査が行われ、築造当時の状態に復元・整備されていて中を見ることが出来ます。


鬼の窟の伝承
 西都原あたりにいた鬼が、木花咲耶姫(コノハナサクヤヒメ)を見て、初め父神の大山祇神(オオヤマツミノカミ)に「コノハナサクヤヒメを嫁にください」と申し出ました。
 オオヤマツミノカミは困ってしまい、「明朝、夜明けまでに大きな石の岩屋を造りなさい。それが出来たら娘をやろう。」という条件で岩屋を造らせることにしました。
 鬼は喜び岩屋造りにとりかかり、夜明け前に岩屋は完成し、安心してしまった鬼は眠ってしまいました。
 一方、出来る筈は無いと思っていたものの心配になったオオヤマツミノカミが様子を見に行くと、驚いたことに岩屋は完成していました。
 オオヤマツミノカミは、疲れて眠り込んでいる鬼に気づかれないように岩屋の天井石を1枚抜き取り投げました。そして、オオヤマツミノカミは岩屋が完成していないことを理由に鬼の申し出を断わりました。
 コノハナサクヤヒメは鬼のお嫁さんにならなくて良かったけれど、可哀想なのは鬼、それからこの岩屋は 「鬼の窟」と呼ばれるようになりました。

木花咲耶姫(コノハナサクヤヒメ)
 降臨した天孫・迩迩芸命(ニニギノミコト)が一目ぼれしたのが木花咲耶姫(コノハナサクヤヒメ)。海幸彦と山幸彦の母。



プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪
関連記事


  1. 2020/03/14(土) 14:00:32|
  2.  ┣ 菜の花|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎の花 エドヒガンザクラ 西米良村 | ホーム | ゴリラ お兄ちゃんとツーリング行ったんだよ 西都原・西米良

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mpv21hiro.blog.fc2.com/tb.php/2818-6951fc8e

| ホーム |