FC2ブログ

★hiroの部屋★

★写真 ★★車を快適に! ★★★バイクを快適に! ★★★★ ★★★★★ ★★★★★★ ★★★★★★★

日本初の巨大アーチ式ダム「上椎葉ダム」 宮崎県椎葉村

上椎葉ダム(かみしいばダム)は、宮崎県東臼杵郡椎葉村(しいばそん)大字下福良にあり、二級河川・耳川本流最上流部に建設されたダムです。
九州電力が管理を行う発電用ダムで、高さ111m、長さ341m、総貯水量91,550,000m³(福岡ドーム約52杯分)、有効貯水容量‎: ‎76,000,000 m³のアーチ式コンクリートダムです。

日本初の巨大アーチ式ダム「上椎葉ダム」 宮崎県椎葉村
hiroの部屋 日本初の巨大アーチ式ダム「上椎葉ダム」 宮崎県椎葉村

日本で初めてとなる100m級の大規模アーチダムで、その後の日本の土木技術に多大な影響を与えたダムです。
当時上椎葉ダムは重力式ダムを建設する予定でしたが、大規模建設になることから調査や研究を重ね、経費削減と工期短縮が見込める巨大アーチ式ダムを日本で初めて建設することが決まりました。

アーチ式ダムは貯水池の方向に外曲する円弧の形を描くダムで、従来の重力式ダムがダム自体の重量で水圧を支えるのに対して、両岸の強固な岩盤を利用しアーチ作用によって側壁に水圧を転嫁して支えるもので工期の短縮と資材の節減が実現しました。

戦後、荒廃した国土の一日も早い復興を図るためには産業の復興と発展が重要となり、こうした見地から北九州工業地帯への送電が重要視されました。
日本発送電九州支店は1946年(昭和21年)には早くも現在のダムサイト地点において測量を開始し、本格的な建設事業に乗り出しました。

日本初の巨大アーチ式ダム「上椎葉ダム」 宮崎県椎葉村
hiroの部屋 日本初の巨大アーチ式ダム「上椎葉ダム」 宮崎県椎葉村

ダム建設が正式に発表された昭和23年、ダム建設により水没する地域が明らかになりました。
椎葉村の73戸が水没することから補償交渉が行われました。
村会議員と九州電力職員が一緒に家々を回り、ダムを建設することが村を救うことに繋がると説得しました。
水没する住民の方々は村の発展のためにと、73戸515人が移転しました。
ダム建設のおかげで村の全地域に電気が通りましたが、尾八重地区では約半分の住民が移転することになり、伝統芸能などの伝承が難しくなってしまいました。

日本初の巨大アーチ式ダム「上椎葉ダム」 宮崎県椎葉村
hiroの部屋 日本初の巨大アーチ式ダム「上椎葉ダム」 宮崎県椎葉村

1950年(昭和25年)より九州戦後初の大規模土木プロジェクトである上椎葉ダム建設事業が開始され、1953年(昭和28年)から本格的なダム建設が始まりました。
大量に必要となったセメントや砂等の建設資材は延岡市にある倉庫に集められ、ロープウェイを使って約60km離れた延岡市から椎葉村まで建設資材を輸送しました。
ダム建設当時は椎葉村の人口は約1万人にもなり、村内の寄宿舎では約8,000人の建設作業員が生活し、村には2軒の映画館やパチンコ店、商店などが並び、賑わっていました。

日本初の巨大アーチ式ダム「上椎葉ダム」 宮崎県椎葉村
hiroの部屋 日本初の巨大アーチ式ダム「上椎葉ダム」 宮崎県椎葉村

工事はダムを支える両岸岩盤の掘削作業から行われましたが、この掘削作業は困難を極め、転落や落石により多くの作業員の命が失われました。
また、台風による建設資材の流失や人的被害を毎年被っていましたが、1954年(昭和29年)9月の台風12号による被害は特に甚大で、耳川上流域で総雨量700mmを超える記録的な豪雨がダム現場を襲いました。
これにより建設中の上椎葉発電所が損壊した他、建設プラント等多くの資材が流失・損壊し被害額は当時の額で4億円にもなり、工事進捗も半年の遅延を余儀なくされました。しかし肝心のダム本体は全く無傷で、アーチダムの洪水に対する耐久性を証明することになりました。

数々の難工事を経て、1955年(昭和30年)5月26日にダム・発電所は完成しました。
総工費約149億円、建設に従事した労働者延べ500万人と九州電力の社運を賭けたプロジェクトは成功しました。
しかしこの栄光の陰に、難工事によって105名の殉職者を出す結果となり、完成時に上椎葉ダムを見下ろせる展望台に「女神像公園」が整備され、彫刻家富永朝堂の作による仏教・キリスト教・水神の3女神像と慰霊碑が建立されました。

日本初の巨大アーチ式ダム「上椎葉ダム」 宮崎県椎葉村
hiroの部屋 日本初の巨大アーチ式ダム「上椎葉ダム」 宮崎県椎葉村

上椎葉ダムは、耳川水系の水力発電所群の中核をなし、ダムに付設する上椎葉発電所によって最大9万kwの電力を北九州工業地帯に送電する目的を持っています。
ダムによって形成された人造湖は小説家・吉川英治によって日向椎葉湖(ひゅうがしいばこ)と命名され、2005年(平成17年)に地元・椎葉村の推薦によって財団法人ダム水源地環境整備センターよりダム湖百選の認定を受けています。


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪
関連記事


  1. 2020/06/21(日) 14:01:56|
  2. 山(里)の写真|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

シャープ SHARP 超音波ウォッシャー UW-S2-S | ホーム | 九州道・宮崎道のサービスエリアの営業時間が変更に

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2020/06/22(月) 20:05:30 |
  2. |
  3. # |
  4. 編集

了解しました

了解しました。
  1. 2020/06/22(月) 20:14:38 |
  2. URL |
  3. hiro #vZORtMn2 |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mpv21hiro.blog.fc2.com/tb.php/2889-bcb32696

| ホーム |