FC2ブログ

★hiroの部屋★

★写真 ★★車を快適に! ★★★バイクを快適に! ★★★★ ★★★★★ ★★★★★★ ★★★★★★★

宮崎神宮 神事 流鏑馬(やぶさめ)中止 宮崎市

宮崎神宮の流鏑馬本儀は、4月3日です。
雨が降っています。
10時過ぎに宮崎神宮へ行ってみました。
撮影場所の馬場末には、数台の脚立が立ててあります。
昨日から立ててあるそうです。
雨が降っているので、流鏑馬本儀は行われるか検討中とのことです。
脚立を立て準備をしておきましょう。

1時過ぎ、中止が決まりました。
残念ですが、この雨では仕方ないですね。

宮崎神宮 神事 流鏑馬(やぶさめ)中止 宮崎市
hiroの部屋 宮崎神宮 神事 流鏑馬(やぶさめ)中止 宮崎市


宮崎神宮 神事 流鏑馬(やぶさめ)中止 宮崎市
hiroの部屋 宮崎神宮 神事 流鏑馬(やぶさめ)中止 宮崎市

流鏑馬(やぶさめ)
 綾藺笠(あやいがさ)をかぶり、弓懸(ゆがけ)・弓籠手(ゆごて)・行縢(むかばき)を着けた狩り装束の射手が馬を走らせながら鏑矢(かぶらや)で木製方形の三つの的を射る競技です。
 平安後期から鎌倉時代にかけて盛んに行われ、笠懸(かさがけ)・犬追物(いぬおうもの)とともに騎射三物(きしゃみつもの)のひとつです。
 現在は、鶴岡八幡宮、宮崎神社などで儀式として行われています。

綾藺笠(あやいがさ)
 藺草(いぐさ)を綾織りに編み、裏に布を張った笠。

弓懸(ゆがけ)
 弓を射るときに手の指を保護するために用いる革製の手袋。

弓籠手(ゆごて)
 弓を射るとき、袖が弦(つる)に当たるのを防ぐために、左の手首から肩にかけておおう皮や絹布などで作った筒状の籠手(こて)。

行縢(むかばき)
 狩猟の際に両足の覆いとした布帛(ふはく)や毛皮の類。

鏑矢(かぶらや)
 矢の先の鏃(やじり)の付け根に鏑を付けたもの。飛ぶときに音を発する。

笠懸(かさがけ)
 疾走する馬上から的に鏑矢(かぶらや)を放ち的を射る、日本の伝統的な騎射の技術・稽古・儀式・様式のこと。
 流鏑馬と比較して笠懸はより実戦的で標的も多彩であるため技術的な難易度が高いが、格式としては流鏑馬より略式となり、余興的意味合いが強い。

犬追物(いぬおうもの)
 騎射の練習のひとつで、円形の馬場の中に放した犬を追いながら、馬上から蟇目(ひきめ:傷を負わせない)の矢で射る武術。



プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪
関連記事


  1. 2021/04/03(土) 14:00:00|
  2.  ┣ 宮崎県|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎の花 高取山公園のミツバツツジ 西都市 | ホーム | 宮崎県の田の神さぁ 東猿瀬(ひがしさるぜ)の田の神 小林市野尻町東麓字猿瀬

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mpv21hiro.blog.fc2.com/tb.php/3104-eab352d6

| ホーム |