FC2ブログ

★hiroの部屋★

★写真 ★★車を快適に! ★★★バイクを快適に! ★★★★ ★★★★★ ★★★★★★ ★★★★★★★

安井息軒旧宅 宮崎郡清武町

「きよたけ歴史館」(清武町加納甲3378‐1電話:0985‐84‐0234)へやって来ました。
入場料は無料です。
「安井息軒展示室」(清武出身の幕末の儒学者安井息軒の生涯の業績を紹介)
「考古展示室」(町内遺跡で発掘された考古物を紹介)
「展望室」(清武町加納地区から太平洋までを見渡すことが可能)
図書資料室、研修室があります。

この「きよたけ歴史館」の前に、安井息軒旧宅があります。
梅の花は、終わっていますね。

hiroの部屋 クリックすると大きく見れます。

この梅の木は、まだ咲いていました。

hiroの部屋 クリックすると大きく見れます。

安井息軒梅まつりが2月11日(水)に行われたそうです。
野点、豚汁の振舞い、梅の種とばし大会、餅つき大会などのアトラクションや、和太鼓、琴の演奏や日本舞踊、神楽舞


江戸時代の学者・安井息軒(やすい そっけん、寛政11年1月1日(1799年2月5日) - 明治9年(1876年)9月23日)は、清武町が生んだ偉人です。
幼いころから学問に励み、「一日の計は朝にあり。一年の計は春にあり。一生の計は少壮の時にあり」という考えのもと、多くの人材を育てました。
旧宅は中野の武家屋敷群の中にあり、旧宅としては宮崎県で唯一の国指定文化財です。
平成6年に、もとの茅ぶきに戻すなどの整備が行われました。
平面積は95.321平方メートル。旧宅の東側に当時の古井戸が残っており、息軒が自ら植えたとされる梅が枝を広げています。
園内の生誕碑に刻まれた「今は音をしのぶが岡のほととぎす いつか雲井のよそに名乗らむ」の歌は、息軒が若い頃に向学への思いを詠んだものです。



プチット押していただけると嬉しいです


ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ
関連記事


  1. 2009/02/15(日) 23:51:52|
  2.  ┣ 宮崎市|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎空港で飛行機の写真を | ホーム | 月知梅 宮崎市高岡町

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mpv21hiro.blog.fc2.com/tb.php/459-ecda8b18

| ホーム |