FC2ブログ

★hiroの部屋★

★写真 ★★車を快適に! ★★★バイクを快適に! ★★★★ ★★★★★ ★★★★★★ ★★★★★★★

都於郡城跡(とのこおりじょうあと) 宮崎県西都市

2009/5/16 今日は降水率高いですが、西都市方面に行って見ましょう。
西都市都於郡町にある都於郡城跡(とのこおりじょうあと)にやって来ました。

県道18号線(大安寺池の側)沿いに「国指定史跡 都於郡城跡」の案内が
ここから800mのようです。
大安寺池には、芭蕉句碑があるようです。

hiroの部屋 都於郡城跡(とのこおりじょうあと) 宮崎県西都市

駐車場に案内板がありました。

(1280 x 1206)大きく見れます。
hiroの部屋 都於郡城跡(とのこおりじょうあと) 宮崎県西都市

本丸跡です。

hiroの部屋 都於郡城跡(とのこおりじょうあと) 宮崎県西都市

史跡 都於郡城跡 の説明があります。

(2816 x 2112) 大きく見れます。
hiroの部屋 都於郡城跡(とのこおりじょうあと) 宮崎県西都市

伊東満所(いとうまんしょ)の像があります。

hiroの部屋 都於郡城跡(とのこおりじょうあと) 宮崎県西都市

伊東 マンショ(いとう まんしょ、Mancio, 満所とも、永禄12年(1569年)頃 - 慶長17年10月21日(1612年11月13日))は、安土桃山時代から江戸時代初期のキリシタンで、天正遣欧少年使節の正使。イエズス会員でカトリック司祭。マンショは洗礼名、本名は祐益。伊東祐青の子。母は日向国主・伊東義祐の娘(通称「町の上」)。大友宗麟の縁者。
伊東マンショは日向国主伊東義祐の孫として生まれた。伊東氏が島津氏の攻撃を受け、伊東氏の支城の綾城が落城した際、当時8歳だった伊東マンショは家臣の田中國廣に背負われ豊後に落ち延びる。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


hiroの部屋 都於郡城跡(とのこおりじょうあと) 宮崎県西都市

世界への扉を勇敢にも開いた、
伊東満所(マンショ)の精神は、
新たな千年紀において、
九州とイタリアの若者たちの
指針となるであろう。
  カブリエール・メネガッティ
  駐日イタリア大使

奥ノ城跡 Ladies'Quarters(Oku No Jyo)Ruins
本丸の北方には間道と併用した空掘を挟んで奥ノ城があります。ここは城主一族の大奥として奥方や侍女をはじめ家族の住居でありました。天正5年(1577年)12月落城の際には一族は家臣と共にこの奥ノ城から豊後の方に落ちのびて行きました。

土塁 Earthen Barrier Walls
外敵から自己を防衛する目的で、土を盛って築き上げたものです。都於郡城の各曲輪の周縁部には、この土塁が構築されていたものと思われます。

hiroの部屋 都於郡城跡(とのこおりじょうあと) 宮崎県西都市

三ノ丸跡 Third Fortress(San No Maru)Ruins
三ノ丸は都於郡台地の西北端にあり、三方断崖をなし、山麗には三財川が流れて自然の外濠をなしています。西ノ城と同様ものみの役割を果たしていたと思われます。また、伊東氏四十八城と連絡するための狼煙台(のろしだい)があった場所ではないかと推測されます。

hiroの部屋 都於郡城跡(とのこおりじょうあと) 宮崎県西都市


hiroの部屋 都於郡城跡(とのこおりじょうあと) 宮崎県西都市

西ノ城跡 West Fortress(Nishi No Jyo)Ruins
空堀を隔てて三ノ丸の南側にあり、眼下に三財地区全体が見下ろされます。なお、遥かに東諸県地方も望むことができ、三ノ丸と共に眺望絶佳であります。別名斤候(ものみ)城とも伝えられ、外敵からの進入に備えての城であったのではないかと思われます。

hiroの部屋 都於郡城跡(とのこおりじょうあと) 宮崎県西都市

都於郡城跡は、綺麗に整備されています。
この日は、二ノ丸跡は工事中の為入れませんでした。


プチット押していただけると嬉しいです


ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ
関連記事


  1. 2009/05/16(土) 21:59:18|
  2.  ┣ 西都市|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎の神社 不思議塩辛い水 鹿野田(かのだ)神社 宮崎県西都市 | ホーム | 「母の日」にアジサイの花を

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mpv21hiro.blog.fc2.com/tb.php/517-1f0427ac

| ホーム |