FC2ブログ

★hiroの部屋★

★写真 ★★車を快適に! ★★★バイクを快適に! ★★★★ ★★★★★ ★★★★★★ ★★★★★★★

日向国分寺跡 木喰五智館(もくじきごちかん)五智如来像 宮崎県西都市三宅

宮崎県西都市にある、「木喰五智館(もくじきごちかん)」へやって来ました。

hiroの部屋 木喰五智館(もくじきごちかん)

案内板があります。

 この館は木喰上人彫像の「五智如来像」を安置保存するために、平成8年(1996年)3月に新築されたものです。 建築にあたっては、敷地が日向国分寺内であるため、場所や景観に配慮したつくりとしました。
 「五智如来像」の安置・保存に関して今日までの経過をたどってみますと、寛政年間(1789~1801年)に木喰上人によって再興された「館」(五智堂」は、明治(1868~1912年)初年まで存続しましたが、当時、全国を風靡した、「廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)」の波はこの地にも及び、寺域はまったくの廃墟となった・・・と口伝されています。 
 しかし、「五智如来像」のみは幸いにも一民家に移され難を逃、その後明治20年(1887年)頃、地元の人達によって廃墟跡地に、瓦葺き入母屋造りの「館」が建設され、「五智如来像」は再びその「館」に安置されることになりました。 
 その館も時の経過とともに、台風などの自然災害で損傷する度に修復が重ねられて来ましたが、結果的には昭和22年(1947年)3月、再び地元の人たちによって再建され、平成7年(1995年)7月まで維持されてきましたが、老朽化が進んだため、この度の建設となったものです。
 平成8年3月   西都市教育委員会


hiroの部屋 木喰五智館(もくじきごちかん)五智如来像

「五智如来座像」
日向国分寺再興のため、三宅村に滞在した木喰上人は、楠の大木を用材として五智如来像を刻みました。 
この5体の如来座像は、中央に本尊の大日如来、向かってその右側に阿弥陀如来、釈迦如来、一方左側には、薬師如来、宝生如来と並んでいます。 
宝生如来座像の背面には「クハン世イ四(寛政四)子ノ八月十五日、作、木喰」の刻印が残されています。


宝生如来坐像
hiroの部屋 木喰五智館(もくじきごちかん)五智如来像

             薬師如来坐像

hiroの部屋 木喰五智館(もくじきごちかん)五智如来像



                          大日如来坐像

hiroの部屋 木喰五智館(もくじきごちかん)五智如来像



阿弥陀如来坐像
hiroの部屋 木喰五智館(もくじきごちかん)五智如来像

             釈迦如来坐像

hiroの部屋 木喰五智館(もくじきごちかん)五智如来像



hiroの部屋 木喰五智館(もくじきごちかん)五智如来像

木喰上人
 木喰上人は、享保3年(1718)に甲斐国(山梨県)西八代郡丸畑村に生まれました。 
 21歳の時相模国(神奈川県)大山不動尊へ参詣し、そこで真言宗の高僧から教えを受け仏門に入りました。 
 44歳の時に、常陸国(茨城県)羅漢寺の住職木食観海上人から「木喰戒」を受け修行に励みましたが、安永2年(1773)55歳の時 日本廻国の大願を発し、大山山麓の田中村を出発し、遊行僧として全国行脚の途につきました。 
 それから92歳までの間、一千体彫仏を発願、日本廻国途中の天明8年(1788)4月、四国から豊後を経て三宅村の「日向国分寺」に到達しました。 
 上人は地元住民に求められて国分寺住職になり、寛政9年(1797)4月までの9年間、三宅村に滞在しました。 その間、国分寺が火災にあったためその再建に取り組み、木喰彫像中最大作と言われる「五智如来座像」5体を完成させました。
 なおこのほか西都市内には、妻恵比須宮のご神体となっている恵比須像など数点の彫像が残されています。
 平成8年3月  西都市教育委員会



木喰上人彫像の「五智如来像」が、こんなに近くで見る事が出来ます。
迫力のある彫刻ですが、とても落ち着きますね。

日向国分寺跡・木喰五智館
西都市大字三宅・国分
入館料 無料
入館時間 8時30分~17時



プチット押していただけると嬉しいです


ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ
関連記事


  1. 2009/09/01(火) 23:51:46|
  2.  ┣ 仏像|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

満月お月さんと宮崎空港 | ホーム | 土用の丑の日ではありませんが「うなぎのかわの」へ 宮崎県新富町

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mpv21hiro.blog.fc2.com/tb.php/588-eaa8deff

| ホーム |