FC2ブログ

★hiroの部屋★

★写真 ★★車を快適に! ★★★バイクを快適に! ★★★★ ★★★★★ ★★★★★★ ★★★★★★★

壇ノ浦古戦場址 山口県下関市みもすそ川公園

壇ノ浦古戦場址

壇ノ浦古戦場址 山口県下関市みもすそ川公園
hiroの部屋 壇ノ浦古戦場址 山口県下関市みもすそ川公園

壇ノ浦の戦い(だんのうらのたたかい)
平安時代の末期の元暦2年/寿永4年3月24日(1185年4月25日)に長門国赤間関壇ノ浦(現在の山口県下関市)で行われた戦闘。
栄華を誇った平家が滅亡に至った治承・寿永の乱の最後の戦いである。

八艘飛びの源義経像

壇ノ浦古戦場址 山口県下関市みもすそ川公園
hiroの部屋 壇ノ浦古戦場址 山口県下関市みもすそ川公園

碇をかついだ平知盛像

壇ノ浦古戦場址 山口県下関市みもすそ川公園
hiroの部屋 壇ノ浦古戦場址 山口県下関市みもすそ川公園

この「みもすそ川公園」の下に関門トンネルが通っています。

平家の落人(へいけのおちうど)
下野国の住人那須氏の一門・那須宗久(「大八」又は「大八郎」の名で知られ、那須与一の弟とされる)は鎌倉幕府の平家の残党追討軍に加わり、肥後との境にある向山に拠った残党を追討、次いで日向国椎葉山に拠った残党の追討に赴いたが、残党に戦意はなく農耕に励んだことから、追討をとりやめたという。
宗久は現地で平清盛の末孫という鶴冨姫という娘と知り合い、恋仲となり3年間の滞在の間に二人に子が授かった。
やがて、那須宗久は本領へと引き上げたが、このとき、平家の残党は自分たちへの追討をとりやめ命を救ってくれた宗久への感謝の気持ちから那須姓に改めたという。
この一連の逸話を謡ったものが宮崎県の代表的民謡「ひえつき節」である。


プチット押していただけると嬉しいです


ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ

hiroの部屋インデックスバーナー
「hiroの部屋」のインデックスです。探し物はこちらが良いかも。
関連記事


  1. 2011/02/20(日) 16:00:53|
  2.  ┣ 山口観光|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

春の足音 普光寺の梅 福岡県大牟田市 | ホーム | 壇ノ浦砲台跡 山口県下関市みもすそ川公園

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mpv21hiro.blog.fc2.com/tb.php/976-5deedd26

| ホーム |