fc2ブログ

★hiroの部屋★

★写真 ★★車を快適に! ★★★バイクを快適に! ★★★★ ★★★★★ ★★★★★★ ★★★★★★★

宮崎の花 スミちゃんラーメン萩の茶屋店のヒガンバナ 小林市野尻町

お天気は台風一過で快晴です。
道路が冠水した所では、土の撤去作業を行っています。

小林市野尻町国道268号線沿いにある、スミちゃんラーメン萩の茶屋にヒガンバナが咲いています。
台風で倒れているヒガンバナは無く、綺麗に咲いています。

宮崎の花 スミちゃんラーメン萩の茶屋店のヒガンバナ 小林市野尻町
hiroの部屋 宮崎の花 スミちゃんラーメン萩の茶屋店のヒガンバナ 小林市野尻町

心地良い風が吹いています。

宮崎の花 スミちゃんラーメン萩の茶屋店のヒガンバナ 小林市野尻町
hiroの部屋 宮崎の花 スミちゃんラーメン萩の茶屋店のヒガンバナ 小林市野尻町

台風が去り、急に涼しくなりました。

宮崎の花 スミちゃんラーメン萩の茶屋店のヒガンバナ 小林市野尻町
hiroの部屋 宮崎の花 スミちゃんラーメン萩の茶屋店のヒガンバナ 小林市野尻町

チョウチョが忙しく飛び回っています。

宮崎の花 スミちゃんラーメン萩の茶屋店のヒガンバナ 小林市野尻町
hiroの部屋 宮崎の花 スミちゃんラーメン萩の茶屋店のヒガンバナ 小林市野尻町

あの光、玉ボケになるかも。
で、撮影です。

hiroの部屋 宮崎の花 スミちゃんラーメン萩の茶屋店のヒガンバナ 小林市野尻町

ヒガンバナの見頃は短いので、今年はこれで終わりかな?


「萩の茶屋」
 宮崎交通が野尻町の国道268号沿いに、昭和39年(1964年)ドライブインとして開業しました。
 宮崎市とえびの高原を結ぶ中間に位置し、春にはツツジや八重桜、秋にはヒガンバナやハギが咲き観光宮崎を象徴する施設の一つでしたが、利用客の減少で平成10年(1998年)5月に閉店しました。跡地は展望所として利用されている。
 現在は、 スミちゃんラーメンが管理されています。


ヒガンバナ
 ヒガンバナ(彼岸花、学名:Lycoris radiata)はヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草。クロンキスト体系ではユリ科。マンジュシャゲ(曼珠沙華)とも呼ばれる。学名の種小名 radiata は「放射状」の意味。

 全草有毒な多年生の球根性植物。散系花序で6枚の花弁が放射状につく。日本には、中国か朝鮮半島からの稲作の伝来時に土と共に鱗茎が混入してきて広まった帰化植物と考えられが、土に穴を掘る小動物を避けるために有毒な鱗茎をあえて持ち込み、あぜや土手に植えたとも考えられる。また鱗茎は薬や、救荒食でもある。有用植物としての働きを熟知しての運搬の可能性も無視できない。

 道端などに群生し、9月中旬に赤い花をつけるが、稀に白いものもある。生長の仕方は独特で、夏の終わりから秋の初めにかけて、高さ30~50cmの花茎が葉のない状態で地上に突出し、その先端に5~7個前後の花がつく。開花後、長さ30~50cmの線形の細い葉をロゼット状に出すが、翌春になると葉は枯れてしまい、秋が近づくまで地表には何も生えてこない。開花期には葉がなく、葉があるときは花がない。 鍾馗水仙(ショウキズイセン)という黄色の変種が存在する。

 また、日本に存在するヒガンバナは全て遺伝的に同一であり、三倍体である。故に、雄株、雌株の区別が無く種子で増えることができない。(遺伝子的には雌株である)中国から伝わった1株の球根から日本各地に株分けの形で広まったと考えられる。



Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2022/09/20(火) 15:00:34|
  2.  ┣ ヒガンバナ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎の花 2022皇子原公園の彼岸花 宮崎県高原町

皇子原公園の彼岸花の撮影に出かけました。
毎週週末は、台風の影響でお天気が良くありませんでした。
九州地方は今度の三連休も台風でお天気良くありません。
皇子原公園の彼岸花は見頃にはなっていないと思いつつ到着です。

はい、誰も来ていません。
駐車場には、私の車が一台だけ。
とにかくカメラバックを担いで撮影場所へ。

少し咲いていました。
今年は見頃が遅いようです。

宮崎の花 2022皇子原公園の彼岸花 宮崎県高原町
hiroの部屋 宮崎の花 2022皇子原公園の彼岸花 宮崎県高原町

曇っていますが、今にも雨が降り出しそうなので傘を片手に持ち、モデルの彼岸花を探します。

宮崎の花 2022皇子原公園の彼岸花 宮崎県高原町
hiroの部屋 宮崎の花 2022皇子原公園の彼岸花 宮崎県高原町


宮崎の花 2022皇子原公園の彼岸花 宮崎県高原町
hiroの部屋 宮崎の花 2022皇子原公園の彼岸花 宮崎県高原町

会えたアゲハは、このアゲハだけでした。
アゲハも少ないなあ~

宮崎の花 2022皇子原公園の彼岸花 宮崎県高原町
hiroの部屋 宮崎の花 2022皇子原公園の彼岸花 宮崎県高原町

時々、雨がパラパラ降りますが、傘をさすほどではありません。

宮崎の花 2022皇子原公園の彼岸花 宮崎県高原町
hiroの部屋 宮崎の花 2022皇子原公園の彼岸花 宮崎県高原町


宮崎の花 2022皇子原公園の彼岸花 宮崎県高原町
hiroの部屋 宮崎の花 2022皇子原公園の彼岸花 宮崎県高原町

お昼から用事があるので、速攻で撤収するのでした。
皇子原公園の彼岸花の撮影のため、高速料金3千円が・・・


皇子原公園
 皇子原公園は、皇祖神武天皇ご生誕の地に創建されたと伝えられる皇子原神社を中心に整備された自然公園です。
 園内にはコテージでの宿泊の他、1.1キロのコースのゴーカートや遊具にニジマス釣り場等も有り、当公園の東側には大淀川の上流の川の一つである高千穂川を利用した水遊び場「たかはる清流ランド」が有り、夏の時期は多くの人々で賑わいます。

ヒガンバナ
 ヒガンバナ(彼岸花、学名:Lycoris radiata)はヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草。クロンキスト体系ではユリ科。マンジュシャゲ(曼珠沙華)とも呼ばれる。学名の種小名 radiata は「放射状」の意味。

 全草有毒な多年生の球根性植物。散系花序で6枚の花弁が放射状につく。日本には、中国か朝鮮半島からの稲作の伝来時に土と共に鱗茎が混入してきて広まった帰化植物と考えられが、土に穴を掘る小動物を避けるために有毒な鱗茎をあえて持ち込み、あぜや土手に植えたとも考えられる。また鱗茎は薬や、救荒食でもある。有用植物としての働きを熟知しての運搬の可能性も無視できない。

 道端などに群生し、9月中旬に赤い花をつけるが、稀に白いものもある。生長の仕方は独特で、夏の終わりから秋の初めにかけて、高さ30~50cmの花茎が葉のない状態で地上に突出し、その先端に5~7個前後の花がつく。開花後、長さ30~50cmの線形の細い葉をロゼット状に出すが、翌春になると葉は枯れてしまい、秋が近づくまで地表には何も生えてこない。開花期には葉がなく、葉があるときは花がない。 鍾馗水仙(ショウキズイセン)という黄色の変種が存在する。

 また、日本に存在するヒガンバナは全て遺伝的に同一であり、三倍体である。故に、雄株、雌株の区別が無く種子で増えることができない。(遺伝子的には雌株である)中国から伝わった1株の球根から日本各地に株分けの形で広まったと考えられる。



Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2022/09/15(木) 22:14:41|
  2.  ┣ ヒガンバナ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎の花 皇子原公園の彼岸花 宮崎県高原町

皇子原公園へやって来ました。
彼岸花は少ししか咲いていません。
見頃はまだ先ですね。

宮崎の花 皇子原公園の彼岸花 宮崎県高原町
hiroの部屋 宮崎の花 皇子原公園の彼岸花 宮崎県高原町


宮崎の花 皇子原公園の彼岸花 宮崎県高原町
hiroの部屋 宮崎の花 皇子原公園の彼岸花 宮崎県高原町


宮崎の花 皇子原公園の彼岸花 宮崎県高原町
hiroの部屋 宮崎の花 皇子原公園の彼岸花 宮崎県高原町


宮崎の花 皇子原公園の彼岸花 宮崎県高原町
hiroの部屋 宮崎の花 皇子原公園の彼岸花 宮崎県高原町


皇子原公園
 皇子原公園は、皇祖神武天皇ご生誕の地に創建されたと伝えられる皇子原神社を中心に整備された自然公園です。
 園内にはコテージでの宿泊の他、1.1キロのコースのゴーカートや遊具にニジマス釣り場等も有り、当公園の東側には大淀川の上流の川の一つである高千穂川を利用した水遊び場「たかはる清流ランド」が有り、夏の時期は多くの人々で賑わいます。

ヒガンバナ
 ヒガンバナ(彼岸花、学名:Lycoris radiata)はヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草。クロンキスト体系ではユリ科。マンジュシャゲ(曼珠沙華)とも呼ばれる。学名の種小名 radiata は「放射状」の意味。

 全草有毒な多年生の球根性植物。散系花序で6枚の花弁が放射状につく。日本には、中国か朝鮮半島からの稲作の伝来時に土と共に鱗茎が混入してきて広まった帰化植物と考えられが、土に穴を掘る小動物を避けるために有毒な鱗茎をあえて持ち込み、あぜや土手に植えたとも考えられる。また鱗茎は薬や、救荒食でもある。有用植物としての働きを熟知しての運搬の可能性も無視できない。

 道端などに群生し、9月中旬に赤い花をつけるが、稀に白いものもある。生長の仕方は独特で、夏の終わりから秋の初めにかけて、高さ30~50cmの花茎が葉のない状態で地上に突出し、その先端に5~7個前後の花がつく。開花後、長さ30~50cmの線形の細い葉をロゼット状に出すが、翌春になると葉は枯れてしまい、秋が近づくまで地表には何も生えてこない。開花期には葉がなく、葉があるときは花がない。 鍾馗水仙(ショウキズイセン)という黄色の変種が存在する。

 また、日本に存在するヒガンバナは全て遺伝的に同一であり、三倍体である。故に、雄株、雌株の区別が無く種子で増えることができない。(遺伝子的には雌株である)中国から伝わった1株の球根から日本各地に株分けの形で広まったと考えられる。



Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2021/09/11(土) 20:13:44|
  2.  ┣ ヒガンバナ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎の花 御池の彼岸花 宮崎県高原町

日南市の坂元棚田から、高原町の皇子原公園へ移動中に御池展望台で休憩です。
雲が出てきましたね。
駐車場横に彼岸花が咲いています。

宮崎の花 御池の彼岸花 宮崎県高原町
hiroの部屋 宮崎の花 御池の彼岸花 宮崎県高原町


ヒガンバナ
 ヒガンバナ(彼岸花、学名:Lycoris radiata)はヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草。クロンキスト体系ではユリ科。マンジュシャゲ(曼珠沙華)とも呼ばれる。学名の種小名 radiata は「放射状」の意味。

 全草有毒な多年生の球根性植物。散系花序で6枚の花弁が放射状につく。日本には、中国か朝鮮半島からの稲作の伝来時に土と共に鱗茎が混入してきて広まった帰化植物と考えられが、土に穴を掘る小動物を避けるために有毒な鱗茎をあえて持ち込み、あぜや土手に植えたとも考えられる。また鱗茎は薬や、救荒食でもある。有用植物としての働きを熟知しての運搬の可能性も無視できない。

 道端などに群生し、9月中旬に赤い花をつけるが、稀に白いものもある。生長の仕方は独特で、夏の終わりから秋の初めにかけて、高さ30~50cmの花茎が葉のない状態で地上に突出し、その先端に5~7個前後の花がつく。開花後、長さ30~50cmの線形の細い葉をロゼット状に出すが、翌春になると葉は枯れてしまい、秋が近づくまで地表には何も生えてこない。開花期には葉がなく、葉があるときは花がない。 鍾馗水仙(ショウキズイセン)という黄色の変種が存在する。

 また、日本に存在するヒガンバナは全て遺伝的に同一であり、三倍体である。故に、雄株、雌株の区別が無く種子で増えることができない。(遺伝子的には雌株である)中国から伝わった1株の球根から日本各地に株分けの形で広まったと考えられる。



Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2021/09/11(土) 20:06:11|
  2.  ┣ ヒガンバナ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎の花 「日本の棚田百選」坂元棚田の彼岸花 日南市

今日から台風の影響でお天気が良くない予報でした。
朝起きると、晴れています。
速攻で出発の準備です。
北の方は青空が見えています。南の方は雲が一面に・・・
彼岸花を撮影に、南の坂元棚田へ行ってみることにします。

坂元棚田の上の駐車場には車が一台も停まっていません。
彼岸花は咲いていますが、見頃はまだ先ですね。

宮崎の花 「日本の棚田百選」坂元棚田の彼岸花 日南市
hiroの部屋 宮崎の花 「日本の棚田百選」坂元棚田の彼岸花 日南市


宮崎の花 「日本の棚田百選」坂元棚田の彼岸花 日南市
hiroの部屋 宮崎の花 「日本の棚田百選」坂元棚田の彼岸花 日南市

下の駐車場へ移動して来ました。
ここには、4~5台車が停まっています。

宮崎の花 「日本の棚田百選」坂元棚田の彼岸花 日南市
hiroの部屋 宮崎の花 「日本の棚田百選」坂元棚田の彼岸花 日南市


宮崎の花 「日本の棚田百選」坂元棚田の彼岸花 日南市
hiroの部屋 宮崎の花 「日本の棚田百選」坂元棚田の彼岸花 日南市


宮崎の花 「日本の棚田百選」坂元棚田の彼岸花 日南市
hiroの部屋 宮崎の花 「日本の棚田百選」坂元棚田の彼岸花 日南市


ヒガンバナ
 ヒガンバナ(彼岸花、学名:Lycoris radiata)はヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草。クロンキスト体系ではユリ科。マンジュシャゲ(曼珠沙華)とも呼ばれる。学名の種小名 radiata は「放射状」の意味。

 全草有毒な多年生の球根性植物。散系花序で6枚の花弁が放射状につく。日本には、中国か朝鮮半島からの稲作の伝来時に土と共に鱗茎が混入してきて広まった帰化植物と考えられが、土に穴を掘る小動物を避けるために有毒な鱗茎をあえて持ち込み、あぜや土手に植えたとも考えられる。また鱗茎は薬や、救荒食でもある。有用植物としての働きを熟知しての運搬の可能性も無視できない。

 道端などに群生し、9月中旬に赤い花をつけるが、稀に白いものもある。生長の仕方は独特で、夏の終わりから秋の初めにかけて、高さ30~50cmの花茎が葉のない状態で地上に突出し、その先端に5~7個前後の花がつく。開花後、長さ30~50cmの線形の細い葉をロゼット状に出すが、翌春になると葉は枯れてしまい、秋が近づくまで地表には何も生えてこない。開花期には葉がなく、葉があるときは花がない。 鍾馗水仙(ショウキズイセン)という黄色の変種が存在する。

 また、日本に存在するヒガンバナは全て遺伝的に同一であり、三倍体である。故に、雄株、雌株の区別が無く種子で増えることができない。(遺伝子的には雌株である)中国から伝わった1株の球根から日本各地に株分けの形で広まったと考えられる。



坂元棚田(日本の棚田百選 平成11年)
 坂元棚田は、日南市の最高峰の小松山(標高988.8m)の南西斜面標高200mに位置し、小松山を水源に清らかな水が谷川から棚田へと流れています。
 棚田の元地は、集落共有の屋根を葺く茅を刈る原野で茅場(かやば)と呼ばれていた所です。起伏の少ないなだらかな傾斜地で、四季をとおして野の花が咲き、野鳥もたくさんいて、子供にとっては広々とした楽しい遊び場だったようです。
 その茅場が棚田へと変わっていったのは昭和の初めで、国の補助事業を導入して大正の末から測量が始められ、昭和3年(1928年)5月に坂元耕地整理組合を設立して同年9月から本格的に工事が始められました。工事5年間を費やし、工事は19,747円と当時としては高額の費用をかけて昭和8年8月に約110枚、5ヘクタールの棚田が完成しました。
 石積みは全て現地の石を利用したもので、小さな自然石と大石を割ったものを垂直に近い斜面に高く積み上げる技は大変難しく、専門の技術者を雇い入れて工事は始まりました。工事が進むにしたがって地元の人々も見よう見まねで技術を習得し、十数枚の田が出来上がった頃からは、地区の人々を中心に家族総出で工事が進められたようです。
 この棚田は馬耕を前提としており、全国的に類をみない幾何学的に整備されたもので、1枚あたり約5アールの面積や畦道の幅など全て馬耕の思想が見られます。
 開田と同時に、灌漑用水工事も行われ、小松山中腹の赤ナメラ谷、半四郎窯谷の二つの谷から約1500mの水路開削工事も進められました。
 開田当時は漏水が激しく、田の表土も硬く、稲の収穫は現在の半分にも及ばない程でしたが、農家の努力によって年毎に耕作し易くなり、徐々に増収へとつながっていきました。
 現在、12戸の農家が水田として70枚の棚田を耕作していて、近年は、棚田を訪れる人々も多く、四季おりおりの風景を楽しんでいただいています。
 農林水産省は平成11年(1997年)7月26日、文化的遺産や国土保全、動植物生態系の維持などを果たしている役割を評価して『日本の棚田百選』に認定しました。
(現地案内板)



Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2021/09/11(土) 19:57:24|
  2.  ┣ ヒガンバナ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

彼岸花が咲いています

お天気曇りですが、田の神様の撮影に出かけました。
夏の暑さが和らいできました。

ある場所で田の神様を撮影し、移動しようと横を見ると、彼岸花が咲いています。
ちょっと早いのではと思いながら、撮影です。
2週間以上早いのでは・・・

彼岸花が咲いています
hiroの部屋 彼岸花が咲いています


彼岸花が咲いています
hiroの部屋 彼岸花が咲いています


彼岸花が咲いています
hiroの部屋 彼岸花が咲いています


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2021/09/05(日) 20:52:21|
  2.  ┣ ヒガンバナ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎の花 皇子原公園の彼岸花 宮崎県高原町

今年の夏は、暑かったですね。
って、思っていたら彼岸花が咲き始めました。
少し早い感じですが、皇子原公園の彼岸花を見に出かけてみました。
見頃は、もうちょっと先の様です。

宮崎の花 皇子原公園の彼岸花 宮崎県高原町
hiroの部屋 宮崎の花 皇子原公園の彼岸花 宮崎県高原町


宮崎の花 皇子原公園の彼岸花 宮崎県高原町
hiroの部屋 宮崎の花 皇子原公園の彼岸花 宮崎県高原町


宮崎の花 皇子原公園の彼岸花 宮崎県高原町
hiroの部屋 宮崎の花 皇子原公園の彼岸花 宮崎県高原町


宮崎の花 皇子原公園の彼岸花 宮崎県高原町
hiroの部屋 宮崎の花 皇子原公園の彼岸花 宮崎県高原町

皇子原公園
 皇子原公園は、皇祖神武天皇ご生誕の地に創建されたと伝えられる皇子原神社を中心に整備された自然公園です。
 園内にはコテージでの宿泊の他、1.1キロのコースのゴーカートや遊具にニジマス釣り場等も有り、当公園の東側には大淀川の上流の川の一つである高千穂川を利用した水遊び場「たかはる清流ランド」が有り、夏の時期は多くの人々で賑わいます。

ヒガンバナ
 ヒガンバナ(彼岸花、学名:Lycoris radiata)はヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草。クロンキスト体系ではユリ科。マンジュシャゲ(曼珠沙華)とも呼ばれる。学名の種小名 radiata は「放射状」の意味。

 全草有毒な多年生の球根性植物。散系花序で6枚の花弁が放射状につく。日本には、中国か朝鮮半島からの稲作の伝来時に土と共に鱗茎が混入してきて広まった帰化植物と考えられが、土に穴を掘る小動物を避けるために有毒な鱗茎をあえて持ち込み、あぜや土手に植えたとも考えられる。また鱗茎は薬や、救荒食でもある。有用植物としての働きを熟知しての運搬の可能性も無視できない。

 道端などに群生し、9月中旬に赤い花をつけるが、稀に白いものもある。生長の仕方は独特で、夏の終わりから秋の初めにかけて、高さ30~50cmの花茎が葉のない状態で地上に突出し、その先端に5~7個前後の花がつく。開花後、長さ30~50cmの線形の細い葉をロゼット状に出すが、翌春になると葉は枯れてしまい、秋が近づくまで地表には何も生えてこない。開花期には葉がなく、葉があるときは花がない。 鍾馗水仙(ショウキズイセン)という黄色の変種が存在する。

 また、日本に存在するヒガンバナは全て遺伝的に同一であり、三倍体である。故に、雄株、雌株の区別が無く種子で増えることができない。(遺伝子的には雌株である)中国から伝わった1株の球根から日本各地に株分けの形で広まったと考えられる。



プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2020/09/18(金) 19:53:45|
  2.  ┣ ヒガンバナ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎の花 皇子原公園の彼岸花 宮崎県高原町

近くの彼岸花が咲き始めました。
皇子原公園の彼岸花を見に出かけてみました。

昨年と同じ時期に来たのですが、昨年と比べると咲いている彼岸花は少ないですね。
今年は、いつものようにお彼岸が見頃になるようです。

宮崎の花 皇子原公園の彼岸花 宮崎県高原町
hiroの部屋 宮崎の花 皇子原公園の彼岸花 宮崎県高原町


宮崎の花 皇子原公園の彼岸花 宮崎県高原町
hiroの部屋 宮崎の花 皇子原公園の彼岸花 宮崎県高原町


宮崎の花 皇子原公園の彼岸花 宮崎県高原町
hiroの部屋 宮崎の花 皇子原公園の彼岸花 宮崎県高原町


宮崎の花 皇子原公園の彼岸花 宮崎県高原町
hiroの部屋 宮崎の花 皇子原公園の彼岸花 宮崎県高原町



皇子原公園
 皇子原公園は、皇祖神武天皇ご生誕の地に創建されたと伝えられる皇子原神社を中心に整備された自然公園です。
 園内にはコテージでの宿泊の他、1.1キロのコースのゴーカートや遊具にニジマス釣り場等も有り、当公園の東側には大淀川の上流の川の一つである高千穂川を利用した水遊び場「たかはる清流ランド」が有り、夏の時期は多くの人々で賑わいます。

ヒガンバナ
 ヒガンバナ(彼岸花、学名:Lycoris radiata)はヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草。クロンキスト体系ではユリ科。マンジュシャゲ(曼珠沙華)とも呼ばれる。学名の種小名 radiata は「放射状」の意味。

 全草有毒な多年生の球根性植物。散系花序で6枚の花弁が放射状につく。日本には、中国か朝鮮半島からの稲作の伝来時に土と共に鱗茎が混入してきて広まった帰化植物と考えられが、土に穴を掘る小動物を避けるために有毒な鱗茎をあえて持ち込み、あぜや土手に植えたとも考えられる。また鱗茎は薬や、救荒食でもある。有用植物としての働きを熟知しての運搬の可能性も無視できない。

 道端などに群生し、9月中旬に赤い花をつけるが、稀に白いものもある。生長の仕方は独特で、夏の終わりから秋の初めにかけて、高さ30~50cmの花茎が葉のない状態で地上に突出し、その先端に5~7個前後の花がつく。開花後、長さ30~50cmの線形の細い葉をロゼット状に出すが、翌春になると葉は枯れてしまい、秋が近づくまで地表には何も生えてこない。開花期には葉がなく、葉があるときは花がない。 鍾馗水仙(ショウキズイセン)という黄色の変種が存在する。

 また、日本に存在するヒガンバナは全て遺伝的に同一であり、三倍体である。故に、雄株、雌株の区別が無く種子で増えることができない。(遺伝子的には雌株である)中国から伝わった1株の球根から日本各地に株分けの形で広まったと考えられる。



プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2019/09/15(日) 20:16:49|
  2.  ┣ ヒガンバナ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎の花 皇子原公園の彼岸花 宮崎県高原町

今年は、彼岸花の咲くのが早い!
いつもの年は、お彼岸に合わせたように咲く彼岸花ですが、今年は早くも咲いています。

高原町の皇子原公園の彼岸花も、見頃ではありませんが咲いています。

宮崎の花 皇子原公園の彼岸花 宮崎県高原町
hiroの部屋 宮崎の花 皇子原公園の彼岸花 宮崎県高原町


宮崎の花 皇子原公園の彼岸花 宮崎県高原町
hiroの部屋 宮崎の花 皇子原公園の彼岸花 宮崎県高原町


宮崎の花 皇子原公園の彼岸花 宮崎県高原町
hiroの部屋 宮崎の花 皇子原公園の彼岸花 宮崎県高原町

皇子原公園
 皇子原公園は、皇祖神武天皇ご生誕の地に創建されたと伝えられる皇子原神社を中心に整備された自然公園です。
 園内にはコテージでの宿泊の他、1.1キロのコースのゴーカートや遊具にニジマス釣り場等も有り、当公園の東側には大淀川の上流の川の一つである高千穂川を利用した水遊び場「たかはる清流ランド」が有り、夏の時期は多くの人々で賑わいます。

ヒガンバナ
 ヒガンバナ(彼岸花、学名:Lycoris radiata)はヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草。クロンキスト体系ではユリ科。マンジュシャゲ(曼珠沙華)とも呼ばれる。学名の種小名 radiata は「放射状」の意味。

 全草有毒な多年生の球根性植物。散系花序で6枚の花弁が放射状につく。日本には、中国か朝鮮半島からの稲作の伝来時に土と共に鱗茎が混入してきて広まった帰化植物と考えられが、土に穴を掘る小動物を避けるために有毒な鱗茎をあえて持ち込み、あぜや土手に植えたとも考えられる。また鱗茎は薬や、救荒食でもある。有用植物としての働きを熟知しての運搬の可能性も無視できない。

 道端などに群生し、9月中旬に赤い花をつけるが、稀に白いものもある。生長の仕方は独特で、夏の終わりから秋の初めにかけて、高さ30~50cmの花茎が葉のない状態で地上に突出し、その先端に5~7個前後の花がつく。開花後、長さ30~50cmの線形の細い葉をロゼット状に出すが、翌春になると葉は枯れてしまい、秋が近づくまで地表には何も生えてこない。開花期には葉がなく、葉があるときは花がない。 鍾馗水仙(ショウキズイセン)という黄色の変種が存在する。

 また、日本に存在するヒガンバナは全て遺伝的に同一であり、三倍体である。故に、雄株、雌株の区別が無く種子で増えることができない。(遺伝子的には雌株である)中国から伝わった1株の球根から日本各地に株分けの形で広まったと考えられる。



プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2018/09/15(土) 19:57:50|
  2.  ┣ ヒガンバナ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

宮崎の花 「日本の棚田百選」坂元棚田の彼岸花 日南市

 ヒガンバナも終わりかなと思いながら、久々に「日本の棚田百選」の坂元棚田にやって来ました。
 まだ少しヒガンバナが咲いていますが・・・
 稲穂が頭を垂れています。
 10月中旬から稲刈り、掛け干しの光景が見られる様になります。

宮崎の花 「日本の棚田百選」坂元棚田の彼岸花 日南市
hiroの部屋 宮崎の花 「日本の棚田百選」坂元棚田の彼岸花 日南市

坂元棚田(日本の棚田百選認定 平成11年)
 坂元棚田は、日南市の最高峰小松山(標高988.8m)の南西斜面標高200mに位置し、小松山を水源に清らかな水が谷川から棚田へと流れています。
 棚田の元地は、集落共有の屋根を葺く茅を切る原野で茅場(かやば)と呼ばれていた所です。起状の少ないなだらかな傾斜地で、四季をとおして野の花が咲き、野鳥もたくさんいて、子供にとっては広々とした楽しい遊び場だったようです。

宮崎の花 「日本の棚田百選」坂元棚田の彼岸花 日南市
hiroの部屋 宮崎の花 「日本の棚田百選」坂元棚田の彼岸花 日南市

 その茅場が棚田に変わっていったのは昭和の初めで、国の補助事業を導入して大正の末から測量が始められ、昭和3年5月に坂元耕地整理組合を設立して同年9月から本格的に工事が始められました。工事は5年間を費やし、工事は19,747円と当時としては高額の費用をかけて昭和8年8月に約110枚、5ヘクタールの棚田が完成しました。
 石積みは全て現地の石を利用したもので、小さな自然石と大石を割ったものを垂直に近い斜面に高く積み上げる技は大変難しく、専門の技術者を雇い入れて工事は始まりました。工事が進むにしたがって地元の人々も見よう見まねで技術を習得し、十数枚の棚田が出来あがった頃からは、地元の人々を中心に家族総出で工事が進められたようです。

宮崎の花 「日本の棚田百選」坂元棚田の彼岸花 日南市
hiroの部屋 宮崎の花 「日本の棚田百選」坂元棚田の彼岸花 日南市

 この棚田は馬耕を前提としており、全国的に類を見ない幾何学的に整備されたもので、1枚あらり5アールの面積や畦道の幅など全て馬耕の思想が見られます。
 開田と同時に、灌漑用水工事も行われ、小松山中腹の赤ナメラ谷、半四郎窯谷の二つの谷から、約1,500mの水路開削工事も進められました。

宮崎の花 「日本の棚田百選」坂元棚田の彼岸花 日南市
hiroの部屋 宮崎の花 「日本の棚田百選」坂元棚田の彼岸花 日南市

 開田当時は漏水が激しく、田の表土も硬く、稲の収穫は現在の半分にも及ばない程でしたが、農家の努力によって年毎に耕作し易くなり徐々に増収へとつながっていきました。
 農林水産省は、平成11年7月26日、文化的遺産や国土保全、動植物生態系の維持など果たしている役割を評価して、「日本の棚田百選」に認定しました。


プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2017/09/30(土) 13:00:22|
  2.  ┣ ヒガンバナ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

| ホーム | 次のページ