fc2ブログ

★hiroの部屋★

★写真 ★★車を快適に! ★★★バイクを快適に! ★★★★ ★★★★★ ★★★★★★ ★★★★★★★

えびの高原の紅葉始まる えびの市・霧島市

白鳥展望所から霧島バードラインを走りえびの高原へ向かいます。
紅葉が始まっています。
車を停め撮影です。

霧島バードラインの紅葉 宮崎県えびの市東長江浦
hiroの部屋 霧島バードラインの紅葉 宮崎県えびの市東長江浦

霧島バードラインは、車を停める所が少ないので、鹿児島県のえびのスカイラインへ。
えびのスカイラインを走っていると林の中に紅葉が見えます。
近くの駐車スペースに車を停め、紅葉撮影です。

えびのスカイラインの紅葉 鹿児島県霧島市牧園町高千穂
hiroの部屋 えびのスカイラインの紅葉 鹿児島県霧島市牧園町高千穂

紅葉しているとは思っていませんでした。

えびのスカイラインの紅葉 鹿児島県霧島市牧園町高千穂
hiroの部屋 えびのスカイラインの紅葉 鹿児島県霧島市牧園町高千穂


えびのスカイラインの紅葉 鹿児島県霧島市牧園町高千穂
hiroの部屋 えびのスカイラインの紅葉 鹿児島県霧島市牧園町高千穂

枯れた樹の下には、若い木が沢山生えています。

えびのスカイラインの紅葉 鹿児島県霧島市牧園町高千穂
hiroの部屋 えびのスカイラインの紅葉 鹿児島県霧島市牧園町高千穂


えびのスカイラインの紅葉 鹿児島県霧島市牧園町高千穂
hiroの部屋 えびのスカイラインの紅葉 鹿児島県霧島市牧園町高千穂

いつも来ている沢ですが、落葉の前に来たのは初めてですね。

えびのスカイラインの紅葉 鹿児島県霧島市牧園町高千穂
hiroの部屋 えびのスカイラインの紅葉 鹿児島県霧島市牧園町高千穂

この後、霧島高原小林線の青い川(霧島川)、高千穂河原まで行って見ましたが、紅葉は始まっていませんでした。


Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2023/10/24(火) 14:20:54|
  2.  ┣ えびの高原付近の紅葉|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

白鳥神社の紅葉 宮崎県えびの市末永

紅葉の見頃は終わっていると思いながらえびの市にある白鳥神社(しらとりじんじゃ)へ行ってみました。
駐車場には工事車両が停まっているだけで、他に車は停まっていません。
紅葉終わっていました。

白鳥神社の紅葉 宮崎県えびの市末永
hiroの部屋 白鳥神社の紅葉 宮崎県えびの市末永

拝殿の左側に少しだけ紅葉が残っていました。

白鳥神社の紅葉 宮崎県えびの市末永
hiroの部屋 白鳥神社の紅葉 宮崎県えびの市末永

落ち葉を撮影です。

白鳥神社の紅葉 宮崎県えびの市末永
hiroの部屋 白鳥神社の紅葉 宮崎県えびの市末永


 白鳥神社(しらとりじんじゃ)
 宮崎県えびの市南部の白鳥山中腹にある神社です。
 959年(天徳3年)、霧島山を訪れていた性空が白鳥山の頂上付近にある六観音御池の畔で法華経を唱えていたところ白髪の老人があらわれ「自分はヤマトタケルであり、白鳥となってこの山に住んでいる」と語ったことにちなみ、白鳥山中腹に白鳥権現社として創建されました。
 ヤマトタケルが霧島山中にあらわれたのは、かつて熊襲を討った因縁があったためといわれています。
 性空は白鳥神社の近くに天台宗の寺院を創建しましたが、後に荒廃し神社のみが残されました。
 室町時代初期の1403年(応永10年)、光尊阿闍梨によって真言宗の白鳥山金剛乗院満足寺として再建されました。
 軍神であるヤマトタケルを祀っていたことから領主の島津義弘は戦に赴く前にここで武運を祈願し、1601年(慶長6年)から1605年(慶長10年)にかけて社殿の新築を行ったり領地を寄進するなどして支援しました。
 また、山麓の飯野郷や丘郷では白鳥を殺すことが禁じられていました。
 1703年(元禄16年)、境内にあったアカマツの巨木が運び出され、東大寺大仏殿の屋根を支える虹梁として使用されています。
 近くに白鳥温泉があり、江戸時代には寺院の僧侶たちが入浴していたといわれています。



東大寺大仏殿 虹梁(梁木)白鳥巨松の由来
 東大寺大仏殿の大屋根八十万6千貫(3020トン)を支えている大虹梁は、元禄十六年(1703)この白鳥神社境内より伐出された二本の赤松です。
 いずれも樹齢は二千年を超えるものです。
 一本目は長さ十三間(約24m)、元口四尺三寸(約1.3m)、末口三尺三寸七分五厘(約1m)、重さ六一八三貫(23.2トン)あり、樵夫(きこり)九十人の手により四日間かかり伐出されました。
 二本目は長さ十三貫(約24m)、元口四尺一寸(約1.2m)、末口三尺七分五厘(約90cm)、重さ五四三五貫(20.4トン )あり、百人の人手が、三日間費やされました。
 代金は一本二千両。
 山出しの際は傷がつかないよう両端には金輪がはめられ、霧島山中から薩摩湾岸の国分新川口に至る二五里(98.2 km)を一日八百六十人の人夫と牛四十頭の号力によって運び出されました。
 到着するまでには百十五日の歳月を要し、その間には命を失うもの、怪我をしたものは数しれなかったらしい。
 国分新川口からは千石船に積み替えられ、鹿児島湾、日向細島港さらに豊予海峡の急灘を乗り越え瀬戸内海に入り、兵庫港に着き、大阪伝法川口を経て、また淀川をのぼり、木津川から奈良坂を越えて、ようやく無事に大仏殿に到着しました。
 延々八百五十里(3,338 km)に及ぶ大運搬でした。
 宝禄六年(1709)東大寺大仏殿の落成供経も盛大に行われましたが、白鳥巨松は、後の大改修を経ながらも大虹梁として今なお東大寺際仏殿を支え続けています。


東大寺大仏殿虹梁
 東大寺の大仏殿の屋根を支える2本の虹梁(こうりょう)は、それぞれ長さ23.5mのアカマツが使われており、1704年(宝永元年)、日向国の白鳥神社から大和国の東大寺まで延べ10数万人が参加し9ヶ月をかけて運搬されました。

経緯
 東大寺大仏殿の虹梁は、柱の間隔7.7m(2丈5尺4寸)の3倍すなわち23.1mの長さを持ち、3020トンの屋根を支える必要があることから、長さ23.6m(13間)、直径1m(3尺)で強度があり耐久性の高いアカマツが求められました。公慶は様々な手を尽くしてこの条件に見合うアカマツの大木を探していましたが見つからない状態が続いていました。
 1702年(元禄15年)になって日向国小林(小林市)に住む園田清右衛門が霧島山山腹の白鳥神社境内に2本のアカマツの大木があることを見いだし、薩摩藩と奈良奉行を通して公慶に報告しました。公慶は早速現地に検分に訪れました。大木は高さ54m(18丈)あり、曲がりも虫食いもない良材であることが確認され虹梁として採用されることになりました。

掘り倒し
 切り倒すと裂ける恐れがあることから、根の周囲を掘って倒す方法が採られることになりました。
 1703年(元禄16年)9月19日にまず1本目の掘削が始められました。90人が作業にあたり9月22日に掘り倒されました。
 9月23日から2本目の掘削が始められ、こちらも100人がかりで9月25日に掘り倒されました。
 倒された大木からそれぞれ虹梁材が切り出され、衝撃で裂けないよう両端に金属の輪がはめられました。
 1本目は長さ23.6m(13間)、元口1.3m(4尺3寸)、末口1.0m(3尺3寸7分5厘)、重量23.2トン(6183貫)、
 2本目は長さ23.6m(13間)、元口1.2m(4尺1寸)、末口1.1m(3尺7寸5分)、重量20.4トン(5435貫)でした。

運搬
 白鳥神社から海岸までは起伏のある道を66km(16里半)運搬する必要がありました。
 運搬には丸太を樋の形に組んだスラと呼ばれる誘導路や、木馬(きんま)と呼ばれるソリが使われたと考えられています。
 2本の虹梁材は1704年(宝永元年)1月7日に白鳥神社を出発し、尾八重野(えびの市)、加久藤(えびの市)、吉松(湧水町)、牛の瀬戸(湧水町栗野)、横川(霧島市)、鳥越(霧島市隼人)を経て新川口(天降川河口)まで運ばれました。
 途中様々な場所で迂回する必要があり、結局90km(23里)の行程となりました。
 薩摩藩の山奉行が指揮を執り、延べ10万人が参加し牛4000頭を使って115日をかけ5月4日にようやく新川口に到着しました。

 2本の虹梁材は新川口に隣接する浜之市(隼人港)で筏に組まれ、鹿児島湾を6艘の船に引かれ3日間をかけて鹿児島津(鹿児島港)に到着しました。
 鹿児島から畿内までの航路には波の荒い日向灘や玄界灘が控えており、筏のままでは強度が不足するため船に乗せる必要がありました。しかしながら当時はこのような大木を船に乗せる技術がなく、商人たちは輸送を躊躇する状況でした。
 このような中、志布志の商人山下弥五郎が観音様のお告げを受けたとして、米を運ぶのと同じ運賃で畿内までの輸送を買って出ることになりました。
 弥五郎は2本の大木を船に乗せるために船を沈める方法を用いました。
 6月11日に船底の栓を抜いて船を沈め、翌12日の満潮時に2本の虹梁材を船の上に配置しました。
 干潮になるのを待って船底の栓を戻し、船の中から水をくみ出すことで虹梁材の積載に成功しました。
 この方法は弥五郎の娘が夢で観音様から教えられたとされています。

 2本の虹梁材と24名の乗組員を乗せた観音丸は6月20日に鹿児島津を発ち、翌21日、山川港に立ち寄りました。
 南風を待って7月5日深夜に出港し、7月12日、兵庫津(神戸港)に到着しました。
 虹梁材を船から降ろす際にも船を沈める方法が用いられています。
 兵庫津から4艘の船に引かれて7月16日に大阪の伝法川河口に到着しました。
 大阪からは船で虹梁材を挟み、淀川と木津川をさかのぼりました。
 延べ4625人が川岸から綱で船を引く作業に参加し、8月10日、木津(木津川市)に到着しました。

 8月19日、木津でそれぞれ2基の台車に乗せられ、東大寺までは市坂(木津川市)と奈良阪(奈良市)を越える陸路を人手によって運搬されました。
 虹梁材を引く作業には延べ1万7千人が参加し、周辺には数万の見物人が集まりました。
 運搬の様子は「大仏殿虹梁木曳図」(明誉古磵筆、東大寺蔵)に描かれています。
 1本目は9月2日、2本目は9月5日に東大寺に搬入されました。

その後
 大仏殿への取り付けは1705年(宝永2年)3月13日と3月18日に行われ、4月10日に上棟式が執り行われました。
 大仏殿は1709年(宝永6年)に完成し3月21日に落慶供養が行われましたが、公慶は1705年(宝永2年)に亡くなっており完成を見ることはありませんでした。
 1905年(明治38年)から1911年(明治44年)にかけての修繕作業において虹梁が約50cm曲がっていることがわかり鉄骨で補強されています。
 1979年(昭和54年)、九州自動車道の工事に際して行われた宮崎県えびの市の前畑遺跡の調査において、16世紀の陶磁器片とともに大木を引いた経路と見られる遺構が発見されました。
 遺構は幅1.8-2.0mで長さは発掘範囲全体の50mにわたって東西に延びており、発掘範囲の両側へ続いていると考えられています。
 深さ10-20cmで幅20-40cmの窪みが20-30cmの間隔で繰り返される枕木の跡のような形状を呈しています。
 当初は利用目的がわかりませんでしたが、同時期に鹿児島県栗野町(湧水町)の山崎遺跡でも同様の遺構が見つかっていて、いずれも確証はありませんが虹梁材の運搬に用いられたものと考えられています。


Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2022/12/07(水) 13:12:44|
  2.  ┣ えびの高原付近の紅葉|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

えびのスカイラインの紅葉 鹿児島県霧島市牧園

ななつ星撮影後、えびの高原の紅葉を撮影しようと行ってみたのですが・・・
駐車場満車で、待っている車が並んでいます。
池めぐりコース(池巡り自然探勝路)を歩く事を考え準備してきたのですが、駐車場が満車なので当然池巡りをされている方が多くいらっしゃる事は想像でき、歩くのに時間がかかり、また一番の目的の撮影場所が確保できるかも分からないので今回は断念します。
来年リベンジ?
ここまでやって来ているので、えびのスカイラインの紅葉を撮影することにします。
午前中は晴れていたのですが、えびの高原に到着した時には曇り空になっていました。

いつもの場所で撮影です。

えびのスカイラインの紅葉 鹿児島県霧島市牧園
hiroの部屋 えびのスカイラインの紅葉 鹿児島県霧島市牧園

曇っていて、今にも雨が降りそうです。

えびのスカイラインの紅葉 鹿児島県霧島市牧園
hiroの部屋 えびのスカイラインの紅葉 鹿児島県霧島市牧園

もう一週間早く来た方が良かったのかなあ~

えびのスカイラインの紅葉 鹿児島県霧島市牧園
hiroの部屋 えびのスカイラインの紅葉 鹿児島県霧島市牧園

葉っぱがほとんど落ちています。

えびのスカイラインの紅葉 鹿児島県霧島市牧園
hiroの部屋 えびのスカイラインの紅葉 鹿児島県霧島市牧園


えびのスカイラインの紅葉 鹿児島県霧島市牧園
hiroの部屋 えびのスカイラインの紅葉 鹿児島県霧島市牧園

ハクバ Godwin NEOです。
随分前に購入したのですが、一度も使うことなく長く冬眠していました。

えびのスカイラインの紅葉 鹿児島県霧島市牧園
hiroの部屋 えびのスカイラインの紅葉 鹿児島県霧島市牧園

上部インナーボックスにカメラ・レンズ等を入れ、下部インナーボックスには防寒着を入れています。
容量は23Lですが、重量が2.1Kgあるのがネックかな?
機材はやっぱり重い・・・

えびのスカイラインの紅葉 鹿児島県霧島市牧園
hiroの部屋 えびのスカイラインの紅葉 鹿児島県霧島市牧園


えびの高原(えびのこうげん)
 九州南部に連なる霧島山の韓国岳、蝦野岳、白鳥山、甑岳に囲まれた盆地状の高原です。
 標高は約1,200mあり、宮崎県えびの市の南東部に位置します。
 狭義のえびの高原は韓国岳北西斜面に広がる面積約0.8平方キロメートルのなだらかな火山性扇状地を指しますが、広義では韓国岳、蝦野岳、白鳥山、甑岳に囲まれた面積約5平方キロメートルの盆地全体を指します。

 霧島錦江湾国立公園の一部となっており、年間約80万人の観光客が訪れます。
 高原北部に不動池、六観音御池、白紫池(びゃくしいけ)などの火口湖が点在し、池を巡る自然研究路は「美しい日本の歩きたくなるみち500選」に選定されています。
 また、ここから韓国岳や大浪池への登山道が延びており、霧島山登山拠点の一つともなっています。温泉が湧出する保養地でもあります。



Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2022/11/03(木) 13:24:00|
  2.  ┣ えびの高原付近の紅葉|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

霧島川の紅葉 鹿児島県霧島市新湯

今朝は曇りだったのが、だんだん明るくなり青空が見えてきました。
昨日は雨の中、霧島の紅葉を撮影に行ったのですが、今日も行ってみます。リベンジです。

大勢の方が来ています。
車を停め、歩いて撮影場所を探します。

霧島川の紅葉 鹿児島県霧島市新湯
hiroの部屋 霧島川の紅葉 鹿児島県霧島市新湯

北側の斜面には日が当たるのかな?
川下を撮影です。

霧島川の紅葉 鹿児島県霧島市新湯
hiroの部屋 霧島川の紅葉 鹿児島県霧島市新湯

こちらは川上です。

霧島川の紅葉 鹿児島県霧島市新湯
hiroの部屋 霧島川の紅葉 鹿児島県霧島市新湯


霧島川の紅葉 鹿児島県霧島市新湯
hiroの部屋 霧島川の紅葉 鹿児島県霧島市新湯


霧島川の紅葉 鹿児島県霧島市新湯
hiroの部屋 霧島川の紅葉 鹿児島県霧島市新湯


霧島川の紅葉 鹿児島県霧島市新湯
hiroの部屋 霧島川の紅葉 鹿児島県霧島市新湯

工事用の道路の様です。
立入禁止です。

霧島川の紅葉 鹿児島県霧島市新湯
hiroの部屋 霧島川の紅葉 鹿児島県霧島市新湯

遠くに見えるのは「新燃岳」かな?

霧島川の紅葉 鹿児島県霧島市新湯
hiroの部屋 霧島川の紅葉 鹿児島県霧島市新湯

今日は、結構歩きました。


Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2021/11/07(日) 14:19:00|
  2.  ┣ えびの高原付近の紅葉|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

高千穂河原の紅葉 鹿児島県霧島市霧島

今朝は曇りだったのが、だんだん明るくなり青空が見えてきました。
昨日は雨の中、霧島の紅葉を撮影に行ったのですが、今日も行ってみます。リベンジです。

高千穂河原の紅葉 鹿児島県霧島市霧島
hiroの部屋 高千穂河原の紅葉 鹿児島県霧島市霧島

晴れていた方が良いですね。

高千穂河原の紅葉 鹿児島県霧島市霧島
hiroの部屋 高千穂河原の紅葉 鹿児島県霧島市霧島


高千穂河原の紅葉 鹿児島県霧島市霧島
hiroの部屋 高千穂河原の紅葉 鹿児島県霧島市霧島


高千穂河原の紅葉 鹿児島県霧島市霧島
hiroの部屋 高千穂河原の紅葉 鹿児島県霧島市霧島

今が、一番見頃ですね。


Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪



  1. 2021/11/07(日) 12:27:00|
  2.  ┣ えびの高原付近の紅葉|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

白鳥神社の楓(イロハモミジ) 宮崎県えびの市

白鳥神社参道入口横に、楓(イロハモミジ)が立っています。
綺麗に紅葉するのは、後一週間後でしょうか?

白鳥神社の楓(イロハモミジ) 宮崎県えびの市
hiroの部屋 白鳥神社の楓(イロハモミジ) 宮崎県えびの市


白鳥神社の楓(イロハモミジ) 宮崎県えびの市
hiroの部屋 白鳥神社の楓(イロハモミジ) 宮崎県えびの市

白鳥神社へ行ってみましたが、樹の上部が少し赤くなっているだけで、紅葉はまだまだでした。

一日雨に降られました・・・
お天気が良ければ最高だったのですが・・・


Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2021/11/06(土) 13:01:00|
  2.  ┣ えびの高原付近の紅葉|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

えびのスカイラインの紅葉 鹿児島県霧島市牧園

県道1号線(えびのスカイライン)沿いの沢に下りて撮影です。
雨が降っているので、滑らない様に注意しながら沢へ。

えびのスカイラインの紅葉 鹿児島県霧島市牧園
hiroの部屋 えびのスカイラインの紅葉 鹿児島県霧島市牧園


えびのスカイラインの紅葉 鹿児島県霧島市牧園
hiroの部屋 えびのスカイラインの紅葉 鹿児島県霧島市牧園


えびのスカイラインの紅葉 鹿児島県霧島市牧園
hiroの部屋 えびのスカイラインの紅葉 鹿児島県霧島市牧園

この場所は、えびのスカイラインの橋の下なので、雨が降っていても濡れることは無く、岩も濡れていないので、休憩するには良い場所です。

えびのスカイラインの紅葉 鹿児島県霧島市牧園
hiroの部屋 えびのスカイラインの紅葉 鹿児島県霧島市牧園

雨が強くなってきました。

えびのスカイラインの紅葉 鹿児島県霧島市牧園
hiroの部屋 えびのスカイラインの紅葉 鹿児島県霧島市牧園


Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2021/11/06(土) 12:40:08|
  2.  ┣ えびの高原付近の紅葉|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

霧島川の紅葉 鹿児島県霧島市新湯

霧島川にやって来ました。
紅葉しています。
お天気良ければ最高なのですが・・・
雨が降っています。
風も強く、傘を持っていかれそうです。

霧島川の紅葉 鹿児島県霧島市新湯
hiroの部屋 霧島川の紅葉 鹿児島県霧島市新湯


霧島川の紅葉 鹿児島県霧島市新湯
hiroの部屋 霧島川の紅葉 鹿児島県霧島市新湯


霧島川の紅葉 鹿児島県霧島市新湯
hiroの部屋 霧島川の紅葉 鹿児島県霧島市新湯


霧島川の紅葉 鹿児島県霧島市新湯
hiroの部屋 霧島川の紅葉 鹿児島県霧島市新湯

雨の中、バイクで来られている方も。
関西ナンバーでした。


Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2021/11/06(土) 12:00:00|
  2.  ┣ えびの高原付近の紅葉|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

高千穂河原の紅葉 鹿児島県霧島市霧島

県道480号線(霧島公園線)を走り、高千穂河原へ向かいます。
高千穂河原手前から紅葉していました。

高千穂河原の紅葉 鹿児島県霧島市霧島
hiroの部屋 高千穂河原の紅葉 鹿児島県霧島市霧島


高千穂河原の紅葉 鹿児島県霧島市霧島
hiroの部屋 高千穂河原の紅葉 鹿児島県霧島市霧島

雨が止みません。


Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2021/11/06(土) 11:33:00|
  2.  ┣ えびの高原付近の紅葉|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

えびのスカイラインの紅葉 鹿児島県霧島市牧園

新湯からえびの高原に向けてえびのスカイライン(県道1号線)を走ります。
道沿いは、綺麗に紅葉しています。
小さな駐車場があります。
車を停めて、少し歩いてみます。
えびのスカイラインは直線が多いので、結構なスピードで車が通り過ぎていきます。
小さな橋がありました。下を覗くと紅葉が見えます。
河原(水は流れていません。)へ下りてみました。
結構良いかも。
で、撮影です。

えびのスカイラインの紅葉 鹿児島県霧島市牧園
hiroの部屋 えびのスカイラインの紅葉 鹿児島県霧島市牧園


えびのスカイラインの紅葉 鹿児島県霧島市牧園
hiroの部屋 えびのスカイラインの紅葉 鹿児島県霧島市牧園


えびのスカイラインの紅葉 鹿児島県霧島市牧園
hiroの部屋 えびのスカイラインの紅葉 鹿児島県霧島市牧園


えびのスカイラインの紅葉 鹿児島県霧島市牧園
hiroの部屋 えびのスカイラインの紅葉 鹿児島県霧島市牧園

こんな場所の方が、安全に撮影出来ますね。
それに、誰もいません。

岩場なので、足元に注意が必要です。


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2020/11/01(日) 14:33:17|
  2.  ┣ えびの高原付近の紅葉|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

| ホーム | 次のページ