fc2ブログ

★hiroの部屋★

★写真 ★★車を快適に! ★★★バイクを快適に! ★★★★ ★★★★★ ★★★★★★ ★★★★★★★

佐賀の神社 脊振神社下宮白蛇神 佐賀県神埼市脊振町

脊振神社下宮にお礼参りにやって来ました。
脊振神社下宮」と病気平療の御神力があるとされている「脊振不動明王」にお供えをしお礼参りです。

背振神社(下宮)由来
 日本六所弁財天の一社「背振弁財天」といわれ御祭神は市杵島姫命外の女神弁財天は佛教伝来後合祀されたというそのお使いといわれる白蛇が境内向かって右側の石窟に棲んでいるので俗に、「はくじゃさん」とも呼び伝えられている。
 神佛混合の昔は同一境内に下宮と多聞坊東門寺が並び建っていたが、明治七年の佐賀の乱で焼失し、現在の社殿はその後再建されたものである。
 五穀豊穣開運財運の神様として崇敬を集め県内をはじめ九州一円から、参詣がある。

右側の石窟の後ろにも、白蛇神が祀られています。

佐賀の神社 脊振神社下宮白蛇神 佐賀県神埼市脊振町
hiroの部屋 佐賀の神社 脊振神社下宮白蛇神 佐賀県神埼市脊振町

石窟の後ろです。

佐賀の神社 脊振神社下宮白蛇神 佐賀県神埼市脊振町
hiroの部屋 佐賀の神社 脊振神社下宮白蛇神 佐賀県神埼市脊振町


佐賀の神社 脊振神社下宮白蛇神 佐賀県神埼市脊振町
hiroの部屋 佐賀の神社 脊振神社下宮白蛇神 佐賀県神埼市脊振町


佐賀の神社 脊振神社下宮白蛇神 佐賀県神埼市脊振町
hiroの部屋 佐賀の神社 脊振神社下宮白蛇神 佐賀県神埼市脊振町

右手の御神木の根元に「猿田彦大神塔」が見えます。

佐賀の神社 脊振神社下宮白蛇神 佐賀県神埼市脊振町
hiroの部屋 佐賀の神社 脊振神社下宮白蛇神 佐賀県神埼市脊振町


↓リンク
★hiroの部屋★
■ 神社 (130)
 ┣ 福岡の神社 (16)
 ┣ 佐賀の神社 (3)
 ┣ 熊本の神社 (10)
 ┣ 宮崎の神社 (87)
 ┗ 鹿児島の神社 (14)

★hiroの部屋2★■神社


Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2022/08/13(土) 13:08:26|
  2.  ┣ 佐賀の神社|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

佐賀の神社 日本三百名山脊振山・脊振神社上宮 佐賀県神埼市脊振町

脊振山(せふりさん)は、福岡県福岡市早良区と佐賀県神埼市との境に位置する標高1,054.6m、脊振山系最高峰の山で、日本三百名山の一つです。
山頂には、航空自衛隊のレーダー基地があります。

脊振山頂には脊振神社の上宮があり、弁財天がご神体として祀られています。
五穀豊穣の神として、肥前や筑前の農民の信仰を集め、現在も参拝者が多いそうです。

昨年来た時は、上宮弁財天の年1回御開帳の日で、駐車場が満車で駐車出来なかったので少し離れた所に車を駐車しましたが、今日は駐車場には4~5台程しか駐車していませんでした。

今日は霧が出ていて、周りが全く見えません。
石の祠(ほこら)の後ろに、航空自衛隊のレーダーがあるのですが見えませんね。

佐賀の神社 日本三百名山脊振山・脊振神社上宮 佐賀県神埼市脊振町
hiroの部屋 佐賀の神社 日本三百名山脊振山・脊振神社上宮 佐賀県神埼市脊振町

脊振山の山頂付近の国境争いは、天和3年(1683年)に起こり、幕府の手を煩わすこととなり元禄6年(1693年)10月12日に幕府の裁許(判決が行われる。北条安房守が肥前側の全面勝訴の判決を下す。)を得て解決します。

佐賀の神社 日本三百名山脊振山・脊振神社上宮 佐賀県神埼市脊振町
hiroの部屋 佐賀の神社 日本三百名山脊振山・脊振神社上宮 佐賀県神埼市脊振町

脊振神社は日本六所弁財天の一つに数えられ、神埼市内外に広く知られています。
神功皇后が新羅との戦の勝利を記念して建立したとされていて、弁財天が祭られています。

佐賀の神社 日本三百名山脊振山・脊振神社上宮 佐賀県神埼市脊振町
hiroの部屋 佐賀の神社 日本三百名山脊振山・脊振神社上宮 佐賀県神埼市脊振町

佐賀側の麓には脊振神社下宮があります。
また、脊振山は脊振千坊と称された山岳仏教の聖地で、中国へ渡航した弘法大師、伝教大師、栄西といった高僧たちも訪れたと伝えられています。

佐賀の神社 日本三百名山脊振山・脊振神社上宮 佐賀県神埼市脊振町
hiroの部屋 佐賀の神社 日本三百名山脊振山・脊振神社上宮 佐賀県神埼市脊振町


 佐賀県は、令和3年10月27日付けで「脊振神社上宮弁財天石宝殿(せふりじんじゃじょうぐうべんざいてんせきほうでん)と関連遺産群」を佐賀県遺産に認定しました。

佐賀県遺産名
 脊振神社上宮弁財天石宝殿と関連遺産群
所在地
 神埼市脊振町服巻1359-5
概要
 脊振神社は上宮と下宮から成り、上宮は脊振山頂に位置する。
 本遺産は、石宝殿・石燈篭群・石鳥居・石門、玉垣及び石段から成る。
 脊振山には分水嶺がある関係から、人々は山頂に水の神弁財天を祀り信仰していた。
 天和年間(1681年~1684年)佐賀藩と福岡藩の間で国境を巡る争論が起こるも、幕府への提訴を経て佐賀側の勝訴が決定。
 元禄9年(1696年)、藩主鍋島綱茂が国境を後世に残すべく建立したものがこの石宝殿である。
 弁財天像はその内部に安置されている。
 石宝殿は花崗岩を材質とし、屋根頂部と前面の扉には鍋島家の杏葉の紋が施されている。
 山頂に建立されていることや、正面側の屋根が一つの部材で作られていることから、佐賀藩・鍋島家の強い思いを感じることができる。


↓リンク
★hiroの部屋★
■ 神社 (130)
 ┣ 福岡の神社 (16)
 ┣ 佐賀の神社 (3)
 ┣ 熊本の神社 (10)
 ┣ 宮崎の神社 (87)
 ┗ 鹿児島の神社 (14)

★hiroの部屋2★■神社


Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2022/08/13(土) 12:02:17|
  2.  ┣ 佐賀の神社|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

日本三百名山脊振山・脊振神社上宮弁財天年1回御開帳 佐賀県神埼市脊振町

脊振山(せふりさん)は、福岡県福岡市早良区と佐賀県神埼市との境に位置する標高1,054.6m、脊振山系最高峰の山で、日本三百名山の一つです。
山頂には、航空自衛隊のレーダー基地があります。

脊振山頂には脊振神社の上宮があり、弁財天がご神体として祀られています。五穀豊穣の神として、肥前や筑前の農民の信仰を集め、現在も参拝者が多いそうです。

日本三百名山脊振山・脊振神社上宮弁財天年1回御開帳 佐賀県神埼市脊振町
hiroの部屋 日本三百名山脊振山・脊振神社上宮弁財天年1回御開帳 佐賀県神埼市早良区脊振町

山頂真下に、自動販売機やトイレが設置された駐車場が整備されていますが多くは駐車出来ません。
私は少し離れた路肩に駐車しました。
ここから山頂までは距離は無いのですが、脊振神社上宮手前の坂や階段がとても急で数回休憩しました。

脊振山の山頂付近の国境争いは、天和3年(1683年)に起こり、幕府の手を煩わすこととなり元禄6年(1693年)10月12日に幕府の裁許(判決が行われる。北条安房守が肥前側の全面勝訴の判決を下す。)を得て解決します。

日本三百名山脊振山・脊振神社上宮弁財天年1回御開帳 佐賀県神埼市脊振町
hiroの部屋 日本三百名山脊振山・脊振神社上宮弁財天年1回御開帳 佐賀県神埼市早良区脊振町

脊振神社は日本六所弁財天の一つに数えられ、神埼市内外に広く知られています。
神功皇后が新羅との戦の勝利を記念して建立したとされていて、弁財天が祭られています。
佐賀側の麓には脊振神社下宮があります。また、脊振山は脊振千坊と称された山岳仏教の聖地で、中国へ渡航した弘法大師、伝教大師、栄西といった高僧たちも訪れたと伝えられています。

日本三百名山脊振山・脊振神社上宮弁財天年1回御開帳 佐賀県神埼市脊振町
hiroの部屋 日本三百名山脊振山・脊振神社上宮弁財天年1回御開帳 佐賀県神埼市早良区脊振町

脊振神社上宮の神殿は、石の祠(ほこら)で出来ています。

日本三百名山脊振山・脊振神社上宮弁財天年1回御開帳 佐賀県神埼市脊振町
hiroの部屋 日本三百名山脊振山・脊振神社上宮弁財天年1回御開帳 佐賀県神埼市早良区脊振町


日本三百名山脊振山・脊振神社上宮弁財天年1回御開帳 佐賀県神埼市脊振町
hiroの部屋 日本三百名山脊振山・脊振神社上宮弁財天年1回御開帳 佐賀県神埼市早良区脊振町

脊振神社春季大祭(弁財天祭り)が行われていました。
5月2~4日行われます。
5月3日には上宮弁財天年1回御開帳の日です。
今日は、5月3日です。

日本三百名山脊振山・脊振神社上宮弁財天年1回御開帳 佐賀県神埼市脊振町
hiroの部屋 日本三百名山脊振山・脊振神社上宮弁財天年1回御開帳 佐賀県神埼市早良区脊振町


日本三百名山脊振山・脊振神社上宮弁財天年1回御開帳 佐賀県神埼市脊振町
hiroの部屋 日本三百名山脊振山・脊振神社上宮弁財天年1回御開帳 佐賀県神埼市早良区脊振町


 佐賀県は、令和3年10月27日付けで「脊振神社上宮弁財天石宝殿(せふりじんじゃじょうぐうべんざいてんせきほうでん)と関連遺産群」を佐賀県遺産に認定しました。

佐賀県遺産名
 脊振神社上宮弁財天石宝殿と関連遺産群
所在地
 神埼市脊振町服巻1359-5
概要
 脊振神社は上宮と下宮から成り、上宮は脊振山頂に位置する。
 本遺産は、石宝殿・石燈篭群・石鳥居・石門、玉垣及び石段から成る。
 脊振山には分水嶺がある関係から、人々は山頂に水の神弁財天を祀り信仰していた。
 天和年間(1681年~1684年)佐賀藩と福岡藩の間で国境を巡る争論が起こるも、幕府への提訴を経て佐賀側の勝訴が決定。
 元禄9年(1696年)、藩主鍋島綱茂が国境を後世に残すべく建立したものがこの石宝殿である。
 弁財天像はその内部に安置されている。
 石宝殿は花崗岩を材質とし、屋根頂部と前面の扉には鍋島家の杏葉の紋が施されている。
 山頂に建立されていることや、正面側の屋根が一つの部材で作られていることから、佐賀藩・鍋島家の強い思いを感じることができる。


↓リンク
★hiroの部屋★
■ 神社 (130)
 ┣ 福岡の神社 (16)
 ┣ 佐賀の神社 (3)
 ┣ 熊本の神社 (10)
 ┣ 宮崎の神社 (87)
 ┗ 鹿児島の神社 (14)

★hiroの部屋2★■神社


Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2021/05/03(月) 12:56:46|
  2.  ┣ 佐賀の神社|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

| ホーム |