fc2ブログ

★hiroの部屋★

★写真 ★★車を快適に! ★★★バイクを快適に! ★★★★ ★★★★★ ★★★★★★ ★★★★★★★

宮崎県の田の神さぁ 福原(ふくはら)の田の神2 西諸県郡高原町原福原 道路沿い

「福原(ふくはら)の田の神1」から西へ180m行った所に「福原(ふくはら)の田の神2」が祀られています。

今回で高原町の田の神さぁ巡りは終了です。

宮崎県の田の神さぁ 福原(ふくはら)の田の神2 西諸県郡高原町原福原 道路沿い
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 福原(ふくはら)の田の神2 西諸県郡高原町原福原 道路沿い

「福原(ふくはら)の田の神2」の詳細
建立年:不詳
型分類:神像型座像
形態:座位
像高:70cm
像幅:45cm
奥行:35cm
持ち物:冠被り衣冠束帯(いかんそくたい)で両手組んで穴あり。
彩色: 無し。

宮崎県の田の神さぁ 福原(ふくはら)の田の神2 西諸県郡高原町原福原 道路沿い
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 福原(ふくはら)の田の神2 西諸県郡高原町原福原 道路沿い

衣冠束帯(いかんそくたい):平安時代後期に生まれた日本の衣裳の名称の一つで、公家の正装をいう。

穴が開いています。

宮崎県の田の神さぁ 福原(ふくはら)の田の神2 西諸県郡高原町原福原 道路沿い
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 福原(ふくはら)の田の神2 西諸県郡高原町原福原 道路沿い


「田の神さぁ」とは・・・
 田の神は、冬は山の神となり、春は里におりて田の神となって田を守り、豊作をもたらすと信じられています。
 「田の神」信仰は、全国的な民俗行事として古来から農村に浸透していますが、「田の神」を石に刻み(田の神石像)豊作を祈願する風習は、18世紀初めに始まる薩摩藩独特の文化です。
 霧島の噴火や天災などが原因で、農家にとって大変厳しい時代でしたが、江戸時代からの赤字経済を立て直すため、薩摩藩では少しでも収穫を増やそうと、稲作を奨励する政策を行っていました。このような中、農民達が霧島の噴火がおさまり豊作に恵まれるようにとの願いを込めて造ったのが田の神像の始まりといわれています。
 田の神のことを、「田の神さあ(タノカンサア)」と呼んでいます。


Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2021/05/11(火) 18:00:13|
  2.  ┣ 高原町(田の神様)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎県の田の神さぁ 福原(ふくはら)の田の神1 西諸県郡高原町原福原 道路沿い

県道405号線上平踏切から小林方面へ260m走った所を右に入り、小道を290m行った所に「福原(ふくはら)の田の神1」が祀られています。

宮崎県の田の神さぁ 福原(ふくはら)の田の神1 西諸県郡高原町原福原 道路沿い
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 福原(ふくはら)の田の神1 西諸県郡高原町原福原 道路沿い

「福原(ふくはら)の田の神1」の詳細
建立年:天明元年(1781年)?
型分類:神像型座像
形態:座位
像高:81cm
像幅:53cm
奥行:33cm
持ち物:衣冠束帯(いかんそくたい)で両手組穴あり。
彩色: 無し。

宮崎県の田の神さぁ 福原(ふくはら)の田の神1 西諸県郡高原町原福原 道路沿い
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 福原(ふくはら)の田の神1 西諸県郡高原町原福原 道路沿い

衣冠束帯(いかんそくたい):平安時代後期に生まれた日本の衣裳の名称の一つで、公家の正装をいう。

宮崎県の田の神さぁ 福原(ふくはら)の田の神1 西諸県郡高原町原福原 道路沿い
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 福原(ふくはら)の田の神1 西諸県郡高原町原福原 道路沿い


宮崎県の田の神さぁ 福原(ふくはら)の田の神1 西諸県郡高原町原福原 道路沿い
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 福原(ふくはら)の田の神1 西諸県郡高原町原福原 道路沿い

高千穂峰が見えます。

宮崎県の田の神さぁ 福原(ふくはら)の田の神1 西諸県郡高原町原福原 道路沿い
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 福原(ふくはら)の田の神1 西諸県郡高原町原福原 道路沿い

次は、「福原(ふくはら)の田の神2」へ向かいます。


「田の神さぁ」とは・・・
 田の神は、冬は山の神となり、春は里におりて田の神となって田を守り、豊作をもたらすと信じられています。
 「田の神」信仰は、全国的な民俗行事として古来から農村に浸透していますが、「田の神」を石に刻み(田の神石像)豊作を祈願する風習は、18世紀初めに始まる薩摩藩独特の文化です。
 霧島の噴火や天災などが原因で、農家にとって大変厳しい時代でしたが、江戸時代からの赤字経済を立て直すため、薩摩藩では少しでも収穫を増やそうと、稲作を奨励する政策を行っていました。このような中、農民達が霧島の噴火がおさまり豊作に恵まれるようにとの願いを込めて造ったのが田の神像の始まりといわれています。
 田の神のことを、「田の神さあ(タノカンサア)」と呼んでいます。


Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2021/05/10(月) 18:00:12|
  2.  ┣ 高原町(田の神様)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎県の田の神さぁ 上村(うえむら)の田の神 西諸県郡高原町広原上村 道路沿い

JRえびの高原線広原駅から高原方面へ370m程走り右手の小道に入り780m走った左手の民家の手前に「上村(うえむら)の田の神」が祀られています。

宮崎県の田の神さぁ 上村(うえむら)の田の神 西諸県郡高原町広原上村 道路沿い
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 上村(うえむら)の田の神 西諸県郡高原町広原上村 道路沿い

「上村(うえむら)の田の神」の詳細
建立年:大正12年(1923年)
型分類:農民型
形態:椅像
像高:62cm
像幅:32cm
奥行:37cm
持ち物:ショケ被り長袖上衣(うえのきぬ)裁着袴(たっつけはかま)姿で右手にメシゲ左手杵の様な物を持っている。
彩色: 無し。

宮崎県の田の神さぁ 上村(うえむら)の田の神 西諸県郡高原町広原上村 道路沿い
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 上村(うえむら)の田の神 西諸県郡高原町広原上村 道路沿い

上衣(うえのきぬ):束帯・布袴(ほうこ)・衣冠のときに用いる上着
裁着袴(たっつけはかま):農民の仕事着

少し傾いています。

宮崎県の田の神さぁ 上村(うえむら)の田の神 西諸県郡高原町広原上村 道路沿い
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 上村(うえむら)の田の神 西諸県郡高原町広原上村 道路沿い

後ろに高千穂峰が見えます。

宮崎県の田の神さぁ 上村(うえむら)の田の神 西諸県郡高原町広原上村 道路沿い
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 上村(うえむら)の田の神 西諸県郡高原町広原上村 道路沿い

次は、「福原(ふくはら)の田の神1」へ向かいます。


「田の神さぁ」とは・・・
 田の神は、冬は山の神となり、春は里におりて田の神となって田を守り、豊作をもたらすと信じられています。
 「田の神」信仰は、全国的な民俗行事として古来から農村に浸透していますが、「田の神」を石に刻み(田の神石像)豊作を祈願する風習は、18世紀初めに始まる薩摩藩独特の文化です。
 霧島の噴火や天災などが原因で、農家にとって大変厳しい時代でしたが、江戸時代からの赤字経済を立て直すため、薩摩藩では少しでも収穫を増やそうと、稲作を奨励する政策を行っていました。このような中、農民達が霧島の噴火がおさまり豊作に恵まれるようにとの願いを込めて造ったのが田の神像の始まりといわれています。
 田の神のことを、「田の神さあ(タノカンサア)」と呼んでいます。


Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2021/05/09(日) 18:00:11|
  2.  ┣ 高原町(田の神様)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎県の田の神さぁ 井出ノ上(いでのうえ)の田の神 西諸県郡高原町広原井出ノ上 王子神社境内

県道405号線(西麓小林線)沿い高原町立広原小学校南側交差点から東に入りY字路を左に道なりに460m行くと王子神社です。
王子神社に階段左手に「井出ノ上(いでのうえ)の田の神」が祀られています。

宮崎県の田の神さぁ 井出ノ上(いでのうえ)の田の神 西諸県郡高原町広原井出ノ上 王子神社境内
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 井出ノ上(いでのうえ)の田の神 西諸県郡高原町広原井出ノ上 王子神社境内

「井出ノ上(いでのうえ)の田の神」の詳細
建立年:享保9年(1724年)
型分類:神像型椅像
形態:椅像(腰掛)
像高:85cm
像幅:78cm
奥行:50cm
持ち物:冠を被り、衣冠束帯(いかんそくたい)で両手組み、両手輪組で穴がある。
彩色: 無し。

宮崎県の田の神さぁ 井出ノ上(いでのうえ)の田の神 西諸県郡高原町広原井出ノ上 王子神社境内
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 井出ノ上(いでのうえ)の田の神 西諸県郡高原町広原井出ノ上 王子神社境内

衣冠束帯(いかんそくたい):平安時代後期に生まれた日本の衣裳の名称の一つで、公家の正装をいう。

宮崎県の田の神さぁ 井出ノ上(いでのうえ)の田の神 西諸県郡高原町広原井出ノ上 王子神社境内
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 井出ノ上(いでのうえ)の田の神 西諸県郡高原町広原井出ノ上 王子神社境内


宮崎県の田の神さぁ 井出ノ上(いでのうえ)の田の神 西諸県郡高原町広原井出ノ上 王子神社境内
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 井出ノ上(いでのうえ)の田の神 西諸県郡高原町広原井出ノ上 王子神社境内


宮崎県の田の神さぁ 井出ノ上(いでのうえ)の田の神 西諸県郡高原町広原井出ノ上 王子神社境内
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 井出ノ上(いでのうえ)の田の神 西諸県郡高原町広原井出ノ上 王子神社境内

次は、「上村(うえむら)の田の神」へ向かいます。


「田の神さぁ」とは・・・
 田の神は、冬は山の神となり、春は里におりて田の神となって田を守り、豊作をもたらすと信じられています。
 「田の神」信仰は、全国的な民俗行事として古来から農村に浸透していますが、「田の神」を石に刻み(田の神石像)豊作を祈願する風習は、18世紀初めに始まる薩摩藩独特の文化です。
 霧島の噴火や天災などが原因で、農家にとって大変厳しい時代でしたが、江戸時代からの赤字経済を立て直すため、薩摩藩では少しでも収穫を増やそうと、稲作を奨励する政策を行っていました。このような中、農民達が霧島の噴火がおさまり豊作に恵まれるようにとの願いを込めて造ったのが田の神像の始まりといわれています。
 田の神のことを、「田の神さあ(タノカンサア)」と呼んでいます。


Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2021/05/08(土) 18:00:10|
  2.  ┣ 高原町(田の神様)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎県の田の神さぁ 三福神(さんぷくじん)の田の神 西諸県郡高原町広原三福神 道路沿い

あさひ生コン株式会社高原工場側の国道221号線T字路交差点から県道405号線(西麓小林線)へ入り小林方面へ。230m先右手の小道に入り520m行った所の左側道路脇に「三福神(さんぷくじん)の田の神」が祀られています。

最初、田の神さぁが一体しかないと思いました。
左側の田の神さぁが枯れた笹の葉で埋まり頭部しか見えていない状態でした。
枯れた笹の葉や竹を取り去りました。

宮崎県の田の神さぁ 三福神(さんぷくじん)の田の神 西諸県郡高原町広原三福神 道路沿い
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 三福神(さんぷくじん)の田の神 西諸県郡高原町広原三福神 道路沿い

「三福神(さんぷくじん)の田の神(左)」の詳細
建立年:不詳
型分類:武神像
形態:座位
像高:80cm
像幅:70cm
奥行:測定不可
持ち物:判別出来ませんでした。
彩色: 無し。

宮崎県の田の神さぁ 三福神(さんぷくじん)の田の神 西諸県郡高原町広原三福神 道路沿い
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 三福神(さんぷくじん)の田の神 西諸県郡高原町広原三福神 道路沿い

「三福神(さんぷくじん)の田の神(右)」の詳細
建立年:不詳
型分類:武神像
形態:座位
像高:80cm
像幅:70cm
奥行:測定不可
持ち物:判別出来ませんでした。。
彩色: 無し。

宮崎県の田の神さぁ 三福神(さんぷくじん)の田の神 西諸県郡高原町広原三福神 道路沿い
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 三福神(さんぷくじん)の田の神 西諸県郡高原町広原三福神 道路沿い


宮崎県の田の神さぁ 三福神(さんぷくじん)の田の神 西諸県郡高原町広原三福神 道路沿い
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 三福神(さんぷくじん)の田の神 西諸県郡高原町広原三福神 道路沿い

次は、「井出ノ上(いでのうえ)の田の神」へ向かいます。


「田の神さぁ」とは・・・
 田の神は、冬は山の神となり、春は里におりて田の神となって田を守り、豊作をもたらすと信じられています。
 「田の神」信仰は、全国的な民俗行事として古来から農村に浸透していますが、「田の神」を石に刻み(田の神石像)豊作を祈願する風習は、18世紀初めに始まる薩摩藩独特の文化です。
 霧島の噴火や天災などが原因で、農家にとって大変厳しい時代でしたが、江戸時代からの赤字経済を立て直すため、薩摩藩では少しでも収穫を増やそうと、稲作を奨励する政策を行っていました。このような中、農民達が霧島の噴火がおさまり豊作に恵まれるようにとの願いを込めて造ったのが田の神像の始まりといわれています。
 田の神のことを、「田の神さあ(タノカンサア)」と呼んでいます。


Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2021/05/07(金) 18:00:09|
  2.  ┣ 高原町(田の神様)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎県の田の神さぁ 祓川(はらいがわ)の田の神 西諸県郡高原町蒲牟田祓川 道路沿い

県道223号線(ひむか神話街道)祓川バス停側T字路から東へ890m程先のカーブ右側の祠に「祓川(はらいがわ)の田の神」が祀られています。

立派な祠です。

宮崎県の田の神さぁ 祓川(はらいがわ)の田の神 西諸県郡高原町蒲牟田祓川 道路沿い
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 祓川(はらいがわ)の田の神 西諸県郡高原町蒲牟田祓川 道路沿い

「祓川(はらいがわ)の田の神」の詳細
建立年:不詳
型分類:神像型座像
形態:椅像(腰掛)
像高:60cm
像幅:40cm
持ち物:被り物なく、衣冠束帯(いかんそくたい)で両手組まずに拳を握り麻靴を履く。
彩色: 袍(ほう)と袴(はかま)は赤色と白色。髪と目は黒色。

宮崎県の田の神さぁ 祓川(はらいがわ)の田の神 西諸県郡高原町蒲牟田祓川 道路沿い
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 祓川(はらいがわ)の田の神 西諸県郡高原町蒲牟田祓川 道路沿い

衣冠束帯(いかんそくたい):平安時代後期に生まれた日本の衣裳の名称の一つで、公家の正装をいう。
袍(ほう):公家の装束の盤領 (まるえり) の上衣
袴(はかま):日本で下半身に着用する伝統的な衣類の一つ

宮崎県の田の神さぁ 祓川(はらいがわ)の田の神 西諸県郡高原町蒲牟田祓川 道路沿い
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 祓川(はらいがわ)の田の神 西諸県郡高原町蒲牟田祓川 道路沿い


宮崎県の田の神さぁ 祓川(はらいがわ)の田の神 西諸県郡高原町蒲牟田祓川 道路沿い
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 祓川(はらいがわ)の田の神 西諸県郡高原町蒲牟田祓川 道路沿い

高千穂峰が見えます。

宮崎県の田の神さぁ 祓川(はらいがわ)の田の神 西諸県郡高原町蒲牟田祓川 道路沿い
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 祓川(はらいがわ)の田の神 西諸県郡高原町蒲牟田祓川 道路沿い

次は、高原町北部の「三福神(さんぷくじん)の田の神」へ向かいます。


「田の神さぁ」とは・・・
 田の神は、冬は山の神となり、春は里におりて田の神となって田を守り、豊作をもたらすと信じられています。
 「田の神」信仰は、全国的な民俗行事として古来から農村に浸透していますが、「田の神」を石に刻み(田の神石像)豊作を祈願する風習は、18世紀初めに始まる薩摩藩独特の文化です。
 霧島の噴火や天災などが原因で、農家にとって大変厳しい時代でしたが、江戸時代からの赤字経済を立て直すため、薩摩藩では少しでも収穫を増やそうと、稲作を奨励する政策を行っていました。このような中、農民達が霧島の噴火がおさまり豊作に恵まれるようにとの願いを込めて造ったのが田の神像の始まりといわれています。
 田の神のことを、「田の神さあ(タノカンサア)」と呼んでいます。


Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2021/05/06(木) 18:00:08|
  2.  ┣ 高原町(田の神様)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎県の田の神さぁ 前野(まえの)の田の神 西諸県郡高原町蒲牟田前野 水田

県道223号線(ひむか神話街道)高原町狭野交差点から御池方面へ340m走った所を左に入って行き、210m先を左折し、Y字路を右折した先のY字路に「前野(まえの)の田の神」が祀られています。

宮崎県の田の神さぁ 前野(まえの)の田の神 西諸県郡高原町蒲牟田前野 水田
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 前野(まえの)の田の神 西諸県郡高原町蒲牟田前野 水田

「前野(まえの)の田の神」の詳細
建立年:不詳
型分類:神像型座像
形態:座位
像高:64cm
像幅:36cm
奥行:27cm
持ち物:両手を前で組み穴がある。首が接着してある。
彩色: 無し。

宮崎県の田の神さぁ 前野(まえの)の田の神 西諸県郡高原町蒲牟田前野 水田
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 前野(まえの)の田の神 西諸県郡高原町蒲牟田前野 水田


宮崎県の田の神さぁ 前野(まえの)の田の神 西諸県郡高原町蒲牟田前野 水田
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 前野(まえの)の田の神 西諸県郡高原町蒲牟田前野 水田

とても眺めが良い所です。

宮崎県の田の神さぁ 前野(まえの)の田の神 西諸県郡高原町蒲牟田前野 水田
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 前野(まえの)の田の神 西諸県郡高原町蒲牟田前野 水田

次は、「」へ向かいます。


「田の神さぁ」とは・・・
 田の神は、冬は山の神となり、春は里におりて田の神となって田を守り、豊作をもたらすと信じられています。
 「田の神」信仰は、全国的な民俗行事として古来から農村に浸透していますが、「田の神」を石に刻み(田の神石像)豊作を祈願する風習は、18世紀初めに始まる薩摩藩独特の文化です。
 霧島の噴火や天災などが原因で、農家にとって大変厳しい時代でしたが、江戸時代からの赤字経済を立て直すため、薩摩藩では少しでも収穫を増やそうと、稲作を奨励する政策を行っていました。このような中、農民達が霧島の噴火がおさまり豊作に恵まれるようにとの願いを込めて造ったのが田の神像の始まりといわれています。
 田の神のことを、「田の神さあ(タノカンサア)」と呼んでいます。



Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2021/05/05(水) 18:00:07|
  2.  ┣ 高原町(田の神様)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎県の田の神さぁ 小塚(こつか)の田の神 西諸県郡高原町蒲牟田小塚 小塚運動公園内

「花堂(さなどう)の田の神」から「小塚(こつか)の田の神」まで歩いて行ける距離です。
県道223号線(バードライン)の東側になります。260m先を左折し道なりに走ると小高い丘が見えてきます。そこが小塚運動公園です。
小塚運動公園内に「小塚(こつか)の田の神」が祀られています。

宮崎県の田の神さぁ 小塚(こつか)の田の神 西諸県郡高原町蒲牟田小塚 小塚運動公園内
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 小塚(こつか)の田の神 西諸県郡高原町蒲牟田小塚 小塚運動公園内

「小塚(こつか)の田の神」の詳細
建立年:昭和6年(1931年)?
型分類:農民型
形態:座位
像高:100cm
持ち物:シキ様笠被り長袖上衣に袴姿で、右手にメシゲ左手桝を膝の上に置く。
彩色: 頭部の笠、上衣袴は赤茶色。顔、手は白色。

宮崎県の田の神さぁ 小塚(こつか)の田の神 西諸県郡高原町蒲牟田小塚 小塚運動公園内
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 小塚(こつか)の田の神 西諸県郡高原町蒲牟田小塚 小塚運動公園内

シキ:縄で編んだ敷物

宮崎県の田の神さぁ 小塚(こつか)の田の神 西諸県郡高原町蒲牟田小塚 小塚運動公園内
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 小塚(こつか)の田の神 西諸県郡高原町蒲牟田小塚 小塚運動公園内

ふくよかな田の神さぁですね。

宮崎県の田の神さぁ 小塚(こつか)の田の神 西諸県郡高原町蒲牟田小塚 小塚運動公園内
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 小塚(こつか)の田の神 西諸県郡高原町蒲牟田小塚 小塚運動公園内

目の前には、田んぼが広がっています。

宮崎県の田の神さぁ 小塚(こつか)の田の神 西諸県郡高原町蒲牟田小塚 小塚運動公園内
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 小塚(こつか)の田の神 西諸県郡高原町蒲牟田小塚 小塚運動公園内

次は、「前野(まえの)の田の神」へ向かいます。


「田の神さぁ」とは・・・
 田の神は、冬は山の神となり、春は里におりて田の神となって田を守り、豊作をもたらすと信じられています。
 「田の神」信仰は、全国的な民俗行事として古来から農村に浸透していますが、「田の神」を石に刻み(田の神石像)豊作を祈願する風習は、18世紀初めに始まる薩摩藩独特の文化です。
 霧島の噴火や天災などが原因で、農家にとって大変厳しい時代でしたが、江戸時代からの赤字経済を立て直すため、薩摩藩では少しでも収穫を増やそうと、稲作を奨励する政策を行っていました。このような中、農民達が霧島の噴火がおさまり豊作に恵まれるようにとの願いを込めて造ったのが田の神像の始まりといわれています。
 田の神のことを、「田の神さあ(タノカンサア)」と呼んでいます。



Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2021/05/04(火) 18:00:06|
  2.  ┣ 高原町(田の神様)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎県の田の神さぁ 花堂(さなどう)の田の神 西諸県郡高原町蒲牟田高松 花堂神社境内

県道223号線(霧島バードライン)沿いの「杜の穂倉」近くの花堂神社境内に「花堂(さなどう)の田の神」が祀られています。

右手の黄色の鳥居が見えている所が花堂神社です。

宮崎県の田の神さぁ 花堂(さなどう)の田の神 西諸県郡高原町蒲牟田高松 花堂神社境内
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 花堂(さなどう)の田の神 西諸県郡高原町蒲牟田高松 花堂神社境内


宮崎県の田の神さぁ 花堂(さなどう)の田の神 西諸県郡高原町蒲牟田高松 花堂神社境内
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 花堂(さなどう)の田の神 西諸県郡高原町蒲牟田高松 花堂神社境内

「花堂(さなどう)の田の神」の詳細
建立年: 不詳
型分類:神像型座像
形態:座位
像高:108cm
像幅:65cm
奥行:45cm
持ち物:烏帽子(えぼし)被り狩衣(かりぎぬ)姿で両手は離れて膝の上に、袖は角張る。
彩色: 袍(ほう)と袴(はかま)は朱色で顔は白色、金色の烏帽子(えぼし)。

宮崎県の田の神さぁ 花堂(さなどう)の田の神 西諸県郡高原町蒲牟田高松 花堂神社境内
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 花堂(さなどう)の田の神 西諸県郡高原町蒲牟田高松 花堂神社境内

烏帽子(えぼし):成人男性が被った帽子
狩衣(かりぎぬ):公家の普段着
袍(ほう):公家の装束の盤領 (まるえり) の上衣
袴(はかま):日本で下半身に着用する伝統的な衣類の一つ

宮崎県の田の神さぁ 花堂(さなどう)の田の神 西諸県郡高原町蒲牟田高松 花堂神社境内
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 花堂(さなどう)の田の神 西諸県郡高原町蒲牟田高松 花堂神社境内

金色の烏帽子(えぼし)は珍しいですね。

宮崎県の田の神さぁ 花堂(さなどう)の田の神 西諸県郡高原町蒲牟田高松 花堂神社境内
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 花堂(さなどう)の田の神 西諸県郡高原町蒲牟田高松 花堂神社境内

後ろに高千穂峰が見えます。

宮崎県の田の神さぁ 花堂(さなどう)の田の神 西諸県郡高原町蒲牟田高松 花堂神社境内
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 花堂(さなどう)の田の神 西諸県郡高原町蒲牟田高松 花堂神社境内

次は、「小塚(こつか)の田の神」へ向かいます。


「田の神さぁ」とは・・・
 田の神は、冬は山の神となり、春は里におりて田の神となって田を守り、豊作をもたらすと信じられています。
 「田の神」信仰は、全国的な民俗行事として古来から農村に浸透していますが、「田の神」を石に刻み(田の神石像)豊作を祈願する風習は、18世紀初めに始まる薩摩藩独特の文化です。
 霧島の噴火や天災などが原因で、農家にとって大変厳しい時代でしたが、江戸時代からの赤字経済を立て直すため、薩摩藩では少しでも収穫を増やそうと、稲作を奨励する政策を行っていました。このような中、農民達が霧島の噴火がおさまり豊作に恵まれるようにとの願いを込めて造ったのが田の神像の始まりといわれています。
 田の神のことを、「田の神さあ(タノカンサア)」と呼んでいます。



Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2021/05/03(月) 18:00:05|
  2.  ┣ 高原町(田の神様)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎県の田の神さぁ 並木(なみき)の田の神 西諸県郡高原町大字西麓 並木公園内

ファミリーマート高原インター前(高原町二本松交差点)から県道223号線を御池方面へ1.84km走り、右斜めの小道に入って行きます。190m程先の右側に「並木(なみき)の田の神」が祀られています。

後ろに霧島の山が見えます。

宮崎県の田の神さぁ 並木(なみき)の田の神 西諸県郡高原町大字西麓 並木公園内
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 並木(なみき)の田の神 西諸県郡高原町大字西麓 並木公園内

「並木(なみき)の田の神」の詳細
建立年:嘉永3年(1850年)
型分類:農民型
形態:座位
像高:66cm
像幅:66cm
奥行:36cm
持ち物:シキを阿弥陀に被り長袖和服袴(はかま)姿で右手にメシゲ左手桝を持つ
彩色: 無し。

宮崎県の田の神さぁ 並木(なみき)の田の神 西諸県郡高原町大字西麓 並木公園内
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 並木(なみき)の田の神 西諸県郡高原町大字西麓 並木公園内

シキ:縄で編んだ敷物
阿弥陀に被り:帽子などを、前を上げて斜めに傾けてかぶること。
袴(はかま):日本で下半身に着用する伝統的な衣類の一つ
メシゲ:しゃもじ

宮崎県の田の神さぁ 並木(なみき)の田の神 西諸県郡高原町大字西麓 並木公園内
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 並木(なみき)の田の神 西諸県郡高原町大字西麓 並木公園内

指が一本一本彫ってありますね。

宮崎県の田の神さぁ 並木(なみき)の田の神 西諸県郡高原町大字西麓 並木公園内
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 並木(なみき)の田の神 西諸県郡高原町大字西麓 並木公園内


宮崎県の田の神さぁ 並木(なみき)の田の神 西諸県郡高原町大字西麓 並木公園内
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 並木(なみき)の田の神 西諸県郡高原町大字西麓 並木公園内


宮崎県の田の神さぁ 並木(なみき)の田の神 西諸県郡高原町大字西麓 並木公園内
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 並木(なみき)の田の神 西諸県郡高原町大字西麓 並木公園内

次は、「花堂(さなどう)の田の神」へ向かいます。


「田の神さぁ」とは・・・
 田の神は、冬は山の神となり、春は里におりて田の神となって田を守り、豊作をもたらすと信じられています。
 「田の神」信仰は、全国的な民俗行事として古来から農村に浸透していますが、「田の神」を石に刻み(田の神石像)豊作を祈願する風習は、18世紀初めに始まる薩摩藩独特の文化です。
 霧島の噴火や天災などが原因で、農家にとって大変厳しい時代でしたが、江戸時代からの赤字経済を立て直すため、薩摩藩では少しでも収穫を増やそうと、稲作を奨励する政策を行っていました。このような中、農民達が霧島の噴火がおさまり豊作に恵まれるようにとの願いを込めて造ったのが田の神像の始まりといわれています。
 田の神のことを、「田の神さあ(タノカンサア)」と呼んでいます。



Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2021/05/02(日) 18:00:04|
  2.  ┣ 高原町(田の神様)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

| ホーム | 次のページ