fc2ブログ

★hiroの部屋★

★写真 ★★車を快適に! ★★★バイクを快適に! ★★★★ ★★★★★ ★★★★★★ ★★★★★★★

宮崎県の田の神さぁ 梅北町城下の田の神 都城市梅北町城下 民家の庭

都城市梅北町城下の民家の庭に「梅北町城下の田の神」が祀られています。
民家の庭なので、住人の方に了解を得て撮影です。

宮崎県の田の神さぁ 梅北町城下の田の神 都城市梅北町城下 民家の庭
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 梅北町城下の田の神 都城市梅北町城下 民家の庭


宮崎県の田の神さぁ 梅北町城下の田の神 都城市梅北町城下 民家の庭
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 梅北町城下の田の神 都城市梅北町城下 民家の庭


宮崎県の田の神さぁ 梅北町城下の田の神 都城市梅北町城下 民家の庭
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 梅北町城下の田の神 都城市梅北町城下 民家の庭

「梅北町城下の田の神」の詳細
建立年: 不詳
型分類: 僧衣立像型
形態: 立位
像高: 96cm
像幅: 34cm
奥行: 35cm
持ち物: 小さなシキを被り、左右の指は輪状で穴が開いていて何かを挿すことが出来るようになっています。
彩色: 彩色無し

宮崎県の田の神さぁ 梅北町城下の田の神 都城市梅北町城下 民家の庭
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 梅北町城下の田の神 都城市梅北町城下 民家の庭

傘をかぶった珍しい僧衣立像型です。
ご主人のお話しでは以前鹿児島から調査に来たそうです。
また別の場所へ移動させたところ、良くない事があり今の場所へ帰って来たそうです。

宮崎県の田の神さぁ 梅北町城下の田の神 都城市梅北町城下 民家の庭
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 梅北町城下の田の神 都城市梅北町城下 民家の庭

左右の指は輪状で穴が開いていて何かを挿すことが出来るようになっています。

宮崎県の田の神さぁ 梅北町城下の田の神 都城市梅北町城下 民家の庭
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 梅北町城下の田の神 都城市梅北町城下 民家の庭


宮崎県の田の神さぁ 梅北町城下の田の神 都城市梅北町城下 民家の庭
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 梅北町城下の田の神 都城市梅北町城下 民家の庭


宮崎県の田の神さぁ 梅北町城下の田の神 都城市梅北町城下 民家の庭
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 梅北町城下の田の神 都城市梅北町城下 民家の庭

目の前には、田んぼが広がっています。

宮崎県の田の神さぁ 梅北町城下の田の神 都城市梅北町城下 民家の庭
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 梅北町城下の田の神 都城市梅北町城下 民家の庭


旧都城市の田の神さぁを見てきました。
まだ探し切れていない田の神さぁがありますが、一応旧都城市の田の神さぁ巡りは終了します。


「田の神さぁ」とは・・・
 田の神は、冬は山の神となり、春は里におりて田の神となって田を守り、豊作をもたらすと信じられています。
 「田の神」信仰は、全国的な民俗行事として古来から農村に浸透していますが、「田の神」を石に刻み(田の神石像)豊作を祈願する風習は、18世紀初めに始まる薩摩藩独特の文化です。
 霧島の噴火や天災などが原因で、農家にとって大変厳しい時代でしたが、江戸時代からの赤字経済を立て直すため、薩摩藩では少しでも収穫を増やそうと、稲作を奨励する政策を行っていました。このような中、農民達が霧島の噴火がおさまり豊作に恵まれるようにとの願いを込めて造ったのが田の神像の始まりといわれています。
 田の神のことを、「田の神さあ(タノカンサア)」と呼んでいます。



プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2021/07/11(日) 18:01:01|
  2.  ┣ 都城市(田の神様)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎県の田の神さぁ 西生寺(さいしょうじ)の田の神 都城市梅北町 納骨堂

都城市梅北町にある西生寺の納骨堂に「西生寺(さいしょうじ)の田の神」が祀られています。

宮崎県の田の神さぁ 西生寺(さいしょうじ)の田の神 都城市梅北町 納骨堂
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 西生寺(さいしょうじ)の田の神 都城市梅北町 納骨堂


宮崎県の田の神さぁ 西生寺(さいしょうじ)の田の神 都城市梅北町 納骨堂
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 西生寺(さいしょうじ)の田の神 都城市梅北町 納骨堂

「西生寺の田の神」の詳細
建立年: 不詳
型分類: 田の神舞神職型
形態: 立位
像高: 70cm
像幅: 50cm
奥行: 50cm
持ち物: シキを被り、狩衣(かりぎぬ)裁着袴(たっつけはかま)で、右手は欠損していて左手にメシゲを持ちとても躍動的です。
彩色: 衣は赤茶色
右足を前に出し、袖をひるがえした田の神舞いの姿をしています。

シキ:縄で編んだ敷物
狩衣(かりぎぬ):公家の普段着
裁着袴(たっつけはかま):農民の仕事着
メシゲ:しゃもじ

宮崎県の田の神さぁ 西生寺(さいしょうじ)の田の神 都城市梅北町 納骨堂
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 西生寺(さいしょうじ)の田の神 都城市梅北町 納骨堂

足元をよく見ると、穴が開いています。

宮崎県の田の神さぁ 西生寺(さいしょうじ)の田の神 都城市梅北町 納骨堂
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 西生寺(さいしょうじ)の田の神 都城市梅北町 納骨堂


宮崎県の田の神さぁ 西生寺(さいしょうじ)の田の神 都城市梅北町 納骨堂
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 西生寺(さいしょうじ)の田の神 都城市梅北町 納骨堂

目の前には、田んぼが広がっています。

宮崎県の田の神さぁ 西生寺(さいしょうじ)の田の神 都城市梅北町 納骨堂
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 西生寺(さいしょうじ)の田の神 都城市梅北町 納骨堂

青山幹雄著の「宮崎の田の神像」(1979年6月29日発行)には、鹿児島から来たものと書かれています。

「田の神さぁ」とは・・・
 田の神は、冬は山の神となり、春は里におりて田の神となって田を守り、豊作をもたらすと信じられています。
 「田の神」信仰は、全国的な民俗行事として古来から農村に浸透していますが、「田の神」を石に刻み(田の神石像)豊作を祈願する風習は、18世紀初めに始まる薩摩藩独特の文化です。
 霧島の噴火や天災などが原因で、農家にとって大変厳しい時代でしたが、江戸時代からの赤字経済を立て直すため、薩摩藩では少しでも収穫を増やそうと、稲作を奨励する政策を行っていました。このような中、農民達が霧島の噴火がおさまり豊作に恵まれるようにとの願いを込めて造ったのが田の神像の始まりといわれています。
 田の神のことを、「田の神さあ(タノカンサア)」と呼んでいます。



Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2021/07/10(土) 18:01:00|
  2.  ┣ 都城市(田の神様)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎県の田の神さぁ 中原口(なかはらぐち)の田之神 都城市安久町 道路沿い

国道222号線(飫肥街道)中原口バス停側に「中原口(なかはらぐち)の田之神」が祀られています。
ここは、宮崎県と鹿児島県の県境になります。

宮崎県の田の神さぁ 中原口(なかはらぐち)の田之神 都城市安久町 道路沿い
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 中原口(なかはらぐち)の田之神 都城市安久町 道路沿い


宮崎県の田の神さぁ 中原口(なかはらぐち)の田之神 都城市安久町 道路沿い
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 中原口(なかはらぐち)の田之神 都城市安久町 道路沿い


宮崎県の田の神さぁ 中原口(なかはらぐち)の田之神 都城市安久町 道路沿い
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 中原口(なかはらぐち)の田之神 都城市安久町 道路沿い

「中原口の田之神」の詳細
建立年: 明治22年(1889年)
型分類: 自然石
形態: 文字碑型
像高: 150cm
像幅: 85cm
奥行: 68cm
持ち物: 「田之神」の文字が大きく彫られています。
彩色: 彩色無し
五角錐の形をした大きな自然石です。

宮崎県の田の神さぁ 中原口(なかはらぐち)の田之神 都城市安久町 道路沿い
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 中原口(なかはらぐち)の田之神 都城市安久町 道路沿い


宮崎県の田の神さぁ 中原口(なかはらぐち)の田之神 都城市安久町 道路沿い
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 中原口(なかはらぐち)の田之神 都城市安久町 道路沿い


「田の神さぁ」とは・・・
 田の神は、冬は山の神となり、春は里におりて田の神となって田を守り、豊作をもたらすと信じられています。
 「田の神」信仰は、全国的な民俗行事として古来から農村に浸透していますが、「田の神」を石に刻み(田の神石像)豊作を祈願する風習は、18世紀初めに始まる薩摩藩独特の文化です。
 霧島の噴火や天災などが原因で、農家にとって大変厳しい時代でしたが、江戸時代からの赤字経済を立て直すため、薩摩藩では少しでも収穫を増やそうと、稲作を奨励する政策を行っていました。このような中、農民達が霧島の噴火がおさまり豊作に恵まれるようにとの願いを込めて造ったのが田の神像の始まりといわれています。
 田の神のことを、「田の神さあ(タノカンサア)」と呼んでいます。



Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2021/07/09(金) 18:00:59|
  2.  ┣ 都城市(田の神様)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎県の田の神さぁ 明観寺(みょうかんじ)跡公園の田の神2 都城市吉之元町 公園内

都城市吉之元町にある「明観寺跡公園」に「明観寺(みょうかんじ)跡公園の田の神2」が祀られています。
「明観寺跡公園」に行くには、県道31号線(霧島バードライン)から細い道に入って行きます。
「明観寺(みょうかんじ)跡公園の田の神2」は公園の奥に祀られています。

宮崎県の田の神さぁ 明観寺(みょうかんじ)跡公園の田の神2 都城市吉之元町 公園内
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 明観寺(みょうかんじ)跡公園の田の神2 都城市吉之元町 公園内


宮崎県の田の神さぁ 明観寺(みょうかんじ)跡公園の田の神2 都城市吉之元町 公園内
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 明観寺(みょうかんじ)跡公園の田の神2 都城市吉之元町 公園内

「明観寺跡公園の田の神2」の詳細
建立年: 平成25年?
型分類: 農民型
形態: 立位
像高: 58cm
像幅: 38cm
奥行: 33cm
持ち物: 大きなシキを被り、袖の大きな羽織裁着け袴(たっつけはかま)で右手にメシゲ左手に椀を持っています。
彩色: 顔・手・メシゲは白色、衣は朱色です。

シキ:縄で編んだ敷物
裁着袴(たっつけはかま):農民の仕事着
メシゲ:しゃもじ

宮崎県の田の神さぁ 明観寺(みょうかんじ)跡公園の田の神2 都城市吉之元町 公園内
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 明観寺(みょうかんじ)跡公園の田の神2 都城市吉之元町 公園内


宮崎県の田の神さぁ 明観寺(みょうかんじ)跡公園の田の神2 都城市吉之元町 公園内
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 明観寺(みょうかんじ)跡公園の田の神2 都城市吉之元町 公園内

背中には、平成二十五と書かれています。

宮崎県の田の神さぁ 明観寺(みょうかんじ)跡公園の田の神2 都城市吉之元町 公園内
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 明観寺(みょうかんじ)跡公園の田の神2 都城市吉之元町 公園内


「田の神さぁ」とは・・・
 田の神は、冬は山の神となり、春は里におりて田の神となって田を守り、豊作をもたらすと信じられています。
 「田の神」信仰は、全国的な民俗行事として古来から農村に浸透していますが、「田の神」を石に刻み(田の神石像)豊作を祈願する風習は、18世紀初めに始まる薩摩藩独特の文化です。
 霧島の噴火や天災などが原因で、農家にとって大変厳しい時代でしたが、江戸時代からの赤字経済を立て直すため、薩摩藩では少しでも収穫を増やそうと、稲作を奨励する政策を行っていました。このような中、農民達が霧島の噴火がおさまり豊作に恵まれるようにとの願いを込めて造ったのが田の神像の始まりといわれています。
 田の神のことを、「田の神さあ(タノカンサア)」と呼んでいます。



Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2021/07/08(木) 18:00:58|
  2.  ┣ 都城市(田の神様)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎県の田の神さぁ 明観寺(みょうかんじ)跡公園の田の神1 都城市吉之元町 公園内

都城市吉之元町にある「明観寺跡公園」に「明観寺(みょうかんじ)跡公園の田の神1」が祀られています。
「明観寺跡公園」に行くには、県道31号線(霧島バードライン)から細い道に入って行きます。
「明観寺(みょうかんじ)跡公園の田の神1」は公園の奥に祀られています。

宮崎県の田の神さぁ 明観寺(みょうかんじ)跡公園の田の神1 都城市吉之元町 公園内
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 明観寺(みょうかんじ)跡公園の田の神1 都城市吉之元町 公園内


宮崎県の田の神さぁ 明観寺(みょうかんじ)跡公園の田の神1 都城市吉之元町 公園内
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 明観寺(みょうかんじ)跡公園の田の神1 都城市吉之元町 公園内

「明観寺跡公園の田の神1」の詳細
建立年: 天明3年(1783年)と読めるような
型分類: 田の神舞神職型
形態: 立位
像高: 50cm
像幅: 45cm
奥行: 17cm
持ち物: 大きなシキを被り、袖の大きな羽織裁着け袴(たっつけはかま)で右手にメシゲ左手は欠損しているため不明です。
彩色: 衣に赤茶色が残っています。

シキ:縄で編んだ敷物
裁着袴(たっつけはかま):農民の仕事着
メシゲ:しゃもじ

宮崎県の田の神さぁ 明観寺(みょうかんじ)跡公園の田の神1 都城市吉之元町 公園内
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 明観寺(みょうかんじ)跡公園の田の神1 都城市吉之元町 公園内


宮崎県の田の神さぁ 明観寺(みょうかんじ)跡公園の田の神1 都城市吉之元町 公園内
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 明観寺(みょうかんじ)跡公園の田の神1 都城市吉之元町 公園内

天明3年(1783年)と読めるような

宮崎県の田の神さぁ 明観寺(みょうかんじ)跡公園の田の神1 都城市吉之元町 公園内
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 明観寺(みょうかんじ)跡公園の田の神1 都城市吉之元町 公園内


「田の神さぁ」とは・・・
 田の神は、冬は山の神となり、春は里におりて田の神となって田を守り、豊作をもたらすと信じられています。
 「田の神」信仰は、全国的な民俗行事として古来から農村に浸透していますが、「田の神」を石に刻み(田の神石像)豊作を祈願する風習は、18世紀初めに始まる薩摩藩独特の文化です。
 霧島の噴火や天災などが原因で、農家にとって大変厳しい時代でしたが、江戸時代からの赤字経済を立て直すため、薩摩藩では少しでも収穫を増やそうと、稲作を奨励する政策を行っていました。このような中、農民達が霧島の噴火がおさまり豊作に恵まれるようにとの願いを込めて造ったのが田の神像の始まりといわれています。
 田の神のことを、「田の神さあ(タノカンサア)」と呼んでいます。



Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2021/07/07(水) 18:00:57|
  2.  ┣ 都城市(田の神様)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎県の田の神さぁ 関之尾町(せきのおちょう)の田の神 都城市関之尾町 公民館

県道107号線から少し入った所にある関之尾自治公民館に「関之尾町(せきのおちょう)の田の神」が祀られています。
右奥が県道107号線です。
公民館内の木の下に祀られています。

宮崎県の田の神さぁ 関之尾町(せきのおちょう)の田の神 都城市関之尾町 公民館
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 関之尾町(せきのおちょう)の田の神 都城市関之尾町 公民館

右に傾いています。

宮崎県の田の神さぁ 関之尾町(せきのおちょう)の田の神 都城市関之尾町 公民館
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 関之尾町(せきのおちょう)の田の神 都城市関之尾町 公民館

後ろに傾いています。
田の神さぁの後ろは水路になっています。

宮崎県の田の神さぁ 関之尾町(せきのおちょう)の田の神 都城市関之尾町 公民館
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 関之尾町(せきのおちょう)の田の神 都城市関之尾町 公民館


宮崎県の田の神さぁ 関之尾町(せきのおちょう)の田の神 都城市関之尾町 公民館
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 関之尾町(せきのおちょう)の田の神 都城市関之尾町 公民館

「関之尾町の田の神」の詳細
建立年: 不詳
型分類: 仏像型
形態: 立位
像高: 118(42)
像幅: 65(25)
奥行: 35(5)
持ち物: 頭巾を被り、広い袖の長衣で、両手で大きなメシゲ持っています。
彩色: 彩色無し
大きな舟型の石に、田の神が浮き彫りされています。

メシゲ:しゃもじ

宮崎県の田の神さぁ 関之尾町(せきのおちょう)の田の神 都城市関之尾町 公民館
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 関之尾町(せきのおちょう)の田の神 都城市関之尾町 公民館


宮崎県の田の神さぁ 関之尾町(せきのおちょう)の田の神 都城市関之尾町 公民館
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 関之尾町(せきのおちょう)の田の神 都城市関之尾町 公民館


「田の神さぁ」とは・・・
 田の神は、冬は山の神となり、春は里におりて田の神となって田を守り、豊作をもたらすと信じられています。
 「田の神」信仰は、全国的な民俗行事として古来から農村に浸透していますが、「田の神」を石に刻み(田の神石像)豊作を祈願する風習は、18世紀初めに始まる薩摩藩独特の文化です。
 霧島の噴火や天災などが原因で、農家にとって大変厳しい時代でしたが、江戸時代からの赤字経済を立て直すため、薩摩藩では少しでも収穫を増やそうと、稲作を奨励する政策を行っていました。このような中、農民達が霧島の噴火がおさまり豊作に恵まれるようにとの願いを込めて造ったのが田の神像の始まりといわれています。
 田の神のことを、「田の神さあ(タノカンサア)」と呼んでいます。



Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2021/07/06(火) 18:00:56|
  2.  ┣ 都城市(田の神様)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎県の田の神さぁ 下平田(しもひらた)の田の神 都城市乙房町 下平田営農研修館

都城市乙房町にある下平田営農研修館の奥に「下平田(しもひらた)の田の神」が祀られています。

宮崎県の田の神さぁ 下平田(しもひらた)の田の神 都城市乙房町 下平田営農研修館
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 下平田(しもひらた)の田の神 都城市乙房町 下平田営農研修館


宮崎県の田の神さぁ 下平田(しもひらた)の田の神 都城市乙房町 下平田営農研修館
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 下平田(しもひらた)の田の神 都城市乙房町 下平田営農研修館


宮崎県の田の神さぁ 下平田(しもひらた)の田の神 都城市乙房町 下平田営農研修館
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 下平田(しもひらた)の田の神 都城市乙房町 下平田営農研修館

「下平田の田の神」の詳細
建立年: 不詳
型分類: 農民型
形態: 座位
像高: 57cm
像幅: 53cm
奥行: 26cm
持ち物: 大きなシキを被り、袖の大きな羽織裁着け袴(たっつけはかま)で両手を前でそろえています。
彩色: シキ、衣が朱色です。

シキ:縄で編んだ敷物
裁着袴(たっつけはかま):農民の仕事着

宮崎県の田の神さぁ 下平田(しもひらた)の田の神 都城市乙房町 下平田営農研修館
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 下平田(しもひらた)の田の神 都城市乙房町 下平田営農研修館


宮崎県の田の神さぁ 下平田(しもひらた)の田の神 都城市乙房町 下平田営農研修館
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 下平田(しもひらた)の田の神 都城市乙房町 下平田営農研修館

目の前には、田んぼが広がっています。

宮崎県の田の神さぁ 下平田(しもひらた)の田の神 都城市乙房町 下平田営農研修館
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 下平田(しもひらた)の田の神 都城市乙房町 下平田営農研修館


「田の神さぁ」とは・・・
 田の神は、冬は山の神となり、春は里におりて田の神となって田を守り、豊作をもたらすと信じられています。
 「田の神」信仰は、全国的な民俗行事として古来から農村に浸透していますが、「田の神」を石に刻み(田の神石像)豊作を祈願する風習は、18世紀初めに始まる薩摩藩独特の文化です。
 霧島の噴火や天災などが原因で、農家にとって大変厳しい時代でしたが、江戸時代からの赤字経済を立て直すため、薩摩藩では少しでも収穫を増やそうと、稲作を奨励する政策を行っていました。このような中、農民達が霧島の噴火がおさまり豊作に恵まれるようにとの願いを込めて造ったのが田の神像の始まりといわれています。
 田の神のことを、「田の神さあ(タノカンサア)」と呼んでいます。



Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2021/07/05(月) 18:00:55|
  2.  ┣ 都城市(田の神様)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎県の田の神さぁ 太郎坊(たろぼう)の田の神7 都城市太郎坊町 道路沿い

宮崎自動車道と国道221号線が交差している近くに、「太郎坊(たろぼう)の田の神7」が祀られています。

宮崎県の田の神さぁ 太郎坊(たろぼう)の田の神7 都城市太郎坊町 道路沿い
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 太郎坊(たろぼう)の田の神7 都城市太郎坊町 道路沿い


宮崎県の田の神さぁ 太郎坊(たろぼう)の田の神7 都城市太郎坊町 道路沿い
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 太郎坊(たろぼう)の田の神7 都城市太郎坊町 道路沿い


宮崎県の田の神さぁ 太郎坊(たろぼう)の田の神7 都城市太郎坊町 道路沿い
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 太郎坊(たろぼう)の田の神7 都城市太郎坊町 道路沿い

「太郎坊の田の神7」の詳細
建立年: 不詳
型分類: 神像型座像
形態: 座位
像高: 74cm
像幅: 46cm
奥行: 24cm
持ち物: 冠を被り、衣冠束帯(いかんそくたい)で両手輪組で穴が開いています。
彩色: 赤茶色が残っています。

衣冠束帯(いかんそくたい):平安時代後期に生まれた日本の衣裳の名称の一つで、公家の正装をいう。

宮崎県の田の神さぁ 太郎坊(たろぼう)の田の神7 都城市太郎坊町 道路沿い
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 太郎坊(たろぼう)の田の神7 都城市太郎坊町 道路沿い

穴が開いています。

宮崎県の田の神さぁ 太郎坊(たろぼう)の田の神7 都城市太郎坊町 道路沿い
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 太郎坊(たろぼう)の田の神7 都城市太郎坊町 道路沿い


宮崎県の田の神さぁ 太郎坊(たろぼう)の田の神7 都城市太郎坊町 道路沿い
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 太郎坊(たろぼう)の田の神7 都城市太郎坊町 道路沿い

目の前には、田んぼが広がっています。

宮崎県の田の神さぁ 太郎坊(たろぼう)の田の神7 都城市太郎坊町 道路沿い
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 太郎坊(たろぼう)の田の神7 都城市太郎坊町 道路沿い


「田の神さぁ」とは・・・
 田の神は、冬は山の神となり、春は里におりて田の神となって田を守り、豊作をもたらすと信じられています。
 「田の神」信仰は、全国的な民俗行事として古来から農村に浸透していますが、「田の神」を石に刻み(田の神石像)豊作を祈願する風習は、18世紀初めに始まる薩摩藩独特の文化です。
 霧島の噴火や天災などが原因で、農家にとって大変厳しい時代でしたが、江戸時代からの赤字経済を立て直すため、薩摩藩では少しでも収穫を増やそうと、稲作を奨励する政策を行っていました。このような中、農民達が霧島の噴火がおさまり豊作に恵まれるようにとの願いを込めて造ったのが田の神像の始まりといわれています。
 田の神のことを、「田の神さあ(タノカンサア)」と呼んでいます。



Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2021/07/04(日) 18:00:54|
  2.  ┣ 都城市(田の神様)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎県の田の神さぁ 早鈴公民館(はやすずこうみんかん)の田の神 都城市早鈴町 公民館

都城市早鈴町にある早鈴自治公民館内に「早鈴公民館(はやすずこうみんかん)の田の神」が祀られています。
道路を挟んだ反対側に「都城島津邸」があります。

宮崎県の田の神さぁ 早鈴公民館(はやすずこうみんかん)の田の神 都城市早鈴町 公民館
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 早鈴公民館(はやすずこうみんかん)の田の神 都城市早鈴町 公民館


宮崎県の田の神さぁ 早鈴公民館(はやすずこうみんかん)の田の神 都城市早鈴町 公民館
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 早鈴公民館(はやすずこうみんかん)の田の神 都城市早鈴町 公民館

「早鈴公民館の田の神」の詳細
建立年: 不詳
型分類: 神像型座像
形態: 座位
像高: 108cm
像幅: 69cm
奥行: 27cm
持ち物: 両手を前で組んでいるように見えます。
彩色: 彩色無し
頭部は新しく作られています。からだの部分もセメントで補修してあります。

宮崎県の田の神さぁ 早鈴公民館(はやすずこうみんかん)の田の神 都城市早鈴町 公民館
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 早鈴公民館(はやすずこうみんかん)の田の神 都城市早鈴町 公民館


宮崎県の田の神さぁ 早鈴公民館(はやすずこうみんかん)の田の神 都城市早鈴町 公民館
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 早鈴公民館(はやすずこうみんかん)の田の神 都城市早鈴町 公民館


宮崎県の田の神さぁ 早鈴公民館(はやすずこうみんかん)の田の神 都城市早鈴町 公民館
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 早鈴公民館(はやすずこうみんかん)の田の神 都城市早鈴町 公民館


「田の神さぁ」とは・・・
 田の神は、冬は山の神となり、春は里におりて田の神となって田を守り、豊作をもたらすと信じられています。
 「田の神」信仰は、全国的な民俗行事として古来から農村に浸透していますが、「田の神」を石に刻み(田の神石像)豊作を祈願する風習は、18世紀初めに始まる薩摩藩独特の文化です。
 霧島の噴火や天災などが原因で、農家にとって大変厳しい時代でしたが、江戸時代からの赤字経済を立て直すため、薩摩藩では少しでも収穫を増やそうと、稲作を奨励する政策を行っていました。このような中、農民達が霧島の噴火がおさまり豊作に恵まれるようにとの願いを込めて造ったのが田の神像の始まりといわれています。
 田の神のことを、「田の神さあ(タノカンサア)」と呼んでいます。



Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2021/07/03(土) 18:00:53|
  2.  ┣ 都城市(田の神様)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎県の田の神さぁ 上東町(かみひがしちょう)の田の神 都城市上東町 児童公園

都城市上東町にある東町児童公園内に「上東町(かみひがしちょう)の田の神」が祀られています。

宮崎県の田の神さぁ 上東町(かみひがしちょう)の田の神 都城市上東町 児童公園
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 上東町(かみひがしちょう)の田の神 都城市上東町 児童公園


宮崎県の田の神さぁ 上東町(かみひがしちょう)の田の神 都城市上東町 児童公園
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 上東町(かみひがしちょう)の田の神 都城市上東町 児童公園

「上東町の田の神」の詳細
建立年: 昭和期の作?
型分類: 大黒天型、農民型との融合
形態: 座位
像高: 66cm
像幅: 50cm
奥行: 46cm
持ち物: 大黒天がかぶっているような大きな頭巾(シキではありません)を被り、下に着きそうな大袖の羽織姿で、右手に大きなメシゲを下向きに持ち、左手に稲穂を持ち肩にかけています。
彩色: 薄く口紅あり。

宮崎県の田の神さぁ 上東町(かみひがしちょう)の田の神 都城市上東町 児童公園
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 上東町(かみひがしちょう)の田の神 都城市上東町 児童公園


宮崎県の田の神さぁ 上東町(かみひがしちょう)の田の神 都城市上東町 児童公園
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 上東町(かみひがしちょう)の田の神 都城市上東町 児童公園


宮崎県の田の神さぁ 上東町(かみひがしちょう)の田の神 都城市上東町 児童公園
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 上東町(かみひがしちょう)の田の神 都城市上東町 児童公園

大黒天の様にふくよかな耳と、口を開けて笑っていて歯も見えます。額のしわ、眉毛も細かくリアルですね。

宮崎県の田の神さぁ 上東町(かみひがしちょう)の田の神 都城市上東町 児童公園
hiroの部屋 宮崎県の田の神さぁ 上東町(かみひがしちょう)の田の神 都城市上東町 児童公園


「田の神さぁ」とは・・・
 田の神は、冬は山の神となり、春は里におりて田の神となって田を守り、豊作をもたらすと信じられています。
 「田の神」信仰は、全国的な民俗行事として古来から農村に浸透していますが、「田の神」を石に刻み(田の神石像)豊作を祈願する風習は、18世紀初めに始まる薩摩藩独特の文化です。
 霧島の噴火や天災などが原因で、農家にとって大変厳しい時代でしたが、江戸時代からの赤字経済を立て直すため、薩摩藩では少しでも収穫を増やそうと、稲作を奨励する政策を行っていました。このような中、農民達が霧島の噴火がおさまり豊作に恵まれるようにとの願いを込めて造ったのが田の神像の始まりといわれています。
 田の神のことを、「田の神さあ(タノカンサア)」と呼んでいます。



Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2021/07/02(金) 18:00:52|
  2.  ┣ 都城市(田の神様)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

| ホーム | 次のページ