fc2ブログ

★hiroの部屋★

★写真 ★★車を快適に! ★★★バイクを快適に! ★★★★ ★★★★★ ★★★★★★ ★★★★★★★

日本三薬師 法華嶽薬師寺 宮崎県国富町

 宮崎県国富町本庄の中心分から県道356号線(法ケ岳本庄線)を西へ10kmのところにある法華嶽薬師寺は、越後(新潟県)の米山薬師、三河(愛知県)の鳳来寺と並び日本三薬師のひとつとして数えられています。

 718年(養老2年)に釈迦岳(830m)の山頂にひとりの高僧が御堂を建て、薬師如来像を安置し、金峰山長喜院と呼んだのが始まりといわれています。
 806年(大同1年)に唐から帰朝した最澄が九州の霊山を巡礼中、同地に立ち寄り、水に乏しく狭いことから法華岳に大御堂を建立、真金山法華岳と改号しました。

 しかし、明治初年の廃仏思想で貴重な記録や仏具はほとんどなくなったので、その後町内の保存協賛会の手で1969年(昭和44年)に収蔵庫、翌年に拝殿が完成しました。
 平安時代の歌人和泉式部が難病にかかったとき祈願して全治したという言い伝えが残っており、式部谷、身投げ嶽などの伝説もあります。

日本三薬師 法華嶽薬師寺 宮崎県国富町
hiroの部屋 日本三薬師 法華嶽薬師寺 宮崎県国富町

法華嶽薬師寺(ほけだけやくしじ)
「法華嶽薬師寺」の説明板から、
 位置 宮崎市よりおよそ26粁(km)海抜270米(m)の雄大な位置にある。
縁起
 第44代元正天皇の御代 養老2年(718年)8月8日釈迦嶽の頂上に 堂宇を建立し 金峯山長喜院とし 釈迦仏薬師如来の尊像を安置したのに始まる。
 その後、第50代桓武天皇の御代 延暦25年(807年)に傅教大師(最澄)が唐より帰朝し九州の古跡霊山を巡錫した際 この地が霊山勝地であるとして錫(すず)を留め 伽藍僧坊を建立し日光月光12神将不動毘沙門仁王18体を自ら彫刻安置した。
 その間 金気不絶であったため金峯山を真金山と改め 長喜院を法華嶽薬師寺に改号し今日に至(いた)っているが 越後の国米山薬師 三河の国鳳来寺の薬師ともに日本三薬師として 古来著名である。

日本三薬師 法華嶽薬師寺 宮崎県国富町
hiroの部屋 日本三薬師 法華嶽薬師寺 宮崎県国富町

和泉式部参籠のこと
 上東門院(第66代一条天皇の皇后 藤原道長の長女彰子)に仕えていた式部(和泉守橘道具の妻)は 難病を蒙り京都清水観世音菩薩の御堂に3・7(21日)の平癒祈願をなし満願の朝 「日本三薬師に参籠し祈願すべし されば健やかなる身に復るべし」と お告げがあった。
 かくて式部は先ず越後の米山 ついで三河の鳳来寺の両薬師に丹精こめて祈願をしたが何らの霊験もないまま遙か日向に下向して法華嶽薬師に参籠なし 春夏秋冬その朝夕を谷川に身を浄め 精進修行したため薬師のお恵み 加わり晴れて玉の姿に立ち復りよろこび勇んで京への帰途 麓の小川で汚い老人に出逢い 薬師の心引とも知らず すげなく振り切ったところ 忽ち元の病身に変わった。
 この小川を以来 逢初川と称している。

日本三薬師 法華嶽薬師寺 宮崎県国富町
hiroの部屋 日本三薬師 法華嶽薬師寺 宮崎県国富町

 さて、もとの病身に復った式部は もはや御仏の加護も絶えしものと思いこみ辞世の一首「南無薬師、諸病疾除の願立てて身より仏の名こそ惜しけれ」と詠じ懸崖(今の身投げ嶽)に佇み まさに身まからん瞑目の一瞬薬師如来のお姿現れ「村雨は ただ一時のものぞかし己が蓑笠そこに脱ぎおけ」との返歌があり 心に悟を感じた式部は更に1年の光陰 ひたすら修行にあけくれ ついに清浄の身となり 京への帰路につかれた。
 その後、式部礼参のおり秘蔵の琵琶を奉納した 添書その他の記録が現存している。
 また式部が参籠中 日毎3度行水して身を浄めたという谷川のほとりに 式部の筆跡なる「和泉式部」と刻した岩が当時のよすがを伝えている。

日本三薬師 法華嶽薬師寺 宮崎県国富町
hiroの部屋 日本三薬師 法華嶽薬師寺 宮崎県国富町

法華嶽鶉(うづら)」のこと
 天正天皇の御代はじめて堂宇を建立した際 本堂御柱の切端に類似したものがあり 寺僧これに目羽手を描き 尊像の御前に供え 朝夕 熱心に礼拝すると 不思議にも鶉の鳴き声がしたという。
 現存玩具として各地で愛用され 昭和15年天皇陛下 日向下向の際 法華嶽鶉4個を天覧の上お買い上げになった。
 初御縁日:旧正月8日・9日 
 夏期:旧6月8日
 開山御縁日:旧8月8日
 御開帳日:旧12月23日


Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2022/10/15(土) 14:18:32|
  2.  ┣ 宮崎の寺|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎の寺 日向妙国寺 宮崎県日向市細島

宮崎県日向市細島に日向妙国寺(ひゅうがみょうこくじ)があります。

妙国寺は、日蓮宗の名刹で、薩摩阿闍梨日叡上人が康永年間(1342~1345)に開山したと伝えられています。

日向妙国寺 宮崎県日向市細島
hiroの部屋 日向妙国寺 宮崎県日向市細島

 1933年4月13日に、国の名勝に指定された妙国寺庭園は、本堂の南西に造られています。
 奥に小さな滝があり、三つの築山、池、池中央に浮かぶ中島から成り立っています。中島には簡素な木橋も架けられています。
剥き出しの岩盤や背後の米ノ山の森林を生かした巧みな造成は南北朝期の技法と伝えられています。
 寺伝によれば、本堂南側の回廊から鑑賞するのが最良と言われています。
 典型的な仏説庭園であり、三界を表す築山、崖・森林・滝とで穢土を表し、中島は浄土を、池は三途の川を、橋は仏法を表すとされています。観賞と同時に、門徒や檀家衆の教化に利用された可能性もあり、寺院庭園の好例としても注目されます。

日本国指定名勝 妙国寺庭園 宮崎県日向市細島
hiroの部屋 日本国指定名勝 妙国寺庭園 宮崎県日向市細島

楼門は一部壊れているところがありました。

日向妙国寺 宮崎県日向市細島
hiroの部屋 日向妙国寺 宮崎県日向市細島

高い石垣です。

日向妙国寺 宮崎県日向市細島
hiroの部屋 日向妙国寺 宮崎県日向市細島

この石垣の上の方が、庭園になります。

日向妙国寺 宮崎県日向市細島
hiroの部屋 日向妙国寺 宮崎県日向市細島


プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2019/07/28(日) 11:40:32|
  2.  ┣ 宮崎の寺|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

| ホーム |