fc2ブログ

★hiroの部屋★

★写真 ★★車を快適に! ★★★バイクを快適に! ★★★★ ★★★★★ ★★★★★★ ★★★★★★★

宮崎の城 安永城跡(庄内児童公園) 都城市庄内町

都城市庄内町にある「安永城跡(庄内児童公園)」です。

史跡 安永城跡(やすながじょうあと)
市指定年月日 昭和49年5月1日
 安永城は、大淀川の支流庄内川のほとりの庄内町東・西に位置し、本丸・二之丸・取添・金石の四つの曲輪(くるわ)からなっていました。

航空写真を見ると、残っているのは本丸と二之丸の一部で、他は農地等になっているようです。

曲輪(くるわ)
 城の内外を土塁、石垣、堀などで区画した区域の名称です。


宮崎の城 安永城跡(庄内児童公園) 都城市庄内町
hiroの部屋 宮崎の城 安永城跡(庄内児童公園) 都城市庄内町

 「庄内地理志」によれば、「鶴翼(つるはね)城」ともいい、応仁2年(1467年)6代北郷敏久(ほんごうとしひさ)が勢田ケ辻(せだがつじ)に築いた」というが、築城時期の詳細は不明です。

庄内地理志
 寛政10年~文政期(1798年~1830年)に都城島津家の記録方によって編纂された都城領域の地誌です。
 112巻と拾遺1巻の全113巻からなりますが、現存するのは103巻です。
 22代島津久倫(ひさとも)の代に、記録方の役人であった荒川儀方(ぎほう)が中心となって編纂しました。


宮崎の城 安永城跡(庄内児童公園) 都城市庄内町
hiroの部屋 宮崎の城 安永城跡(庄内児童公園) 都城市庄内町

 文明8年(1476年)6月、北郷敏久は都城に移るものの、以後も7代数久(かずひさ)の隠居地、10代時久の摘男相久(すけひさ)の居城となるなど、北郷氏の拠点として重視されました。

北郷 敏久(ほんごう としひさ)1430年~1500年
 室町時代の日向の武将です。
 北郷氏6代当主で、5代当主北郷持久の嫡男です。
 北郷持久が大覚寺義昭事件に連座して都城を追われて以来、24年振りに北郷氏の本拠地である都城へ復帰ししました。
 応仁2年(1468年)、庄内瀬田ケ辻(現在の宮崎県都城市庄内町)に安永城を築き、北郷持久とともに居城としました。
 築城に際し、薩州家の島津国久や豊州家の島津季久が助勢したと伝えられています。


宮崎の城 安永城跡(庄内児童公園) 都城市庄内町
hiroの部屋 宮崎の城 安永城跡(庄内児童公園) 都城市庄内町

 文明8年(1476年)、島津宗家11代島津忠昌の命により都城を回復することができましたが、島津忠昌が若年ということもあり、島津氏の勢力には翳りがみられ領内には戦乱が続きました。
 文明17年(1485年)、伊作家の島津久逸が日向の伊東祐国や北原氏と共謀して島津宗家に叛旗を翻しました。
 伊東祐国らは日向飫肥の新納忠続を攻めたので、島津忠昌は北郷敏久に先鋒を命じ自らも出陣しました。
 北郷敏久は伊東祐国を討ち取り、島津忠昌は北郷敏久に褒賞として中郷300町を与えました。


宮崎の城 安永城跡(庄内児童公園) 都城市庄内町
hiroの部屋 宮崎の城 安永城跡(庄内児童公園) 都城市庄内町

 太閤検地後の文禄4年(1595年)6月の所領替で、都城盆地は伊集院忠棟(いじゅういん ただむね)領となり、北郷氏は祁答院(けどういん)へ移されました。

太閤検地(たいこうけんち)
 豊臣秀吉が日本全土で行なった検地(田畑(山林は除く)の測量及び収穫量調査)です。
 天正の石直し、文禄の検地ともいいます。


伊集院忠棟(いじゅういん ただむね) 1541年~1599年
 戦国時代から安土桃山時代にかけての武将で、島津氏の家臣です。
 文禄4年(1595年)に太閤検地が行われ、北郷氏に代わり日向諸県郡庄内の地に8万石の所領を与えられました。
 慶長4年3月9日(1599年4月4日)、伏見の島津家邸で島津義弘の子・忠恒によって殺害されました。


宮崎の城 安永城跡(庄内児童公園) 都城市庄内町
hiroの部屋 宮崎の城 安永城跡(庄内児童公園) 都城市庄内町

 慶長4年(1599年)、島津忠恒(しまずただつね)による伊集院忠棟殺害に端を発した庄内の乱では、安永城は伊集院方12外城のひとつとなりました。

庄内の乱(しょうないのらん)
 慶長4年(1599年)に日向国庄内(現在の宮崎県都城市及びその周辺)で起きた、島津氏とその重臣である伊集院氏との争乱です。
 この乱は、島津氏家中最大の内乱であり、最終的には徳川家康の仲介により解決に至りました。
 また、慶長の役直後、関ヶ原の戦い直前の大乱であり、島津氏が関ヶ原の戦いに大軍を送れなかった原因になったともいわれています。


宮崎の城 安永城跡(庄内児童公園) 都城市庄内町
hiroの部屋 宮崎の城 安永城跡(庄内児童公園) 都城市庄内町

12外城
 梅北城  宮崎県都城市梅北町
 志和池城 宮崎県都城市上水流町
 安永城  宮崎県都城市庄内町
 野々美谷城 宮崎県都城市野々美谷町
 山之口城 宮崎県都城市山之口町
 月山日和城 宮崎県都城市高城町
 山田城  宮崎県都城市山田町
 梶山城  宮崎県北諸県郡三股町
 勝岡城  宮崎県北諸県郡三股町
 財部城  鹿児島県曽於市財部町
 末吉城  鹿児島県曽於市末吉町
 恒吉城  鹿児島県曽於市大隅町


宮崎の城 安永城跡(庄内児童公園) 都城市庄内町
hiroの部屋 宮崎の城 安永城跡(庄内児童公園) 都城市庄内町

 乱終結後に北郷氏の手に戻ったものの、元和元年(1615年)、江戸幕府の一国一城令によって廃城となりました。
 その後は麓に地頭仮屋(じとうかりや)が置かれ、安永(あつかい:外城の最高職)を勤めた家臣たちの屋敷が並んでいました。
                                               平成19年3月 都城市教育委員会

一国一城令(いっこくいちじょうれい)
 慶長20年閏6月13日(1615年8月7日)に江戸幕府が制定した法令です。
 諸大名に対し、居城以外のすべての城の破却を命じました。


地頭仮屋(じとうかりや)
 薩摩藩が、領内支配のため領内を一一三の区域に分割して設置したものです。


(あつかい)
 江戸時代の薩摩藩における地方職制の1つです。
 外城制における上位の責任者でした。



安永城跡(庄内児童公園)への入口は北側にあります。
また、東側の庄内城山公園に駐車場があります。


Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2022/11/17(木) 15:14:24|
  2.  ┗ 宮崎の城|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

日南市指定文化財 史跡飫肥城旧本丸跡 宮崎県日南市飫肥

日南市指定丈化財 平成3年8月1日指定
史跡 飫肥城旧本丸

 飲肥城は東西約750m、南北約500mの城域に大小13の曲輪と犬馬場などからなる広大な城である。

日南市指定文化財 史跡飫肥城旧本丸跡 宮崎県日南市飫肥
hiroの部屋 日南市指定文化財 史跡飫肥城旧本丸跡 宮崎県日南市飫肥

 各曲輪は、シラス台地を空堀で区切った壮大な規模で、南九州の中世城郭において特徴的な形態である。

日南市指定文化財 史跡飫肥城旧本丸跡 宮崎県日南市飫肥
hiroの部屋 日南市指定文化財 史跡飫肥城旧本丸跡 宮崎県日南市飫肥

 戦国時代には代々島津氏一族が城主であったが、天正15年(1587年)に飲肥藩初代伊東祐兵が豊臣秀書から飲肥を領地として与えられて以後、明治時代まで伊東氏の居城となった。

日南市指定文化財 史跡飫肥城旧本丸跡 宮崎県日南市飫肥
hiroの部屋 日南市指定文化財 史跡飫肥城旧本丸跡 宮崎県日南市飫肥

 城内の各曲輪は本丸、松尾、中ノ城、今城、西ノ丸、北ノ丸などの名称で呼ばれていた。

日南市指定文化財 史跡飫肥城旧本丸跡 宮崎県日南市飫肥
hiroの部屋 日南市指定文化財 史跡飫肥城旧本丸跡 宮崎県日南市飫肥

 このうち、元禄6年(1693年)に現在の本丸(飫肥小学枚グラウンド)が完成するまでは旧本丸が藩主の御殿であった。

日南市指定文化財 史跡飫肥城旧本丸跡 宮崎県日南市飫肥
hiroの部屋 日南市指定文化財 史跡飫肥城旧本丸跡 宮崎県日南市飫肥

 旧本丸は寛文2年(1662年)、延宝8年(1680年)、貞享2年(1686年)の3度の大きな地震で地割れが発生し、移転することになった。

日南市指定文化財 史跡飫肥城旧本丸跡 宮崎県日南市飫肥
hiroの部屋 日南市指定文化財 史跡飫肥城旧本丸跡 宮崎県日南市飫肥


日南市指定文化財 史跡飫肥城旧本丸跡 宮崎県日南市飫肥
hiroの部屋 日南市指定文化財 史跡飫肥城旧本丸跡 宮崎県日南市飫肥


Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2021/11/27(土) 13:13:31|
  2.  ┗ 宮崎の城|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

宮崎の城 伊東四十八城「綾城」 宮崎県東諸県郡綾町

綾城(あやじょう)は、現在の宮崎県綾町にあったとされる山城です。

綾城のはじまりは、今からおよそ690年前の元弘年間(1331年~1334年)足利尊氏(あしかがたかうじ)の家臣であった細川小四郎義門(ほそかわこしろうよしかど)がこの地方に下向を命ぜられ、その子細川義遠が収納使として綾を領有し、綾に山城を構え、綾氏と称したころと考えられています。
綾氏は数代城主としてこの地方を治めていましたが、室町時代八代将軍足利義政のころ、都於郡城(とのこおりじょう)を根拠として日向の国の一大豪族となった伊東氏の家臣となりました。したがって、綾城も伊東氏四十八城の一つとなり、島津氏と戦う伊東方の重要な役割を果たしました。

伊東四十八城:日向国の戦国大名 伊東義祐、及びその後継である伊東義益の最盛期における、版図内に存在した48の外城及び砦の名数です。

伊東四十八城「綾城」 宮崎県東諸県郡綾町
hiroの部屋 伊東四十八城「綾城」 宮崎県東諸県郡綾町


伊東四十八城「綾城」 宮崎県東諸県郡綾町
hiroの部屋 伊東四十八城「綾城」 宮崎県東諸県郡綾町

都於郡城(とのこおりじょう)主三位入道伊東義祐は野尻城などの謀反により島津に追われる身となり、1577年(天正5年)豊後に落ち延びることとなりました。伊東義祐を城内に迎え入れた綾城主佐土原江守と田中国広は島津の追手から身を守る算段をととのえ、その策を伊東義祐に進言するのでした。

伊東四十八城「綾城」 宮崎県東諸県郡綾町
hiroの部屋 伊東四十八城「綾城」 宮崎県東諸県郡綾町

伊東氏衰退後は島津氏の支城となりましたが、1615年に江戸幕府の一国一城令により廃城になるまでの二百七十余年、綾城は日向の国の山城のまもりでした。

伊東四十八城「綾城」 宮崎県東諸県郡綾町
hiroの部屋 伊東四十八城「綾城」 宮崎県東諸県郡綾町

現在の綾城は日本城郭協会に依頼した中世山城の築城について考察を依頼し、数次にわたる調査に基づいた考察により想定され、昭和60年春に戦国初期城楼建造物として構築されました。当時の綾城がこのような城であったと思いたいですね。

伊東四十八城「綾城」 宮崎県東諸県郡綾町
hiroの部屋 伊東四十八城「綾城」 宮崎県東諸県郡綾町

城内は歴史資料館として綾の歴史の歩みを振り返ることができるとともに、日本一の刀鍛治といわれた田中国廣の刀が展示されています。

伊東四十八城「綾城」 宮崎県東諸県郡綾町
hiroの部屋 伊東四十八城「綾城」 宮崎県東諸県郡綾町

薄明りの荘厳な工房
刀工師は、数多くの職人のなかでも、とくに格式高く位置づけられました。自分の生涯を一瞬に凝縮して、渾身の気迫で日常を超える力を追求したのが刀工師です。
この場面は、玉鋼(たまはがね)の処理に始まる幾種もの作刀工程のなかで、「素延べ」と呼ばれるもので、仕上りを考えた念入りな成形技法によって刀の原形がここでやっと見えてきます。
このあと、さらに「焼入れ」や「仕上げ」など緊迫した「技」が続きます。

伊東四十八城「綾城」 宮崎県東諸県郡綾町
hiroの部屋 伊東四十八城「綾城」 宮崎県東諸県郡綾町

刀工田中国廣は、綾町の古屋地区で生まれ、幼い頃から父旅泊の元で鍛刀に励み伊東氏に仕えていました。
田中国廣は文武両道に秀れ、伊東氏が没落して豊後に落ちる際、伊藤マンショ(満千代)の侍臣としての功績も残しています。京に出て修行を重ねた田中国廣は石田三成など中央の人々とも交わり、新刀の開祖とまでいわれるようになりました。
天正14年(1586年)に打った刀は日州古屋住国廣作として国の重要文化財に指定されています。

伊東四十八城「綾城」 宮崎県東諸県郡綾町
hiroの部屋 伊東四十八城「綾城」 宮崎県東諸県郡綾町

綾町では昭和45年に田中国廣が住んでいた跡地に記念碑、昭和61年田中国廣ゆかりの綾城にブロンズ像を建立してその偉績を顕彰しています。

伊東四十八城「綾城」 宮崎県東諸県郡綾町
hiroの部屋 伊東四十八城「綾城」 宮崎県東諸県郡綾町


Googleマップ ストリートビュー
Googleマップ


プチット押していただけると嬉しいです ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2021/03/28(日) 11:13:49|
  2.  ┗ 宮崎の城|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

飫肥城 宮崎県日南市

豫章館の側に大手門があります。

飫肥城 宮崎県日南市
hiroの部屋 飫肥城 宮崎県日南市


飫肥城 宮崎県日南市
hiroの部屋 飫肥城 宮崎県日南市


飫肥城 宮崎県日南市
hiroの部屋 飫肥城 宮崎県日南市


飫肥城 宮崎県日南市
hiroの部屋 飫肥城 宮崎県日南市


飫肥城 宮崎県日南市
hiroの部屋 飫肥城 宮崎県日南市

松尾の丸まで上って来ました。
飫肥城は周囲に9つの城を配した平城でした。
松尾の丸はそのひとつで、昭和54年に樹齢100年以上の杉を使い江戸時代の書院造りの御殿として再現されています。

飫肥城 宮崎県日南市
hiroの部屋 飫肥城 宮崎県日南市


飫肥城 宮崎県日南市
hiroの部屋 飫肥城 宮崎県日南市

湯殿は、こけら葺きの総桧づくりの蒸し風呂です。
この建物は二階建てになっていて、風呂のあと二階で涼んでいたとか。

飫肥城 宮崎県日南市
hiroの部屋 飫肥城 宮崎県日南市


プチット押していただけると嬉しいです

ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


  1. 2014/10/25(土) 11:24:15|
  2.  ┗ 宮崎の城|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

都於郡城跡(とのこおりじょうあと) 宮崎県西都市

2009/5/16 今日は降水率高いですが、西都市方面に行って見ましょう。
西都市都於郡町にある都於郡城跡(とのこおりじょうあと)にやって来ました。

県道18号線(大安寺池の側)沿いに「国指定史跡 都於郡城跡」の案内が
ここから800mのようです。
大安寺池には、芭蕉句碑があるようです。

hiroの部屋 都於郡城跡(とのこおりじょうあと) 宮崎県西都市

駐車場に案内板がありました。

(1280 x 1206)大きく見れます。
hiroの部屋 都於郡城跡(とのこおりじょうあと) 宮崎県西都市

本丸跡です。

hiroの部屋 都於郡城跡(とのこおりじょうあと) 宮崎県西都市

史跡 都於郡城跡 の説明があります。

(2816 x 2112) 大きく見れます。
hiroの部屋 都於郡城跡(とのこおりじょうあと) 宮崎県西都市

伊東満所(いとうまんしょ)の像があります。

hiroの部屋 都於郡城跡(とのこおりじょうあと) 宮崎県西都市

伊東 マンショ(いとう まんしょ、Mancio, 満所とも、永禄12年(1569年)頃 - 慶長17年10月21日(1612年11月13日))は、安土桃山時代から江戸時代初期のキリシタンで、天正遣欧少年使節の正使。イエズス会員でカトリック司祭。マンショは洗礼名、本名は祐益。伊東祐青の子。母は日向国主・伊東義祐の娘(通称「町の上」)。大友宗麟の縁者。
伊東マンショは日向国主伊東義祐の孫として生まれた。伊東氏が島津氏の攻撃を受け、伊東氏の支城の綾城が落城した際、当時8歳だった伊東マンショは家臣の田中國廣に背負われ豊後に落ち延びる。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


hiroの部屋 都於郡城跡(とのこおりじょうあと) 宮崎県西都市

世界への扉を勇敢にも開いた、
伊東満所(マンショ)の精神は、
新たな千年紀において、
九州とイタリアの若者たちの
指針となるであろう。
  カブリエール・メネガッティ
  駐日イタリア大使

奥ノ城跡 Ladies'Quarters(Oku No Jyo)Ruins
本丸の北方には間道と併用した空掘を挟んで奥ノ城があります。ここは城主一族の大奥として奥方や侍女をはじめ家族の住居でありました。天正5年(1577年)12月落城の際には一族は家臣と共にこの奥ノ城から豊後の方に落ちのびて行きました。

土塁 Earthen Barrier Walls
外敵から自己を防衛する目的で、土を盛って築き上げたものです。都於郡城の各曲輪の周縁部には、この土塁が構築されていたものと思われます。

hiroの部屋 都於郡城跡(とのこおりじょうあと) 宮崎県西都市

三ノ丸跡 Third Fortress(San No Maru)Ruins
三ノ丸は都於郡台地の西北端にあり、三方断崖をなし、山麗には三財川が流れて自然の外濠をなしています。西ノ城と同様ものみの役割を果たしていたと思われます。また、伊東氏四十八城と連絡するための狼煙台(のろしだい)があった場所ではないかと推測されます。

hiroの部屋 都於郡城跡(とのこおりじょうあと) 宮崎県西都市


hiroの部屋 都於郡城跡(とのこおりじょうあと) 宮崎県西都市

西ノ城跡 West Fortress(Nishi No Jyo)Ruins
空堀を隔てて三ノ丸の南側にあり、眼下に三財地区全体が見下ろされます。なお、遥かに東諸県地方も望むことができ、三ノ丸と共に眺望絶佳であります。別名斤候(ものみ)城とも伝えられ、外敵からの進入に備えての城であったのではないかと思われます。

hiroの部屋 都於郡城跡(とのこおりじょうあと) 宮崎県西都市

都於郡城跡は、綺麗に整備されています。
この日は、二ノ丸跡は工事中の為入れませんでした。


プチット押していただけると嬉しいです


ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ

  1. 2009/05/16(土) 21:59:18|
  2.  ┗ 宮崎の城|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

児湯郡木城町 高城城跡

宮崎県児湯郡木城町の高城城跡(たかじょうじょうせき)にやって来ました。

hiroの部屋 児湯郡木城町 高城城跡

高城城跡(町指定文化財)
高城城跡は、小丸川とその支流である切原川に挟まれ、標高60mを数えます。
地形は、舌状に細長く伸び台地であり、見晴らしには大変優れた所に営まれた山城であります。
この城でふは、天正6年(1578年)、天正15年(1587年)の2度に渡り、大合戦がありました。その当時、日向で勢力を誇っていた伊東氏が島津氏に負けて大分に逃げ、親類の大友氏を頼ります。大友氏はこの際、新興勢力の島津氏をつぶそうと、約5万の大軍でこの城を攻撃しました。しかし高城城主山田新介有信(やまだしんすけありのぶ)はわずかな兵力でよく防ぎ、とうとう大友軍は大敗しました。これを高城川合戦と呼んでいます。この合戦が原因で、今度は豊臣秀吉の弟、秀長率いる15万人の大軍と合戦することになりますが、この時も新介はよく防ぎ、この城は落城しませんでした。
これらの戦いは、戦国時代の九州において最大規模の合戦であります。またこの高城は、のそ2度の戦いとも落城しなかった難攻不落の名城として、名将、山田新介有信の名と共に語り継がれています。

hiroの部屋 児湯郡木城町 高城城跡

城としての特徴は、現在、城山公園として利用されている箇所が、東側の主郭と考えられる曲輪(くるわ)と考えられています。ここでは島津氏の家臣であった城主、山田新介有信らが、戦いに備えるための本部として利用していたと考えられます。またこの城に敵が侵入するのを防ぐために、7箇所の竪堀(たてぼり)がみられるのが特徴です。当時の山城にはこういった自然地形を利用して、幾多の戦いを繰り広げております。
平成4年には、木城町の城山公園整備事業によるメロディー時計台建設に伴い発掘調査が実施されました。その結果、竪穴状遺構、柱穴、石列、などの遺構、土師器(はじき)と言われる杯、皿、小皿、青磁器、白磁器、陶器などの遺物が確認されました。これらの遺物の時期は、戦いが繰り広げられた時期に該当し、当時の戦いの状況がより理解することができます。
平成15年2月10日
木城町教育委員会


左奥に見えるのは、建設中の東九州自動車道です。

DSC00284.jpg

ここが戦場とは知りませんでした。



プチット押していただけると嬉しいです

ブログランキング・にほんブログ村へ


ランキングにご協力ください。
クリックをお願いしますね♪


bnr06.gif


MPVを快適に! ゴリラを快適に!


  1. 2008/07/21(月) 22:46:00|
  2.  ┗ 宮崎の城|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

| ホーム |